FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

『仮面ライダーW』第43&44話「Oの連鎖」を観ました*ネタバレ
2010-07-31 00:00


2010年7月18日に放送された『仮面ライダーW』第43回「Oの連鎖 / 老人探偵」と、
2010年7月25日に放送された第44回「Oの連鎖 / シュラウドの告白」を、録画で、観ました。

劇団に入っている女児が、ライバルの女児の母親の依頼で、
「オールド・ドーパント」(老けさせ屋)によって老女にされてしまう。
「老女にされた女児の母親(遊井亮子)」が、娘を助けてほしいと、
「鳴海探偵事務所」へやってくる。
ドーパントとの戦闘中に、「仮面ライダーW」が攻撃を受けてしまい、
「フィリップ(菅田将暉)」には効かなかったが、「翔太郎(桐山漣)」は老人になってしまう。
いっぽう「シュラウド」の目的は「園咲琉兵衛(寺田農)」への復讐であることが明らかに。
そのために「照井竜(木ノ本嶺浩)」を「仮面ライダーアクセル」として教育していたのだ。


物語も佳境に入ってまいりました。
「シュラウド」は、予想通り、「フィリップ」「若菜(飛鳥凛)」「冴子(生井亜実)」の母親でした。

老人になってしまった「翔太郎」が変身しようとして、メモリをダブルドライバーに差し込むことが
一度ではできず、何回もやっていたところがツボでした(笑)
そんな状況でも「翔太郎」は落ち着いていて、カッコいいです。
『ハウルの動く城』の「ソフィー」みたいです^^



スポンサーサイト



ドラマ『美丘-君がいた日々-』第3回を観ました*ネタバレ
2010-07-30 00:00


2010年7月24日に放送されたドラマ『美丘-君がいた日々-』第3回を、録画で、観ました。

「美丘」の「父方の祖母(佐々木すみ江)」が心臓病で入院した。
「美丘」は「父(寺脇康文)」と「母(真矢みき)」とともに「祖母」を長野に見舞う。
2人きりの時、「祖母」は、「美丘は20歳だから、これからいいことばかりね。私はこんなに長生きしたけどまだ、東京のスカイツリーは見てみたい。できれば上海万博だって行きたい」と語る。
見舞いから戻る車の中で、「祖母」死去の連絡がある。愕然とする「父」。
通夜で親戚から「おばあちゃんは大往生だった」「若い人はいいわねえ」と言われ、キレる美丘。
「長く生きたから悔いはないとか、若いから未来があるとか、どうして決めつけんの!?」
いっぽう「太一(林遣都)」は、「美丘」の病気について検索したり、
「高梨医師(谷原章介)」を訪ねたりして、決意を固めていた。決して「美丘」の前から逃げないと。


主人公が亡くなってしまうことが最初から分かっているドラマで、
主人公の親戚が先に亡くなる場面が出てくるのは、私は初めて観たような気がします。

お通夜の席でも、「美丘」は歯に衣着せぬ発言をしていて、興味深かったです。

「太一くん」はとうとう、「麻理(水沢エレナ)」に、「美丘」のことを好きなんだとカミングアウト。
いつまでも言いだせないパターンでなくて良かったです。



熱中症を経験したのに気づかなかっただけかもしれません。
2010-07-29 00:00


今日放送の『スッキリ!!』を、さきほど、録画で観ました。観たとはいっても全体を8倍速で。
興味あるところだけを1倍速で観ました。

熱中症についての情報がありました。

熱中症の症状とは、
喉が渇く、汗がやたら出る、頭痛、ちょっと気持ち悪い、もしくは吐き気、
めまい、立ちくらみ、体に力が入らない…など。悪化すると言語障害や呼吸困難。

めまい気味になったり、体に力が入らないといった症状は、今までに何回かあるのですが、
あれがもしかして熱中症だったのでしょうか…。
暑い日だったとは限らないのですが…。

