FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

書籍『マンガでわかる「西式甲田療法」』を読みました。
2010-10-31 00:00


2010年09月04日のブログに書いた、書籍『食べ方問答-小食のすすめ』の甲田光雄さんの、
本をまた読みました。
こんどは、赤池キョウコさんというかたの漫画が6割、
甲田さんと赤池さんの対談が4割くらいの構成です。

赤池さんは、西式甲田療法によって、
潰瘍性大腸炎(難病)と、悪性脱毛症(全身すべての毛が抜ける)と、花粉症(重症)を
克服されたそうです。この3つ、どれか1つだけでも、完治したら感動しますよね。

ナチュラル・ハイジーンの考え方も同様ですが、
西式でも、すべての病気は、同じやりかたで克服できる、ということのようです。
去年の春、プレ更年期の症状に悩んでいた私は、
ナチュラル・ハイジーンの健康法を実践して、解決しました。
今では、生活習慣病には罹患しない、感染症では大きなダメージを受けない、自信があります。
来月で満期になる三大疾病保険も、更新しない手続きを済ませました。
まだまだハイジニストとして完璧ではないのですが。

だから西式甲田療法の体操には非常に興味があります。この本を読んだ後、
体操のDVDが発売されていないかと探してみましたが、ありませんでした。残念/(^o^)\



スポンサーサイト



Balance / w-inds. (1)
2010-10-30 00:00


またもアルバム『THANKS』からのヒトカラです^^

『Balance』といえば、さわやかな歌ですよね♪

2007年2月ごろw-inds.のファンになった私は、まず『THANKS』を聴き込んでいました。
DVDも『w-inds.Live Tour 2006 ~THANKS~』が最初でした。

ディスク2ドキュメントのほうで、リハーサルの映像があって、
緒方さんが曲名を『Balance』と言わなければいけないところで『四季』と言ってしまい
皆が爆笑する、というのがありましたが、
その時の私にとって、『Balance』はおなじみの曲だったのに、
『四季』は知らない曲でした(笑)なつかしい。

なのに『Balance』を今までヒトカラ修行していなかったという(笑)

今日初めて歌ったところ、
あれだけ聴いた曲でありながら、Bメロがぜんぜんあやふやでした/(^o^)\
次回は伸びると思います♪



『JUNON』2010年12月号を読みました*少しネタバレ
2010-10-29 00:00

 雑誌『JUNON』2010年12月号を発売日に買いました。

いつも、買って安心してしまい、なかなか読まないので、今回は少し気合を入れました。

まずは142ページからの、
「w-inds.橘慶太×Lead中土居宏宜 僕らのリアルDANCE論」を読みました。
私の知る限り、w-inds.はずっと3人で『JUNON』に出ていて、
去年だったか1回だけ、緒方さんが欠席されたことがありましたが、
今号からスタートした新企画で、w-inds.とLeadをシャッフルして少人数ずつの登場らしいです。
UNITEDはタレントさんたちのアイデアによって、
ダンスだけのイベントではないものに変化するかもしれない、と思いました。

121ページからの、「『仮面ライダー』特級イケメンファイル」も最高でした。

あと、真ん中についているトランプの、千葉涼平さんの、「負けたのか、・・・・おれ。」の
元ネタを知りたいです\(≧ω≦)/

取材秘話によると、新雑誌『セレブジュノン』企画中とのことですが、楽しみですね。
私としてはw-inds.が出てるほうを買うまでですが^^



海外ドラマ『ER緊急救命室』第15シーズン第1回を観ました*少しネタバレ
2010-10-28 00:00


NHK BS2で10月7日に放送されたドラマ『ER緊急救命室シーズン15』第1回を、録画で観ました。

いよいよこれが最終シーズンだそうです。最後まで観る所存です。

2010年09月18日のブログの続きとなります。
先にネタバレサイトを読んだ内容を、実際に観ました。

メインの登場人物のひとりが亡くなりました。
爆発事件で。
最初は軽傷に見えたのですが、思ったより重傷だったのです。

しかし、この番組でメインの登場人物が亡くなるのは、4人目ではないでしょうか。
メインの登場人物の家族や知人などはもっと亡くなっています。
大けがや病気で去った人もいます。
合衆国ではこの数字が普通なのか、それともドラマだからなのか…。

