FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

映画『知りすぎていた男』を観ました(・ω・)*少しネタバレかも
2013-05-21 19:17






知りすぎていた男 [DVD]知りすぎていた男 [DVD]
(2012/09/26)
ジェームズ・スチュワート、ドリス・デイ 他

商品詳細を見る










2013年4月10日にNHK BSプレミアムで放送された
映画『知りすぎていた男』を、録画で、先日、観ました。




1956年公開。合衆国の映画です。

監督はヒッチコックです。

NHK BSプレミアムは今、
ヒッチコック推しなのかもしれません。




「マッケンナ医師(ジェームズ・スチュワート)」と
元歌手である妻「ジョー(ドリス・デイ)」は
7歳くらいの息子「ハンク(クリストファー・オルセン)」を連れて、
モロッコを観光旅行する。
観光中に知り合ったフランス人「ルイ・ベルナール(ダニエル・ジェラン)」が
夫妻の目の前で暗殺される。
「ルイ」は死の直前に、
「マッケンナ」に、ロンドンでの要人暗殺計画について謎の伝言を残した。
その直後、「ハンク」が誘拐されてしまう。
夫妻は息子捜索の手掛かりを求めてロンドンへ向かう。





『知りすぎていた男』というタイトルから、
何かを知ってしまったのは「マッケンナ」だけかと思いきや、
奥さんも情報量は同じでした/(^o^)\




そして、
物語のしくみというか、
息子捜索と要人暗殺阻止の絡まりというか、
そのあたりが私にはよく理解できませんでした。









20130521用・ドリス・デイ

ドリス・デイさん当時31歳。

当時のファッションを着こなすには、
ウエストをがっちり絞らなければならないな、
と思いました/(^o^)\




あの有名な『ケ・セラ・セラ』という歌は、
この映画の中で歌われた歌だったのですね\(^o^)/




私はサビ頭の「ケセラセラ」は
「ソファミドミ」だと思っていましたが、
この映画の中では「ソファミミミ」のようでした(・ω・)












コールセンターに帰ってきました\(^o^)/
2013-05-20 19:01






肉体労働は先週で終わり!!




今日からまた、
コールセンター勤務になりました\(^o^)/




加工食品でも医薬品でも原発でも保険業界でもないメーカーのコールセンター♪



















業種としては理想的(私にとって)♪




細部はいろいろあるんですが(笑)




今回の仕事は、
でもやっぱり短期/(^o^)\




とはいっても、
ちょっと長めで、3カ月弱の仕事です(´・ᴗ・`)




今度のセンターにはセキュリティカードがありません/(^o^)\

ビニールバッグもありません/(^o^)\

ロッカーもありません/(^o^)\




でも机は事務机\(^o^)/

隣や向かいとの間にはパーテーションもあります\(^o^)/

パソコンとインカムもあります\(^o^)/

文房具もそろってます\(^o^)/




そして新宿より近いです\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/




3か月後のことを考えるとちょっとアレだけど(笑)
今を楽しもう♪












書籍『刑務所なう。シーズン2』を読みました♪
2013-05-19 20:02






刑務所なう。シーズン2 前歯が抜けたぜぇ。ワイルドだろぉ?の巻刑務所なう。シーズン2 前歯が抜けたぜぇ。ワイルドだろぉ?の巻
(2013/02/23)
堀江 貴文

商品詳細を見る










Amazonで買って読んだ本です。




「本は買わないで図書館で借りる」
と決める前に、
買っていたものです。
2013年2月18日に注文しました(笑)




読むのにすごく時間がかかったので、
もし図書館で借りていたら
何回も貸出と返却を繰り返す事態になったと思います(笑)









1年くらい前に、「シーズン1」を読んでいました\(^o^)/




堀江さんは2011年6月20日に、刑事施設に収容されました。
その後195日間の日記が「シーズン1」でした。
「シーズン2」は2012年1月1日から11月4日までの日記です。

