FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

引っ越します。新居ではしばらくパソコンがネットにつながりません/(^o^)\
2015-10-31 19:16






画像はイメージです。









狭い部屋への引越を控えている修羅笛の鍵です(・・;)




10月27日に、仕事の11月の勤務予定表をもらって
10月29日に、引越屋さんの訪問見積があって
引越日が決まりました。

11月4日です。




10月29日のうちに
NTTに電話しました。

電話とインターネットの引越手続きのために。
20分で電話がつながりました。

すると、
私の契約は現在、プロバイダとのコラボプランに変わってしまっているので
NTTでは受付できないとわかりました。

そこで、
プロバイダの連絡先に電話しました。
8分くらいで電話がつながりました。



すると、
引越先にネット回線を引けるかどうかの相談も含め
11月12日以降に電話をくれるとのこと。

私の都合で11月15日に電話をもらうことにしました。




つまり、
引越から10日以上は確実に
新居でパソコンでのインターネットができません。

ひかり電話なので
電話も通じません(笑)

携帯電話(スマートフォン)があるので実害はないと思いますが。




電話をかけてきそうなところには
しばらく固定電話が通じないことを言っておけばいいし、
ブログの更新はスマートフォンですればよいのです ̄ー ̄)ニヤリッ




いい時代ですね。




っつーか、
そもそもインターネットのない時代には
ひかり電話とインターネットプロバイダのコラボプランもなかったので
NTTに電話すれば
電話の引越手続きは速やかにできたわけですが(笑)たぶん。












スポンサーサイト



ドラマ『サムライせんせい』第1話を観ました。
2015-10-30 19:09







画像はイメージです。









2015年10月23日から始まったドラマ『サムライせんせい』第1話を
録画で、先日、観ました。




幕末の土佐藩士「武市半平太(錦戸亮)」が
切腹直前に21世紀へタイムスリップ。
そこで塾の先生になるお話、

らしいです。




やっぱり『ちょんまげぷりん』と比較する私(笑)

今回は月代が狭いです。

でも、
走り方とかは『ちょんまげぷりん』の経験が生きているんだろうなあ、
と思います。




あと、
(たぶん)主婦のことを「おないぎ」って言いますね('ω')
それも『ちょんまげぷりん』と同じ。




『ちょんまげぷりん』はずいぶんシーンをカットして仕上げた気がしていました。




今回は連続ドラマなので、
時間がたっぷりあると思うので
ぜひ、
「武市半平太」に、
テレビの時代劇を見てほしいです^^

『龍馬伝』を見てもらって感想を聞きたい。
でも局の垣根があるから無理ですね(*^^)v












映画『シャンハイ』を観ました。
2015-10-29 20:02
















2015年8月14日深夜にHBC北海道放送で放送された
映画『シャンハイ』を
録画で、先日、観ました。




なぜ観たかというと
ジョン・キューザックを好きだからです。




1941年の上海。
「ポール・ソームズ(ジョン・キューザック)」は合衆国の諜報員。
友人である別の諜報員の死の真相を解き明かすため
上海にやってくる。





何がどうしてどうなった、
ということがあまり理解できなかったので
社会派の映画なのだろうと思います。




ジョン・キューザックはかっこいいです^^




あとコン・リーがすばらしく美しいです。




そして日本の帝国主義が「敵」として描かれていると感じました。




複雑なストーリーを理解できるかたには
ぜひ観ていただきたいです。




日本人が学校で習わない歴史が
学べると思います。












ファンデーションの予定と実際。
2015-10-28 19:49
















40歳になったら
ファンデーションは「TEIカラー40(テイカラーフォーティー)」を使おう、と思っていました。
私が化粧を始めたのは18歳からですが、
プレスドパウダータイプのファンデーションをずっと使っていて
「こなこな」してるので
中年になったらクリームファンデーションを使うべきだと思っていました。

TEIカラー40はお高いですが
年齢とともに収入も上がるような予測を
当時はしていました。




実際には40歳をすぎても
しばらくはプレスドパウダータイプのファンデーションを使っていました。

そして~。









ちふれ BBクリーム 1 50g

ちふれ BBクリーム 1 50g
価格:864円(税込、送料別)



2013年1月ごろに、
仕事関係で
「BBクリーム」というものを知りました。

セブンイレブンで売っていたのを買ってみて
気に入ったので使っていましたが、
その製品はなくなってしまいましたので、

現在使っているのは
さらにお安い「ちふれ」のBBクリームです(゚∀゚)




