FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

夏のドラマ選び2015
2015-06-30 19:17







画像はイメージです。









明日から7月。1年の後半ですね。

今日6月30日の札幌市は肌寒いです。

私は会社に行くのに、
スーツの上にウインドブレーカーを着ました。
首にはストールも。

たぶん関東では考えられないファッション。




さて3ヶ月に1度のお楽しみ、
7月スタートのドラマを選びました。




テレビ誌を入手して
ドラマ特集を見て
観たいドラマに○
観てもいいドラマに△
観たくないドラマに×印をつけました。









今期の○は3作品。

池井戸潤原作 民王

入れ替わりモノ(っていうジャンルある?)を好きな私♡




ど根性ガエル

松山ケンイチさんと薬師丸ひろ子さんが出てるので♡




デスノート

こ、これは…!
観ないわけにはいきませぬ!
原作を大好きなので!









△も3作品。

婚活刑事

ある日、アヒルバス

連続ドラマW 死の臓器









作品数が少ないのでラクラク~

しかも、
連続ドラマWについては
WOWOWを契約してない私は
第1話(無料放送)しか視聴できません(笑)












スポンサーサイト

小説『アンガージュマンの入口』解説(3)私は原発をどう思っているか。
2015-06-29 19:21






画像はイメージです。










先日まで、このブログで連載させていただいた
私が1986年に書いた小説『アンガージュマンの入口』。




バンド追っかけ文系女子大生が
チェルノブイリ由来の「黒い雨」を東京で浴びたことをきっかけに
原子力発電の是非について考えた、
という内容です。




結論としては
「原爆は戦争の道具だけど、原発は平和利用だからOK」
というものでした。

それは、当時21歳だった私の意見というか
やっと絞り出した結論でした。




では、
それから29年経って
私のアンガージュマン(政治的参加)への心構えは
どう変わったか。




戦争反対は変わらず。




原発については
容認から反対に変わりました。





チェルノブイリの時は
ソ連の原発と日本の原発は違うから
日本では過酷事故は起こらない
と思っていました。



福島の事故が起きてから
日本でも過酷事故が起こるとわかりました。




それに、
w-inds.の緒方龍一さんが勧めていた
WEB上の情報を読んで
もし事故が起こらなくても
作業員は被ばくで健康を害していることを知りました。

使用済み核燃料について
安全に処理する目処が立っていないことも知りました。




そこで、
2011年3月26日から原発反対派になりました。




作業員以外でも
原発の近くに住む人々は
低線量被爆を常にしていて
健康に影響が出ている事を
私は以前から知っていたのに
政治的意見の転換に時間がかかったことを
申し訳なく思います。









1986年に小説『アンガージュマンの入口』に書いたことと
現在の私の気持ちは違うのだ、
ということを主張したくて
今日のこの文章を書きました。












漫画『ゼッタイドンカン』を読みました。
2015-06-28 19:49
















漫画『ゼッタイドンカン』を、先日、読みました。

作者は『うさぎドロップ』の宇仁田ゆみさん。




絶対音感はあるがピアノの下手な女子と
リズム感はあるけど女心にすごく鈍感な男子の
長年にわたる恋のおはなし(・∀・)




読んでてほっこりします♡




現実にはこのような男子はなかなかいませんが。




宇仁田さんの描く登場人物は
どの人物もそうとうステキです(性格が)。












映画『アントキノイノチ』を観ました。
2015-06-27 23:17
















2015年1月15日にNHK BSプレミアムで放送された
映画『アントキノイノチ』を
録画で、先日、観ました。




「永島くん(岡田将生)」は
遺品整理業者でアルバイトを始める。
高校時代の出来事がきっかけで心が壊れ
引きこもりからの社会復帰だった。
新人の彼を指導するのは先輩アルバイターの「ゆき(榮倉奈々)」。
彼女もまた、心に深い傷を負っていた。










徐々に明らかになるお互いの傷。

そのストーリーテリングと
役者さんたちの緊迫感ある演技に引き込まれました。

「変なタイトル」と思っていたのですが
観てみると
必然性のあるタイトルでした。




主人公2人の先輩社員役の原田泰造さんもステキでした。









興味深い映画でした(・ω・)










今この文章を書くためにウィキペディアを見たら、
原作はさだまさしさんの小説だそうです。

さだまさしさんはすごいです(°д°)












「実質的仏壇」の位置を変えました。
2015-06-26 19:43






私の住んでいる賃貸マンションの部屋の隅に
仏壇を置いています。

床の上に直接。




毎日、
会社から帰ると、
仏壇の斜め前にひざまずいて、
仏壇の上(中じゃなくて上)に伏せてある両親の遺影を起こして
手を合わせます。




狭い部屋への引越しを検討しているので、
仏壇の処分を検討しています。

それに先立ち、
「実質的仏壇」、つまり両親の遺影と位牌の定位置を
変更しようと思い立ちました。









20150626用・本棚

最近、断捨離でモノが少なくなっていた本棚の
上から2段目の左半分をあけて、
ニトリで買ったつっぱりポールを上下に設置し、
上のポールにハンカチをかけてみました。

雑然として見えるのは
本棚の前の通勤バッグのせいですね(笑)

ちなみに上から3段目の「MAD」は
非常持ち出し袋です(笑)









20150626用・普段は見えない

ハンカチ部分は正面から見るとこうなっていて…








20150626用・こうなってる

ハンカチを持ち上げると
そこに「実質的仏壇」が(・∀・)

遺影と位牌だけです。

東北地方太平洋沖地震以来
お線香に火をつける習慣をやめました。

遺影も位牌も、
母のほうが大きいです(  ̄▽ ̄)

理由は、亡くなった年代の違いですかね(わからない)。

少なくとも位牌は同じお店で作ったのですが(笑)
(父の位牌を作るために見本として母の位牌を店に持ち込んだら
 「これ、うちの作です」と言われた)




下のつっぱりポールは地震対策です。
(地震の時に、遺影と位牌が落ちてこないように)。









帰宅して遺影に手を合わせる行動が、
立った姿勢でできるので、
楽になりました。












映画『ちゃんと伝える』を観ました※ネタバレ
2015-06-25 19:42
















2014年12月26日にNHK BSプレミアムで放送された
映画『ちゃんと伝える』を
録画で、先日、観ました。




2009年の日本映画です。




園子温監督作品なので観ました。




「史郎(AKIRA)」は27歳。
地元のタウン誌編集部に勤めている。
父の「徹二(奥田瑛二)」がガンで入院する。
父が退院したらいっしょに釣りに行くことを計画する「史郎」
しかし
「史郎」自身もガンで余命は父よりも短いと宣告される。





この映画では
ガン患者の肉体的な苦痛についてはリアルには描かれていません。




しかし、
余命いくばくもないと知った主人公が取る行動は
愛にあふれています。




親より先に死ぬ、という親不孝をしたくなから、父が先に死ぬことを願う。
配偶者が若くして死ぬ、という悲しみを負わせたくないから、恋人に別れを告げる。




追い詰められて、
頭が冴えて、
他者の幸せを第一に考え、行動する主人公。




私は、このようには生きられそうにありません。

私の涅槃はまだ遠いです。

あ、キリスト教徒なのに仏教用語を使ってすみません。




私が願うことは
この主人公が癒されることです。












入院とベジタリアン。
2015-06-24 19:21






私はベジタリアンで(ありたいと思っていま)す。




私は先日、6月17日から19日まで、難聴で入院していました。
(当初の見込みでは6月30日までの入院予定でした)




