FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

Huluをお試し、しました。
2015-12-31 23:50






まっしろ [ 熊谷貫 ]

まっしろ [ 熊谷貫 ]
価格:2,484円(税込、送料込)


画像はイメージです。









2015年11月21日に放送された
ドラマ『掟上今日子の備忘録』第7話が
24分しか録画されませんでした。

レコーダーのトラブルです。

トラブルは自分で解決しましたが、
録れなかった放送は返ってきません/(^o^)\




そこで、日テレオンデマンドで観ようとしたら、
Huluで観なければならないしくみでした。

2週間は無料でお試しできて
2週間以内に解約すればよいので
登録しました\(^o^)/

そして、
とっても気になる『掟上今日子の備忘録』第7話の前半を
しっかりと観ることができました。




後半はレコーダーに録画できていたので、
そちらで観ました♪




「今日子さん(新垣結衣)」が
作家「須永昼兵衛」の死が自殺でないことを証明するために
「須永昼兵衛」のすべての著作を読むことに挑戦。
その間、眠ってしまわないように
「厄介(やくすけ)(岡田将生)」に見張っていてもらうため
「今日子さん」の部屋で共同生活するという回\(^o^)/




すっごくいいお話でしたo(≧ω≦)o

「厄介」と「須永先生」の優しさに感動します(´。・ωq)(pω・。`)









で、
2週間以内にHuluを解約しました(・∀・)









Huluさんありがとう♡












スポンサーサイト



『第57回輝く!日本レコード大賞』における、レコード大賞と最優秀新人賞予測
2015-12-30 19:44






ハッと気づくと、今日は12月30日なのであった。

いつも以上に平常心で過ごしてしまっている。




さ、恒例となっている
レコード大賞と最優秀新人賞の予測をしますよ\(^o^)/









レコード大賞の大賞候補である「優秀作品賞」10作品は

「愛してるのに、愛せない」AAA
「ありがとうForever...」西内まりや
「Unfair World」三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
「愛しのテキーロ」氷川きよし
「お岩木山」三山ひろし
「トリセツ」西野カナ
「僕たちは戦わない」AKB48
「もんだいガール」きゃりーぱみゅぱみゅ
「大和路の恋」水森かおり
「私以外私じゃないの」ゲスの極み乙女。

だそうな(・ω・)




私の推察するレコード大賞受賞条件は
①ヒット曲であること
②そのアーティストにとって、初めてのヒット曲ではないこと
です。




上記10作品で私の知っている作品は

「ありがとうForever...」西内まりや
「トリセツ」西野カナ
「僕たちは戦わない」AKB48
「もんだいガール」きゃりーぱみゅぱみゅ
「私以外私じゃないの」ゲスの極み乙女。

このうち最初の2作品は存在を知っているがメロディーを思い出せない。
後の3作品はメロディーをある程度思い出せる。




ほんっとに、国民の誰もが知ってるヒット曲って、なくなりましたねw(°o°)w




最有力は「僕たちは戦わない」と「もんだいガール」だな。

う~んどっちにしよう。

レコ大の審査委員はどちらを選ぶ?(あるいはどちらも選ばない?)

「僕たちは戦わない」は政治色があるから、
私は好きだけど
消去法でいうと
「もんだいガール」かな。



よし、今年のレコード大賞は「もんだいガール」きゃりーぱみゅぱみゅさんで!












新人賞は~

lol
こぶしファクトリー
花岡なつみ
安田レイ

??わあ、ひとりもちゃんとは知らない/(^o^)\




私の推察する、最優秀新人賞の条件は

①ヒット曲を出したこと
②将来性があること

なのですが




私の頭の中にデータがないので(^_^;)
お名前を聞いたことがある気がする、安田レイさんでお願いします♡

あしたいろ [ 安田レイ ]

あしたいろ [ 安田レイ ]
価格:1,260円(税込、送料込)