BBクリームを使うようになってから
プレスドパウダータイプのファンデーションを使っていた時期よりも
顔がテカテカして元気そうに見えます。

価格的にも効果的にもよいかんじです ̄ー ̄)ニヤリッ












映画『父と暮せば』を観ました。
2015-10-27 19:29
















2015年8月5日にNHK BSプレミアムで放送された
映画『父と暮せば』を
録画で、先日、観ました。




この映画を実際に観る前は
『黒い雨』のストーリーだと思ってました。

しかしまったく別物でしたw(°o°)w




昭和23年夏の広島。
「美津江(宮沢りえ)」は図書館に勤めている。
原爆投下から3年。
日常を取り戻しているかに見える彼女だが
生き残ったことに申し訳なさを感じて
幸せになってはいけないと思っている。





登場人物は、宮沢りえさんと
「父」役の原田芳雄さん。
この2人のシーンがほとんどです。
ちょっとだけ、
「美津江」に想いを寄せる青年役の浅野忠信さんも出ます。




井上ひさしさん作の舞台の映画化だそうです。

たしかに舞台っぽいです。

映画『クルーシブル』もそうでしたね。
あと映画『オペラ座の怪人』も…?いや、ちょっと違うか。




宮沢りえさんの話す広島弁がとてもかわいいです。
すでに31歳だった宮沢さんですが
20代前半の役にまったく違和感ないです。




帰宅するとモンペに着替えて家事をする、
などという当時の風俗も興味深いです。












ドラマ『コウノドリ』第2話まで観ました。
2015-10-26 19:31















2015年10月16日からTBS系列で始まった
ドラマ『コウノドリ』を
第2話まで
録画で、観ました。




「鴻鳥(こうのどり) サクラ(綾野剛)」は産科医であり
謎の天才ピアニストでもある。
客前でピアノ演奏中でも病院から呼出しがあると
演奏を途中でやめて病院へ向かう。
ピアニストの時はカツラをかぶって
医師の身分を隠している。





私は医療ドラマを好きです。

このドラマはリアリティのある医療ドラマです(ピアノ部分以外は)。
しかも優しさがあります。




「コウノドリ先生」の同期の「四宮(しのみや)先生(星野源)」には暗い影があります。
第1回を観おわった時点で
彼に何があったのか
だいたいわかった気がします。
ストーリーを理解できないでおなじみの私ですが(^_^;)




研修医の「下屋(しもや)先生(松岡茉優)」\(^o^)/
初々しいですね^^
25~26歳くらいの設定だと思うのですが
実年齢20歳ですからね♪




他にも素敵な役者さんがいっぱい出てます。




第2回で小栗旬さんが出てて、
演技力すごいなあ、と思いました。

泣いてるんだけど、自分が泣いてることに気づいてない感じの演技w(°o°)w




小栗さんはもうたぶん出ないけど、
これからも観ます(`・ω・´)












テレビをサイズダウンしました。
2015-10-25 19:51






全宇宙112人の読者の皆様こんばんは\(^o^)/




狭い部屋に引っ越す予定の修羅笛の鍵です。









20151025用・今までの

今まで、26型のテレビを部屋の中心に置いてました。

台よりテレビの幅が大きいので
横を通る時にぶつかってテレビが若干回転してしまったりしてました(笑)




こんど、狭い部屋に引っ越すので
22型のテレビに買い替えることにしました。









20151025用・今までのを台からおろしてみた

ケーブル類を自分で外して
テレビを台からおろしました。









20151025用・今までのリモコン

今までのテレビのリモコンです。
大きくてリモコンスタンドからなかなか出せないという(笑)









20151025用・新しいテレビ

新しいテレビが、今日、届きました。
スタンドの取り付けだけしてもらって、
接続と設定は自分でやりました。

家電のコールセンターに務めた成果がありました\(^o^)/
2年前の2回の引越の時は
お金を出して業者さんにやってもらったのに♪









20151025用・新しいリモコン

新しいリモコン。

私にとっては時代が逆行したように、
小さなサイズになって、
リモコンスタンドへの出し入れもスイスイです\(^o^)/

このリモコンには蓋内ボタンがありません。
字幕の切り替えや
画面表示の切り替えがちょっと面倒なタイプ(^_^;)




音も、今までのに比べたらショボい。




でも、
MHL機能があるし
USBハードディスクも付けられます(付けようと思えば)
しかも裏番組録画ができるのです ̄ー ̄)ニヤリッ

USBハードディスクを付ける予定は
今のところないのですが(笑)












映画『奇跡』を観ました。
2015-10-24 23:50





奇跡 【Blu-ray】

奇跡 【Blu-ray】
価格:4,147円(税込、送料別)











