FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

ドラマ『美丘-君がいた日々-』第3回を観ました*ネタバレ
2010-07-30 00:00


2010年7月24日に放送されたドラマ『美丘-君がいた日々-』第3回を、録画で、観ました。

「美丘」の「父方の祖母(佐々木すみ江)」が心臓病で入院した。
「美丘」は「父(寺脇康文)」と「母(真矢みき)」とともに「祖母」を長野に見舞う。
2人きりの時、「祖母」は、「美丘は20歳だから、これからいいことばかりね。私はこんなに長生きしたけどまだ、東京のスカイツリーは見てみたい。できれば上海万博だって行きたい」と語る。
見舞いから戻る車の中で、「祖母」死去の連絡がある。愕然とする「父」。
通夜で親戚から「おばあちゃんは大往生だった」「若い人はいいわねえ」と言われ、キレる美丘。
「長く生きたから悔いはないとか、若いから未来があるとか、どうして決めつけんの!?」
いっぽう「太一(林遣都)」は、「美丘」の病気について検索したり、
「高梨医師(谷原章介)」を訪ねたりして、決意を固めていた。決して「美丘」の前から逃げないと。


主人公が亡くなってしまうことが最初から分かっているドラマで、
主人公の親戚が先に亡くなる場面が出てくるのは、私は初めて観たような気がします。

お通夜の席でも、「美丘」は歯に衣着せぬ発言をしていて、興味深かったです。

「太一くん」はとうとう、「麻理(水沢エレナ)」に、「美丘」のことを好きなんだとカミングアウト。
いつまでも言いだせないパターンでなくて良かったです。


スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/1327-90255748
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する