FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

映画『戦場のピアニスト』を観ました※ネタバレ
2015-07-31 19:08
















2015年3月4日(水)にNHK BSプレミアムで放送された
映画『戦場のピアニスト』を
録画で、先日、観ました。




実話です。




ポーランドのピアニスト「シュピルマン(エイドリアン・ブロディ)」はユダヤ人。
1939年9月、第二次世界大戦が勃発し
ナチスドイツがポーランドに侵攻、
ユダヤ人の自由を徐々に奪う。
所持金を制限し、服に星のマークをつけさせ、居住区が決められ、
ある日汽車に乗せられて移動させる。
行き先が強制収容所であることは伏せたまま。
「シュピルマン」は汽車に乗らずに済んだが
それから長いあいだ、
ドイツ軍から隠れるため
さまざまな辛い体験をする。





私はこのピアニストが、
あまりにも辛い経験をして心が壊れてしまい
記憶を失うのだ、
そういう話だと思って観ていたのですが
彼は正気なままでした。

何か、記憶違いをしていたようです。




けっきょく彼は助かります。

ピアニストに復帰し、
長生きして
世界で活躍したようです。




途中から彼は単独で隠遁生活に入るのですが
最初のほうは家族が大勢いて
彼以外は汽車に乗せられました。

その後、
家族がどうなったのかは描かれていません。




私は食事しながらこの映画を観ましたが
食事中に見るのはキツい人が多いかもしれません。












スポンサーサイト



札幌では、「前リュック」の人が、けっこう、います(・∀・)
2015-07-30 19:24







画像はイメージです。









2013年9月に浅草から札幌に引っ越した修羅笛の鍵です。




東北地方太平洋沖地震以降、
東京では一時的に
運動靴にリュックサックで通勤する人が増えた、
という印象があったのですが、
半年もすると元に戻ったような気がしなくもありません。




私自身はもともと
リュックサック派、
またはボストンバッグをリュック風に背負う派だったのですが、
背中側でなく腹側に背負う(変な言い方)ことも多かったです。
そのほうが、
防犯上もいいし、
混雑した場所で人の邪魔にならないよう配慮できるし
モノの出し入れがしやすいし、
見た目以外はいいことづくめだったのです。

しかし東京でそれをやっていると
けっこう冷笑の目で見られました。

東京に住んでいた時、
ある日、
腹側にリュックをしょった私を
2人の男子高校生が追い越しました。

私の右から1人、
左から1人ね。

少年Aが私の頭の上から指差して
「これババア」
とハッキリ聞こえる声で、ドヤ顔で少年Bに言いました。

少年Bはうろたえた感じで無言でした。




私の心は傷づきましたが
2人ともいいところがあると思いました。

少年Aは思ったことを口に出す勇気があり、
少年Bは私の心が傷ついたのではないかと心配する優しさがある。

少年Aはそのうちに
私や少年Bの雰囲気から感じ取ったものを自動的に反芻し
自分の物言いに注意するようになるかもしれません。




それはそれとして。




札幌に引っ越したら
リュックサック使用者がすごく多いです。

しかも、
「前リュック」の人もけっこういます\(^o^)/

北海道の人は合理的なのですね(°д°)

「前リュック」でも冷笑されている感じを受けません\(^o^)/












書籍『ひとりごはんの背中』を読みました。
2015-07-29 18:54
















私がAmazonで能町さんの別の本を買ったのち、
Amazonからおすすめされて
Amazonの思惑どおりに買ってしまった本です(笑)




「シングルさんの部屋を訪ねて、いつも作っているごはんをいただき勝手にくつろぐ厚顔ルポ
だそうです(笑)




シングルさんの年齢も
20代から60代までさまざま。




手の込んだ料理をたくさん作りながらも謙遜しまくりな人や
手抜きしまくりで悪びれない人などさまざま(笑)