2015年8月3日にNHK BSプレミアムで放送された
映画『奇跡』を
録画で、だいぶ先日に、観ました。




2011年の日本映画です。




九州新幹線が全線開業する日の朝、
鹿児島から福岡に向かう新幹線「つばめ」と
福岡から鹿児島に向かう「さくら」が初めてすれ違ったときに
願い事が叶う、という噂を信じた少年少女7人の冒険物語。


『スタンドバイミー』的な要素もありますね。




主人公は「航一(前田航基)(まえだまえだ)」と「龍之介(前田旺志郎)(まえだまえだ)」兄弟。
「父(オダギリジョー)」と「母(大塚寧々)」とともに大阪で暮らしていたが
両親の別居により
兄「航一」は「母」とともに鹿児島にある「母」の実家で、
弟「龍之介」は「父」とともに「父」の地元である福岡で暮らしている。
「航一」は鹿児島での暮らしが嫌でならず
父・母・弟と元通りに大阪で暮らしたいと願っている。
新幹線一番列車がすれ違う時に願いを唱えれば叶う、
という噂を聞いた「航一」は、友達2人を誘って全線開業日にその場所へ行くため行動を始める。
兄からその話を聞いた「龍之介」も
友達3人を誘ってその場所へ向かう。





兄「航一」は考え込む性格で
弟「龍之介」はともかく明るくて
どちらもいとおしいです。

また、この映画では
子どもたちが徒歩移動の時にほとんど走っており活気があります。




「龍之介」の友達のひとり(上のアフィリエイト写真の左から2番目)
がものすごい美少女でハスキーボイスだったので、
「これはもしや?」と思ったら
橋本環奈さんでした♪




そして、
今この文章を書くためにWikipediaを読んだら
「龍之介」の友達の、もうひとりの女の子役の内田伽羅さん(上のアフィリエイト写真で左から3番目)は
本木雅弘・内田也哉子夫妻の長女だそうです。
主人公2人の祖母役が樹木希林さんで
伽羅さんにオーディションを受けるようすすめたそうです。




全員に物語があって
リアリティーがあって
しかも非日常もあって
まえだまえだの掛け合いも楽しめて
脇を固める大人の役者さんたちも豪華で
素敵な映画でした♡









オススメです♡












『久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポンGOLD』が終わってしまいました。
2015-10-23 20:04
















上の本を読んで、
久保さんと能町さんのラジオを聴きたかったなー、
と思った私。




そして、
『久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポンGOLD』
というラジオ番組が放送されていることに気づいたのが2015年7月。

以来、聴いていました。


しかし、
2015年9月24日で終わってしまいました(「・ω・)「





番組宛てのメールアドレスを紹介する時に
通常は
「久保能町の頭文字KNアットマークANNドットコム」
的な紹介をするところ
「K」と「N」をとんでもない言葉で例えるコーナーを好きでした。




もっと好きだったのは
「白虎隊ごっこ」\(^o^)/

久保さんと、能町さんと、放送作家の清正裕子さん3人が出演するラジオドラマで
最後に必ず久保さんが「せいしょおおおおお!!!」と叫び、
せいしょおさんが息絶えます(笑)

あまりのシュールさに毎回爆笑でした♡




もちろん近況のトークなども大好きでした♡




またやってほしいなあ……♡












映画『ちょんまげぷりん』を観ました。
2015-10-22 19:54
















明日からドラマ『サムライせんせい』が始まります。




私は、
錦戸亮さんが幕末から現代へタイムスリップして塾の先生をすると知り、
「あんたプリン作るんじゃないんかい!」
と心の中でツッコミました。

なぜならば、
映画『ちょんまげぷりん』の存在を知っていたから。




5年前の映画です。




映画館で観たかったのですが、
かないませんでした。




で今回、
TSUTAYAでレンタルしたDVDで観ました。




主人公は180年前の江戸時代から来た木島安兵衛。
2010年の180年前は1830年です。

明治維新が1868年ですから、
幕末よりもうちょっと前ってことかしら。

ちなみに『サムライせんせい』の主人公は武市半平太なので別人です(・ω・)




でですね。
木島安兵衛25歳は、
巣鴨でお地蔵さんに祈っていた時に
なぜか2010年の巣鴨に来てしまいます。

錦戸さんの江戸っぽい所作と
殺陣がカッコいいです\(^o^)/




「安兵衛」を居候させるはめになる現代のシングルマザー「遊佐ひろ子(ともさかりえ)」目線で描かれます。
「ひろ子」の息子役で鈴木福さんも出ています。
鈴木さんは6歳の役で実年齢も6歳。
とてーもカワイイです♪




起承転結がちゃんとあって
感動して
心温まる作品でした。




おすすめします。




さて『サムライせんせい』も楽しみですね♪