FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

5月28日放送『連続人形活劇 新・三銃士』最終回を観ました*ネタバレ
2010-05-31 00:00


2010年5月28日に放送された『連続人形活劇 新・三銃士』最終回を、録画で、観ました。

「ミレディー」は逃げ延びて悪女を続け「アトス」は失恋、
「ボナシュー」と「コンスタンス」は仲良く暮らし、
と思ったら「ボナシュー」は「ミレディー」にもちょっかいを出し続け、
「アンヌ王妃」は別の愛人を作り、
「ダルタニアン」は「トレヴィル」のあとをついで銃士隊の隊長となり、
「ポルトス」と「コクナール」は結婚、ついでに猫と猿も結婚Σ(・ω・ノ)ノ
そしてよみがえる「バッキンガム公」/(^o^)\


原作が存在するなかで、
かなりの要素を盛り込んでくれた最終回だったと思います。

とはいうものの、原作を読んではいないのですが。

私は、「バッキンガム公」のジャージ姿が好きでした。

あと、「アラミス」と「コンスタンス」に恋人同士になってほしかったです。
それと、「ミレディー」と「ダルタニアン」にも恋人同士になってほしかったです。



スポンサーサイト

映画『劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル』を観ました*ネタバレ
2010-05-30 00:00

 映画『劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル』を、過日、劇場で、観ました。

山奥の万練村(まんねりむら)で、カミハエーリが亡くなった。
カミハエーリとは、村を守る霊能力者。
次のカミハエーリを決めなければならない。
万練村の青年「中森翔平(佐藤健)」は、先代カミハエーリの孫であり、
次のカミハエーリを決めるバトルに参加しなくてはならない。
小さいころから、霊能力があると思われていた「翔平」だが、実は霊能力はない。
「翔平」は、バトル参加者全員に霊能力などないことを証明してほしいと、
日本科学技術大学へ「上田次郎(阿部寛)」を訪ねてくる。
いっぽうマジシャンの「山田奈緒子(仲間由紀恵)」も、
ある事情から、カミハエーリ選出バトルに参加しようとしていた…。


「翔平」が森で不死身の「伏見(藤木直人)」に襲われるシーンがあるのですが、
「伏見」は「オレ、参上!」と叫びながら登場します。

私はそこがいちばんツボでした(≧▽≦)

他にも豪華出演者の有名作品のパロディが目白押し、なのだと思います。
元ネタをあまり知らないので、すみません。



多発性繊維性骨異形成症(の思い出)その10「修学旅行」
2010-05-29 00:00

 中2と中3の間の春休みに、頭と左下肢の骨を手術した私。

中3になると、ほどなく、修学旅行の予定でした。
「できれば、現段階で旅行には行かないほうがいい」とお医者さんから言われました。

修学旅行に行きたくなかった私には、渡りに船でした^^もちろん行きませんでした。

現在、私は、団体行動が苦手ですが、中学時代に、すでに今と似た精神状態だったようです。

行くはずだった場所は、京都でした。

高校の時も、修学旅行には行きたくなかったのですが、もはや術後ではないし、
観念して、行ってきました。

旅行先は、やはり京都でした。京都・奈良・岡山・四国(のどこか。四国はほんの一瞬)。

失われた京都を、2年半後に取り戻したのです。奇遇にも。

私と同じ中学で、同じ高校の、同学年の人は、京都に2度行ったわけですね。



多発性繊維性骨異形成症(の思い出)その9「松葉杖」
2010-05-28 00:00


1979年に、頭と左下肢の骨の手術をした私。

しばらくは左脚に体重をかけてはいけないということで、
松葉杖の使い方を習いました。
杖は病院からのレンタルだったような気がします。

2本の松葉杖なら、両手で持ちますよね。この場合の操作は、比較的簡単です。
患部がある脚を地面につけないようにして、代わりに、両方の松葉杖に体重を乗せます。

では松葉杖が1本で、患部が左脚の場合、どちらの手に杖を持つべきでしょうか?