面白い本でした。




能町さんが偏食だということも分かりました(。-∀-)ナカーマ




いつも能町さんといっしょに取材している編集者のキサラヅさん、
いいキャラです♪

いい意味で図太いのと…

なんか、ウサビッチに似てます♪












ドラマ『民王』第1話を観ました*ネタバレ
2015-07-28 19:31
















2015年7月24日(金)にHTB北海道テレビで放送された
ドラマ『民王』第1話を
録画で、先日、観ました。




民政党の「武藤泰山(たいざん)(遠藤憲一)」は念願かなって総理大臣となる。
その息子「翔(菅田将暉)」は女子力高い系男子だがおバカな大学生。
「翔」はバイト先である「キッチンやみくも」の2階に住んでいる。
「キッチンやみくも」に借金取りが来ていた時、
アクシデントで「翔」の頭にフライパンが当たり、
その時、
「泰山」の体に「翔」の心が、
「翔」の体に「泰山」の心が入ってしまう。
仕方ないので、
銀行へ就職面接へ行く「泰山in翔」と
国会で答弁する「翔in泰山」。





私の大好物の「入れ替わりモノ」です\(^o^)/





就職の面接で、面接官を論破してしまう「泰山in翔」と
国会答弁で秘書の書いた原稿の漢字をほぼ全部、読み間違える「翔in泰山」\(^o^)/




元祖「みぞうゆう」の麻生太郎氏のことを思い出し
∑('0'*)ハッ!あの時、もしかしてバカ息子と心が入れ替わっていたんでは?!とか思ったり。




「たいへん遺憾であり」
の「遺憾」を
「イカン!…であり」と発音する「翔in泰山」にも爆笑\(^o^)/




いくらなんでも読み間違えすぎなので
ライバル政治家だって穿った見方をすると思います。

わざとやってるな、とかね。

次回が楽しみです\(^o^)/









あと秘書(高橋一生)カッコイー(°д°)












ギックリ腰は治ったようです(・ω・)
2015-07-27 19:19






6月19日にギックリ腰になりました。




ギックリ腰は1週間くらいで完治するものだと思っていました。


だいだい生活に支障があるほどに痛いのが3日くらいで
あとはゆるゆると治っていく、
長くて10日。


と思って生きてきたのですが。




今回は、
生活に支障があるほど痛かったのが10日くらいで、
その後4週間くらいかけてゆるゆる治ってきた感じです。


実はいまでも完治ではない気もするし
現在の腰痛はギックリ腰とは別のものだ
という気もします(--;)









20150727用・冷やすやつ

今回のギックリ腰のために、
これを買いました。

ジェル状のパック。

冷凍庫に入れてます。

冷凍庫から出してもカッチカチではなく、
腰にフィットします。











固定には、和服を着る時のベルトを使用(笑) ↑このようなヤツです。

断捨離直前だったけど
まだ捨ててなくてよかった(笑)




1回20分、1日3回、腰を冷やす、という習慣ができました。

朝ごはんの時と、夜ごはんの時と、寝る前に食器洗浄機に食器を入れてる時(笑)

理想は1日4回らしいです。

朝、昼、夕、就寝前の。












DVD『w-inds. FAN CLUB LIVE TOUR 2015 ~MATASETANA!!~ 』を観ました。
2015-07-26 21:43






アフィリエイト写真を載っけようとして
楽天アフィリエイトで検索してから気づく私。

『w-inds. FAN CLUB LIVE TOUR 2015 ~MATASETANA!!~ 』
は、
ファンクラブ限定販売だったのだから
(だよね?だからブルーレイ派の私がDVDで持ってるんだよね?)
楽天で買えるわけなかった(°д°)




なので自分で写真、撮りました。









20150726用・おもて

おもて♪









20150726用・うしろ

うしろ♪









特典映像を見たけっか、
千葉さんはやはり
逆回転の音楽を聴き取る能力を持っている
ことがわかりました(*´ω`*)












映画『恋におちたシェイクスピア』を観ました※少しネタバレ
2015-07-25 19:41
















2015年2月27日(金)にNHK BSプレミアムで放送された
映画『恋におちたシェイクスピア』を
録画で、だいぶ先日に、観ました。




現在では知らぬ者のない有名な劇作家である「シェイクスピア(ジョセフ・ファインズ)」ですが
この映画の中では
彼はまだ若く、まだ成功していません。


『ロミオとジュリエット』の脚本を書き
初演に至るまでの顛末が描かれています。




驚いたのは
当時のかの国では
芝居に出るのが許されるのは男性だけだということです。

歌舞伎の世界です(°д°)