というわけで、
本家の発表待ち♪











続きを読む

イエス・キリストとは岡本夏生さんのような人だったのかもしれません。
2015-12-29 23:50
















聖書に描かれているイエス様は奇跡をおこなっています。

それは、20世紀から21世紀を生きている我々には
にわかに信じがたいものです。




遠藤周作さんの小説だったと思うのですが
イエス様の別の側面を見ました。

見捨てられた病人の小屋に行き
水を飲ませたり体を拭いたり、はげましたりするのです。

これなら、本当にあったことだと信じやすいです。









たしか何年か前の『サンデー・ジャポン』で
病気で亡くなった女性のことを取り上げた回がありました。

その女性は余命宣告された後、
取材してほしい、そして自分が死んだ後に放送してほしいと
『サンデー・ジャポン』に申し入れたそうです。

取材を担当したのが岡本夏生さんです。

その女性が岡本夏生さんのファンだったからです。

女性は働けなくなり
生前に受け取れる保険金で生活していました。

それで。
カメラが来ない日でも
岡本さんは彼女の部屋を訪れ
身の回りのお世話をしたり
話し相手になったりしていたようでした。




このことを最近思い出して
遠藤周作さんの描くキリスト像に
岡本さんは一致している、
と思いました。









岡本夏生さんはサンデー・ジャポンに出なくなってしまったので
マジでマジで『5時に夢中!』を観られるものなら観たいです。
(東京ローカルの番組なので、札幌では観られません)












小説『kaori』第6回(全8回)
2015-12-28 23:50







画像はイメージです。









小説『kaori』(便宜上、第6回)









 驚いて頭がガンガンする。
「嘘………」
「嘘なもんか」
「あなた、そんなに私のこと好きだったの?」
「好きだったよ。知らなかった?」
 涙が出た。
「うれしい……」
 康徳は改めて私の手を強く握った。そして大きな目で私を見た。
「きっといろいろ苦労をかけると思うんだ。まず離婚しなきゃならないし、子どものことをどうしたらいいかわからないしね……。だけど悪いことばかりは続かないよ」
 その後の康徳の言葉を、私は夢見心地で聞いた。「たしかに君の言うとおり、全面的なハッピーエンドは無理だろうね、当面は。だけど、事情はどんどん変わっていくものだよ。ねえ、僕はこう思うんだ。親と子のつながりは一時的なものだが、男と女のつながりはもっと長い。僕は妻と結婚している境遇で君と出会ってとても悩んだけれど、まだやり直しがきくと思うんだ。………きっと、今度こそベストを尽くせるよ」

 カフェバーをでて、寒い街路をふたりで歩いた。私は幸せで浮き足立っていた。康徳は私の肩をぎゅっと抱いて言った。
「君が好きだよ、香。僕はどうしようもない男だけれど、ベストを尽くすことだけは約束するから嫌いにならないで」
「嫌いになんて、なるもんですか」
 ひとごみの中で強く唇を吸いあった。
「愛してるよ…」
「私も……」
 私はショルダーバッグを肩にかけなおした。そして腕時計を見た。12時12分だった。「じゃあ、今日はこれで」
「うん。タクシーを拾ってあげるよ」
 康徳が拾ってくれたタクシーに乗った。
「新井薬師のほうへお願いします」
と康徳が運転手さんに言ってくれた。
 車が動き出す。私は後ろのガラス窓から康徳に手を振った。彼も大きく手を振っている。
 と、突然康徳の表情が変わった。と思うとハンドルが左に切れたような衝撃があって、耳をつんざくような大きな音がして、私は気を失った。


 気がつくと、もといた街路に立っていた。
「どうなってるのかしら?」
 腕時計を見た。12時12分だ。
 不安になった。康徳はどこ? それにタクシーは?
 私の疑問に答えるようなタイミングで、人の流れの中からある人物があらわれた。
「康…徳……?」
「はじめまして」
ぞっとするような美声だった。その時1台の車が通り、それまで逆光で見えなかったその人の姿をヘッドライトで照らした。










つづく。












あったかいコートを入手しました\(^o^)/
2015-12-27 23:50






昨シーズン、
フードつきのダウンコートを着て、地下鉄に乗っていました。




高校生(たぶん)のカバンが、私のコートにぶつかりました。

カバンの、地面に置いてそうな部分が/(^o^)\

ここ数年、
2本の持ち手のうち1本だけ肩に通す高校生さんが多いと思います。
カバンの底部分が外側になるような持ち方です/(^o^)\




で、見た目は平静でも心が半狂乱になった私は
新さっぽろで降りてすぐ、
ダイエーに行き、
コートを脱いでゴミ箱に捨てました←



そして、
セール中だったダイエーで、
短いコートを買いました。

何着も放射線量をはかった挙句に、です。




そして春が来て
コート問題はとりあえず放置。




今シーズンの冬が来ました。

私はコートは2着持って
1日交代で着ています。




1着は太もも丈、
もう1着はダイエーで急場しのぎに買った短いヤツです。




で、
先日、ひざ丈のコートをあらためて入手しました。




今後しばらくは「太もも丈」と「ひざ丈」を交代で着ます。




また半狂乱になって処分、という事態になるまでは(・ω・)