答えは右なのです。

右側に体重がかかる時は自前の右脚で受け、
左側に体重がかかる時は、
自前の左脚と、右脚を挟んで反対側にある松葉杖で、分散させるのです。

この理屈が、中学の同級生たちには理解されなかったようで。
杖の持ち手が間違っていると思われていたふしがあった、ような気がします。



5月23日放送『情熱大陸』(太田光さんの回)を観ました♪*少しネタバレ
2010-05-27 00:00


2010年05月23日に放送されたドキュメンタリー番組『情熱大陸』を、録画で、観ました。
爆笑問題の太田光さんの回です。

1998年の『情熱大陸』での映像がたびたび流れましたが、
その中で印象に残ったのは、太田さんの空想。
「こんな狭い楽屋でも、ここがアメリカ大統領の控室だと想像すると、
 こいつ(田中裕二さん)は秘書官で…」
「オレは秘書かよ!妄想なんだから副大統領でいいじゃねえかよ!」

それと、『空飛ぶ!爆チュー問題』が、
初めは地上波だったのに、現在はCSだというナレーションが入っていました。
地上波での『ポンキッキーズ』が終了して、
その中の1コーナーだった「爆チュー問題」がCSに移行した、
というのがウィキペディアに載っている経緯です。

私は今、CSを観られないので残念です。
とはいっても、『w-inds.M』のためにケーブルテレビを契約していた時期でも、
「爆チュー問題」を放送しているチャンネルは、パックに入っていなかったので
観られませんでした。残念。とても残念。



多発性繊維性骨異形成症(の思い出)その8「カツラ」
2010-05-26 00:00

 手術前、髪の毛をぜんぶ剃って坊主頭になることが決まった時から、
カツラの入手が、私と母の(主に母の)重要な使命となりました。

2010年現在だったら、ネットショッピングでほぼぜんぶ済むだろうと思いますが、1979年当時は、そうはいきませんでした。デパートなどを巡って、カツラを売っているお店探しからです。

デフレの時代ではないので、
人毛カツラは高価すぎて買えないし、ナイロンでも万単位の値段だったと思います。
専用シャンプーと、手入れ用ブラシも、(たぶんすすめられて)併せて入手しました。

あきらかに本来の私の髪質とは違うのですが、人間というものは自分の信じたいことしか信じないもので、同級生の目を欺くことが出来ていると思っていた中3の私。

実際には、皆が気づかぬふりをしてくれていたそうです。これは後日談。

私本人がいちばん心配だったのは、春から夏になって、気温が高くなって、
カツラじゃなくて帽子をかぶっているような錯覚をして、
「暑い!」と言いながら自分で取ってしまうことでした。人前で。

でも実際にはそのような事故は起こりませんでした。よかったよかった^^



不摂生する権利
2010-05-25 00:00

 2010年5月19日(水)の『5時に夢中!』を、録画して、当日の夜、観ました。

番組中で、私の大好きなコメンテーターの中村うさぎさんが、
「不摂生する権利もある」とおっしゃいました。

私にとっては新鮮な発想で、「それも一理ある」と思いました。

私は、ナチュラル・ハイジーンの健康法を、積極的に人にすすめてはいませんが、
何かきっかけ(体調不良、痩せたい等と人が話していたり)があれば、すすめています。
積極的におすすめしないのは、押し付けられたものに対して、人は本気になれないからです。

私がナチュラル・ハイジーンの健康法を始めたのは、ソリューション好きな私が、
体調不良の解決策を探していた時に出会ったからです。

中村さんが「人には不摂生する権利もある」とおっしゃるからには、
そのけっか発生するかもしれない生活習慣病の肉体的苦痛・精神的苦痛・経済的苦痛をも
すべて引き受ける覚悟をお持ちなのだと思います。

今後、健康法を人にすすめる際には、相手の権利を侵害しないよう、
いっそう気をつけようと感じた次第です。



5月16日放送『情熱大陸』(田中裕二さんの回)を観ました♪
2010-05-24 00:00


2010年5月16日に放送されたドキュメンタリー番組『情熱大陸』を、録画で、先日、観ました。
爆笑問題・田中裕二さんの回です。

事前に、ラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』で、その話題が出ました。
田中さんには猫と野球のネタしかないため、
伊集院さんがインタビューされたとのこと。

