FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

『第57回 輝く!日本レコード大賞』その1。2015年の新人を知る。
2016-02-29 23:50






即時性のないブログですみません。




『第57回 輝く!日本レコード大賞』で、2015年の新人・新曲を知る、
という文章を書こうと思います。




『輝く!日本レコード大賞』は
その年の新人・新曲を知ることのできる音楽番組です。

私が観る年末音楽祭番組の中では、という話ですが。




「紅白歌合戦」は必ずしも新曲が披露されるとは限らないし
「FNS歌謡祭」も同様です。




放送日が12月31日から12月30日に変更されてからの『輝く!日本レコード大賞』は
過去映像をたくさん流すようになりました。




第57回では
w-inds.の映像もなかったことだし
あえて過去映像には触れず
2015年の新人・新曲に話を絞りたいと思います。

新人・新曲とは言っても日本レコード大賞審査委員のフィルタがかかっていますがwww




まずは新人から。









20160229用・花岡なつみ

花岡なつみさん。

作品は『夏の罪』。

作詞作曲が鬼束ちひろさん。

歌唱力が安定していてすばらしいです。

歌い方は鬼束さんの忠実な再現です。

いろんな作家の作品提供を受けていくことを期待します。









20160229用・lol

lol。
「エルオーエル」と読むそうです。

作品は『fire!』。

女性3人、男性2人のユニットで
メンバー全員がダンスと歌を担当するところが
AAAを踏襲しています。

AAAのレーベルの後輩です。

パフォーマンスが安定していてすばらしいです。

10代に見えます。
公式サイトのプロフィールを見ても
誕生日は出ているのですが生年が載っていないので
何歳なのかは不明です。

ヒット曲が出るとよいですね^^









20160229用・こぶしファクトリー

こぶしファクトリー。

ハロプロの8人組女性グループです。

作品は『ドスコイ!ケンキョにダイタン』。

パフォーマンスはももいろクローバーZっぽいですが
披露された作品に感銘を受けました。

「全部ダメになった訳じゃない」という歌詞に、
とくに衝撃を受けました。

作品を作っているかたが明るいかたなのだなと思いました。

この、こぶしファクトリーが
最優秀新人賞を獲得しました。









20160229用・安田レイ

安田レイさん。

作品は『あしたいろ』。

パフォーマンスは安定しています。

今回の新人賞4組の中では
声の個性がいちばんあると思いました。

22歳という年齢よりも大人びて見えます。
日米のハーフだそうです。
合衆国のノースカロライナ州生まれで、英語と日本語のバイリンガルだそうです。

きれいで細いと思ったら
モデルさんもやっているそうです。

披露作品はTBSのドラマ『結婚式の前日に』の主題歌でしたが
最優秀新人賞は逃しました。残念。












スポンサーサイト



ツルツル道を走れる人はたぶん道産子。
2016-02-28 23:50







画像はイメージです。









全国117名の読者の皆様こんばんは\(^o^)/

2013年9月に東京から札幌へ移住した修羅笛の鍵です。




東京では、ウォーキングシューズ3足を
ローテーションさせて1年中履いていました。




しかし札幌では
積雪のある季節(だいたい12月から3月)は
「冬靴」と呼ばれる
底に滑り止め加工された靴を
3足ローテーションで履いています。

積雪のない季節には、東京にいた時と同じです。




本当に危険なのは、雪道ではありません。

雪がいったん溶けて、ふたたび凍ったツルツル道です。

すべります(・_・;)




しかしながら、
私がツルツル道をおっかなびっくり歩いていると
そんな私を走って追い越す人もいます。




ツルツル道でも走れる、
それはたぶん道産子の皆様、
すくなくとも「積雪シーズン」のある地域出身のかただと思います。




東京生まれ埼玉育ち
大人になって再び東京在住で
48歳で北海道デビューした私は
たぶん永遠の初心者だと思います。




でも今シーズンは
スケートをするように歩く、という小技を頻繁に使用しています ̄ー ̄)ニヤリッ












衣類等の補充♪
2016-02-27 23:50






衣類等の量は
収納場所に入る分だけ。




使っていたものが摩耗して処分したり
汚染されて処分したりして
失った時に補充します。









20160227用・スカート

冬のスカート2枚のうち
1枚が汚染されたので処分しました。

で、これ。

しまむら安心価格1,500円\(^o^)/

この子はデビューしたその日に
CTの機械に乗っかりましたよ(笑)









