FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

漫画『まんが親』第1巻を読みました※少しネタバレ
2015-05-31 19:30
















吉田戦車さんの漫画『まんが親』①を、
先日、読みました。




漫画家の吉田戦車さんと
漫画家の伊藤理佐さんが結婚して
女児が誕生し、
育児まんがを
お二方とも描いているのですが
お父さん側の作品です。




息子のためにクリスマスに「仮面ライダーベルト」を買うのに苦労したいとか
職業を継がない息子を勘当したいとか
「男の子」をほしがる吉田さんの理由がおもしろい。

実際は「女の子」だったわけですが
がっかりしたわけではなく
エンジョイしていらっしゃるようです。

ていうか、
このご夫婦、
いちいちおもしろい。

この本は中身がたくさんあるのでお買い得感があります。

第2巻以降も出ているようです。




私は、
伊藤さんが赤ちゃんをつれて里帰りした時に
吉田さんが羽を伸ばして飲みに行って
帰宅後にシャワーを浴びながら号泣するシーンが印象に残りました。












スポンサーサイト



小説『アンガージュマンの入口』第28回
2015-05-30 19:17







画像はイメージです。









小説『アンガージュマンの入口』(便宜上、第28回)









「美紀ちゃんだよ~ん。コウちゃん♡無事にお帰りですね?」
「うん。まあね、何とか……心配かけてごめんね」
 あした病院行かなきゃ。
 結論はそれからだ。
「いやーあたしなんか別に!! だけどさー、ノボルさんが心配してたから、思わずお知らせのお電話なのさっ」
「えっ何それ!?」
「うん。あのねー、待ってたのね。それで、先にシノブさん出てきたから、シャツあげてさ、お話してたのね。そしたらシノブさんが『今日、ひとりで来たの?』って言うから『ううん。友だちとふたりだったんだけど、その娘は先に帰っちゃったんです。貧血だとか言って。だから今日はかわいそうだったの』って言ったのね」
「うん」
 美紀ちゃんったら。
「そしたらさー、『もしかしてそれ、青いストライプのワンピース着てた娘じゃない?』って言うの!! ほらー、シノブさんて両眼1.5じゃん。見えてんのよ。て言うか、ノボルさんも見えてたんだって」
「うそー」
「ほんと。終わってから楽屋で『いつもいちばん元気に踊ってくれる娘が、今日は全然ノッてくれなかった。どうしてかなぁ?』ってノボルさんが、シノブさんに言ったんだって。あんたのことよ!!」
「キャーキャー、うそうそっ!!」
 頭痛がするくらいうれしい。
「ほんとだってば。うれしいでしょ? このォ」
「う、うれしい! うん!」
「というわけですから。まあ、お互いに次回までに風邪を直しましょうね。3週間以上あるしね」
「うん、そうだね……」
「じゃあ、またね」
「おやすみなさい」
「おやすみなさぁい」
 電話は切れた。
 病院に行って、もし、すごい病気だってわかって、入院しなきゃいけないとかっていうことになると……次のライブ、行けなくなっちゃうな。
 あんなうれしい話を聞いたあとで、こんなシビアなことを考えてしまう自分がとっても不思議だ。
 ノボルさんが、あたしのことを、『いちばん元気に踊ってくれる』娘だと思ってくれてたなんて!
 夢がかなっていたのね。
 てことは、あたしの顔を覚えてたんだ。ライブに行くとわかるんだわ向こうにも!

 








つづく。











年末まで、首がつながりました\(^o^)/
2015-05-29 19:09







画像はイメージです。









例によって、進化してないのに
「進化する自分ナウ」
のカテゴリーで書いてしまう私です/(^o^)\




今の職場に入って
1年2ヶ月経ちました。



仕事の能力は低いのですが
皆様のおかげでなんとか続けることができています。




2012年6月に
8年半勤めた東京都港区の某加工食品会社を辞めてから
(というか派遣の更新を辞退してから)
自分としては長期の仕事を探していたけれども
短期の仕事しか見つからなかったり
長期の仕事を見つけても訳あって退職してしまったり
本採用にならなかったりしていたので
1年2ヶ月の継続は
ここ数年の中では「いい感じ」です。




まあたぶん、
ストレスだらけではあるので
あやういのですが。




ストレスにつぶされて
本格的に体を壊して辞めざるを得なくなるのか
もっと慣れてストレスが減っていくのか。




ともかく、
今日わかったことなのですが
私の契約が6月末までだったのが
12月末まで更新していただけることになりました\(^o^)/




人生は
楽しいことと楽しくないことの同時進行です。

職場でも
楽しいことと楽しくないことが同時進行です。

でも、ともかく
解雇されなかったことを喜びたいと思います。

ちなみに時給は少し下がります。
というか、
今まで期待を込めていただき、実力以上にもらっていたので
今後が適正になります(・ω・)

実績を出せれば
また上がります。












映画『ビリギャル 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』を観ました※若干ネタバレ
2015-05-28 20:36
















映画『ビリギャル 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』を
映画館で、先日、観ました。




舞台は名古屋。
大学までエスカレーター式で行ける女子校に中学から入った「さやか(有村架純)」。
友人と楽しい学校生活を送っていたが、
高校2年でタバコを吸って停学処分となり
内部進学ができなくなった。
母「あかり(吉田羊)」は外部の大学を受けさせようと
「さやか」を塾に入れる。
講師「坪田(伊藤淳史)」の指導により
小学4年程度だった学力を、飛躍的に上げていく…。





最初、「さやか」には学力もないのですが常識もなく
「地元の三英傑は知ってるだろ?」
と訊かれても
「三英傑」が何かも分からない。

ですが私も「三英傑」って何か、知りませんでした。答えはコチラ




「お前が慶応大学に合格するはずがない。もし合格したら全裸で逆立ちして校庭一周してやる」
と発言した担任教師役に安田顕さんwwwww




ともかくお母さんの吉田羊さんがすばらしい!
ていうかこのお母さん本当にすばらしい!
吉田羊さんの演技で何回か涙が出ました。

お父さんと弟のエピソードも秀逸でした。

たぶん、事実を元に、映画化するにあたってエンターテインメント性を盛り込んでるとは思いますが。




学力がぐんぐん上がっていく時もあれば
壁にぶちあたる時もあり
家族のことで悩む時もあり
人生山あり谷あり、
爆笑あり、
とても面白い映画でした。




TBSの快挙を私も喜んでおります。









あ、「合格コーヒー」には
トレハロース、または
アセスルファムKとアスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物のセットが入っていたのではないでしょうか?(笑)