だから、『情熱大陸』では猫と野球の話が出るのだろうと思って観ました。
すると、野球の話は出ましたが、猫の話が出ませんでした。

シンプルにまとまった番組でした。
田中さんは「何も考えない、悩まない人」という位置づけになっていました。

正直で、と申しますか、
自分を飾らないでいられることはすばらしいことだと思います。

私は、爆笑問題を大好きだし、同じ1965年生まれなので、有名人であり続けてほしいです。
でも、もし田中さんに、芸能界での仕事がなくなっても、
他の場所でも働く自信をお持ちなので安心です。



『JUNON』2010年7月号を買いました♪*少~しネタバレ^^
2010-05-23 00:00


『JUNON』2010年7月号を、発売日である5月22日に買いました♪

w-inds.のページ数が4ページに復活していて感動しました( ;∀;)

内容は、FCLT 2010"THE GOLDEN"。
リハーサルのレポと、
東京国際フォーラムのレポ(昼・夜の2回とも、記者さんは観たらしい♪)

「ゴールデン」というタイトルは、ゴールデンウイークに行われるFCLTだから、
と、ファンにとってゴールデンな曲構成だから…ということだそうです。

初めて知りました。勉強になりました。

私がもっとも驚愕したのは139ページの緒方龍一さんの腕の筋肉の写真です。

太い太いと自分で言っておきながら(2010年05月05日のブログ参照)、
ここまでハルクだとは…。

皆様もぜひご覧ください\(^o^)/



多発性繊維性骨異形成症(の思い出)その7「ブラックジャック」
2010-05-22 00:00


繊維性骨異形成の病巣自体は痛くないので、楽です。
しかし、
痛くなかったために、私は1979年の手術後、病室のベットの上で正座などしてしまい、
皮膚を縫った傷痕の幅が広がってしまいました。

体に傷痕を持つことが、「ブラックジャック」みたいで、私はうれしかったのですが。

現在も、左下肢外側に長さ約10cm、幅約8mmの傷痕があります。

ストッキングの下にこの傷が透けて、
「伝線していらっしゃいますよ」
と言われることがあります。

頭部の傷痕は、線状にハゲたままです。
まとめ髪にすると、このハゲが目立つことがあります。

私は気にしていませんが、人様から何も言われないのは、
気を使ってくださっているからのような気がします。



多発性繊維性骨異形成症(の思い出)その6「ドクターストップ」
2010-05-21 00:00

 多発性繊維性骨異形成症は、病巣部分が、骨折することがあります。
体重がかかると、疲労骨折すると言われました。

1979年から、体重がかかるスポーツはすべて、ドクターストップとなりました。陸上競技も
球技もウインタースポーツも。体育は手抜きで参加OK、部活で運動部はダメという感じ。

実感として、ウォーキングは長時間でもわりと大丈夫です。
ランニングは、1日2日なら平気なのですが、
数日つづけると、左下肢に、神経痛っぽい痛みが出ます。

そんなわけで、私はスキーをしたことがありません。
社員旅行でスキー場に行ったことがありますが、ソリ遊びだけしていました。

発症前から、バレリーナになりたい、という夢もあったのですが、
母が反対して習わせてくれなかったことも、かえってよかったと思いました。
習っていたら、途中の段階で、やめなければいけなくなって、挫折感が大きかったと思うから。
(ちなみに母の反対理由は「クラシックが脚が太くなるから」です。間違ってます(゜Д゜))

唯一、医師から推奨されたスポーツが水泳でしたが、
お金がかかるので、やっていません( ̄ー ̄)



ドラマ『月の恋人~Moon Lovers~』第1回を観ました♪*少しネタバレ
2010-05-20 00:00

 2010年5月10日にフジテレビで放送されたドラマ
『月の恋人~Moon Lovers~』第1回を、録画で、先日、観ました。

「葉月蓮介(木村拓哉)」は家具メーカー「レゴリス」の社長。
新規店をオープンさせるため、上海にやってくる。
「葉月」のまわりの3人の女性。
「二宮(篠原涼子)」は学生時代から知り合いのインテリアデザイナー。
「大貫柚月(北川景子)」は家具メーカー「マストポール」の社長令嬢で、人気モデル。
「シュウメイ(リン・チーリン)」は上海の家具工場に出稼ぎに来ていた工員。