最終第15シーズンでは、ドゥベンコ先生の去就に注目しています。
今までに去った人たちの「その後」も見せてくれるらしいので、それも楽しみです。



蛍 / 福山雅治 (1)
2010-10-27 00:00


福山雅治さんのダブルAサイドシングル『蛍/少年』から『蛍』をヒトカラです^^

ドラマ『美丘-君がいた日々-』を観ているうちに、
主題歌であるこの歌を、だんだんと歌いたくなりました。

ドラマの主題歌として書かれた詞であり、
「男の子が女の子を応援するような内容にしてほしい」というオーダーがあったと、
福山さんがラジオでおっしゃっていた、ような記憶があります。

ドラマの中の「美丘」は亡くなってしまいましたが、
歌の中では、男性が愛しい女性を失ったとも取れるし、
二人はいっしょに居続けている、とも取れる内容になっていると思います。

さて歌ってみると、
キーが低いです。私は福山さんの1オクターブ下で歌っていると思われますが、
原曲キーでしか歌わない主義の私は、この歌のいちばん下は出ません。
出ませんが、キーは変えません/(^o^)\
福山さんの他の曲もおおむねそうなんですけどね。



故郷っぽい夢を見ました。
2010-10-26 00:00

 私の故郷、埼玉県北本市の、閉店した松屋デパートの屋上に、
高校時代の仲良しグループ(私の他に女子2名、男子2名)が集まった夢を見ました。
さびれた景色でした。

北本に、松屋デパートは、もともとありません。

たぶん私の頭に、浅草の松屋デパートの情報がインプットされて、
夢で合体したのだと思います。
浅草の松屋デパートは4階以上の部分が営業をやめた状態で、
老朽化しているので、2階部分にあたる東武浅草駅の存続はどうなるのか、
という区議会だよりをチラッと読んだことが、インプットされたと思います。

さて、集まった仲間の顔は昔のままでした。とくに男子は。
会ってないので当然です。
でも、男子のうちのひとりは20年前に亡くなっているので、
夢の中で、あ、これは夢だ、と気がつきました。

故郷に行ってみたいのですが、
行く用事がないので、優先順位が上がらなくて、行けません( ̄-  ̄ ) ンー



ドラマ『SPEC~~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~』「甲の回」(第1話)を観ました♪
2010-10-25 00:00

 ドラマ『SPEC』ですが…
正式タイトル『SPEC~~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~』の長さ
だけでもおもしろい^^「甲の回」(第1話)をやっと観ました。

捜査一課の手に負えない特殊な事件を捜査するため公安部が設立した未詳事件特別対策係。
係長の「野々村(竜雷太)」と捜査官の「当麻(戸田恵梨香)」だけの部署だったが、
警部補の「瀬文(加瀬亮)」が転任してくる。
国会議員で会社社長「五木谷(金子賢)」とその秘書「脇(上川隆也)」から身辺警護の依頼が。
占い師の「冷泉(田中哲司)」が「五木谷」の死を予言したためだ。毒殺されるという。


私は第1回の録画予約を忘れていて、途中から録画しました。なので、
「中部日本餃子のCBC」で「当麻」が読書しながら餃子を食べているシーンから始まります。
本のページを箸でめくるのは衛生上、私にはありえませんが、
本の内容が難しいこと、「当麻」がそれを理解して楽しんでいること、
餃子を好きだということ、大食いだということ、が伝わってきました。

キャストがゴージャスです。上記のほかに、「当麻」の元カレ役で城田優さんが出ていますし、
謎のSPEC(能力)を持った少年役で神木隆之介さんも出ています。
捜査一課の刑事役で載寧龍二さんも出ています\(^o^)/ネイティブ広島弁で♪



