FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

映画『スキャンダル』『クルーエル・インテンションズ』『危険な関係』を観ました。
2009-09-11 00:00

  
私はペ・ヨンジュンさんを好きなので、1年近く前のことですが、『スキャンダル』という2003年の映画を観ました。たぶんDVDで。ペさんの時代劇を観るのは初めてだったので新鮮でした。
そして、ペさんがプレイボーイを演じるのを観るのも初めてだったので驚きでした。
李朝末期の朝鮮。美しく頭の切れる「チョ夫人(イ・ミスク)」は、
従兄弟でプレイボーイの「チョ・ウォン(ペ・ヨンジュン)」に、
夫への復讐のため側室を妊娠させるよう、賭けをしかける。

あまりな内容に、ブログに書かないでいましたが、先日、テレビで『クルーエル・インテンションズ』を録画して観たところ、設定が現代の合衆国(といっても1999年公開)の、同じお話でした。
高校の生徒会長で美人で品行方正な「キャスリン(サラ・ミシェル・ゲラー)」だが、
両親の再婚で義弟になった、プレイボーイの「セバスチャン(ライアン・フィリップ)」に、
元カレへの復讐のため、元カレの今カノ「セシル(セルマ・ブレア)」を凌辱させようとする。
登場するすべての高校生がものすごいお金持ちっぷりで驚きました。

そこで、『危険な関係』(1988年の映画)をTSUTAYA DISCASでレンタルして、観ました。
3作品の中では、原作の小説『危険な関係』にいちばん近いでありましょう。
フランス革命前の貴族社会。「メルトイユ侯爵夫人(グレン・クローズ)」は、
プレイボーイの「バルモン子爵(ジョン・マルコビッチ)」を使って、
自分を捨てた愛人の婚約者「セシル(ユマ・サーマン)」を誘惑させようとする。
ジョン・マルコビッチといえば、『コン・エアー』の凶悪犯のイメージだったので、驚きです。



スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/1005-5227e107
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する