FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

買ったモノに日付を書いておくと便利です♪
2011-05-31 00:00



上の写真は、うちの扇風機です\(^o^)/

父が、1988年6月9日に買ったものらしいです。

薬師丸ひろ子さんの、24歳のお誕生日ですね^^

「88.6.9.」というのは、父の字です。

油性サインペンで書いたみたいです。

これがあるので、
買ってから23年経っているんだな、ということがわかります。

首ふり機能は壊れています。

タイマーは大丈夫です。

うちでは、1年中使っています。

ところで最近、私は、携帯用除菌ティッシュをひんぱんに買います。
そして毎日、複数個、持ち歩いています。

今日、持ち出して、未開封のまま使わなかった除菌ティッシュと、
今日買ったばかりの除菌ティッシュが、
見わけがつなかくなることがよくあります。

どうしても先入れ先出しにしたいので、
除菌ティッシュのパッケージに、購入日を書くことにしました。

おかげで、
開封するさいに、
いちばん古いのから使うことができるようになりました。

少し幸せになりました^^



スポンサーサイト



ドラマ『JIN-仁-』完結編第六話を観ました*若干ネタバレ
2011-05-30 00:00





2011年05月24日のブログの続きです。

2011年5月22日に放送されたドラマ『JIN-仁-』完結編第六話
「坂本龍馬の闇」を、録画で、観ました。

おいらんだった「野風(中谷美紀)」が、
フランス人の「ルロンさん(ジャン=ルイ・バージュ)」と結婚しています^^

「野風」の話すフランス語がすばらしくて、
私の知る中では、
『外交官 黒田康作』の「黒田康作(織田裕二)」をもしのぐ発音かと。
(ただし「黒田」は長文を話すし、会話が積極的なところもすばらしい)
毎度、上から目線ですみません<(_ _)>

「野風」はそんなに学習能力がありながら、
日本語を話す時はおいらん言葉が抜けないのはなぜだろう?
と考えてしまいました。

きっと、おいらん言葉でも日本語として通じるからだ、
と思いました。

さっきウィキペディアを見たら、
中谷美紀さんはパリに住んでいたことがあるんですね。
マルセイユ出身の私には、パリはあこがれの地です。

というのは嘘です。
マルセイユは、心の出身地です(笑)

本当の出身地は、埼玉県です\(^o^)/





ダブルクリックが苦手です。
2011-05-29 00:00





マウスというものを初めて手にしたのはいつだったか…

20代のいつかだったと思うのですが…

私が20代というと、1985年から1994年です。

ともかく、最初のころは、
「ダブルクリック」を普通にできていました。

20代の終わりか30代の初めごろ、職場で、パソコンを使った実務の研修を受けた時、
当時50代の女性で、それまでパソコンに触ったことのなかった人が、
ダブルクリックができなかったのを見て、
非常にビックリした覚えがあります。