小説『アンガージュマンの入口』第27回
2015-05-27 21:37







画像はイメージです。









小説『アンガージュマンの入口』(便宜上、第27回)









 それに、『渚にて』の登場人物は全員死んじゃったし。
 あれは小説の世界だけどね。ワンパターンで、吐いたり下痢したりして……。
 ………。
 あたしも最近、吐いたけど。
 ……ちがう!
 風邪のせいよね。全部、風邪のせい!
 喉を酷使して、汗かいたまま帰ったりしたから、「普通の風邪」ひいたんだ。
 だって。
 …………。
 あーきもちわるい。
 この上、電車にも酔っちゃいそうで滅入る。
 唄をつぶやこう。
 誰にも聴こえないくらい小さな声で。
 目とか口を動かすのは、乗物酔いに効くのよね。
 窓の外を眺めながら。
 …シックスティーズの今日のラスト。
「……真夜中のカフェ
  熱いささやき
  止めないでくれ
  今だけだから
  せめて夜明けが くる前は
  そこにいてくれ
  OH MY BABY……」
 …なんてことを言ってくれる人もいないうちに。
 死んじゃったらどうしよう。
 あ、涙、出ちゃう……。



     6
 タクシーを降りた。
 いつもなら歩く距離なんだけど。470円。
 長い長いながい旅だった。でもやっと家に着いた。これで横になれる。
 鍵穴に鍵をつっこんでると、中で電話のベルが鳴り始めた。鈍い手元を急がせる。
 ドアが開く。靴を脱いでL・D・Kに入って電気をつけて、ワンピースに皺ができるのなんかまったくかまわずに(今日はもう何時間も前から、そういうことにかまってる余裕がない)床にへたりこんで受話器をとった。
「もしもし」










つづく。











録音したラジオの聴取が追いついちゃって…プチ困り中。
2015-05-26 19:16







画像はイメージです。









『福山雅治のオールナイトニッポン サタデースペシャル・魂のラジオ』が終了したため
私が録音しているラジオ番組は
『月曜JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力』と
『火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ』のみとなりました。




『魂のラジオ』を含めると
週5時間半、
『深夜の馬鹿力』と『カーボーイ』だけだと4時間。




ここに境目があったようで。




3番組を録音していた時は
聴取がなかなか追いつきませんでした。




2番組になったら、
追いつき過ぎちゃって、
聴く物がない時が発生しています(°д°)




聴く物がないと、けっこう困るので
なるべくすぐ終わらないように
どうしてもラジオじゃなきゃイヤ!という時以外は
別の音源を聴いたり
ライブ放送のラジオを聴いたり
いろいろ工夫してますが……





やっぱ、もう1番組、
録音したいなー。




何が私にとって面白いんじゃろ?




やっぱTBSかな?

(ーー;)うーん。












BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』最終回まで観ました※ネタバレ
2015-05-25 19:30







画像はイメージです。









2015年5月22日にNHK BSプレミアムで放送された
BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』最終回を、
録画で、先日、観ました。




米問屋・奥州屋の女中「おその(安藤輪子)」の嫁入りが決まり、
奉公をやめた直後、
奥州屋の次男「重吉(川野直輝)」が何者かに殺される。
「玄次郎(高橋光臣)」らが捜査にあたる。
いっぽう、
「玄次郎」に持ち上がった縁談に
神谷家女中の「おさく(岸本加世子)」は喜び、
同輩「鳥飼(山崎樹範)」は浮かぬ顔…。





「玄次郎」の身分違いの恋人「お津世(中越典子)」の存在を
「おさく」は以前から疎ましく思っており
今回はとうとう「お津世」の営む小料理屋まで
話をつけに行ってしまいました(°д°)

「お津世」は身を引く覚悟を前から持っており
その潔さに「おさく」も「お津世」に一目置くように。

やったじゃん(≧∇≦)




「玄次郎」の縁談相手は
「鳥飼」の以前からの想い人であったため
「鳥飼」に譲ることに。

「玄次郎」と「お津世」の関係に変化なく今シリーズも終わりました/(^o^)\




この二人を結婚させるには
「玄次郎」が同心の仕事を捨てて町人になるか
「お津世」をどこぞのお武家の養女にしてから神谷家に嫁がせるか
しかないと思うんですが
子持ちではお武家の養女にはなれないのかな~

法の抜け道がよくわからん(ーー;)




ともかく二人が上機嫌で終わったからいっか。












小説『アンガージュマンの入口』第26回
2015-05-24 21:16
















小説『アンガージュマンの入口』(便宜上、第26回)








 彼女は急性白血病だった。
 そうと判ってから死ぬまで、10日かからなかった。
 あっけないよね。
 人が死ぬのなんて、簡単なことなんだよね。
 お医者さんも、別に感情的になることもなく、時計を見て死亡時刻を告げただけだった。
 さっきまで息をしてた人が、今はただの塊。これは不思議なことなんだけど。
 …あたしも白血病なのかもしれないな…。
 そう思うあたしは半分冗談のノリなのかもしれない…自分でもわからない。
 急性白血病の初期症状って、風邪と区別がつかないんだよね。
 っているか、一度ひいた風邪がしつこつしつこくしつこく治らなくて、そのうちに鼻血が出たり、貧血になったりするの。
 ……。
 あたし、ハマってない? やだ。
 親が白血病で死んでると、白血病になる資質があるのかもしれない。
 これはありそうだわ……だって、普通の癌だって、なりやすい家系とかってあるものね。
 でも、おかあさんが死んだのは40歳のときだ。
 あたしはもうすぐ20歳ってとこ。
 早すぎるよ。
 理不尽だわ!!
 ………!
 ……まさかとは思うけど。
 1日2.2リットルを2ヶ月飲み続けてやっと年間被ばく許容線量に達するような雨水を4時間くらい浴びたからって、それで白血病が誘発されるなんてことがあるかしら?
 唇についた雨の雫は舐めちゃったけど。
 白血病の原因は、いまだにはっきりとは解明されてないけど、だいたいのとこ、ウイルスとか化学物質、そして放射線であるらしいって、『家庭の医学百科』に書いてあったことを覚えてる。
 おかあさんが死んだ時に調べたんだ。
 そういえばあの時、
(おかあさんは長崎出身だから、5歳くらいの時に”黒い雨”みたいなのを浴びてるとしたら、それと病気と関係あるのかもしれないな)
って思ったんだった。
 本当におかあさんが被ばくしてるとしたら、子どもであるあたしが受けついだ放射能は、もっと濃縮されてるはずだね、ヒデちゃん……。
 人間の体が放射能に適応する時ってのが、いずれやって来るのかな……?
 だってそうでなきゃ、人類、だけじゃない地球上のほとんどの生物が、生き残るのは至難のわざだよ。
 もし人間が放射能に平気になるなら、ヒデちゃんの言うように、原発事故にはアフター・ケアでいいかもね。
 だけどそんなこと、あるかどうかわからないし、どっちにしろ過渡期にいる人間は大変なのよね。
 あたしの今の、この手足の脱力感と気持ちの悪さは、どうすればいいのよ?!