入院すると、
ごはんは病院食です。




現在の主流の栄養学は
肉、魚、海藻、牛乳、なども
野菜や果物と併せて「バランスよく」 食べることが健康にいい、
とされているので
病院食には容赦なく動物性たんぱく質が出る、
と思っていました。

食べたくないものが出たら残せばいいと思っていました。

内蔵の病ではないのでいっそう。




ですが、
今回私が入院した病院では
栄養士さんが最初にアレルギーなどを訊きに来ただけでなく
その後も何回も病室に来てくれて
実際に出た食事の何が苦手だったかを聞いてくれました。

好き嫌いとか
主義で食べないものなども
受け入れてくれてビックリしました。









20150624用・病院食

これは食事のトレイに乗ってくる献立表ですが、
赤で書いてあるのは
「パン」以外は
私が食べたくないものです。




こんなに要望を聞いてくれることに
驚きました。




病院の食事はおいしかったです。




私は歩けましたが
薬の副作用で免疫力が下がり
部屋から出ない方がよい為
ごはんは個室でひとりメシでした。

しかもテレビも見ずに。

しかも廊下や窓から見られつつの羞恥プレイ(笑)




私本人は
基本、常にひとりメシの人なのでそれはほとんど平気。

それよりも
食物を噛む時に
自分の耳に聞こえてくる音の状態
(なぜか、左の歯で噛む時だけ、ピッという音が右耳にだけ聞こえるとか)
に集中していたのと
30回以上噛むために
数を数えることに集中していました(笑)




上の写真は最終日の朝ごはんで
今後は苦手なものが出ないのだなー、
と思った矢先に急に退院が決まりました(笑)












『オールスター感謝祭 2015春』を観ました♪
2015-06-23 19:56






2015年の春クールが終わる時期になって恐縮ですが
2015年4月4日にTBS系列(札幌ではHBC)で放送された
『オールスター感謝祭 2015春』を、
録画で、だいぶ前に、観てました。




18枚の写真でご紹介♪

いつも『オールスター感謝祭』は写真まとめブログを作ります。

ふだんは録画画質5倍の私ですが、
今回は最高画質で録画しました(笑)









20150623用・①

「赤坂5丁目ミニ駅伝」に島崎和歌子さんが出場するため
その間の代理MCは映画『ビリギャル』から有村架純さん。

カワイイですね♡









20150623用・②

「今日は4月4日(3月3日と5月5日の間)なので
 釜飯たべて、カマンベールチーズたべて、がんばります」
的な、はるな愛さん発言♪









20150623用・③

「ミニ駅伝」出場者。

「チームアルジャーノン」は
ドラマ内の2組のカップル。

この時はドラマ放送開始前だったので
そんなことは知る由もなく、
「工藤阿須加って誰?」状態。

いまウィキペディアで調べたら
この人のおとうさんて、
あの西武の工藤選手(現・ソフトバンクホークス監督)なんですねー(°д°)

ドラマの感想はまた別の日に書きますね♡









20150623用・④

今回の『感謝祭』は
TBSの過去60年分の映像からのクイズも。

キムタク様のクイズが出たので載っけます♡

私、ロン毛のほうを好きです。

「ぶっちゃけ」が口癖だったのは?









20150623用・⑤

正解は「新海元」。

ああーとなりにまたやん(堤真一さん)も写ってる(*´ω`*)

『GOOD LUCK!!』は2003年1月期のドラマ。

画面サイズが4:3です\(^o^)/









20150623用・⑥

「ショットガンタッチ」で最後に2人残って勝負つかず、
「激すっぱショットガンルール」で決着をつけることに。

佐藤健さん(『天皇の料理番』)と伊藤淳史さん(『ビリギャル』)。

てか、「仮面ライダー電王」と「チビノリダー」対決(笑)









20150623用・⑦

すっぱいのを飲んだのは伊藤さんで、
勝利を喜ぶ『ビリギャル』チーム\(^o^)/









20150623用・⑧

あっさり書きますが
「赤坂5丁目ミニマラソン」優勝者はハリー杉山♡

ナイスワン!









20150623用・⑨

マラソン後の休憩タイムが復活して
胸をなでおろす私。

やっぱ、休憩がないと、タレントの皆さんキツイと思うの(・ω・)

休憩時間中は新番組の番宣をずっと流してた。
タレントの皆さんは映るとしても小さいワイプだけ。

マツコさんの解説ブースをまたやってほしいわぁ(°д°)









20150623用・⑩

「ザ・ベストテンクイズピリオド」では
黒柳さんが、
番組アシスタントの運転するパンダの乗り物に乗って登場\(^o^)/









20150623用・⑬

『ザ・ベストテン』の過去映像で
『輝きながら…』を、
頭髪のない高齢男性多数をバックに歌う徳永英明さん。

若い。

笑っちゃってますね(≧∇≦)









20150623用・⑪

『ザ・ベストテン』にあった
「今週のスポットライト」コーナーのていで
AKB48が登場して新曲披露。

秋元康先生は『ザ・ベストテン』の構成作家でもあったので
この展開はアリですね(・ω・)

まゆゆさんは写真に撮りやすいです。すばらしい。

最初、たかみなさんをアップで撮ろうと思ったのですが
ダンスのキレが良すぎて、私の腕では無理でした/(^o^)\









20150623用・⑫

AKB48のパフォーマンスを
解答者席で観る大島優子さん(『ヤメゴク』)。









20150623用・⑭

「プレッシャーアーチェリー」で決勝に残った吉田羊さん(『ビリギャル』)。









20150623用・⑮

吉田さんは2位。

健闘を讚える『ビリギャル』チーム。









20150623用・⑯

「プレッシャーアーチェリー」で優勝したのは
栗山千明さん(『アルジャーノンに花束を』)。

MCの今田さんからは
「さすがGOGO夕張(映画『キル・ビル』での役名)」
と言われておった(笑)









20150623用・⑰

喜ぶ「アルジャーノン」チーム\(^o^)/

山Pさんもいました♪









20150623用・⑱

で、総合優勝はアンガールズの田中さん。

この番組、芸人さんの優勝率が高めな気がします(  ̄▽ ̄)












漫画『ぼくの体はツーアウト』第7巻を読みました。
2015-06-22 20:26
















よしたにさんの本はほとんど、買って読んでいる私。




2015年4月17日発売の
漫画『ぼくの体はツーアウト』第7巻を
先日、読みました。




よしたにさんが健康になるための
というより
これ以上不健康にならないための
さまざまな挑戦。

今回は、

カッピング、
制汗剤、
サーフィン(!)、
姿勢矯正、
ゴルフ教室、
椅子選び、
フェイシャルエステ、
ファスティング、
加湿器

について書かれています。









よしたにさんの収入は私より多いと思われ
取材ですすめられたグッズを購入していたりしてうらやましいです。

私も加湿器をほしいと思ったことはありませんが(笑)









あと、
よしたにさんのほとんどの取材に同行している
編集の源さんの
運動音痴ぶりが今回も見られ
源さんにとっても
いろんなことをさらして生きていく結果になっているのが興味深いです。




私も
よしたにさんや源さん同様
年とともに
いろんなことをさらけ出して生きていく気になっています。









ファスティングの回では
うなずきながら読んじゃいましたよ!