女性の役は
声変わり前の少年が演じます。


貴族の令嬢「ヴァイオラ(グウィネス・パルトロー)」が
「シェイクスピア」の文章に心酔し
なんとか彼の芝居に出たいと
男装してオーディションを受けます(≧∇≦)
そしてロミオ役を獲得。

しかし流行病があったり
劇場のいろんな事情で
本当に初演までこぎつけることができるのか
ハラハラして楽しいです。

「ヴァイオラ」は女性であることがバレて降板、
それでも初演の日を迎えますが、
ジュリエット役の少年も開演直前に声変わりしていまい、
いったいどうなるやら…/(^o^)\




楽しいので、
ぜひご覧ください。




私は、
グウィネス・パルトローを、
初めて、カワイイと思いました♡












セイコーマート人気の3つの理由とは。
2015-07-24 23:50






先日、テレビ番組で、
セイコーマート(主に北海道で展開するコンビニエンスストア)が
人気がある3つの理由を
放送していました。




私は
①安いから
②PV商品が美味しいから
③ポイントを貯めると実用的な景品と交換できるから

だと予測して観ていました。









20150723用・景品

実際に私が入手した景品。

ねっ?実用的( ´ ▽ ` )

インターネットで申し込んで、
お店で受け取れます。

自宅にネット環境がなくても、
店内の機械で申込みできます(・∀・)









さて番組では
①と②は私の予測どおりでした(と記憶しています)。




③は外れました。
というか、
ポイントカードと景品の話は出ても来ませんでした。




番組の③は
「侠気ある出店」でした。




スーパーや他のコンビニが撤退してしまった
北海道の過疎地域に
採算度外視で出店してるそうなのです。

それらの地域のインタビューを見ると
「買い物できるお店が出来て、本当に良かった」
とニコニコしている人たちばかりで
感動しました。




東京都台東区から北海道札幌市に引っ越して来た私には
過疎地域のことが思いつきませんでした(・ω・)












書籍『がん活力』を読みました。
2015-07-23 23:50
















林育生さんの著書『がん活力』を読みました。


「命がけのゲーム すい臓がん(膵臓癌)」というブログの書籍化らしいです。


私は、ブログのほうも毎日拝読しに行っています。

3つめのがんの手術を受けられ
現在はリハビリ中とのことです。




この本を読んで勉強になったこと。

それは、
評判の良い病院や、評判の良い医師を選んで治療してもらう、
というよりも
自分のかかっている病院の医師やスタッフに
自分の味方になってもらって
最高の技術を発揮してもらおう、
という考え方です。


ブログでも、
よくそのようなことをお書きになっています。




しかも文章がおもしろいです。




とても、おすすめです。




2冊目の書籍化を待っています。












映画『そして父になる』を観ました※ネタバレ
2015-07-22 23:50
















2015年2月7日にUHBで放送された
映画『そして父になる』を
録画で、だいぶ先日に、観ました。




エリートビジネスマン「野々宮良多(福山雅治)」の
6歳の息子「慶多(二宮慶多)」は
父に似ずおっとりした性格。
高級マンションに住み、
専業主婦の母親(尾野真千子)に大事にされ
お受験をさせられていた。
ある日、「慶多」の生まれた病院から
同じ日に生まれた別の男の子と取り違えた
という連絡が入る。
「良多」の実子は
田舎の小さな電気店を営む
「斎木雄大(リリー・フランキー)」「ゆかり(真木よう子)」夫妻の3人の子どもの1人として
群馬県で育てられていた。
病院側から子どもの交換を勧められた両夫妻は
子どもの交換を視野に入れ
家族同士の付き合いを始める。





子どもに入れ替わりを納得させるために
「ミッション」として「慶多」を「斎木」家に行かせていた「良多」。

でも、
自分に似ない、上昇志向のない子どもでも
愛していたんだ、
と気づき
「ミッションなんか終わりだ」
と「慶多」に伝える。




子どもの交換はナシになるようでした。




6歳の子どもにとっては
環境が変わらないほうが幸せでしょうが、
将来、
「慶多」が「良多」による教育費のおかげで大企業の正社員になり
実子の「琉晴」のほうは非正規雇用で食うや食わずの生活を強いられたとして
その時に恨みやひずみが発生しないか心配です。
(フィクションですが)

だから、日本という国が
今より安心して暮らせる国になったらいいな、
と思います。