20160227用・トレーナー

家の中の防寒着、フリースまたはトレーナーですが、
1枚失ったので。

しまむら安心価格700円\(^o^)/

爆笑問題の太田さんは
半年間着続けたピョン吉Tシャツに飽きたみたいなので、
じゃあ私が…てのは嘘(笑)









20160227用・冬靴

冬靴(底に滑り止め加工してある靴)3足のうち1足を失ったので。

ASBeeで5292円\(^o^)/









靴はもうちょっとお手頃なのが
探せばあったかもしれない(・_・;)反省。












異常は見当たらないけど…ニトログリセリンw(°o°)w
2016-02-26 23:50






全国117名の読者の皆様こんばんは。
3日遅れでブログを更新している修羅笛の鍵です。

3日たつと記憶があやしいです。すみません(・ω・)




さて、2月26日、
また総合病院に行って、
心臓の超音波検査を受けて、
前日のCTや血液検査とあわせて結果を聞いてきました。




超音波(エコー)検査は楽勝だろうな、
と思っていたのですが
そうでもありませんでした。




乳腺のエコーは何度も受けてきましたが、
心臓は初めて。

今回の検査用ベッドは
横になったとき心臓が当たる部分が一段低くなっていました。

左を下にして横になるよう言われました。

私は左を下して横になるのを苦手としています。
理由1:左向きになると平衡感覚を失いやすいから。
理由2:左を下にするとなぜか小腸と大腸の境目に激痛がおきやすいから。

その姿勢で横たわってから
なかなか検査の人が来ないので
自主的にあおむけになったりして待ちました。




で、検査ですが
ベッドの凹み部分を使って
左のあばら骨のあたりも検査されます。

もちろんふつうに左胸の上からとか
おっぱいの下部分とかも。









検査が終わり、
内科(循環器)で結果を聞きました。




自分の心臓をカラーのCT画像で見ました(・∀・ )

心臓には、メインの血管が2本あるそうです。
1本は右に、1本は左に向かっています。

私の
右へ向かう血管は細いですが
これは生まれつきの「個性」だそうです。

左へ向かう血管は太かったです。

そして、どこも狭窄していません。




心電図だけは「健康診断だったら引っかかる程度」で、
血液検査にも異常はなく
「ついでに」CT撮影した肺も肝臓も問題ないそうです。














20160229用・ニトロ

しかしながら、ニトログリセリンが処方されました。




なぜかというと
ふだんは狭窄していない心臓の血管が
なぜか突然、自主的にキュッと狭窄することがあり
その時に胸痛を感じる、というタイプの狭心症、
というのがあるそうなのです。




もし次回、胸がしめつけられるような痛みを感じることがあったら
この薬を1粒、舌の下に置くと
静脈からすみやかに吸収されるそうです。

それで1~2分で痛みが治まるようなら
上記のタイプの狭心症の可能性があるので
また病院に来てね、
とのことでした。




そのタイプの狭心症は
たまたま病院で心電図検査をしている最中に症状が出た場合にしか
証明が困難なので
あえて検査したい場合は
カテーテルというものを入れて
血管がキュッと狭窄しやすくなる薬を入れて
実際に狭窄するか見る、
という大掛かりな検査になるそうで、
そこまではあえてやりませんwww




もし
症状が出た時に
ニトログリセリンを舌下に入れて5分経っても治まらなければもう1粒
さらに5分経っても治まらなければもう1粒、
ということで
お試し的に3粒処方されました。

3粒で治まらなければ
心臓ではない原因(食道などの疾患)の可能性があるので
こんどは胃カメラだそうです。









耳鼻咽喉科も内科(循環器)も
私に胃カメラをやらせたいのか(笑)

やってもいいけど。

でも
症状と健康保険の利用具合を秤にかけると
まだその時ではない気がします。









とりあえず
ご心配くださったかた、
ありがとうございました<(_ _)>












造影剤を使った心臓CT検査を初めて受けました。
2016-02-25 23:50







画像はイメージです。









2016年2月10日(水)に、しめつけられるような胸の痛みを感じました。




その日にクリニックで
「大きい病院で検査して、狭心症を否定しておいたほうがよいかもしれない」
と言われたので
大きい病院に行きました。
2月15日(月)に。
耳鼻咽喉科で入院した総合病院です。