そして、そんな症状が出た時の対策は、
   体を冷やす
   脱水症状から逃れる

だそうです。

覚えておきたいと思います。(ちなみに私は今まで、生野菜サラダを食べて回復していました)



ファイト! / 中島みゆき (1)
2010-07-28 00:00


先日、『魂のラジオ』の「魂のリクエスト」コーナーで、福山雅治さんが『ファイト!』を歌われました。

中島みゆきさんのその歌の存在を、私はずっと前から知っていました。
1983年、中島さんが31歳の時に発表された作品です。
そして今回、福山さんの歌唱を聴いて、「私も歌いたい!」と思いました。

「魂のリクエスト」で聴いた時に、私の耳を引きつけた歌詞は、

   私 本当は目撃したんです 昨日電車の駅 階段で
   ころがり落ちた子供と つきとばした女のうす笑い
   私 驚いてしまって 助けもせず叫びもしなかった
   ただ恐くて逃げました 私の敵は私です

の部分だったのですが、
ヒトカラのために予習してみると、他の歌詞も衝撃的で、
聴いても、歌っても、泣いてしまうので、どうなるかと思いましたが、
カラオケ店では泣かずに歌うことができました。

譜割りはかなり難しいので、まだまだこれからです。



ドラマ『夏の恋は虹色に輝く』第1回を観ました*少しネタバレ
2010-07-27 00:00


2010年7月19日に放送されたドラマ『夏の恋は虹色に輝く』第1回を、録画で、先日、観ました。

事前に電車内ですごい数の中吊り広告を見た時は興味がなかったのですが、
脚本家が、『ランチの女王』と同じかただと知って、観てみることにしました。
『ランチの女王』大好きだったんです。4兄弟が竹内結子さんを取り合うの^^

「楠大雅(松本潤)」は売れない二世俳優。
まじめに演劇を学んできたのに、来る仕事は両親がらみのバラエティーばかり。
趣味のスカイダイビング中に、パラシュートのコントロールがきかなくなり、
森林の中の木にひっかかってしまう。
ぐうぜん通りかかった「北村詩織(竹内結子)」が、木に登って、
パラシュートのひもをぜんぶ切って、「大雅」を落下させて去ってゆく。
別の日、「大雅」の父「楠航太郎(伊東四朗)」が倒れたと事務所に知らせが入る。
「大雅」が駆けつけると、足の捻挫に過ぎなかった。


と思ったらそれはフェイントで、入院中にクモ膜下出血で亡くなってしまうのです。
その後、お墓参りのシーンがあるのですが、平べったい墓石の、公園墓地なんですよね。
でも竹内さんが、花と桶を持ってやってきます。
公園墓地のお墓参りでも桶を持つものなのか、とカルチャーショックを受けた次第です。



ドラマ『GM~踊れドクター』第1回を観ました。
2010-07-26 00:00

 
2010年7月18日に放送されたドラマ『GM~踊れドクター』第1回を、録画で、先日、観ました。

期待以上におもしろかったです。

総合診療科、という、病院の科を、皆様はご存知でしたか?
私は知りませんでした。
このドラマによると、アメリカでは、進んだ病院では、
まず総合診療科で病名を判断してから、各科で治療するそうです。

その役目、日本の総合病院においては、
総合受付のベテラン事務員みたいな人がやっていますよねw(°o°)w

登場人物ひとりひとりの設定も超おもしろいです。

「後藤(東山紀之)」は世界でも屈指の総合診療医で、潔癖症で、ダンサーを目指しています。
「小向(多部未華子)」は研修医。常識的で、会う人ごとに目の腫れを心配されます。
「後田(吉沢悠)」はもと病理医。対人恐怖症のため会話ができません。