つづく。












私の防寒基準。
2015-05-23 23:50






2013年9月に東京から札幌へ引っ越した修羅笛の鍵です。




東京の皆様には
「今、なぜ、防寒か」
と思われていることでしょう。


いやたぶん、
札幌の皆様にも思われています。



どうも、私にちょうどいい服装は、
札幌の多くの皆様と比べて厚着なようです。









20150523用・上着

これは、私のクローゼットの扉の内側に
マスキングテープで留めている表です。




着替える直前に外気温をネットで確認し
それによってどの程度防寒するか決めます。




会社に行く日でもし外気温が7℃なら、
ジャケットの他に
ウルトラライトダウン
ストール
ダウンコート
手袋
レッグウォーマー
イヤーマフ
を、
すべて身につけます。




今日は18℃だったので
ジャケット的なもの(今日は仕事ではありませんでした)のほかは
手袋
だけでした。




手袋は、夏も身に付けよう、と現在は思っています。
手すりなどを触ったあとに、ポケットに手を入れて
その中に入っている手袋で手を拭くのが目的です。

また、帰宅後に
その手袋にいったん消毒液を噴霧した後
解体するべき通販のダンボールがあればそれを解体する際に手袋を使ってから
洗濯カゴに入れます。




気温と着るものを
現在、上記の表のように決定するまでには
何回か変更を行っています。

この温度でこの恰好では暑かったとか
この温度でこの恰好では寒かったとか(笑)




今後も微調整がおこなわれると予測されます。












映画『トゥモロー・ワールド』を観ました※若干ネタバレ
2015-05-22 19:51
















2014年11月10日にNHK BSプレミアムで放送された
映画『トゥモロー・ワールド』を
録画で、先日、観ました。




2006年の映画です。




以下のあらすじは、ウィキペディアと私の合作です。

西暦2027年11月。人類は希望を失い、世界は恐慌状態におちいっていた。なぜか出産の能力が失われ、18年間にわたって全く子供が生まれないのだ。

世界最年少の青年が視察され、世界は絶望に包まれる。

英国エネルギー省に勤める「セオ(クライヴ・オーウェン)」は
元妻の「ジュリアン(ジュリアン・ムーア)」によって拉致される。
彼女の要求はある不法滞在者の「通行証」を手に入れることだった。





その不法滞在者というのが
なんと妊娠後期の妊婦なのです。
あと、その世話をする、助産師である中年女性。




物語の中盤で
助産師の女性が過去を語る場面が印象的でした。

あるとき
彼女が務めるクリニックで流産があいつぎ、
その件数は増えていき、
クリニックのアポイントはまったくの白紙になってしまった、
別の病院に務める友だちも同じ経験をした、
という話が
とってもリアリティをともなって語られるのです。









全体に暗い映画でしたが
ストーリーテリングに惹かれて最後まで観ました。












札幌の春においては植物の成長スピードに驚きます(°д°)
2015-05-21 19:42






2013年9月に東京都台東区から北海道札幌市へ移住した修羅笛の鍵です(・ω・)




札幌は、寒くなる時は、東京の2ヶ月先を行きます。
そして東京超えの寒さになります。

暖かくなる時は、東京の1ヶ月後です。
桜の開花は4月下旬です。

つまり、寒くない季節が東京より3ヶ月短いことになります。

春・夏・秋が凝縮されているのです。





最近撮った写真を載せます。








20150521用・20150509撮影

近所の築山(?)の中腹(笑)に咲くタンポポ。
今月9日撮影。









20150521用・20150510撮影

近所のライラック(多分)

今月10日撮影。









20150521用・20150521撮影

近所のすずらんっぽい植物(本当は何だか不明)

今日撮影。









あと、
昨シーズンも載せましたが
白樺(たぶん)の定点観測。









20150521用・20150330撮影

2015年3月30日。









20150521用・20150501撮影

2015年5月1日。









20150521用・20150506撮影

2015年5月6日。

たった5日間でけっこう変わるでしょ?

植物の成長スピードに驚きます。
大通(地名・札幌の中心地)では、
街路樹が寒い季節にはつるっぱげだったのに
もう今は木陰を作ってます(°д°)












小説『アンガージュマンの入口』第25回
2015-05-20 19:40







画像はイメージです。









小説『アンガージュマンの入口』(便宜上、第25回)









 上りきれたところで、そのあと、電車に乗って帰るなんて、できるのかしら?!
 ……。
 気合いを入れて、もう一歩上る。
 また襲われる。
 深呼吸して体制を整える。
 こんなことやってたら目立つわよね。
 日曜の夜で人が少なくてよかったけど。
 下から上ってきた男の人が、こっちをチラっと見て追い越して行った。
 誰もあたしに声はかけない。
 もしブッ倒れちゃったら、そのときは、きっと何とかしてくれるんだろう。
 もう一歩上る。
 気分の悪さが、間断なくなってきた。
 どうしよう。
 救急車、呼んでもらったほうがいいかな。
 でもそんなに大げさにしちゃっていいのかな!?
 ………。
 この階段さえ上りきれば、あとは……上野駅の乗り換えは、下り階段だけですむ。
 迷いながら、惰性(まだそんなものがあったのだ!)でもう一歩上る。
 きもちわるい。
 休んで、もう一段、休んで、一段、休んで、一段……。
 とうとう上りきった。
 手すりを放してひとりで立ったとたんにクラクラする。
 これは、やっぱり、貧血だ。
 座りたい。でもベンチがない。
 早く電車来てよ。
 でないと死んじゃう……大げさだな……死……今日はまったく、そればっかりだ……。
 …あたし!
 もしかして、すごい病気なのかもしれない。
 死ぬような。
 白血病とか……まさか。
 電車が来た。
 やっとの思いで乗る。
 ガラガラに空いてる。うれしいな。
 隅のシートに、そっと座る。
 ドアが閉まって、動き出す。
 ……。
 このくらいの振動なら、なんとか大丈夫だ。
 ----っ。
 人の命なんてはかないもんだよ。
 と、思うのも久しぶりだな。
 おかあさんが死んだとき、3ヶ月くらい、そういう思いにとりつかれてた。
 だって簡単に死んじゃったから。
 あたしだって明日にでも死ぬかもしれないんだって、つくづく思った。