小説『アンガージュマンの入口』解説(2)モデル的な存在。
2015-06-21 22:13






先日までこのブログに連載させていただいた
小説『アンガージュマンの入口』。









事実なのかフィクションなのか?
モデルは実在するのか?
について勝手に書きたいと思います。




主人公「コウ」は19歳の大学2年生。

これは私です。

私の本名は「行(あゆみ)」ではないですが。
あと、柴咲コウさんは
1986年の時点ではまだ世に出ていなかったので
「コウ」という名前は偶然です(笑)

あと、1986年5月時点では
実際の私は大学4年で21歳でした。

実際の私は3月生まれなのですが
小説の中では6月か7月生まれってことにして
20歳の誕生日を迎えています。









主人公の片思いの相手、1歳年上のいとこの「ヒデちゃん」。

実際には
私には年上のいとこはいません。









主人公の大学の教授。

これは、私が実際に通っていた大学の、
ある先生がモデルです。

先生、お世話になりました。
勝手に書いてすみません。









ライブ友達の「美紀ちゃん」。

この人は
実際に私がライブハウスで出会った何人かの友達をミックスしたような存在なのかな…。









編集者の「加代子さん」。

これはモデルがいないといえばいません。
この人のセリフとして言わせたかったことは
当時の私の意見です。

つまり、
この人も私です。









「コウ」は「美紀ちゃん」や「加代子さん」と
物おじせずに交流しています。

当時の私も内気だったはずなのですが。

ライブハウスという場所は
内気な人間でも友達を作れる
素敵な空間だったのです。

2015年の今でも
同じアーティストを好きな人間同士は
わりと容易に仲良くなれる
という現象は変わっていないと思います。









「シックスティーズ」の「ノボルさん」。

これは、
歴然とモデルがいます。

M-BANDの藤タカシさんです。

CD-OFFSALE!M-BAND/AKIRA 【CD】

CD-OFFSALE!M-BAND/AKIRA 【CD】
価格:1,748円(税込、送料別)






私が
渋谷や横浜で定期的におこなわれていたM-BANDのライブに通っていたことは事実ですが
タカシさんが私を認識していたかどうかは不明です。

つまり、
小説のその部分はフィクションです。

エンターテインメント的な盛り上がりを作りたかったのだと思います。




勝手に書いてすみません。タカシさん。

そして、
当時は本当に精神的にお世話になり
感謝しています。




タカシさんは、
こんど、MXのトーク番組に出るらしいです。

私は北海道在住なので視聴できませんが、
その時に東京に居るかたは
よかったらご覧ください。












w-inds.の『WORKS vol.7』を観ました。
2015-06-20 19:31
















いえ、『MATASETANA!!』の話ではありません。

即時性のないブログで申し訳ありませんwwwww




2015年3月18日発売の『WORKS vol.7』を
最近(入院前)やっと観終わったので
その感想です。




シングルCDの初回盤にMUSIC VIDEOがセットになるようになってから
『WORKS』はもう発売しないのかな?
と思っていた我々(誰?)に朗報だった、
今回の発売♡




『Rain Is Fallin'』から『FANTASY』までの14曲のMUSIC VIDEOがDisc1。

Disc2は「The Making Of Music Video」および「特典映像」となっています。




2009年3月4日発売の『WORKS BEST』の時もそうだったと思うのですが
MUSIC VIDEOって、
観始めると
「あと1曲」「あと1曲」って、
どんどん観てしまいますね(°д°)




そして、
今回のメイキング映像を見て
MUSIC VIDEO本編をもういちど観たくなりました。

とくに『A Little Bit』と『Make you mine』

『A Little Bit』は苦労して富士山に上り
足場の悪いところで踊ってラジコンヘリで撮影するも
悪天候で中断( ̄▽ ̄;)

『Make you mine』は計画的な撮影がすばらしく
2人のメンバーがターンした後
1人めのメンバーがカメラに写らないように下を通ってすばやく元の位置へ移動したりするのが
スゲー!
と思いました。




つまり、Disc1とDisc2を、繰り返し観たくなります(笑)












退院しました(・ω・)
2015-06-19 18:13






けっきょく昨日の『アイムホーム』は
最初から最後まで落ちついて視聴することはできませんでした。

22時消灯を気にして
コマーシャルの間に歯を磨いたりトイレに入ったり
本編視聴中に看護師さんが検温に来たり
22時前に部屋の照明を消したり
などしていたので。









今日、午前中に検査しますと言われて
外来で聴力検査をしました。

その結果、
右の聴力が左に追いついていましたw(°o°)w

耳鳴りも耳のつまり感も治っていたので
「もう退院していいですよ」と言われましたw(°o°)w









20150619用・最後の病院食

病室に戻ると
お昼ごはんが来ていました。

食前の薬、このごはん、食後の薬の服用、
それと検査前からおこなっていた点滴が終了したら
帰っていいと言われました。




ごはんを食べている時に
薬剤師さんが退院後の薬を持ってきて説明してくれました。




点滴の針を抜いたあと、
着替えて荷物をまとめていると
看護師さんが請求書を持ってきました(笑)









20150619用・スリッパ

昨日から今日の間だけお世話になった、
売店で買ったスリッパ。

土足エリアで履いていたので
家に持ち帰る気は毛頭なく
病室のゴミ箱に捨ててきました。ごめんね。









20150619用・パラマウンドベットのリモコン

すばらしかったパラマウントベッド(のリモコン)。

36年前に私が入院した時は
たしか、ベッドの高さを上げ下げするのに
ハンドルを回していたような。

将来私が自宅で介護したりされたりする時に
パラマウントベッドをほしいと思いました。

(現時点で、介護する対象はいないですが)









テレビカードを精算しました。

1000円で買ったけど
900円戻りました(笑)

1000円で19時間視聴できるらしいです。
ということは100円で1.9時間。

まあ『アイムホーム』の他は
実験的にいじっていただけですから、
妥当です。









入院費はカード払いもできるらしいのですが
院内の北洋銀行で現金をおろして
支払いして、
正面玄関から出て、
タクシー乗り場でタクシーに乗りました。

入院した時は徒歩でしたが
それは私の自宅マンション前にタクシー乗り場がなかったからです(笑)

荷物が重かったのです(笑)

そしたら初乗り料金で帰宅しました。
670円。




先日のブログに書いた
現在の埼玉県のタクシー初乗り料金は730円だったので
北海道は若干、物価が安いのだなと思いました。









20150619用・タグ

帰宅してパーカを脱いで気づいたのですが
患者用タグをつけたまま退院してしまいました(笑)

看護師さんがこれを回収しなかったことで
困っていないだろうか(笑)

実はまだ、右腕についてます(笑)

これ、あとでハサミではずして、
ほとぼりが冷めたら処分します(笑)









20150619用・録画リスト

入院前に
(2週間の予定だったので)
やたらと録画しそうな自動録画キーワード「シネマ」と「爆笑問題」を無効にしていました。

なので入院中に録画されたのは
『マツコ&有吉の怒り新党』
『アイムホーム』
『カンブリア宮殿』
『超流派』
の4本だけ( ´ ▽ ` )

荷物を片付ける合間に
休憩して
『アイムホーム』をちゃんと観ました。よかった。
この感想はまた後日。









6月17日の昼前から「入院状態」にはなっていたのですが
いったん家にもどってもろもろ連絡とか
荷物準備とかして病院に戻り
実質的に入院したのは15:40頃でした。

そして、
退院したのは今日6月19日の14:20ごろだったので
47時間弱の入院だったことになります。




強い薬を使ったので
副作用として少しめまいが悪化しています。

これから数日、自宅療養します。




帰宅してパソコンを確認すると
おとといと昨日にスマートフォンで更新したブログの画像がとんでもなく巨大でした。

(スマートフォンではまともに見えた)

そこで、
修正しました(笑)