映画『大奥』を観ました♪*少うしネタバレ
2010-10-24 00:00

 『大奥』を、映画館で、先日、観ました。
男女逆転「大奥」制作委員会、という団体が製作しています。

江戸時代、「赤面疱瘡(あかづらほうそう)」という、男子だけがかかる病気が流行。
男子の人口は女子の4分の1になってしまう。
労働の主な担い手は女子となり、将軍も女子となり、「大奥」には貴重な若い男子が集う…。
貧乏旗本の長男「水野祐之進(二宮和也)」は剣の達人で快活な江戸っ子。
貧乏な女性たちに無料で子種を分け与えたりしていたが、
思い人の「お信(堀北真希)」は町人の娘なので身分違いで結婚できない。
「祐之進」は家のことを考慮し、「大奥」へ奉公することに。
「御年寄筆頭」の「藤波(佐々木蔵之介)」らに取り立てられ、
「将軍:徳川吉宗(柴咲コウ)」から見初められるが…。


とてもおもしろかったです。とくに後半がおもしろかったです。
この物語はフィクションですが、歴史上の事実も織り交ぜられているので、
日本史に詳しいかたにとってはとくにおもしろいのではないでしょうか。

「吉宗」カッコいい、と思いました。揺るぎない価値観を持っていて、すんごく歩くのが速くて、
後ろからついてくる家来が追いついて扉をあけるのが大変そうでした/(^o^)\



『オールスター感謝祭2010秋』を録画でも観ました。
2010-10-23 00:00


2010年10月2日(土)に放送された『オールスター感謝祭2010秋』を、録画でも、観ました。
生で観たところは適当に早送りしながら。

今回は、サーカスがありませんでした。
絶対あるのかと思っていましたが、そうではないのですね。

あと、赤坂2丁目ミニマラソンで、東国原さんが走りませんでした。
口蹄疫対策のため、練習する時間がなかったからだそうです。
口蹄疫は終息したということで、休憩タイムには宮崎県の名産をアピールされていました。

断髪式前日の朝青龍さんが、ぬるぬる相撲の解説者として出演。
ちなみに断髪後の写真を最近見ましたが、お相撲さんヘアよりステキだと思いました。

もっとも心に残ったのは、超10メートル走です。
このタイトルを聞いて、ヒポサルアカデミーアの1.00メートル走を思い出した私\(^o^)/
ま、走る距離が10メートル、地上からの高さも10メートル、
走る場所の幅は10センチという、おっかない競走でした。
城田優さんにもう1回チャンスを与えてあげてください!
あと、緒方龍一さんにも出てほしいです(* ̄ー ̄)>



書籍『自分の小さな「箱」から脱出する方法』を読みました。
2010-10-22 00:00

 人間関係の悩みを持つ人は、きっと多いと思います。

私も昔は、嫌いな人のいる職場を、やめたかったです。
ある時期から、何回職場を変わっても「嫌いな人」は必ず出現する気がしてきました。
だから、逃げても無駄だと思うようになり、やりすごす感じで生きてきました。

この本には、職場で人からイライラさせられたり、やる気をそがれたりする現象について、
書かれています。自分が変わることで、そういった現象を改善できる、とも。
そして、職場だけでなく家庭やその他すべての場所における人間関係が、
同じしくみで改善できるそうです。

ところで私は高校の時、「数3」の授業を受けていました。理系は苦手なのに。
「数3」は、授業中は、分かったような気になれました。
しかし、チャイムが鳴って休み時間に入ったとたんに、
頭の中に構築した知識が、風に吹かれた砂の城のように崩れ落ちます。
「苦手」ってこういうことだと思いました。

この本の内容も、読んでいる時は理解できた気がしたのですが、今はおぼろです。
繰り返して読めば理解が定着するかもしれません。内容に感激したことは確かなのです。