つづく。











漫画『私たちは繁殖している14』を読みました。
2015-05-19 18:42
















2014年6月20日のブログの続きです。




内田春菊さんの繁殖まんが、
もしくは子育てまんがの第14巻を
先日、読みました。




私は数年前より低収入になっていますが、
内田春菊さんも数年前よりは低収入になっているもようです。




そして、
第2子から第4子の3人のお世話でてんてこまいのようです。

第1子である「息子①」さんは、
大学生になって一人暮らししていらっしゃり
春菊さんのまんがのデジタルアシスタント(ネットを利用した、遠隔アシスタント)でもあるので
もはやギブアンドテイクの関係のようです。




稼がない旦那さんと離婚した春菊さん。

旦那さんは稼がない人ではあったけれども
家事育児はする人だったので
その人手がなくなり
春菊さんはてんてこまいなのです。


日本国内のシングルマザーの平均よりは
稼いでいらっしゃるでしょうけれども…。


シングルマザーは大変です、たぶん。




あと、
絵柄の変化について
前回の第13巻で違和感を覚えましたが
今回は別に気になりませんでした(^^)












5/12放送『爆笑問題カーボーイ』で、三浦大知さんの話題が出ました♪
2015-05-18 17:08







画像はイメージです。









2015年5月12日(火)深夜にHBCラジオで放送された
火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ』を、
録音で、聴きました。




いま、この番組には、
「4、5人アンケート」というコーナーがあります。

リスナーが、
身近な人にリアルなアンケートを取って、
投稿するというものです。




そこで、高校を卒業して25年の同窓会で
50人くらいの人に取ったアンケート、
というのが読まれていました。

ということは43歳くらいの人たちですね。

お題は
「和製マイケル・ジャクソンといえば誰?」

圧倒的多数で第1位だったのが田原俊彦さんなのですが、
「三浦大知」さんも2票とりました(≧∀≦)




爆笑問題のお二方は
「三浦大知って誰?」
「あの子だよ、Folderの」
「ああ、あの子か!」
という会話をなさってました。




その後、
「さっきの三浦大知さんの曲です」といって
音源を流していました。

曲名を覚えてなくてすみません。

曲終わりでCMに行っちゃうんだろうなーと思っていたら、
CMには行かず、
「三浦大知さんの○○(曲名)でしたー」
「やっぱすごいね。歌うまいね」
的な会話がありました(≧∀≦)


うれしかったです♪












あるバンドにまつわる、青春ぽい思い出♪
2015-05-17 19:21







この写真に写っている言葉の一部が
その時の彼らのバンド名です。










20代なかばで新宿で働いていた頃
お目当てのバンドの出演予定があるわけでもないのに
フラッと、ライブハウスに入ったことがあります。




いつもそんなことをするほど経済的な余裕があったとは思えませんが
いつもそんなことをしてたのか
たまたまその時だけだったのか
もう覚えていません。




ともかく、その夜、
新宿の
地下のライブハウスにフラッと入って
何組かのバンドのパフォーマンスを聴いたのです。




そのうちの1組(初見)が、ある曲を演奏し始めると
(いまでもその音楽が頭に浮かびます)
気に入ったので
ノって踊っていました。

客席のいちばん後ろのあたりで。




すると、
短い間奏中に
ボーカルの男の子(私と同年代と思われる)が
私のところに走ってきて
黙って私の手をつかみ、
走って引っ張っていき最前列に立たせ、
またステージに戻って歌い始めたのです。




私は最前列で踊り続けました。




まあ、
それだけなんですけど。




男の子に突然手を引かれて走らされる
(メ・ん・)
刺激的な経験でした。












小説『アンガージュマンの入口』第24回
2015-05-16 18:57







画像はイメージです。









小説『アンガージュマンの入口』(便宜上、第24回)




 演奏中、とにかく気分が悪いのを人に気づかれないようにって思って緊張してた時、なぜか咳はあんまり出なかったんだわ。
 不幸中の幸い、だね。
 あーあ、でも今日はサイテーだった。
 みんなといっしょに踊って盛り上がれないのは、非常に辛い。でも、その場にいるだけでも、ノボルさんの顔が見られて声が聴けただけマシだけど。
 横浜駅に着いた。
 自販機で切符を買う。まったく国鉄は高い。定期があるから降りる駅までは買わなくてすむけど、それでも850円。驚くべき数字だわ。
 キセルは嫌いだから。
 さて、と。
 京浜東北線はどっちだっけ?
 ああ、奥のほうだ。かったるい。
 国鉄横浜駅のコンコースって、広い。
 なんか空しいな。
 いつもは好きな建物なのに。
 体の調子が悪いせいだ。きっと。
 あ。
 そうだ、今日こそ、東急東横線に乗ってみようって思ってたんだった。
 美紀ちゃんによると、横浜--渋谷間で160円ってことだった。
 っ。
 まあしょーがないわね、もう。今日は。
 京浜東北線のホームに通じる階段を上る。
 でも、4段めで足がぴたっと止まってしまった。
 なんで!?
 あたし、どうしたの!?
 手すりにつかまった。
 頭が重い。
 て言うか、頭が、垂直に引っぱられてこの階段の上に陥没して、そのまま地面に潜って地球の中心まで行ってしまいそう。
 な感じがする。
 そうならないように、両手で手すりを握りしめて、必死に持ちこたえる。
 …………。
 第一の危険は過ぎた。
 階段をもう一歩上る。
 そうすると脚の動きと共に何かいやな感じが、頭と胸をとりまいた。で、また動けない。
 呼吸が乱れてる。
 何なんだ、いったい!?
 脚の力が抜けちゃった。あ……手も。
 手すりをやっとつかんで、やっと立ってる。
 大きく息を吸って、そして吐く。
 もう一歩上る。
 …まただ。
 はっきりした嘔吐感じゃない気分の悪さにとりつかれてる。
 こういうの、倦怠感って言うのかな? 経験ないからよくわかんないけど。
 つかみどころがなくて、くやしい。
 階段はまだまだある。
 上りきれるかな?