そしていまこのブログも、
パソコンでupします。












病室のテレビをいじってみました。
2015-06-18 16:24






20150618用・テレビ


病室にテレビがあります。

SHARP製のLC-16E5。

イヤフォンを使うのが面倒なので、
おうちで朝の忙しい時間帯にやっているように
字幕を出して音量ゼロで視聴したいと思いました。









20150618用・代替リモコン


ところがリモコンがこれ。

Victor製の汎用リモコン/(^o^)\




字幕ボタンや音声切換ボタンがありません。

ためしに「機能」ボタンを押してみましたが無反応でした。

テレビ本体の「メニュー」ボタンも無反応Σ(゜Д゜)

テレビ本体の「選局」ボタンも「音量」ボタンも無反応Σ(゜Д゜)

テレビ本体の「電源」ボタンも、まさか無反応?
と思って押して見たら、普通に電源が切れました(笑)




電源コードをコンセントから抜いて時間を置いてまた挿したら改善するかと考えました。

しかし、コンセントが、患者には触れない位置にあって無理でした。

次善の策として、
本体の「電源」ボタンを長押しして、
時間を置いて再び点けてみました。

ですがやはり、
本体のボタンは「電源」以外は使えません。




あと、3桁入力が出来ないのを我慢して
BS258チャンネルに合わせてみると、
Dlifeが映りませんΣ(゜Д゜)
メッセージはE202。




病室でのテレビ視聴に対する興味が減りました。




でも今日の21時からの『アイムホーム』最終回はライブ放送で観たいと思っています。

音声は、仕方ないのでイヤフォンで。

しかし、終了時刻が22:09なんですよね。

病院の消灯時刻が22時なので、
22時ちょい過ぎに看護師さんが消灯を確認しに来ると思われます。

22時前に消灯してテレビ観てれば大丈夫かな(; ̄ー ̄A












入院してから気づく忘れ物w(゜o゜)w
2015-06-17 21:17






20150617用・あみあみ

点滴が終わると、腕に挿したままの注射針にあみあみが巻かれて自由になれます(笑)









さて今日の午前中に、
近所の総合病院の耳鼻咽喉科で診てもらったらそのまま入院となりました。

予測していたいくつかのパターンの中ではハード目の展開です。

「外出」という形でいったん病院を出て、セイコーマートでお昼ごはんとマスク20枚を買いました。

帰宅して、
宅配便の不在票に対応して、
会社に連絡して、
今日の午後のカイロプラクティックをキャンセルして、
ごはん食べて、
家賃をネットで振り込みして
(いつもは毎月24日にするのですが、その頃まだ入院中と思われるので)
入院のパンフレットを見ながら支度して、
明日の朝に出すべきゴミを、申し訳ないけどマンション専用ごみステーションに入れて、
出発して
セブンイレブンで足りないものの買い物と、
月末〆切の住民税を払って、
予定より遅れて病院に戻りましたm(。_。)m




そして、
投薬と点滴が始まりました。

点滴は今日の分が終われば動きの自由度は高まるけど、
ステロイド剤を内服してるので、
感染症にかかりやすいので、
この薬を飲んでる間は病院の外に出てはいけないそうですΣ(゜Д゜)




その後、気づく訳です。
持ってくればよかったものに。

例えば、
せっかくセイコーマートで買ったマスクをまるっと忘れました。
これは、必要に応じて売店で買います。

あと、
基礎体温計を忘れました。
もうこれは諦めました。

あと、
パジャマのズボンの裾が床に触れないようにするためのバンド。
これは、薬を束ねていた輪ゴムで代用しています。

あと、
リップクリーム。
これは売店で買いました。




今後も続々と忘れ物に気づく予感満載です。

まあ、その都度、何とかします。












耳に初めての症状がおこっている。
2015-06-16 23:50







画像はイメージです。









今日、午後7時過ぎ、
突然に、耳が詰まった感じがしました。

飛行機に乗った時や
高速エレベーターに乗った時のような。

つばを飲み込めば治ると思って
何回も飲み込みましたが
まったく治りません。




その後、
ガス湯沸かし器の動作音のような
ブオーンという音が聞こえています。
外界では発生しておらず
私にだけ聞こえる音です。

いわゆる耳鳴りだと思います。




もっと小さな音の耳鳴りは経験がありますが
今回はわりと大音量で
しかも長時間続いているところが
初めての経験です。




両手を耳のそばでこすり合わせる実験をしてみました。

右耳も左耳も聞こえます。

でも、右耳よりも左耳のほうが、大きく聞こえます。




ブオーンという音は
右耳に、より聴こえている感じがします。




テレビの音や
食器洗浄機の音や
除湿機の音は
いつもよりにじんで、かつ大音量に聞こえます。




自分の声はどう聞こえるのかと思って
何か歌ってみようと思いました。

歌詞をすぐ思い出せるのが
w-inds.の『I'm a Man』だけだったので
ワンコーラス歌ってみました。

自分の声に
軽いエコーがかかって聞こえます(笑)

あと、
右耳よりも左耳のほうが、
残響が大きいです。




何でしょうこれ?




吐き気はないですが
経験したことない状態なので
最初は「うわっキモ!」
って感じでした。

症状が数時間続いているので
ちょっと慣れてきました(笑)




当初、とてもブログを書ける気分ではなかったけど
慣れてきたので書いてます(笑)




ネットで検索して予測した病名。

第1位:低音障害型難聴

第2位:突発性難聴

第3位:原因不明で更年期障害として処理される(笑)




最悪のシナリオは突発性難聴ですが
聞こえてはいるので可能性はそんなにないと思います。

ただ、
テレビの音も聞こえはするのですが
それ以上に「ブオーン」が聞こえるのです。

「ブオーン」の膜の中に自分がすっぽりと入っていて
テレビの音は、その膜の外から聞こえる感じ。




で、
音楽を聴いても
ブオーンが大きくなるのでちょっと苦痛です( ̄◇ ̄;)




テレオペレーターとしても
ヒトカラーとしても
選手生命の危機を迎えていたりして(笑)

聞こえるとしても聞こえづらい耳では
テレオペレーターとしてはお客様に対して聞き返しが多くなってクレームが増えるだろうし
ヒトカラーとしては自分の歌唱を今までほどは楽しめなくなってしまう。




まんがいち突発性難聴であれば初動が大事なので
(すぐに治療したとしても完治が3割、かなり改善が3割、少しだけ改善が3割、まったく改善なしが1割ってどこかで読んだような)
明日の朝、症状が続いていたら病院に行きます。

明日は仕事が休みで
午前と午後に1つずつ、アポがあるので、
場合によってはキャンセルすることになり先方にはご迷惑をおかけするかもしれませんが
健康オタクなのですみません<(_ _)> 












小説『アンガージュマンの入口』解説(1)1986年という時代
2015-06-15 19:33







画像はイメージです。









昨日まで33回に渡って不定期連載させていただきました小説『アンガージュマンの入口』を
お読みくださった皆様、
誠にありがとうございます。




連載開始時にも書きましたが
この小説は
1986年に私が体験したことを元に
その年に書いたものです。




今回、連載するにあたって
あらかじめ読む、ということをせず、
ブログ更新のためにキーボードで打つ、
その時に初めて読んでいました。

で、
「つづく」と打ったら
その先も読まず
原稿(のコピー。本体は集英社へ送ったので)に、しおりを挟んで終わり(笑)




自分も読者として楽しめました。




だいたいどんな話かは覚えていましたが
細部はまったく忘れていたので。




あの体験を小説に残しておいて良かったな、
と今回いくつか思ったうちの1つは
1986年という時代の特徴がわかることです。




世界的に見れば
1986年の最大の特徴のひとつは
チェルノブイリ原発事故が起こったことです。




バンドファンの日常としては
ライブの予定があって
そのライブが本当に開催されるのかは
現場に行くか
電話で店に問い合わせしないとわかりません。

そもそもライブの情報を得るのも
ライブハウス来店時に次回を確認、とか
雑誌『ぴあ』のライブ情報ページを目を皿のようにして見るか
ラジオCMで偶然流れたものをキャッチするか、
あるいはファンクラブ会報(ペラのモノクロ4つ折りin茶封筒)
くらいでした。