今回、「後藤」が、たいへん珍しい病気を診断して、解決しました。
次回以降も観ようと思います。
「漆原(生瀬勝久)」のヒューマンスキルからも目が離せません^^



ドラマ『美丘-君がいた日々-』第2回を観ました*少しネタバレ
2010-07-25 00:00


2010年7月17日に放送されたドラマ『美丘-君がいた日々-』第2回を、録画で、先日、観ました。

第1回よりもおもしろかったです。
人間関係の説明が終わっているせいかもしれません。

今回は「美丘」が「太一」の前で倒れました。
そして病気を告白しました。
病名を、なんていうのかな、と思っていましたが、病名は出ませんでした。
最終回まで病名は出ないような気がしてきました。

思ったより早いテンポでお話が進んでいます。

いつもなら、同年代の真矢みきさん(「美丘の母」)に感情移入するところだと思うのですが、
今回はそうなっていないのが珍しいです。
私が母親だったら、美丘の恋に反対しません。
どちらかというと、「美丘の父(寺脇康文)」側なのかな…。思い出作り重視の。

ちなみに上のアフィリエイト写真は、「ミニスカート ニーハイ」で検索して出しました。
『JUNON』2010年9月号の、吉高由里子さんの記事を読んで^^



Love or Leave / w-inds. (1)
2010-07-24 00:00


ジョイサウンドでは7月10日から『Love or Leave』が配信されたので、
歌ってきました^^

『Love or Leave』は『Addicted to love』のカップリングです。

あと2曲あるカップリングも、来月くらいに配信してくれないかな~と思っています。

『Love or Leave』は難しくてやりがいのある歌です。
Aメロ部分は特に、伴奏が薄くて歌手の力量が求められるし…。

初めて歌う日はいつもそうですが、今日はgdgdだったので、
次回に向けてがんばります。

歌詞で好きなところは、最後の4行です。
どちらとも取れる、文学的な香りのする歌詞だと思います…。

別れを決める時に迷うのは当然だし、
どちらに転ぶとしても最悪の決断なんてないと、この「僕」と「君」を力づけたいです。



毎日2本のお線香をあげるのが日課です。
2010-07-23 00:00



父が亡くなって、約4年たちました。

父が亡くなったばかりのころ、何人ものかたが、
箱に入ったお線香をくださいました。

もともと、1981年に亡くなった母のために、父が買った仏壇があるのですが、
その仏壇の上に、母の写真と、父の写真が、現在は並んでいます。

父の死後3カ月くらい経って、私と仏壇は同居するようになりました。
それ以来、帰宅時に、仏壇に、お線香を2本、あげるのが日課です。

4年前、大量のお線香を前に、
一生使い切らないのではないか、と思いましたが、
現在、最後の1箱です。

これを使い終わったら、
自分で買った「故人の好物シリーズ・キャラメル線香」を使います^^
別に父の好物がキャラメルだったわけではなく、
母の好物に至っては記憶がかすんでいますが、
ぐうぜん通りかかった仏壇仏具店(台東区にはたくさんあります)で出会ってしまったので。



ドラマ『美丘-君がいた日々-』第1回を観ました。
2010-07-22 00:00


2010年7月15日(木)に再放送されたドラマ『美丘-君がいた日々-』第1回を、
録画で、先日、観ました。
本放送は2010年7月10日(土)でした。
主題歌が福山雅治さんの『蛍』です。
7月10日の『魂のラジオ』で、『美丘-君がいた日々-』の主題歌が福山さんの作品と知り、
その時は第1回放送後だったため、再放送を探して録画しました^^

「美丘(吉高由里子)」は大学生。脳に不治の病を抱えている。
「美丘」は大学の屋上の柵の外にいた。
それを見つけた「太一(林遣都)」が、高所恐怖症にも関わらず、
自分も柵を越えて、思いとどまるよう説得する。
それが二人の出会いだった。


吉高由里子さんを、初めて拝見しました。
『東京DOGS』に出ていらしたことは『JUNON』で読んで知っていましたが、観ていなかったので。

このドラマの、好きなところは、
「美丘」が言いたいことを我慢しないでズバッと言うところです。
自分はそうできません。いろいろ考慮してしまって。良くも悪くも。