つづく。











映画『ツレがうつになりまして。』を観ました。そして漫画も読みました。
2015-05-15 19:12
















2015年1月9日にNHK BSプレミアムで放送された
映画『ツレがうつになりまして。』を
録画で、先日、観ました。




スーパーサラリーマンだった「ツレ(堺雅人)」は
ある朝、それまで習慣だった弁当作りができなくなる。
さまざまな体調不良や
「死にたい」という気持ちも起こる。
病院に行くと「うつ病」と診断される。
売れていない漫画家である妻「ハルさん(宮﨑あおい)」は
「ツレ」に会社をやめさせる。





「ツレ」が得意だった料理の手順がわからなくなってしまう、
という描写があり、
それが「うつ病」の症状なのだと知って
興味深いです。

私も日常のルーティンや仕事の手順が
最近よくわからなくなるので
これは被ばくによる判断力・記憶力の低下(または単に老化)と思っていましたが
もしかしたら「うつ病」なのかも(あくまで可能性の話)。



















原作の漫画を読みたくなって
Amazonで検索したら
近くの図書館にあるとわかった(なぜかAmazonには
近くの図書館にその本があるかどうか検索できる機能がある)ので
さっそく借りて読みました。




漫画のほうが、原作ですから、よりリアルだと思います。

映画は、エンターテイメント要素が盛り込まれ
より感動的になっています。




映画の主演のお二方の
ルックスも演技も素晴らしいです。
上から目線すみません<(_ _)> 












Softbank 102SHⅡから、SoftBank 402SH(AQUOS CRYSTAL X)へ機種変更しました。
2015-05-14 21:42






20150514用・機種変更

新スマートフォンで撮影。
なぜかは不明ですが
長細い写真が撮れます。
1310万画素。
また進歩しました。








20150514用・今までの前

数時間前まで実用していた
いままでのスマートフォン。









20150514用・今までの後ろ

数時間前まで実用していた
今までのスマートフォンの後ろ姿。









2013年3月19日のブログの続きです。




2013年3月に機種変更したので、
次の機種変更は2015年3月に!
と思っていました。




ですが、
機種変更して月々の料金を安くする方法が見当たらない
(SoftBankのシステムが変わってしまって
 これまで私が享受してきた安いプランは機種変更の際に引き継げない)
ため、
不具合の兆候が出るまでは機種変更しないことにしました。




そして、
このたび、
不具合の兆候が出ました。

反応が遅いのです。

完全に壊れてからでは
スムーズな機種変更が、たぶんできません。




そこで本日2015年5月14日に、
機種変更してきました。




Softbank 102SHⅡから、SoftBank 402SH(AQUOS CRYSTAL X)へ。




もしかしてこれって最新機種なのか( ̄◇ ̄;)




月々のお支払いは2300円くらいお高くなります。

これは時代の流れというか
産業構造の変化だと思って受け入れます(ヽ´ω`)




しかし
充電に問題が発生しています。

こんどの機種でも
前の機種の充電器が使えるということで
充電器を買いませんでした。

帰宅すると
今までの機種の充電器がありません。

卓上ホルダーで充電していたので
充電器を処分していたようです。




明日、買いに行きます( ̄◇ ̄;)












小説『アンガージュマンの入口』第23回
2015-05-13 19:12







画像はイメージです。
MEN'S BIGIって今でもあるんですね^^










小説『アンガージュマンの入口』(便宜上、第23回)




「コウ、だいじょうぶ? どうしたの?」
「うん。なんか貧血みたい。手足が痺れちゃってさあ」
「えー」
 美紀ちゃんはすごく心配そうな顔をした。
「踊る体力がないから座ってただけ。最後のほうはちゃんと拍手できたし、もう痺れてないし、だいじょぶだよ」
「そうお?」
 彼女は語尾を上げた。
「じゃあ今日はどうする?」
 何のことかというと、ウラの出入り口のとこでメンバーが出てくるのを待ってるか、ということ。
 待ってれば会えるし、勇気があれば握手してもらったりサインしてもらったり、プレゼントや手紙を渡したりできる。そのあと、彼らが乗って帰るバンをみんなで見送る。
 いつも30人くらいは待ってる娘がいる。
 男の子もいる(憧れてるんだろーなー、ああいうカッコ良いロッカーに。”兄貴”っていう感じなのかな?)
 ライブに通いつめてメンバーに顔を覚えられると、こういう時、
「あ、来てたの?」
とか言ってもらえることがある。
 ノボルさんなんか、高校の制服着てる娘に握手を求められると、
「ちゃんと学校行ったか?」
なんて訊きながら頭なでてあげたりしてる(もちろん握手もする、同時にね)のを見たことがある。
 こういうパーソナルなコミュニケーションのおかげでお友だち感覚が強くなって、あたしたちはかえって彼らの名前を呼びすてにしなくなるんだと思う。
 でもあたしは今日は、パスだわ。
 美紀ちゃんに答える。
「今日はすぐ帰る。あした1限あるから」
 実は、立って待ってる体力なんかないから、早く家に帰って休みたいんだよね。
「そお? あたしは待ってる。BIGIのシャツあげるのさ」
「メンビギでしょ?」
「そうだよ。社割だもんね」
 これだから社会人(特にアパレル業界の人)はうらやましい。
 ビルを出たところで美紀ちゃんと別れた。
 駅に向かって歩く。
 たるいなあ。
 痩せたのに、体が重くて、右足、左足って意識して前に出さないと歩けない。
 三井信託銀行の前で、咳が出た。
 あ、そういえば。










つづく。












漫画『あの日からのマンガ』『あの日からの憂鬱』に衝撃を受けました※ネタバレ
2015-05-12 19:38


















しりあがり寿さんの『O・SHI・GO・TO』という漫画を大好きな修羅笛の鍵です^^




先日、
書店で、しりあがり寿さんの
『あの日からのマンガ』『あの日からの憂鬱』という単行本を見かけて
購入しました。




2011年3月11日の大地震からの
出来事や心境が、漫画で綴られています。

とくに
福島第一原発の事故からインスパイアされた作品がすごいです。




原子炉の中に閉じ込められている様々な核種を擬人化して
「自分たちは嫌われているから決して外に出てはならん」
などと言っているのですが
ある日、世界がグラグラと揺れ
亀裂を発見した彼らは外に出られることを喜ぶのです。

