FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

大河ドラマ『龍馬伝』第44回「雨の逃亡者」を観ました*ネタバレ
2010-11-11 00:00


2010年10月31日に放送された大河ドラマ『龍馬伝』第44回「雨の逃亡者」を録画で観ました。

「お元(蒼井優)」にスポットをあてた回でした。

イギリス人水夫が殺害される事件が起こり、海援隊士に容疑がかかる。
事件を目撃した「お元」は「犯人は龍馬(福山雅治)ではない」と断言。
それを聞いて不機嫌になる「長崎奉行(石橋凌)」。
「お元」はキリシタンであることが発覚し、追われる身となるが、「龍馬」に発見される。
海援隊士たちは、真犯人が福岡藩士であることをつきとめる。
「龍馬」は「イギリス公使(ジェフ・ワスティラー)」に直談判し、誤解が解け、信用を得る。
そして、「お元」を海外へ密航させる。


現在は、宗教の自由が法律で保障されています。
江戸時代は、キリスト教を信仰することが法律で禁止されていました。
この2つは相反することですから、どちらかが正しく、どちらかが間違っています。
キリスト教を禁止することが間違っていると思います。

このことから分かることは、法律は必ずしも正しいとは限らない、ということです。
正しいか正しくないかを判断する時、法律だけを頼りにするとゆがみが生じてしまう、
自分自身の心の基準が必要だ、と思いました。


スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/1431-7d9b42b0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する