FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

ある日とつぜん、駅の階段で*映画『オーメン』ネタバレ
2010-03-05 00:00

 小さい頃は、恐いものに対して敏感でした。

戦争を題材にした絵本を、母親が私に買い与えたのですが、
その本のイラストが怖くて、開くときは、よほど固い決意がないとダメでした。

映画『オーメン』を小学校の時に観ましたが、ある神父の顔がとても怖かったのと、
棒状のものが上空から落ちてきて男性の体にぐさっと刺さるのが怖かったのと、
トラックの荷台から大きなガラス板が坂道でスライドして、ある男性の首をはねてしまうのが怖かったです。他の映画の記憶と混ざってたらごめんなさい。この映画は、何年も怖かったです。

21世紀になってからは、
海外ドラマ『ER緊急救命室』で、ロマノ先生が大けがするシーンを観た時に、
あまりの衝撃に吐き気とめまいがして、数時間、動けませんでした。

そういった経験をつんでいくうちに、慣れてきました。立ち直りも早くなってきました。
何事にも動じなくなってくることは、悪いことでもありますが、良いことでもあります。

先日、ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-2nd season』で、
駅の階段で背中から、誰かのスキー板が貫通した大学生の話がありましたが、
あれは身につまされました。
でも、私がもっと若かったら、もっと大きな恐怖が、もっと長引いたと思います。


スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/1180-a5dc2241
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する