「シーズン1」に付いていた漫画と時事ネタと書評は、
「シーズン2」にももちろん付いてます\(^o^)/




私が「シーズン2」を4分の3くらい読んだ時に、
突然、堀江さんが釈放されました\(^o^)/




日記を読んでいたので、
痩せていたことには驚きませんでしたが、
髪の毛が野球部カットじゃないことに驚きました♪




2012年11月5日から
釈放された2013年3月27日までの日記が
「シーズン3」になるはずだ、
と思って待っています^^




よしたにさんの『理系の人々』を
堀江さんが獄中で読んだということがうれしいです♪




あと、
東野圭吾さんの『真夏の方程式』も読んだとのことなので、
来月に公開される福山雅治さん主演の映画を、
堀江さんに観てほしいと思いました(〃∇〃)









私が持っている堀江さん情報から判断すると、
私は堀江さんの90%を好きです。












映画『オデット』を観ました。
2013-05-18 23:50






2013年4月7日にスカパー!光で放送(無料)された
映画『オデット』を、録画で、先日、観ました。




キーワード「シネマ」で自動録画されたものです。




2005年 カンヌ国際映画祭のインディペンデント映画部門 特別賞受賞 だそうです。




ポルトガル人の監督の作品だそうです。




R-15です。









本編が始まる前の解説で、

「ペドロ」という男性が交通事故死するが、
「ペドロ」には
「ルイ」というボーイフレンドと
「オデット」というガールフレントがいた。
「ルイ」は悲しみにくれ、
「オデット」は子どもがほしいあまりに「ペドロ」の子を妊娠したという妄想にとりつかれる。
やがて「ルイ」と「オデット」が互いを認識した時、
ラブストーリーがあらたに動き出す、


と言っていたので、
そういうつもりで観ていたら、




どうもおかしい/(^o^)\




「ペドロ」は「ルイ」とはつきあっていた場面があるけど、
「オデット」とは知り合いでも何でもなかったらしい、
とわかってきて、

???

と思い、

ネット上の『オデット』のレビューをいくつか読んでみたところ、
どうやら「オデット」ひとりが精神的に問題があり、
いろいろと倒錯的なことになってしまう話らしいとわかりました/(^o^)\




そこからは、
そういうつもりで観ました。




しかしあの解説は何なの(・・;)





どうなっていくんじゃろ、
というストーリーテリングの面白さはありました。









20130518用・ペドロ

「ペドロ」(お墓に付けられた写真)









20130518用・ルイ

「ルイ」









20130518用・オデット

「オデット」(スヌーピー好き)









20130518用・オデットの部屋

「オデット」の部屋。スヌーピーがあちこちに( ´ ▽ ` )









20130518用・オデットの携帯電話

オデットの携帯電話( ´ ▽ ` )









オデットの手脚の長さがすばらしいです。









あと、
エンドロールで流れる歌のうち、
『ムーンリバー』でないほうの歌が、
緒方龍一さんの好きそうなテイストだなと思いました♪












書籍『夜と霧』を読みました。
2013-05-17 23:50






フランクル『夜と霧』 2013年3月 (100分 de 名著)フランクル『夜と霧』 2013年3月 (100分 de 名著)
(2013/02/25)
諸富 祥彦

商品詳細を見る










伊集院光さん目的で、
『100分de名著』という番組を録画して観ています。




先日、
フランクルの『夜と霧』を取り上げていました。




フランクルは、
ウィキペディアによると、
オーストリアの精神科医であり心理学者です。

フロイトのお弟子さんです。

ユダヤ人(ユダヤ教を信仰する者(宗教集団)、あるいはユダヤ人を親に持つ者(民族集団))
であるために、
第二次世界大戦中の1942年に、
ナチスによって強制収容所へ入れられました。




1945年に解放されるまでの経験を本にしています。

それが『夜と霧』です。









夜と霧――ドイツ強制収容所の体験記録夜と霧――ドイツ強制収容所の体験記録
(1985/01/22)
V.E.フランクル

商品詳細を見る


私が読んだのはこのバージョンです。




図書館で借りました。




巻末には、
平和な時代を生きる私には信じがたいほど残酷な写真の数々が
掲載されています。









『100分de名著』においては、

強制収容所でガス室送りをまぬがれ飢えと寒さと睡眠不足に苦しみながら
過酷な労働を強いられた人々が、
それでも
そのような境遇に接した時にどのような態度をとるかの自由は
誰にも奪うことができなかった、