ストロンチウム「ヨウ素たちはどうするんだ?」
ヨウ素「ボクたち半減期8日だから思いきり遊ぶだけ。ストロンチウムあんちゃんは?」
ストロンチウム「オレは風に乗って世界中を見て周りたいな」
セシウム「プルトニウム長老は長生きだからいいですね」
プルトニウム「ははは。セシウムちゃんはどうする?」
セシウム「外で誰かに会ったらまずは笑顔であいさつするの。そして伝えるの………『希望を捨てないで』って……」

彼らは何かに吸い込まれるように外に出ていき、
次のシーンは爆発した建屋です。




この他にも
原子炉建屋を擬人化した漫画や
移住する家族の物語や
いろいろあります。




衝撃的です。









あと、
エッセイ的な漫画の中で
原発事故直後にテレビの天気予報の時
「放射性物質注意情報」
のようなものをやっていた、
ことを思い出させてくれました。



あれはなぜ、今はおこなわれていないのでしょう。




今のほうが
より必要だと思います。



だからこそ、やめてしまったのかもしれません。












回すべき方向がわかりません(°д°)
2015-05-11 19:29






2014年12月31日をもって
マヨネーズの使用をやめました。




ドレッシング類は、
そういえばいっさい使わなくなりました。家では。




いま私が自分に使用を許可している調味料は
味噌・醤油・塩・からし・しょうが
です。









20150511用・横

塩はこれを使ってます。
合衆国産です。

お高いけど、
長持ちします♡










20150511用・上

上から見るとこうなってます。

白いところに穴があります。
この写真では隠れています。

赤いところを回すことによって
大量に出したり
少量だけ出したりできます。




いつも使用後に
時計回りと反時計回り、
どちらに回したら穴を隠すことができるのか
想像つきません。

で、こっちだ!
と思って回すと
もういっこの出口だったりします。

みんな、こういうの、
わかってて回すのかな。

だとするとこの私の頭の悪さは
理数系が苦手だからなの?

それとも低線量被ばくのせいで判断力が低下したの?




とか考えます。

答えは出ません。












小説『アンガージュマンの入口』第22回
2015-05-10 18:36







画像はイメージです。









小説『アンガージュマンの入口』(便宜上、第22回)




 ノボルさんがこっち見ながら唄ってくれてる!
 踊りながら、見つめ合ってしまった。
 アガっちゃうなー。
 あの目で見つめられると、どうしたらいいかわからない。よぉし! 盛り上げちゃうからねー!!
 って思った時。
 急に音が遠くなって、頭の後ろが「さっ」と寒くなった。
 何なのかしら!?
 と思いつつも惰性で踊り続ける。
 あたしの耳の感じる音量が現実の大きさに戻った時、やっと頭が回転し出す。
 ヤバいみたい。
 足のつま先が痺れてる。手も。
 なんだか息が苦しい。
 これ以上立ってると、倒れちゃうかもしれない。経験ないからよくわからないけど。
 もうダメだ。
 座らなきゃ。
 この曲が終わったら座ろう。目立つのやだもん。
 ノボルさん……は狭いステージの端で、ギターの人と盛り上がってる。
 …で、全部の楽器が一気に激しい音を奏でて、ドラムで締めて、やっと1曲目が終わった。
 膝の力を抜いたら、おしりがスツールに着地した。その衝撃でまた一瞬気が遠くなったけど、すぐに気合いを入れて、スツールから落ちるのだけはまぬかれた。
 拍手がおさまらないうちに、次の曲が始まった。1曲目ほどあおらないけど、やっぱり「踊るべき」曲だ。
 美紀ちゃんが、
「だいじょうぶ?」
って訊いてくれる。
「うん、だいじょぶよ」
って答えながら、手で、”だいじょぶ”の合図もする。小さい声で何か言っても聞こえない環境だから。
 こういう動作ひとつするのにさえ、手の痺れをいちいち感じちゃって気持ち悪いな。
 美紀ちゃんはまた、忍さんのほうを向いて踊り始めた。
 ゆっくり呼吸して、早くなってる脈をとにかくもとに戻そう。
 あーヤな感じだなー。ちょっとでも動くと、もっと気持ち悪くなりそう。ヤバい。
 手とか足も、さっきよりもっと痺れてきたし。
 じっくり唄を聴くどころじゃない。
 手拍子すら打てないんだから。
 前から2つめのテーブルでよかった。
 ノボルさんとあたしとの距離は2メートルもないけど、間に2人くらい、女の子が立って踊ってるから、彼には気づかれずにすむわ。
 2曲目が終わると、ノボルさんは客席全体を見渡して、
「えー今夜は、シックスティーズのショーへようこそ! 会いたかったぜ!!」
と、言った。

 アンコールのラスト・ナンバー『せめて夜明けがくる前は』が終わった時は、拍手することができた。
 ラストがスロー・バラードだとすごく説得力がある。客席が明るくなると、それ以上の「アンコール!!」コールもなく、みんな満足気な顔で帰り始める。
 でもあたしと美紀ちゃんはまだ座ったままでいる。









つづく。












映画『武士の家計簿』を観ました※ネタバレかも。
2015-05-09 22:55
















2014年9月26日にNHK BSプレミアムで放送された
映画『武士の家計簿』を
録画で、先日、観ました。




加賀藩御算用者猪山家8代目の「猪山直之(堺雅人)」は天才的な算盤遣いである。
家計が逼迫したため
必要以外のすべて家財道具を質入れし
嫡男の「成之」の4歳を祝う宴に出す鯛を、紙に鯛の絵を書いた「睨み鯛」ですませ、
徐々に立ち直らせる。





私は節約下手です。
貯金ができません。

「医療費だ」と思えば高い食品も買ってしまうし、
「読まずに明日死んだら後悔する」と思えば漫画も買ってしまう。

これでも雑誌の定期購読をすべてやめたり
音楽CDは買わないことにしたり(w-inds.も含めてダウンロードで済ませる)
自分的には
預金を減らさない努力をしているのですが
現時点で
稼ぐより使うほうが多いので
絶賛預金減らし中です。




思い切った対策を断行した主人公をすごいと思います。




規模を大きくして考えれば
日本国の財政にも
この人のような改革者が現れて
徹底的にムダを削り
原発をやめて汚染地域の人を避難させることにお金を使ってほしいです。












とったどー!(心室性期外収縮の心電図を)
2015-05-08 20:07






20150508用・携帯用心電計

液晶画面が波打って見えますが
実物は波打ってはおりません(・ω・)
写真撮影がヘタなだけ。たぶん(笑)










2015年4月21日のブログの続きです。




ホルター心電図(24時間心電図)の結果が大したことなかった私は
医師のすすめで
オムロン携帯用心電計を購入してありました。

4月下旬にはAmazonから届いていました。
開封して取扱説明書を読むのは時間がかかるだろう、
と思って
次の休みに、
と思って
「次の休み」が来ると
医療機関のアポを果たすのに精一杯で
あとは寝落ちばっかりしてて
開封していませんでした。




昨夜、ベッドに入ってから、
久しぶりに不整脈を感じました。

まことに泥縄式ですが
携帯用心電計を開封し、
取説を読みました。

電池を挿入しました。

時刻合わせをしました。
これが、
10回以上間違えてタイヘンでした。
私はこんなにできない人間だったか?
老化現象か?
それとも被ばくの影響で頭が悪くなってるのか?
1+4とかの簡単な計算でも最近は数秒かかるもんね!