しかし、
私もある時から、ダブルクリックの成功率が50%くらいになってしまいました。

たぶん、脳の神経伝達に問題が起こりました。

成功する時もあるということは、
ダブルクリックをおこなうための筋肉は問題ないと思います。

でも神経の伝達が不安定なのだ、と推察しています。

失敗する時は、
「カチカチッ!」と押そうとしても、
「カチ…カチッ」という感じになってしまいます。

先日、パソコンスクールで基礎的なことを習っていて
「ダブルクリックはご存知ですよね」
と言われて、
「ええ苦手ですけど」
と答えた私。

ダブルクリックの失敗が加齢現象だとすると、
若い先生には理解できなかったかもしれません/(^o^)\





私のエディット・ピアフを公開したかったのですが。
2011-05-28 00:00





UGAでカラオケする機会があったので、
エディット・ピアフの作品を歌って、
私の歌声を全国に公開したいと思いました。

ルールとしては
ウガバトで上位3位以内に入り、
しかも点数が90点以上なら、
歌声を公開できるのです。

やってみたところ……

結論から言うと、公開できませんでした。

たとえば2人しかチャレンジしていないところへ
自分が歌えば必ず3位以内になれますが、
それではダメみたいです。

3人以上すでにチャレンジしていて、
そこへ乗り込んで3位以内をゲットする必要があるようです。

あと、もしかしたら、
著作権の問題で音声公開ができない作品もある感じです。

ちょっと、ウガバト以外の方法も模索したいと思います。




『5時に夢中!』に出演している時の上杉隆さんを好きです♪
2011-05-27 00:00





上杉隆さんの発言に注目しています。

ほかでは報道されないことを、おっしゃるからです。

たとえば、
福島第一原子力発電所の爆発があった直後に、
メルトダウンが起こったと発言したそうです。

そう言ったのは少数派でしたが、
最近になって、それが本当だったらしいということになってきました。

上杉さんの発言を妄信するわけではありませんが、
とても参考になります。

いろんな情報を集めて、すべてを疑ってかかる姿勢が必要だと思います。

じゃあ、何が正しいのか、判断するのがとても難しいですが(・・;)


さて、
『デキビジ』に出演している上杉さんを以前から見ていました。

そして最近、
4月の最終金曜日と、5月の最終金曜日に『5時に夢中!』に出演する上杉さんを見ました。

他の報道とは違う独自の発言をされる、という点では変わりないのですが、
『5時に夢中!』での上杉さんは、
面白いことを言って、モノマネもして、笑顔も見せてくれます。

幸せになりました(≧∇≦)




『TOKYOBOY』の「地震対策の手引き」を観ました*ネタバレ
2011-05-26 00:00


 ←画像はイメージです。



2011年5月21日に放送(再放送)された『TOKYOBOY』を、録画で、先日、観ました。

テーマは「都民に伝えたいこと・地震対策の手引き」です。

この番組はTOKYO MXの番組なので、
都民に的を絞った内容になっています。

前に、『5時に夢中!』を観ていて、
震災報道がNHKと違うな、と感じました。

悪い意味ではなく。

MXでは、3月11日の地震が起こった瞬間の映像も、
都内のオフィスの映像だったりしました。

時間が経ってから見ると、けっこう揺れててビックリなんですが。

NHKは全国放送なので、もっとも被害が激しかった東北の様子を中心に伝えますよね。


さて『TOKYOBOY』ですが。

地震対策をいくつかのシーンに分けて解説していました。

繁華街、沿岸・河川付近、住宅、オフィス、など。

シーン別の対策が必要、とのことでした。
納得です。

印象に残った内容を書きますと。

繁華街を歩いている時に大地震が起きたら、
ビルから降ってくるガラスを避けるために、
ビルの入口にちょっと入るといいそうです。
もしくはカバンで頭をカバーです。

沿岸・河川のところでは、
東京に津波が来ないというのは間違った認識だ、とのことでした(≧ω≦)
もーどっちなの。
来ると思ってたほうが対策できそうですね。

住宅では、物が倒れてきてケガするのを防ぐために、
いらないものを極力処分したほうがよさそうです。
あと、ベッドサイドにスリッパは用意していた私ですが、
軍手もあるといいそうです。
割れたものを直接さわるとケガしますから。

オフィスにおいては。
コピー機などは重いですが、
直下型地震では宙に浮いて飛んでくるので、
大地震が起きたら、コピー機のそばからは速やかに離れたほうが良いそうです。
もちろん、固定されていないファイルキャビネットや本棚も危険です/(^o^)\ヒエー