という内容が印象的に取り上げられていました。




つまり、

過酷な環境から、
他人のパンを盗んだり、
死んだ仲間の靴などの所持品を盗んだり、
という態度になってしまう人も多いけれども、

自分の分の小さなパンを仲間に分け与えたり、
仲間をなぐさめたり笑わせたりすることに務める人もいた、

ということです。




私自身がそのような素晴らしい態度をとれる自信は
まったくありません(・ω・)




それにしても
強制収容所の環境は本当にひどいです。




日本で大地震が起きた時の避難所よりひどいです。




ナチスを称賛していた人々も、
戦後は考えを改めて、
同じ過ちを繰り返してはならない、
と思ったようです。




負の遺産を残し、
後世への教訓としているようです。




福島第一原発の事故について、
私は繰り返してほしくないし、
現在の対応は不十分だと思います。




強制収容所の恥部を、
ドイツをはじめとするヨーロッパの人々が認めて、
情報を公開して再発を防止しているように、

福島第一原発の事故についても、
関係者は正しい情報を公開して、
今からでも最大限の対処をして、
それと、再発も防止してほしいです。












映画『チーム・バチスタの栄光』を観ました。
2013-05-16 20:41






チーム・バチスタの栄光 [DVD]チーム・バチスタの栄光 [DVD]
(2008/08/08)
竹内結子、阿部寛 他

商品詳細を見る










2013年4月6日にNHK BSプレミアムで放送された
映画『チーム・バチスタの栄光』を、
録画で、先日、観ました。




この文章を書くためにウィキペディアを見て、
バチスタ手術というのが心臓移植の代替医療であることを
初めて知りました/(^o^)\




26連続成功の記録を誇るバチスタ手術チームが、
3例立て続けに失敗(手術中に患者死亡)
その理由を調査するよう、
「不定愁訴外来」の心療内科医「田口(竹内結子)」は
院長から命令される。





私、
これの続編『ジェネラル・ルージュの凱旋』を先に観ていました。




その時なぜか、
「田口」は前作で何か失敗して
「不定愁訴外来」に左遷されたのだと思っていました。

でもそれは間違いでした。
「田口」は最初から「不定愁訴外来」の医師でした<(_ _)>




あと、
強烈すぎるお役人「白鳥(阿部寛)」がおもしろいです\(^o^)/




そして、
今回の映画においては
天才心臓外科医の役で吉川晃司さんが出ています。




今年の大河ドラマ『八重の桜』でも、
吉川さん(「西郷吉之助」役)の演技力はすごいな、
と思っている私です。




『チーム・バチスタの栄光』でも
ちゃんと心臓外科医に見えて、
説得力があってすばらしいと思いました。












早上がり
2013-05-15 22:01






港湾倉庫マネジメント―戦略的思考と黒字化のポイント港湾倉庫マネジメント―戦略的思考と黒字化のポイント
(2013/01)
春山 利廣

商品詳細を見る


画像はイメージです。









いま、倉庫内の軽作業をしているのですが。




1日単位で働いていて、
仕事に入れない日が多いのも予想外だったんですが。




仕事が早めに片づいてしまったとき、
強制的に早上がりになってしまうことに
若干驚いています。




先日5月5日まで勤めていたコールセンターでも、
ヒマで人出が余ることはよくあったのですが、
早上がりは募集によっておこなわれ、
応募した人だけがするものでした。

つまり、ヒマでも、契約時間いっぱいまでその場に居て、
時給をもらえることが保証されていたのです。




今の倉庫の現場は、
強制的に早上がりになり、
その後の時給はありません。




私の体力ではキツい仕事なので、
「帰れる~^^」
と思ってホッとしてしまうのですが、

よく考えたらこれ、
軽く労基法違反ではないのか?
という疑問が浮かびます(・・;)




ですが、
労働基準局に問い合わせたりする「やる気」のない私です/(^o^)\




この労働者の「やる気のなさ」が、
多くの現場(雇用側)を助けているのかもしれません(笑)




このような状況でも、
働かせてもらえることはありがたいのです(・ω・)












映画『カールじいさんの空飛ぶ家』を観ました。
2013-05-14 20:17






カールじいさんの空飛ぶ家 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]カールじいさんの空飛ぶ家 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
(2011/12/02)
ディズニー

商品詳細を見る










2013年4月3日にTBSテレビ「水曜プレミア」で放送された
映画『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009年の映画)を、
録画で、先日、観ました。