で、やっと、
取説を見ながら、計測しました。




1回の計測は30秒で、
終わるとアラームが鳴って、
結果のコメントが出ます。

3回やっても「波形に乱れはないようです」
という結果でした。

ためしに4回目は仰向けでやってみたところ
「拍動が一定ではありません。波形に乱れがあるようです」
という結果になりました。

なるべく早い機会に受診しようと思いました。




そして今日。

出社したのですが
午前10時前後からまた
不整脈を自覚しました。

痛くもないし息苦しくもないのですが
なんとなく心臓に違和感があってヤな感じがするのです(不整脈を自覚する時はいつも)。

11時過ぎても改善しなかったので
早退して医療機関に行くことにしました。

人手不足なのに、
職場の皆さん、
申し訳ありませんでした<(_ _)> 




まずは帰宅して
また計測してみました。

こんどは
単なる「拍動が一定ではありません」
という結果でした。




ホルター心電図をやってくれたクリニックに
携帯型心電計を持参しました。




すると、
昨夜のほうの心電図を見た先生が
「心室性期外収縮でてるねー」
とおっしゃいました。




ただ、
即、治療の必要はないそうです。




1日中不整脈だとか
苦痛が大きいとかであれば
治療の対象になるらしいです。




だから、今回と同じタイプの不整脈が出ても
早退せずそのまま仕事を続けてよいようです。
職場の皆さん誠に(以下略)




別のタイプの計測結果が出る可能性もあるので
これからも「おかしい」と思ったら計測して
結果を持っていらっしゃい
と笑顔で言われました。




今日はいい一日でした\(^o^)/









とはいっても
先生がセシウム心臓を診た経験が豊富にあるとも思えないので
突然死の可能性も
少しは頭に置いて生きて行きたいと思います。




何十年後かに
「あれはやっぱり更年期の自律神経の乱れによる不整脈だったのね」
と振り返れることが理想です(・∀・)












「ちかぴぃ」のカワイイ画像♪
2015-05-07 18:56






まことに即時性のないブログで申し訳ありません。




2015年2月24日に
大通駅で
というかさっぽろ地下街で?
「ちかぴぃ」(さっぽろ地下街のキャラクター)
かわいい壁画を見つけたので
撮影してありました。

ので載っけますwwwww








20150507用・音楽

躍動(?)









20150507用・ライラック

ライラック(?)









20150507用・ラーメン

ラーメン









20150507用・ビール

ビール(笑)









20150507用・スノボ

スノボ♪

手袋してる以外は全裸wwwww












小説『アンガージュマンの入口』第21回
2015-05-06 18:33







画像はイメージです。









小説『アンガージュマンの入口』(便宜上、第21回)




 彼女はストローでレスカを飲みながらニタっと笑った。
「実はあたしも風邪ひいてんの」
「えっそうなの?!」
「うん。この前のライブで『アンコール!!』やりすぎでノド痛めて以来。咳してんの」
「同じパターン!! あたしも!」
 って言ったところで咳込んだ。
「スロー・バラードの時にさ、咳出ちゃったら、困るよね」
って美紀ちゃん。
「そう!」
 そうなのよ!!

 とかなんとか言ってはいたものの、美紀ちゃんの風邪はあたしほどひどくないみたい。

 客席が暗くなって、ステージだけが鈍いオレンジ色のライトで浮かびあがると、シックスティーズのテーマ(インストゥルメンタル。彼らがステージに登場する前にいつも流す曲なのよね)がかかった。
 そしていつものようにおもむろに、楽器の人たちが出てくる。
 スタンバイができると、テーマが止まる。
 ドラムの人が、左手に持ったスティックを、右手に持ったスティックで叩いた。
 ワン、トゥー、スリー、フォー
 ああベースの音が入った。いきなり速い曲だ。
 美紀ちゃんはベースのシノブさんのファンだから、もう立ち上がって踊ってる。
 メンバーのうちの誰のファンかってことは、それそれ自己主張するのよね。
 この曲、普段はもっと盛り上がってから演るのになー。
 あたし、大丈夫かな?
 …ノボルさんが出てきた!
 彼の動作はシャープで、思わず引き込まれてあたしも立ち上がる。
 中央のスタンドマイクで彼が唄い出す。と、強いライトが彼に当たる。
 みんなが次々に立ち上がって、8ビートの手拍子を打って踊ってる。
 1曲目からいきなり派手派手の曲を演ってみんなをノせちゃうのは、シックスティーズがたまあにやる作戦だったっけ。
 この曲のライブ・バージョンはレコードと少し違う。
 8ビートからいったんドラムの音が切れて、またもとのリズムに戻るまでの小節数が、レコード版の倍になってるの。
 こういう時、ライブ通いのビギナーズは戸惑っちゃうんだけど、美紀ちゃんやあたしや、だいたい前のほうにいる人たちはちゃんとわかってて、申し合わせたような「振り」で踊っちゃうのね。
 今日も当然♡
 そしたら、うわあ。










