FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

ドラマ『宿命 1969-2010 -ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京-』最終回を観ました*ネタバレ
2010-04-03 00:00


2010年3月12日に放送された
ドラマ『宿命 1969-2010 -ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京-』の最終回を、
昨日、録画で、観ました。
おもしろかったです。

主人公はエリート官僚の「有川崇(北村一輝)」だと思って観始めたこのドラマですが、
終りのほうになるにつれ、
ほんとうの主人公は「崇」の母「有川三奈(真野響子)」と、
民自党政調会長「白井眞一郎(奥田瑛二)」だと思えてきました。

「三奈」の、「息子を総理大臣にしたい」という思いは強く、
「崇」も「三奈」の影響を受けて、「総理大臣になりたい」と心から思っています。
また、「白井」も、どうしても総理の椅子を手に入れたい様子です。

私は、「崇」とその妻「尚子(上原美佐)」の兄妹疑惑がストーリーの中心だと思ってきました。
最終回まで観ても、まだ、あの2人は本当は兄妹なのではないか、
という疑惑がぬぐえていません。
このような観方は、原作者のかたの意図とは、ずれているかもしれません。


スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/1209-627a60dc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する