キーワード「シネマ」で自動録画されていたものです。




タイトルから
『ハウルの動く城』(2004年の映画)のパクリかと思いましたが、
家ごと移動する、
という以外に、
とくに似ている点はないと感じました。




「カール」は幼なじみの「エリー」と結婚。
二人は冒険家の「マンツ」に憧れ、
「マンツ」が冒険した「パラダイスの滝」にいつか行きたいと思って
瓶に小銭を貯金している。
しかし家の修繕など不慮の出費が重なり、
冒険の旅に出られないまま年をとる。
「エリー」は亡くなり、78歳になった「カール」。
家のまわりの再開発がすすみ、
立ち退きをせまられていた時、
家の屋根にたくさんの風船をとりつけ、
風に乗って南アメリカの「パラダイスの滝」への旅に出る。
ひょんなことから、
「お年寄りの手伝いをしたい」ボーイスカウトの少年「ラッセル」が
ついてきてしまう…。





映画公開時に
『王様のブランチ』か何かで知って
観たかった映画でした。




冒頭の、
「カール」と「エリー」が死に別れる場面、
きゅんとしました。
小銭貯金を別の目的に使わざるを得ない事態が何回も起き、
いつまでも冒険の旅に出られない二人が、
ヒトカラ貯金をしている私に重なりました( ;∀;)




さて本編の冒険では、
朝青龍似の8歳の肥満少年「ラッセル」が
実にいい味出してます(^o^)

最初は小憎らしいんですけどね/(^o^)\




おもしろかったので、
おすすめします。




絵は、すごくキレイです(≧∇≦)












書籍『新・片づけ術 断捨離』を読みました。
2013-05-13 21:15






新・片づけ術「断捨離」新・片づけ術「断捨離」
(2009/12/17)
やました ひでこ

商品詳細を見る










『新・片づけ術 断捨離』という本を、
図書館で借りて、
今日、読み終わりました。




読みやすい文章でした(・∀・)




生き方の本でした。




自分がそこまで高尚なレベルに行けるかはともかく、
私の部屋には、
処分していいものがもっとある、
ような気がしてきました。




以前に読んだ『人生がときめく片づけの魔法』という本
同じ内容を、別の言葉で語っていると感じました。




しかし、
『人生がときめく…』がまとまった時間を作って一気に片づけることを推奨しているのと異なり、
『断捨離』では少しずつでも、作れる時間に応じてやっていける、
というところが実行しやすそうです。




私は
「ときめきの片づけ」をあきらめたわけではないのですが、
計画してから実行していない期間がすでに1年以上経過しており、
「断捨離」的には悪いエネルギーが溜まっていることになります/(^o^)\




書物自体がおもしろかったので、
皆様にもおすすめいたしますが、

この本を読んで私がつかんだ「断捨離」のキモは
「今」「実用している」もの以外は処分の対象である、
ということです。




で、
卒業アルバムについては、
私は捨てる気はないのですが、

ダンボールに入っている、
おばあさんになったら読もうと思っている、
昔の日記は、
処分の対象なのかも、と、
ちょっと思ってきました。












映画『モスクワ、ある人妻の告白』を観ました。
2013-05-12 21:50






2013年4月15日にスカパー!光で無料放送された
映画『モスクワ、ある人妻の告白』を、
録画で、先日、観ました。




キーワード録画
「シネマ」で録画された作品です(・ω・)




R-15指定です。




2011年レイキャビック国際映画祭グランプリ受賞の
ロシア映画だそうです。




虐待されている子どもを助ける仕事をしている「マリーナ」
夫は優しいが、仕事に失敗しては彼女の父のお金を頼っている。
ある日、不倫の密会の帰りに、
マリーナは警察官数名によってレイプされてしまう。





その後の「マリーナ」の行動が謎なのです(・・;)




レイプされる前に立ち寄っていた、
すごくサービスの悪い飲食店に、
その後もたびたび行くのです。









20130512用・水だけなら出さないわ

感じのわるい店員(笑)









20130512用・注文

主人公「マリーナ」は売り言葉に買い言葉で注文(笑)









もしかしてレイプ犯を待ち伏せして
仕返ししようとしているのか、
とも思ったのですが、
よくわかりませんでした/(^o^)\




モスクワの警官がこの映画に描かれている通りなら、
ひどいと思いました。