20151227用・前

これです。 puma 









20151227用・うしろ

うしろ♪












小説『kaori』第5回(全8回)
2015-12-26 23:50







画像はイメージです。










小説『kaori』(便宜上、第5回)









「私の友だちのひろ子ちゃん知ってるでしょう?」
「うん」
「彼女がかけおちしちゃったの」
「うん」
「親の決めた婚約者がいたのよ。結納まで済んでいたのに」
「前の彼氏とよりが戻っちゃったとか?」
「ちがうの。前の彼氏とかじゃないの。同じ高校だった人なんだけど、一度もつきあってたことはなかったの」
 ウエイターがさりげなく、彼の前にマルガリータを置いた。このウエイターは慣れている。大勢の客が、聞かれてはまずい話をささやきあうのを見てきたのだろう。無関心をよそおってさっと身を引いてゆく。私は続けた。
「高校時代に彼女がその人に片思いしてるの知ってたわ」
 ああ……。あの頃の記憶がよみがえる。
「でも告白はしなかったの。その人にはつきあってる娘がいるって思い込んでたから。だけどそれは誤解だったってことが最近わかったんですって。劇的でしょう?」
「そうだな」
 康徳も心持ち元気がなくなってきた。話の流れが見えてきたのだろう。
「ふたりは両思いだったのよ。それが、ひろ子ちゃんの結納のあとでわかったんですって」
「偶然再会したのかい?」
「そう。仕事関係でね。びっくりしたそうよ。ひろ子ちゃんは高校を出たあともずっと、他に好きな人ができなくて……」
「その彼を忘れられなかったから?」
「まあね。だけど片思いだからって、パパやママが強気でおし進めた縁談に乗っちゃったところだったのよ。バッドタイミングでしょ?」
「そうだな………だけど」
 康徳が何を言いたいのかはわかっていたけど、私は彼をさえぎって言った。
「婚約者がすごいお金持ちでプライド高くて、和美くんの将来を邪魔してやるって言ってるの。あ、その、ひろ子ちゃんの彼が和美くんっていうんだけど」
 康徳もため息をついた。
「バッドタイミングか……。神様はひどいな」
「ええ。まわりに反対されてるような恋は、全面的なハッピーエンドは無理なんだって、私もよくわかったわ。あちらを立てればこちらが立たず…ってわけなのよ」
「香……」
 康徳は私の手をとり、強く握りしめた。
「香、僕はどうしようもない男だけど、許してくれるかい?」
「え、どういうこと?」
「結婚しよう、香」










つづく。












ホワイトクリスマスin札幌
2015-12-25 23:50






2013年9月に東京から札幌へ移住した修羅笛の鍵です。




昨年2014年のクリスマスはホワイトクリスマス(すぎる吹雪)でした。




今年2015年は
11月に一度ドカッと降ったものの、
その後は暖冬という感じで
まさかの雪のないクリスマスになるのでは?と思っていました。









20151225用・24日新札幌1

2015年12月24日の新札幌(私は新札幌に住んでいます)。
雪はありますが、
この時は降ってないし、
この場所は冬用の靴でなくても大丈夫ですね。









20151225用・24日新札幌2

2015年12月24日の新札幌その2。
ここはツルツル道になっているので冬用の靴が必要です。

しかし、
この状態を「ホワイトクリスマス」と呼ぶのか、
それは微妙なかんじがします。









20151225用・25日大通

翌、2015年12月25日
昼間、ランチを買いに出た時の大通(おおどおり・地名)。

バッチリ降ってます^^









20151225用・25日大通夜

2015年12月25日
仕事が終わって外に出た時の大通。
これで16時ごろ。
写真ではわかりにくいですが降ってます。
木の枝や信号の上などに粉雪がたまってるので
それも風で降ってきます(笑)

