FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

多発性繊維性骨異形成症(の思い出)その9「松葉杖」
2010-05-28 00:00


1979年に、頭と左下肢の骨の手術をした私。

しばらくは左脚に体重をかけてはいけないということで、
松葉杖の使い方を習いました。
杖は病院からのレンタルだったような気がします。

2本の松葉杖なら、両手で持ちますよね。この場合の操作は、比較的簡単です。
患部がある脚を地面につけないようにして、代わりに、両方の松葉杖に体重を乗せます。

では松葉杖が1本で、患部が左脚の場合、どちらの手に杖を持つべきでしょうか?

答えは右なのです。

右側に体重がかかる時は自前の右脚で受け、
左側に体重がかかる時は、
自前の左脚と、右脚を挟んで反対側にある松葉杖で、分散させるのです。

この理屈が、中学の同級生たちには理解されなかったようで。
杖の持ち手が間違っていると思われていたふしがあった、ような気がします。


スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/1264-97089efe
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する