つづく。











ドラマ「小泉今日子原作『戦う女』」を、第5話(最終話)まで観ました※ネタバレ
2015-05-05 20:03







高岡早紀さん写真集♪









2015年4月24日(金)深夜に放送された
ドラマ「小泉今日子原作『戦う女』」最終話を、
録画で、先日、観ました。




2015年4月26日のブログに書いたように
全5話のうち
第3話は録り損ないました/(^o^)\




第1話は幼児期
第2話は10代
第3話は20代
第4話は30代
第5話は42歳
のお話だとのこと。




第4話の疲れてる30代の2人の女子もよかったのですが
第5話の42歳の3人は
スーパーよかったです\(^o^)/

高岡早紀さん、猫背椿さん、西田尚美さん。

なぜか、
いつも3人いっしょの場面なのです。

ファミレスで食事してたり、
パンツ屋でTバックを選んでいたり、
男の品定めをしていたり。

「男の品定め」これは
高岡早紀さんだけが独身の役なのですが
医師である元カレとまたつきあうことになり
その元カレを
猫背さんと西田さん演じる主婦が
「見たい!」
と言って
診療時間内の総合病院のロビーから、
診察室のドアが開く瞬間をねらって盗み見る、
というもの。
そして
「もっとダンディーな人を想像してた」
「意外とフツーのオッサンじゃん」
「そうよ。ダンディーだなんてアタシひとことも言ってないわよ」
のような3人の会話wwwww

高岡早紀さんの演じてる役がすごくカッコよくて、
すばらしかったです。

高岡早紀さんのルックスもすばらしいです。

女性3人でいる雰囲気もすごくいいです。









おもしろかった。
とくに最終回は(^-^)












「めまい感」の区分
2015-05-04 19:22







画像はイメージかもしれません。









手帳に、体調を記録しています。




ここ1年ほど
「めまい感」という言葉が頻繁に出てきます。




私の「めまい」は回転性ではありません。

回転性でないものはめまいとは呼ばない、
と書いてある資料もあります。

厳密にいうと
「平衡感覚失調感」
なのかもしれません。




しかし画数の多い漢字を毎日、手帳に小さい字で書くのは大変なので
「めまい感」と書いてしまっています。





「めまい感」の「小」「中」「大」と表現しています。

「小」は
正常ではないな、と感じながらも
大きな苦痛なく日常生活を送れる感じです。

「中」は
苦痛を感じながらも
どうにか日常生活を送れる感じです。

「大」は…
たとえば仕事中だとしたら
早退したくなるレベルです。




最近は大体、
「小」と「中」を行ったり来たりしています。

1日の中でもめまぐるしく変化します。












小説『アンガージュマンの入口』第20回
2015-05-03 18:51







画像はイメージです。









小説『アンガージュマンの入口』(便宜上、第20回)





 リハーサル終了だね。お疲れさま。

 1分が過ぎるのに3分くらいかかってる気がする。
 でももう開場予定時刻は過ぎてるな、
 と思ったら、24歳くらいなんだろうけど童顔の、お店のお兄さんがドアから出て来た。
 まだドアを開けて押さえたまま、中にいる人と何かしゃべってる。
 用意ができたのかな。
「はい、じゃいれますよ」
って中の人に。やったね。
「開場しますから番号順に並んでください。はい1番のかた」
 前売りナンバー001の娘が、半券とドリンク・チケットを受け取って中へ入った。
「2番のかた」
 あたしなんかずーっと後ですからね。
 その時、
 ぽん!
と誰かがあたしの左肩を叩いた。
「美紀ちゃん!」
「元気?」
「そうでもない。風邪ひいてんの。どーしよー、咳出ちゃったら」
「そういえば痩せたんじゃない?」
「少しね。前売り何番?」
「9番」
「じゃあもうじゃない?」
「うん。じゃあ後で」
 美紀ちゃんは短い列についた。今日の彼女は「ラフぶった」恰好してる。細身のジーンズにシルクのビッグ・シャツ。長ーい髪は病人みたいな1本の三つ編みにして(カッコ良いんだよね、これ!!)肩から前に持ってきてる。
 美紀ちゃんが、あいてるドアの中に消えた。
 中では走って良い席をとってくれてるに違いない。

 入っていって少しさがしたんだけど、美紀ちゃんは、ホントにいい席を取っていた。
 真ん中の、前から2つめのテーブル。近眼のノボルさんでもこっちの顔の表情がわかるような位置だ。
 まいったなー。
 椅子の上にバッグを置いて、ドリンク・カウンターに行く。ステージの左横なのに、ぐるっと後ろをまわって、たくさんの椅子や人をかきわけて行かなきゃならない。
 美紀ちゃんはレモンスカッシュ、あたしはホット・コーヒーを頼んだ。
 ドリンク・チケットと引き換えに受け取って、席に戻る。
「ホットじゃ暑くない?」
「暑いけど、最近胃腸が変だから冷たいもの飲む気がしないの」
「じゃあコーヒーもヤバいんじゃない?」
「平気。クリーム2個もらったから」
「そう」
「美紀ちゃんも、声、変なんじゃない?」










つづく。











ドラマ『アイムホーム』第3話まで観ました。
2015-05-02 19:08







こちらは原作の漫画。1997年から1998年の連載だったそうです。









2015年4月16日(木)からHTB北海道テレビで始まった
ドラマ『アイムホーム』を
第3話まで、録画で、観ました。




「家路 久(木村拓哉)」は「葵インペリアル証券」の「第一営業部」で働く
エリート証券マンだったが、
事故で高次脳機能障害となり、
過去5年の記憶をほぼ失っている。
リハビリを経て社会復帰を果たすが
脳の障害が仕事に支障をきたし、
「第十三営業部」へ左遷となる。
彼は前妻「香(水野美紀)」となぜ離婚したのか
今の妻「恵(上戸彩)」となぜ結婚したのか
よくわからない。
10本の鍵を所持していた「久」。
1本1本の鍵の謎とともに、
彼の記憶も少しずつ明らかになるのか。





キムタク様は『MR.BRAIN』の時も事故に遭う役だったけど
あの時は事故の影響で脳が発達して超あたまいい人になったのよね。

それと比べたら
今回の脳機能障害はリアルだと思います。

ドラマとしてはどちらも興味深いです。




事故前の回想シーンでは鼻持ちならないエリートを
現在のシーンでは誠実だが記憶が持たないために失敗をくりかえす窓際族を
演じ分けるキムタク様ステキです(*´ω`*)




あと、
社長レースに敗北して「第十三営業部」の部長となった「小机」を演じる
西田敏行さんもステキです♪

ちょっと仕事できなさすぎな気がするけど
できない演技なのかも(劇中で)。




あと、
妊娠している設定ではないが、リアルでは妊娠している上戸彩さんのお腹が、
どうしても気になります。
お腹が目立たない衣装や
撮影方法も工夫しているんだろうけど^^
お腹はどんどん大きくなると思うので
そのうちCG使ったりしてwwwww
でも
胸も巨大化してますね♪

上戸さんのご健康を祈っています。