パソコンマニア
2011-05-25 00:00




私の人生の中心はヒトカラです。

ここ16年ほど、週1回(以上)のペースでヒトカラしてきました。

最近の数年は、水曜と土曜がオフなので、
平日料金でしかも空いている水曜を中心にヒトカラしてきました。

2006年からは、このブログ「ヒトカラマニア」を始めました。

がしかし。

今後1年間ほど、水曜のヒトカラをあきらめることにしました。

水曜日に、パソコンスクールに通い始めました。
先週から。

1年後には、マイクロソフト何とかの資格を手にしていたいと思います。

カテゴリ「今日の(私の)新曲」の更新が減りますが、
その代わりパソコンのことを書くかもしれません。
もしよろしければ今後もおつきあいくださいませ<(_ _)>

何かをつかむなら、何か捨てなきゃだから。
by深キョン←また言う(^_^;)

あと、私の老眼へも応援お願いします♪
なんつって。

目医者さんに行って、合うメガネを作らなきゃ/(^o^)\



ドラマ『JIN-仁-』完結編第五話を観ました\(≧ω≦)/
2011-05-24 00:00




2011年04月25日のブログの続きです。

2011年5月15日に放送されたドラマ『JIN-仁-』完結編第五話「消えた体の謎」を、
録画で、先日、観ました。

「歌舞伎役者・坂東吉十郎(吹越満)」とその息子「よきち(大八木凱斗)」のエピソード。

天才役者の「吉十郎」だったが、今は手足を自由に動かすことも、
立ちあがることもままならない。
見かねた「田之助(吉沢悠)」が、「仁(大沢たかお)」に診察を依頼。
鉛中毒と診断される。


鉛中毒は治るのか。
「吉十郎」は再び舞台に立つことができるのか。
親子の不仲はどうなるのか。

漫画でも読んだエピソードでしたが、
テレビドラマのほうがいっそう感動しました。

原作のあるテレビドラマで、
原作よりも感動するのは、珍しい体験だと思いました。



『よしたに&源のやってみよう!ビジネス英語』を入手しました\(^o^)/
2011-05-23 00:00


うふふ。

今日アマゾンから、『よしたに&源のやってみよう!ビジネス英語』が届きました。

おとといの『ぼくの体はツーアウト』第1巻と
いっしょに送ってくれてもよかったのに^^

どうも、『よしたに&源のやってみよう!ビジネス英語』は、
入荷が遅れるかもしれなかったらしく、
スムーズに入荷した『ぼくの体はツーアウト』第1巻を、
先に送ってくれちゃったみたいです。

アマゾンすごいなあ。

さて、まだまったく読んでいませんが、
とりあえず記念写真ね♪

『ぼくの体はツーアウト』は、かなりの内容を雑誌連載で読んでいましたが、
『よしたに&源のやってみよう!ビジネス英語』は、
まったく初めて読む内容なので、ますます楽しみです。
CDもついてます(知ってたけど)^^



「スリム真栄田のかすれ声に新事実」というニュースを読んで
2011-05-22 00:00


 ←画像はイメージです。


下記の記事を読みました。
http://news.livedoor.com/article/detail/5531212/

スリムクラブの真栄田さんは、外傷がもとで、現在の声になった、というお話ですね。

これを読んで、自分の昔の経験を思い出しました。

何度も書いている気がしますが、
昔、某大学病院で、
胃内視鏡検査を、たしか4度目に受けた時。

カメラを、研修医さんが声帯にズボッと入れて、
指導医さんが引き抜いて、
ライブ画像が血だらけになって、
吸引して、
やり直しで食道に入れて、
検査が終わった後、
私の声は、ひどい風邪をひいた人みたいになっていた、という思い出です。

その日の朝、
胃は不調だったけど、
声は普通だったのです。

検査後は、ひどい風邪をひいた人の声になって、
半年間、治りませんでした。

通っていたボーカルスクールでは、
歌えないので、半年間、キーボードを習いました/(^o^)\

最終的に、私の声は元に戻りました\(^o^)/

真栄田さんの声は、元に戻らなかったのですね。
大変な外傷だったのですね(ノ_・、)

でも私は、真栄田さんの声を好きです\(^o^)/