歩道には積もらず濡れています。
それは、ロードヒーティングだからです。
ロードヒーティングとは、
道路の下に熱を発する電気器具を埋め込むシステムです。
雪が降っても
ロードヒーティングがオンになっていればすぐ溶けるので安全です。




25日はホワイトクリスマスと言えたと思います。












ATMに椅子をほしいのです。
2015-12-24 23:50







画像はイメージです。









「みなさまのカート」に続き、
私が社会に求めることシリーズ(笑)




私はATMで、
とくにゆうちょ銀行のATMで長時間の操作をすることが多いです。




平衡感覚の喪失度合が甚だしい時は
下を見るのも、立っているのも苦痛です。




下を見て操作するのが苦痛なので
中腰になってパネルを見ることもあります。




で、ATMに椅子があればいいのに、
と思う次第です。




もちろん、
立ったままサッサと操作をすませたい人も多いと思うので
使いたい人だけが簡単に引き出して使えるような、作り付けのアイデア椅子を
『ビフォーアフター』の巨匠みたいな人に考えてもらえたら♡




ATMに椅子があったら、
椅子に座る高齢者は多いと思うの(・ω・)












映画『インスタント沼』を観ました。
2015-12-23 23:50
















2015年11月20日(金)深夜にHBC北海道放送で放送された
映画『インスタント沼』を
録画で、先日、観ました。




非科学的なことは一切信じない、雑誌編集者の「沈丁花ハナメ(麻生久美子)」。
担当していた雑誌が廃刊になってしまう。
母「翠(松坂慶子)」は沼にはまって昏睡状態に。
同じ沼から発見された古い手紙により
行方不明と聞かされていた父「ノブロウ(風間杜夫)」の住所を知る。





なんというか、独特です。

ずっと観ていたくなってしまいます。




主人公がミロ(飲み物)を
ものすごく濃く作ります。

私は小学生の時は毎朝、
ミロを飲む習慣でした。

この映画を小学生の時に観てたら
「濃いミロつくっていい~?」と
母に頼んでいたのではないかと思います(・∀・)




超おもしろい映画だったのでおすすめです♪












小説『kaori』第4回(全8回)
2015-12-22 23:50







画像はイメージです。









小説『kaori』(便宜上、第4回)









 ひろ子ちゃんはこれからどうするんだろう。和美くんを選んだばかりに、和美くんに迷惑をかけると知ったら……。当の和美くんもどうするんだろう。……ううん、きっと彼なら、ある程度の邪魔が入ってもうまくやっていけるに違いない。笑いながら、つらいことをジョークにして。やっぱり問題はひろ子ちゃんだわ。どのくらい動揺しないでいられるか。
 許されない恋を貫こうとすると、どんな障害が待っているかわからない。
 きっと、私の場合はひろ子ちゃんより部が悪い。
 どうなっていくのかしら、私たち。
 やっぱりお金では買えないものがあるから……。
 もし、康徳が離婚して、慰謝料をいっぱい支払ったとしても、子どもたちにはパパの代わりはあげられない。………奥さんが再婚すれば話は別だけど、私にはそこまで望む資格がない。
 それについては本当に、偶然にまかせるしかない。
 けれどもいったいどうするのが最善なのかしら?
 誰も不幸にしたくないのに。
 だからといって自分の幸せだけを犠牲にしたら、あとできっと誰かを恨むだろう。


 夜の10時に待ちあわせをした。都心のカフェバー。
 康徳は少し遅れてやってきた。
「ごめんね遅くなって。仕事が長びいたものだから」
「いいのよ。お疲れさま」
「何かあったの? 元気ないじゃない」
「何でもないわ」
「そう?」
 いきなり彼の顔が近づいて、唇と唇のキスをした。都会の無関心が、こんな時うれしい。
 ころあいを見計らって、ウエイターが来る。
「お飲み物は?」
 康徳は、機嫌よく答えた。
「彼女と同じマルガリータを」
「かしこまりました」
 ウエイターは去った。
 今日の私は、気をつけていないと笑顔が消えてしまう。
「どうしたの怖い顔して。やっぱり何かあったんだね?」
「……ええ」
「僕に話して。君のことは何でも知りたいんだ」
 話してと言われても、この話題を口にするのはとても勇気がいる。
 結果的には恋を失うかもしれない。
 だけれども、いつかは確かめなければならないんだわ。私は思い切って口を開いた。










つづく。