紹介状はないので
まずは総合診療科的なところにかかるように総合受付で言われました。

その日に心電図を撮って、
その科の先生が内科(循環器)の予約を取ってくれました。




直接に内科(循環器)にかかれなかったのは
受診回数を多くするための作戦なのかな(・_・;)




2月25日(木)に内科(循環器)に行きました。
CTを予約する段になって
「シフト制の仕事をしているので3月の予定はまだわかりません。
 2月の休みは今日(2/25)と明日(2/26)で終わりです」
と言ったら
「明日の予約は埋まっているからよかったら今日」
と言われて
その日にCTを撮りました。




CTの機械にあおむけに寝た状態で
右腕に針をさされてまず血を抜かれました(血液検査)。
そのままその針に
血管を広げる薬を入れられました。

もともと上が90、下が58くらいだった血圧が
80と40くらいになりました(笑)




そして、血圧の上が100を切っている人にはふつうはやらないんだけど、
と前置きされて
心臓の動きをおさえる薬を入れられました。

なぜなら、私の心拍数が72くらいあったからです。
60以下でないと
わかりやすい画像がとれないそうですwww

その薬を入れたら5分以内に撮影しないといけないとか
(もう記憶がおぼろげ)




そしていよいよ造影剤を入れられて本番。

(本番前に何回も、息を止める練習をさせられました^^)

造影剤が入ったらすぐ
体がカーッと熱くなりますよー
と言われていたんですが
実際に熱くなりました。

私の場合は全身ではなく
手と、おまたが熱くなりました(笑)

心臓の撮影はあっさりおわり。




そのあと、
「ついでに」といって
肝臓と肺も撮影しました。




心臓の動きを抑える薬と造影剤、
この2つの効果はすぐに薄れるみたいで
肝臓と肺を撮影し終わって
針を抜いて、
とかやっているうちにたぶん、
ふだんの血圧に戻ったのだと思います。

CTの機械から立ち上がった時には
いつもと同程度のふらつきで済みました(笑)




25日はこれでおわり。
翌26日には超音波検査と
結果を教えてもらう予約が入っていました。









検査好きの私は
生まれて初めて経験する検査を楽しんだ部分もありましたが
また健康保険を使って申し訳ありません。

あと、
造影剤の副作用が出なくて良かったです( ´ ▽ ` )









20160225用・1枚目

診療明細書。1枚目。









20160225用・2枚目

診療明細書。2枚目。

自分メモwww












やってます、加筆・修正。
2016-02-24 23:50






高校入試作文・小論文の書き方 [ 神崎史彦 ]

高校入試作文・小論文の書き方 [ 神崎史彦 ]
価格:1,026円(税込、送料込)


画像はイメージです。









私は自分の文章を読むのを好きです。




だから、いちど更新したブログを
そのあと読み返すことがよくあります。




すると、漢字の間違いをみつけたり
文章がおかしくなっているのをみつけたりします。


すると、修正します。




あと、
日数がたってから、
「あの記事にあのことも書きたかったのに忘れてた!」
と思いついて加筆することもあります。




あと、
最近の例では
2016年2月17日のブログ
新しい画像を
後から加えました。

ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』を
見始めるきっかけとなった
大通駅の巨大ポスター。
それはもうとっくにないのですが
同じ写真の載っているチラシをみつけました。
そこで、
その写真をスマートフォンで撮影して
ブログに載せましたwww









皆様がもし私の過去のブログを読み返してくださるとしたら
「あれ?最初に読んだ時と違うな」
と思われることがあるかもしれません。




または、
私のブログが書籍化された時に(以下同文)












車いすは来ないのですが…。
2016-02-23 23:50






平衡感覚を失いがちな私。

下を向くとヤバい(時はヤバい)です。

そこで、
上り階段より下り階段を、より苦手としています。




仕事から帰る時
大通駅の東西線ホームへ降りるのに
エレベーターを利用しています。




エレベーターは
ホーム階の端に到着して、
そこから細い通路を歩くとホームに出ます。

その細い通路は
車いす1台が通るギリギリくらいの幅です。









20160223用・謎のメッセージ

だから、エレベーターを降りてすぐのところの天井に
この電光掲示板が設置されているのだろう、
と思うのですが…。




初めてこの電光掲示板の文字が点灯していた時は
しばらく待ってみました。

しかし、車いすは来ません。

おそるおそる細い通路を歩いてみると
けっきょく車いすと遭遇することなくホームに出ましたw(°o°)w




そこで最近は
この電光掲示板が点灯していようと消灯していようと
待つことなく通路を歩きます。




万が一、実際に車いすと遭遇しても
ところどころに待避スペースがあるのでたぶん大丈夫です(・ω・)