私は実際に当時、大学生でしたが
講義の休講情報も
大学まで行って
リアル掲示板を見るか、
友達から電話(それも固定電話)をもらって知るか
くらいでした。

私は大学から離れたところに住んでいたので
現実的には
大学まで行って
「あっ休講♡ ラッキー♡ でも次の時間までヒマー( ̄◇ ̄;)」
または
「あっ休講♡ ラッキー♡ とはいうものの、今日はこの1コマだけだったのに、往復4時間と体力消耗をどうしてくれよう」
という感じでした。




つまり、
インターネットと携帯電話がない時代でした。




今はどのバンドもウェブサイトを持ち
即時性のある情報を発信し
またSNSも発達しているので
ライブの予定、
当日の突然の休止など
即時わかりますよね。

あと大学の休講情報もね、
わかるらしいじゃないですか(笑)




あと、小説の中に
ライブ入場時の
「カメラ&カセットチェック」
という言葉が出てきて
「カセット」という言葉に悶えました(笑)




そして、
主人公は新聞を読んでいます。

まあ主人公のモデルは私です。

当時は(父が)新聞をとっていたので
家にありました。
朝日新聞が。


なにか事件があって
詳しい情報を得ようと思ったら
新聞でした。

インターネットはないので。




あと、
「国鉄渋谷駅」
「国鉄横浜駅」
が出てきます。




国鉄がJRになったのは1987年4月1日です。

だから、1986年当時はギリギリ、国鉄だったのです(笑)




主人公は国鉄横浜駅から、埼玉県の下車駅まで、850円の切符を買っています。
そして、新宿や池袋や上野で乗り換えています。

「切符」これも今、
めったに買わないですね。

いま検索してみたら
JR横浜駅からJR北本駅(当時の実際の私の下車駅)まで
湘南新宿ライン1本でつながってて(!)
IC優先で1,317円でした(°д°)



そしてそして
小説では東急東横線の横浜-渋谷間が160円と書いていましたが、
現在はIC優先で267円です。




あとタクシーが。
主人公は最寄駅から自宅まで470円払っています。

現在の埼玉県のタクシー初乗り料金は730円で、
私の当時の最寄駅から住まいまでは
初乗り料金を超える距離だったと思います(笑)














小説『アンガージュマンの入口』第33回(最終回)
2015-06-14 19:04
















小説『アンガージュマンの入口』(便宜上、第33回・最終回)









「あらまあ、あたしったら、学生時代に戻ったみたいな口のききかたしちゃったわ。あなたがサルトルなんか読んでるから」
 加代子さんは、テーブルの上に置きっぱなしだった『ユダヤ人』を手にとった。
「でも本当にそうだと思わない? 誰だって政治に、って言うか世の中に参加する力があるのよ。何かが始まるきっかけをつくるのは、必ずひとりの”誰か”だもの。みんなが何もしなければ、世の中には何も起こらないはずよ」
「そうですね……本当にそうだわ」
 あたし、感動してる。
 ヒデちゃんのことをけなされたのに、頭にこないわ。
 加代子さんはヒデちゃんより一枚上手だ。
 もしかして、あたし、これから、ヒデちゃんのことを好きじゃなくなるかもしれない、とまで思う。
 ステキな男の人は、他にいっぱいいるような気がしてきたし。たとえば……ノボルさんとかシノブさん。
 …ちょっと飛躍しすぎかな?
 でも、今回の放射能騒ぎでは、本当に密度の濃いことをいろいろ考えさせられた。あたしにとっては、エポック・メイキングな事件だったわ。死ぬかもしれない、なんて思ったのがほんの3週間前だし。
 京浜東北線の中で放射能の恐怖におびえてたあの時とくらべたら、今こうしてまたライブの開演を待ってるなんて、夢みたいにうれしいことなんだよね。
 生きてるのってうれしい。
 元気なのってうれしい。
 元気なまま、放射能の恐怖を体験したあたしは幸せ者なのかもね。うん、きっとそうよ。
 とりあえず、7月6日の選挙では、核兵器廃絶を訴えてる党に、あたしのおNEWな1票を入れよう。
 決めた。
 あたしは絶対に、老衰で死んでやるんだから。










終わり。









400字詰め原稿用紙99枚の作品を、33回に渡ってお届けしました(笑)
ブログ1日分としては、原稿用紙3枚くらいが
連載小説にちょうどいいと学びました(笑)




後日、
解説を書かせていただきます。












映画『キャバレー』を観ました。
2015-06-13 11:55
















2014年12月17日にNHK BSプレミアムで放送された
映画『キャバレー』を
録画で、先日、観ました。

もっと最近にも放送されたようですが
私のレコーダーに自動録画されていたのは2014年12月です(笑)




「俊一(野村宏伸)」は大学生だが才能あるサックス奏者。
ジャズの真髄を極めるために
場末のキャバレーで演奏し
裕福な実家を出て一人暮らししている。
常連客の「滝川(鹿賀丈史)」は筋の通ったやくざ。
いつも「レフト・アローン」という曲をリクエストする。
ある日、別のやくざから「滝川」が狙われていることを偶然知った「俊一」は
「滝川」に知らせて命を救う。





1986年の映画です。
野村宏伸さんは当時20歳。
ホステス(兼シンガー)役の三原じゅん子さんが当時21歳。
このホステスには刑務所に入っているヒモがいます。
こんなに若いのに
ヒモにたかられています。

リアリティーがあります。

私、90年代後半にキャバレーで働いていたので。

あーでも三原さんの歌はすばらしかったです。




野村さんのサックスもすばらしかったですが
たぶん吹き替えですよね。




原田知世さんが、
「俊一」の大学のジャズサークルの仲間、という役で出ています。

薬師丸ひろ子さんも出ています。
ウエイトレス役で。




あとー。

白龍さんが出ています。

白龍さんといえば
Vシネマの世界で極道を演じるベテランですが
この映画では歌手の役です。

私は白龍さんの歌を大好きです。

たぶんこの映画公開と同時代に
某ロックフェスティバルで白龍さんの歌をライブで聴いて感動しました。

私の記憶が確かならば、
その時はレオン・ラッセルの『A Song For You』を歌っておられました。

私はレオン・ラッセルを超好きなのですが
白龍さんはレオン・ラッセルとはまた違う
艶のある歌声ですばらしかったのです。




ジャズと極道の世界を描いた映画なのに
本筋の話をあんまりしなくてすみません<(_ _)> 




でも、
おもしろかったです。











「食わず嫌い」と「負けず嫌い」
2015-06-12 20:23







私の嫌いなもの(ウニとイクラ)。
最初はエビとかカニを載せようと思いましたが
エビやカニは見た目も嫌いなので無理でした/(^o^)\










「食わず嫌い」とは
「食べたことがないのに嫌いだと思うこと」です。




「負けず嫌い」とは
「負けることを嫌いである、という現象または人」です。




『とんねるずのみなさんのおかげでした』の
「新・食わず嫌い王決定戦」で言うところの「食わず嫌い」は
「食べたことがあって嫌いなもの」を当てっこするコーナーです。




似た言葉でも
厳密な意味はそれぞれなのですね。












小説『アンガージュマンの入口』第32回
2015-06-11 19:32


















小説『アンガージュマンの入口』(便宜上、第32回)









