FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

ドラマ『美丘-君がいた日々-』最終回まで観ました*ネタバレです。
2010-10-05 00:00

 2010年07月22日、7月25日、7月30日のブログの続きです。
9月18日に放送されたドラマ『美丘-君がいた日々-』最終回を、録画で、観ました。

危険な状態は脱したものの、目を覚まさない「美丘(吉高由里子)」。
「太一(林遣都)」は「美丘」の「母(真矢みき)」「父(寺脇康文)」とともに、必死に看病する。
やがて目を覚ました「美丘」は3人を認識する。
しかし、それもつかの間、再び危篤状態に陥った「美丘」は、あっさりと亡くなってしまう。


意識を取り戻してからの短い時間に、「美丘」はたくさんの「ありがとう」を残していました。
せいいっぱい生きるとはこういうことだ、と感じました。

ドラマでは、「美丘は苦しまずに逝ったよ」ということになっていますが、
それはとても幸運なことなのではないか、と思いました。
それとも、それが「美丘」の病気(ドラマでは病名は明らかになっていませんが)
では普通なのでしょうか…。

お葬式の場面はありませんでした。

描かれていなくても、お葬式は行われたはずですから、
以前に「美丘」の「祖母」のお葬式の時に
「美丘」に「若いから未来があっていいわね」と言った親戚のおばさんや、
「美丘ちゃんが男の子といっしょに不動産屋で物件を見ていたわよ」と
「美丘」の「母」に言いつけていた近所のおばさんが、
真実を知って心を痛める場面があっただろう、と想像する私なのでした。


スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/1394-447dbaf7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する