しかし、
この電光掲示板が点灯していて実際に車いすと遭遇したことは
いちどもありません。




あれは、何のために、点灯しているのだろう。











続きを読む

本、テレビ、パソコンを連続して見ることが耐えがたくなってきました。
2016-02-22 23:50






視力検査表 国際標準式 3m用標準

視力検査表 国際標準式 3m用標準
価格:513円(税込、送料別)


画像はイメージです。









先日
『逝かない身体』を読んでいた時
内容に興味があってもっと読んでいたいのに
目というか脳が限界になってしまって
体調不良気味になったために読むのを中断する
ということが何度かありました。




テレビも、ずっと見ているとそうなります。

パソコンもです。




原因はいくつか考えられます。

その一、老眼が進んだ

その二、更年期だから

その三、被ばくの影響で何らかの眼病になっている

複合的かもしれません。
被ばくした人は、被ばくしていない人よりも老化が早いし
(たぶん)更年期障害が重くなるし
持病は悪化するから。




私が読書の時にかけているメガネは
100円ショップで買った老眼鏡です。

度数は2.0です。




100円ショップの老眼鏡では対応できなくなったのか、
それとも度数が進んで2.0ではダメなのか。




自分で考えるのは効率が悪いので
近々、眼科を受診したいと思います(・ω・)












漫画『ぼくの体はツーアウト⑧』を読みました。
2016-02-21 23:50






ぼくの体はツーアウト(8) [ よしたに ]

ぼくの体はツーアウト(8) [ よしたに ]
価格:1,028円(税込、送料込)











漫画『ぼくの体はツーアウト⑧』を読みました。

今回の第8巻が最終巻でしたw(°o°)w




第1話(の、たぶん途中まで)がココで読めます。




5年前、
サラリーマン時代のよしたにさんが、
健康診断を受けたところ
数値がひっかかったのです。

何かと何かと何か(具体的に何だったかは忘れました)の3つにひっかかるとアウト、
のうち、
2つにひっかかったのです。

だから、「ツーアウト」。




そんなよしたにさんと、編集の源さんが
健康にいいことを取材して書いてきた漫画。




ためになる部分もけっこうありました。




そして、
今回の最終巻では
「ツーアウト」だったよしたにさんの体がいま、
どう変化したのか
興味のあるかたはぜひお読みください。




私は第8巻の中では、
救命ネタと、「Wii Fit U」ネタを好きです。









あと、
最終巻だけあって、
連載の最終回のあとの総括みたいなものもついてます♪












私はなぜ氷点下で迷子になったのかwww
2016-02-20 23:50






先日のブログに、
コープさっぽろルーシー店から南郷18丁目駅へ行こうとして
迷子になって、大谷地駅に着いてしまった話を書きました。




同じ場所をもう一度訪れてみました。

すると謎が解けました。









20160220用・看板

私はこの看板を見て、
矢印通りに歩いたのです。




昼間のこの写真で見ると
この看板がガードレールに結び付けられていることがわかります。

つまり、本来の位置ではないのです。









南郷18丁目地図




外枠がないので
なんとなく見ずらいですね。

久しぶりにペイントを使ったので
お見苦しくてすみません。




私はルーシーコープ(図ではスーパーマーケット)を出て
この図でいうとまっすぐ上に向かっていけば
南郷18丁目駅があったはずなのです。




しかし、
例の看板を見てしまったのです。




この看板は
本来は青い枠の位置にあるようです。




しかし今は積雪シーズンのせいか
赤い枠の位置に仮止めされています。




つまり矢印の方向が90度、本来と違うのです。





納得(゚д゚)









ガッテンしていただけましたでしょうかwww

私はガッテンしました。

同じヘマはしません。

でも別のヘマを、これからもします(笑)