「そうなんですよ! あたしも大騒ぎしちゃったの。あの時、あたしすごく雨に濡れちゃったでしょう? あのあとちょっと病気になって、放射能のせいじゃなかと思って。でもお医者さんはそうじゃないって。実際、あたしも元気になったし」
 加代子さんは椅子の背に左のひじをのせた。
「そう…。ま、そうでしょうね。元気になってよかったわねえ」
「ええ。でね、加代子さんどう思います?」
「ん?」
「あたし、友だちに、原発反対運動をやったほうがいいんじゃないかって言ったんです。そしたら彼、原発自体はやめることないって。もう発電の何割かは原子力なんだから、事故が起こったらアフター・ケアをちゃんとやっていけばそれでいいんだって。『第一お前ひとりで何ができる』って言われちゃった」
 加代子さんの眉毛がぴくっと上下した。
「…ふうん。頭のいい人みたいね。その彼は」
「ええ、とっても」
 ちょっと赤くなったりして。
「加代子さんはどう思われます?」
 あらためて尋ねた。この件に関して、ヒデちゃん以外の人の意見をきくのは初めてだ。
「そうね……おおかた、その男の子と同じ意見よ。チェルノブイリは型が特別だしね。でもあたしの友人の科学者で、原発の安全性に疑問を持ってる人がいるけどね。誰にもわかんないのよ、あ、一般人にはってことだけど」
「そうですよね」
「ただ、原発は、核兵器と違って原子力の平和利用だから、姿勢としてまちがってないでしょ? だからいいと思うの、あたしは。一般人の結論」
 感動。
「なるほどね。そういう見方もあるんですね」
「だけど」
 加代子さんは、意志的な瞳であたしの目を見た。
「その彼の、ニヒリスティックな態度は気に入らないわ。『ひとりきりで何ができる?』なんて思ってたら、アンガージュマンがどんどんうしろ向きになっちゃうもの」
 思わず目が大きく開く。
 またこの言葉を聞いた!










つづく。次回、最終回。











映画『婚期』を観ました。
2015-06-10 19:36
















2014年12月15日にNHK BSプレミアムで放送された
映画『婚期』を
録画で、先日、観ました。




1961年の邦画です。




人間関係を把握するのに
視聴開始後からしばらくかかりました(笑)




ひとつの一軒家の中に住んでる人が多いので。

まず、実業家の旦那さん(船越英二)
その奥さん(京マチ子)
旦那さんの妹その1(若尾文子)
旦那さんの妹その2(野添ひとみ)
旦那さんの弟(六本木真)
ばあや(北林谷栄)




「妹その1」と「妹その2」が兄嫁をいびりまくります。
兄嫁は家事を一生懸命こなしていますが
「心が感じられない」と言って(゚д゚*; )ヒェー




で、家から独立して集合住宅に一人暮らししている
旦那さんの姉(高峰三枝子)。

この人は手に職を持ち
とてもカッコいいです。

いえ、「妹その1」は自宅で書道の先生をしているし
「妹その2」は劇団に入っているので
無職ではないんですが。

高峰三枝子さん(の役)は
飄々としていて
ブレがない生き方がカッコいいのです(*´ω`*)




あとは、
私は近過去の映画を好きです。

私は1965年生まれなのですが
この作品は1961年。

私が生まれるちょっと前の
日本の風俗を垣間見ることができます。




若尾文子さんが
嫁き遅れで
(当時は20代後半はもう大年増だった)
引け目を感じていて
兄嫁に意地悪してしまう
痛い役をやっているのも、興味深いです。

悪知恵はたらいてすごいです(笑)












You Give Good Love / Whitney Houston
2015-06-09 19:50
















ホイットニー・ヒューストン追悼企画
「2001年~2002年にかけてヒトカラ修行した作品で今はうまく歌えない作品を再修行しよう!」
がついに始動しました(笑)




ホイットニーが亡くなったのは2012年2月11日だというのに。

3年以上経ってしまいました/(^o^)\




歌ってみると、だいたい覚えていましたが
細部がダメなので
あと4回の修行の効果に期待です。









しかし今日のヒトカラ、
5ヶ月ぶりでした。
今年2回目でした(°д°)












小説『アンガージュマンの入口』第31回
2015-06-08 20:02







画像はイメージです。









小説『アンガージュマンの入口』(便宜上、第31回)









 女の人が入ってきた。チケットの半券を受け取って、ジュースの入った纸コップを手渡されたあと、店内を見回してる。初めて来たのかな? 誰かと待ち合わせしてるのかしら? あのスーツは、OLだな。
 …あれっ?
 あの人、見たことあるじゃない。
 そうだ! 野音で会った、すごく若く見える人だわ!!
 本を椅子に置いて、彼女のとこへ急いた。
「お姉さん!! お久しぶりですね」
 彼女もびっくりしてるみたいだ。
「あら、あなた、野音の時の……。すいぶん大人っぽく見えるじゃない、今日は。わからなかったわ」
「へへ。服が違うし、お化粧してますからね。あなたはあいかわらずお若いですね」
「まあ、素直ね」
「あなたがシックスティーズ「だけ」のライブに来てくださるなんてうれしいですわ」
「あの時の8つのバンドの中じゃ、シックスティーズがいちばん良かったからね。それに今日は体が空いたし」
 かっこいい言い方。
「今日、おひとりですか?」
 彼女はふくらんだ書類袋をかかえ直した。
「うーん。ま、一応ね。同じ会社の人に声かけといたから、あとで来るかもしれないけど」
「じゃそのかたとあたしの友だちと4人で見ましょうよ。ちょうど椅子が4つあるんです」
「あなたにはお世話になりっぱなしね」
 彼女をテーブルに連れてって腰かける。
「そういえば、お名前なんておっしゃるんですか?」
「あたし? 佐藤加代子よ。いちばん平凡な字の加代子」
「ふうん。あたしはあゆみっていうんです。銀行のコウって書くの。珍しいでしょ? コウって呼んでください」
「わかったわ」
 加代子さんはショルダーバッグからセーラム・ライトと緑色の100円ライターを取り出して、
「あ」
って言ってしばらく迷ったあと、元通りにバッグに入れてしまった。
「どうしたんですか?」
 彼女はふふっ、と笑った。
「きのうから禁煙してたのよね。もう何度めの挑戦かわからないけど、体に悪いから」
「肺ガン」
「だけじゃないわ。みんな意外と知らないけど、煙草でいちばん引き起こしやすいのは、咽喉のガンなのよ」
「いんこう?」
「「のど」のことよ。咽頭ガンと喉頭ガン」
「へえー、ヨウ素131みたい」
「そうだわね。……そういえば、大騒ぎしたものね、チェルノブイリは」










つづく。











ドラマ『不便な便利屋』第8話のディープな北海道弁を、関東出身の私はどこまで理解できたのか。
2015-06-07 19:31
















2015年5月29日放送のドラマ『不便な便利屋』中の
コスプレ居酒屋「幸せの黄色いネッカチーフ」でのシーンが、
北海道弁満載でした。









文字おこし\(^o^)/

小森巡査(森崎博之)「今日のアレな」
純(岡田将生)「ほ、骨ですか?」
小巡森査「うん。いやオレ、事件だと思ってさ、はっちゃきこいて、がんばらさったんだけど、でもちょっとおだっちゃっててさ、で、ただの、古い、骨だった」
桜田(森山栄治)「やっぱり!」
小巡森査「あしたの朝、道警本部と、なんかあずましくない大学の教授とかが調べに来るんだって」
桂沢(井之上隆志)「これ決まりだべ」
桜田「よし、じゃあした朝イチだな」
小巡森査「ちくちょうー! 平和を恨む」
マスター(田中要次)「なんか飲むかい?」
小巡森査「うん。何にしようかな」
マスター「何でも、あるわ」
小巡森査「なんかしゃっこいのちょうだい。…しまった!じょっぴんかるの忘れて来た!…したっけ!」
マスター「はんかくせえんでないかい?」









修羅笛の鍵による標準語訳\(^o^)/

小森巡査(森崎博之)「今日のアレな」
純(岡田将生)「ほ、骨ですか?」
小巡森査「うん。いやオレ、事件だと思ってさ、はりきって、がんばったんだけど、でも(不明)、で、ただの、古い、骨だった」
桜田(森山栄治)「やっぱり!」
小巡森査「あしたの朝、道警本部と、なんか落ち着かない大学の教授とかが調べに来るんだって」
桂沢(井之上隆志)「これ決まりだろ」
桜田「よし、じゃあした朝イチだな」
小巡森査「ちくちょうー! 平和を恨む」
マスター(田中要次)「なんか飲む?」
小巡森査「うん。何にしようかな」
マスター「何でも、あるわ」
小巡森査「なんか冷たいのちょうだい。…しまった!鍵かけるの忘れて来た!…じゃ!」
マスター「(不明)?」









番組の字幕もセリフがそのまま出ただけで、
標準語訳はありません。

エヴァっぽい(笑)









そして私は独り者なので
正解もわかりません(笑)












書籍『はなちゃんのみそ汁』を読みました※少しネタバレ
2015-06-06 19:05
















2014年9月6日のブログの続きです。




ドラマ『はなちゃんのみそ汁』を見て
原作本を読みたくなりました。




電子書籍で読みました。




本文は、
安武信吾さんの書き下ろしの文章と
千恵さんのブログの文章と
はなさんの作文から成っていました。




はなさんの作文は直筆なので区別がつきます。

信吾さんと千恵さんの文章は
「私がいま読んでいるのは、どっち?」
と思いましたが
全体を汲み取るのに問題はありませんでした。




さて私はドラマを観て
いちどは消えたがん細胞が
ふたたび現れて宿主を死に至らしめた原因は何だろう?
と興味を持ちました。




主人公のマクロビオティックな食生活が描かれていたので
火を通した野菜ばかり食べていたために酵素が不十分だったのではないか
と推察しました。




ドラマでは、標準治療の他にはマクロビオティックしか描かれていませんでしたが
本を読むと、
千恵さんはいろんな代替療法を受けていました。


その中で、
どうやら効果があったのは
動物性たんぱく質も含めた食事と
謎の黒い液体の注射らしかったです。


がんが一度消えたあと
マクロビオティックに移行して
その後、またがんが発生して
亡くなったもようです。




考えるところがありました。




いま、
私は少しだけ
動物性たんぱく質も摂るようにしています。

野生のチンパンジーはりんごを食べる時
りんごのまわりにたかっているアリもいっしょに食べてしまいますが健康です。

それくらいの量の動物性たんぱく質は摂っても問題ない、
または摂ったほうがよいのかもしれない、
と思ったのです。




実験を繰り返し
また方針を変える可能性はあります。












小説『アンガージュマンの入口』第30回
2015-06-05 23:09

















小説『アンガージュマンの入口』(便宜上、第30回)









「…ふむ」
「いつも風邪をひいても、安田先生にお注射していただくと一発で治っちゃいますでしょ? なのに今回は、このあいだお注射していただいて、お薬も全部飲み終わったのにまだ治らなくて、それに貧血なんですもの。変だと思いませんか?」
 言いながら顔が赤らむ。敬語できっぱりとものを言うのは、いつもながら恥ずかしい。
 笑わないまま医師が答える。
「うむ。まあ風邪が治りにくいのは夏だから、それに貧血は食事のせいでしょう。まあ放射能はねえ……関係ないと思いますよ」
「そうですか…?」
 安田医師は自信を持ってそう言ってるのかどうなのか、表情にあらわれないから恐い。
 でもプロなんだから信用しなくちゃ。
 ……だけど、科学技術庁の人たちが放射能の来るタイミングを予測しそこなってから、なんとなくプロの人を信頼する気持ちが前より薄くなっちゃったな。
 こまったもんだ。
「腕をまくってください♡」
 若い看護婦さんが突然言った。注射の用意はすっかり整っていた。
 Tシャツの左の袖をちょっとめくり上げると、看護婦さんがにこにこしながら脱脂綿で拭いて、医師が深刻な顔でおもむろに注射した。
「はい♡ よく揉んでくださいね」
 看護婦さんが小さいバンソウコウを貼ってくれた。
「…まあ念のため、また貧血を起こすようなことがあったら来てください」
「はい。ありがとうございました」
 何か釈然としないけど。
 診察室を出ようとした時、看護婦さんが、
「お食事は数回に分けてもいいですからちゃんと取ってくださいね」
と言ったので、あたしも彼女に微笑み返した。



     8
 幸運なことに、2度めの貧血は起こさないまま、6月の第4木曜日がやってきた。
 シックスティーズの渋谷の日。
 あれから3日くらいは普通じゃない状態だったけど、そのあとだんだん元気になって、今はもう、ほとんど前と同じになった。
 ちょっと大げさに考え過ぎたのかなっていう気が、今はしてる。
 今までずっと健康で、貧血なんて初めての体験だったから、気が動転したのよね。
 この間に、20歳の誕生日を迎えた。
 20代最初のライブは、黒のスーツで決まり。Tシャツの生地で、オフタートルの袖なしシャツ、長めのタイトスカート。それに銀のわっかをつなげたファッション・ベルト。
 病気のおかげさまで少し細くなった腕が、見ものなのだよ。ふふ。
 すでに開場した広いライブハウスも、平日のせいかまだ満席になってない。
 今日はあたしが席をとった。お店のちょうど真ん中辺のテーブルだ。PAのすぐそば。
 開演までまだずいぶん時間がある。美紀ちゃんが来たらすぐわかるように、お店の入口のほうをチラチラ見ながら、新書を読んでるところ。サルトルの『ユダヤ人』。このあいだの杉山先生の講義以来、本屋さんでサルトルの本を探していて、初めてあたしにも読めそうな文章だと思わせた本だ。その証拠に、もうほとんど読み終わった。”アンガージュマン”という言葉も、ちょっとだけど出てる。
 あと1章だけ残して、入口のほうを見る。










つづく。











ガス代があまりにも高いので対策。
2015-06-04 19:37






都市ガス育ちの修羅笛の鍵です。




札幌に引っ越してきたら、
賃貸住宅はプロパンガスが主流でした/(^o^)\




北国だからガス代が高いんだと思っていましたが
都市ガスとプロパンガスではだいぶ違うようです。




現在、私が住んでいる賃貸マンションもプロパンガスです。
お高いです。

ちなみにいちばん最近のガス代は
9.2立方メートルで9,259円でした。
もっと寒かった時は10000円超えでした/(^o^)\




そこで、
節約業界ではたぶんおなじみの対策を始めました。










画像はイメージです。









厚手のゴム手袋。

食器洗浄機に食器を入れる時、
予洗いしてから入れる私ですが
北海道の水道水は、ほぼ1年中冷たいので
お湯でやってました。

しかし、
ガス代節約のために
水でやることにして
厚手のゴム手袋をつけることにしました(  ̄▽ ̄)




この季節の水温ならゴム手袋があれば楽勝です(  ̄▽ ̄)










あと、思いがけない効果として
食器洗い中のケガ予防にもいいかんじです(・∀・)











映画『零戦燃ゆ』を観ました※ネタバレ
2015-06-03 19:45
















2014年12月8日にNHK BSプレミアムで放送された
映画『零戦燃ゆ』を
録画で、先日、見ました。




「浜田(堤大二郎)」と「水島(橋爪淳)」は
海軍に入ったもののあまりの厳しさから脱走しようとしていた。
2人は「下川太尉(加山雄三)」に見つかり、
開発中の零式戦闘機を見せられ、パイロットになることを決意する。
「浜田」は零戦パイロットとなるが
「水島」は適性がなく整備兵となる。
「下川太尉」が零戦のテスト飛行中に墜落死し
開発者である「堀越二郎 (北大路欣也)」らは彼の死を悼む。
「水島」は女店員「静子(早見優)」と知り合い心を通わせるが、
戦況は悪くなるばかり。
エースパイロットだった「浜田」も大怪我をする。
また米軍の零戦対策も進む。











この役を北大路欣也さんが。
いや違った、北大路欣也さんが演じた役がこのアニメに。










私は戦闘機好きでもありますが
早見優さんが出ている、
というのも、
この映画を観ようと思った理由の一つです。




『零戦燃ゆ』は1984年公開。

1984年といえば、
マドンナがアルバム『Like a Virgin』をリリースした年として印象深いです。

私は19歳で、
『零戦燃ゆ』のテレビコマーシャルを見てはいました。
早見優さんが「このままじゃいけない」というセリフを言っていました。




で今回、実際に映画の中で早見さんがそのセリフを言うのを観たのですが
予測したほど思いつめた言い方ではありませんでした(・∀・)

そして
あのような現代的なルックスで
戦時中の女性の役ができるのだろうか?
と当時は思っていましたが、
予測したよりはハマッていました。
上から目線すみません<(_ _)> 

最後の方で早見さんが走るシーン(およびその前後)に感動しました。





で、
日本は戦争に負けて、
零戦も処分されるのですが、
「水島」は零戦のお葬式的なことをやりたいと言って
エンジンのかかった零戦に火をつけて燃やします。

つまり、零戦燃やすなのです。

プロペラが勢いよく回っている状態で
燃え盛る炎。

私は、この、回転するプロペラが外れて飛んでいき、
周りにいる人に危害をおよぼすことが心配でなりませんでした。

燃えてるシーンの長回しで映画は終わりました( ̄◇ ̄;)












小説『アンガージュマンの入口』第29回
2015-06-02 21:02







画像はイメージです。









小説『アンガージュマンの入口』(便宜上、第29回)









 うわあ♡
 これってひとつの”知り合い”関係よね。
 すごいわ!!
 …ノボルさんに、誤解させたままなんてヤだわ。
 彼がかわいそうだし。
 横浜駅にいた時よりはかなり楽になってるなと思いつつ、今日最後の階段をかなりスムーズに上って自分の部屋に入る。
 まだふらふらしてるんだけど。
 机に向かう。引き出しから官製はがきを出して、ころがってたボールペンのキャップをとる。シックスティーズの事務所の住所を書いて裏返して本文を走り書きする。
『前略 ノボルさま
 今、横浜から帰ってきたところです。とっても良いステージでしたね。いっしょにいた友だちはとても楽しんでいました。私は今日青いストライプのワンピース着てたんですけど、あなたのド真ん前の2列めのテーブルで座ってました(バレてたそうですね。友だちがシノブさんから聞いたそうです。彼女はシノブさんのファンなのです)。踊らなくてごめんなさい。ノッてなかったんじゃないんです。私だって踊りたかったんだけど、貧血で立てなかったの。だから聴いて楽しむだけにしました。この次にはベスト・コンディションで行きます。楽しみにしてます。草々』 
「この次には」って書きながら、本当にこの次も行きたい、絶対に行かなきゃくやしいって思ったら、また涙があふれた。
 今日が最後のライブなんてヤだ。
 死にたくないよ…!!


     7
 まだ多少頭が朦朧としてるけど、ともかくきのうのことを説明し終えた。
 明るい陽の射す午前中の診察室で、黙ってあたしの言うことを聞いてた安田医師が口を開いた。
「最近、食事はちゃんと取っていますか?」
「食事ですか? …量は減りましたけど、いちおう……。そうですね、1回の食事の量が、普通の時の半分から3分の2になってますね……」
「きのうはどうですか? ちゃんと朝ごはんを食べてから出かけましたか?」
「はい。少しですけど」
 それも、ブランチだったんだけどね。
「そうですか……まあ、多分、栄養が足りなくて血糖値が下がったんだと思いますね。お注射しときましょう」
 そばにいた若い看護婦さんが、さっそく煮沸消毒した注射針とか薬とかを用意し始める。
「あ、あの」
『何ですか』っていうふうに安田医師がこっちを見る。彼はめったに笑わないことで近所でも有名だ。いつも深刻な顔をしてるのだ。
「5月3日に、放射能の入った雨が降りましたよね。私、その日ずっと外にいて、4時間か5時間、雨を浴びちゃったんですけど、それとは関係ないですか?」
 若い看護婦さんがくすっと笑った。きっとかなり大勢の人が同じ質問をしたんだろうな。でも安田医師は深刻に考え込んでいる(ように見える顔をしている)。










つづく。











TBS育ち。
2015-06-01 19:37







2002年登場のこの子は、私にとっては新人(笑)










私は1965年3月生まれです。




私が物心ついた時から、
私が高校の途中くらいまで、
私の父はTBS東京放送の運転手でした。

TBSの社員ではなく
某ハイヤー会社から出向というか、派遣というか、されていました。

銀座にあった、そのハイヤー会社の営業所にまず出勤して
洗車したりして、
赤坂のTBSに行ったり、
ロケ先に出演者さんを運んだりしていました。

報道の世界は24時間営業なので
父の勤務先では何人もの運転手さんが交代で
24時間詰めていました。

父が家にいるのは3日に1日のペースで、
3日のうち2日はいませんでした。

私が高校1年の4月に母が亡くなったのですが
それまでは3日のうち2日は母子家庭(笑)
そのあとは3日のうち2日は一人暮らしでした(笑)




父は、
感じよく勤務するために
TBSの出演者(アナウンサーや記者、俳優、歌手の皆さんなど)の
顔と名前を一致させたいと思っていました。

したがって、
父が家にいる時は
うちのテレビはほどんど、TBS:6チャンネルが流れていました。




おもしろい話も聞きました。

ある記者さん(だったかアナウンサーさんだったか)は
夏にスタジオでニュースを読む時、
暑いので
上半身はスーツにネクタイだけれども
画面に映らない下半身はステテコだとか(笑)




『ザ・ベストテン』という
木曜夜9時放送の歌番組の
順位が決定するのは前の週の火曜日の夕方だとか。
(それから出演交渉をするので)

あ、TBSの『輝く!日本レコード大賞』という番組は
かつては12月31日の放送だったので
NHKの『紅白歌合戦』と両方に出演する歌手のかたがたを
帝国劇場からNHKホールへ送る仕事もしてました。




初期の『3年B組金八先生』の俳優さんたちの送り迎えもしていました。

当時は金曜日の夜8時といえば
日本テレビの『太陽にほえろ!』という刑事ドラマが高視聴率を取っていました。
TBSはもはや諦め気味で
「金曜8時の学園モノだから金八先生」という短絡的なネーミングで始めたところ
後にお化け番組となりました。




TBSラジオの周波数が950から954に変わった時のことも覚えています(・∀・)









今は、
TBSラジオの番組のうち、
『JUNK』はHBC北海道放送がネットしているので聴けますが
『日曜サンデー』はネットしていないので聴けません/(^o^)\