第1回を観るかぎり、「葉月」は「二宮」とは元恋人のように見えなくもないし、
「柚月」とは交際報道されているし、
「シュウメイ」を「レゴリス」のモデルにスカウトして、「おまえがほしい」と言って
ギュギュウッと抱きしめていました。
3人ともと、微妙な関係なんですよね~*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゜・*:.。..。.:*!!!☆

篠原さんの演技が好きなので、次回以降も楽しみです。
あと、中国語を話す阿部力さんと松田翔太さんにも注目してしまいます^^
ちなみにこの文章を書くためにウィキペディアを読んだら、
リン・チーリンさんて35歳なんですね。20歳くらいかと思ってましたΣ(・ω・ノ)ノ



海外ドラマ『TSCC』最終回を観ました( ̄ー ̄?)*ネタバレ
2010-05-19 00:00


2010年5月8日にフジテレビで放送された海外ドラマ
『ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ』最終回を、録画で、先日、観ました。

「ジョン」達は「ウィーバー(T-1001)」とガチで話をしました。

すると、私は今まで「ウィーバー」を悪役だと思っていたのですが、
「本当はいい人なの?(人じゃないけど)」と思うような行動をとりました。

「ジョン」たちは未来へ行きました。

すると、未来には、死んだはずの「デレク」がいて、
「デレク」は「ジョン」を知りませんでした。
「デレクの弟(ジョンの父)」も登場しました。

で、「ジョン」が呆然としているところで、終わってしまいました。

最終回とは思えない終わり方です。

私は、「ウィーバー」を好きなので、彼女がいい人なのかどうか知りたいです。



多発性繊維性骨異形成症(の思い出)その5「命名」 (2)
2010-05-18 00:00

 「でっぱり」は骨状のものでした。
成長して骨になるべきカルシウムが、不適切な場所に、塊となって定着する、そういう病気です。
部位によっては骨折を起こすことがあります。
私の場合は、塊が左半身だけに発生します。
「なんとかタイプ」というのですが、「なんとか」の部分の語句を忘れてしまいました。

病名は「多発性繊維性骨異形成症」。
これは、私のためにお医者さんが考えてくれたオリジナルの病名だと、
つい2~3年前まで思っていました。

1979年当時にはインターネットがなかったので、医師から与えられた情報がすべてだったし、
同じ病名の人に会ったことがありません。今でも。

でも、2~3年前(だと思うのですが)、ふと、病名を検索してみました。
すると、私のためのオリジナル病名ではなかった、ということがわかりました。

たいがい子どものころに発症して、成長期が終わると病気の進行も止まるようです。
まれに悪性化する場合もあるそうです。
今、お子さんがこの病気と診断されていて、情報を求めていらっしゃる保護者のかたへ、
悪性化しなかった実例をご紹介したいと思い、体験談を書くことにしました。



多発性繊維性骨異形成症(の思い出)その4「手術中」
2010-05-17 00:00


1979年3月。手術は全身麻酔でおこなわれました。

頭部と下肢、同時進行で、
ノコギリとか、ノミとかトンカチとかを使って。
(見たわけじゃないですが、お医者さんがそう言っておられました)

ひらいて見るまでは、
私の頭部や下肢にある「でっぱり」が本当は何なのか、誰も知りませんでした。
「血管の塊」かもしれないと聞いていました。

さて手術中に、私には、意識のあった時間帯がありました。ほんの短い時間ですが。

「自発呼吸をしていない」と気づきました。

でも、苦しくありませんでした。

だから、「これなら安楽死だ、OK」と思って、
能天気な気分でふたたび眠りにつき、
次に目覚めた時には手術が終わっていて、もとの病室に居ました。



チャレンジし続ける勝間さんは素晴らしいと思います。
2010-05-16 00:00


2010年5月2日にBSジャパンで放送された『デキビジ』における、
勝間和代さんと西村博之さんの対談が、ちょっと前に話題になっていました。
勝間さんのブログが炎上したということで。

お二方の謝罪文や、勝間さんのブログへのたくさんのコメントを読んだ後に、
番組を、録画で、観ました。

日本の若者の収入が低くなっている現状について、
勝間さんはマクロの視点で、
西村さんはどちらかというとミクロの視点で語っていらしたように思います。

お二方の議論はかみあわず、もやっとしました。
私なりに、ディベートの作法について、学ぶところがありました。

私の感想としては、
勝間さんはバッシングされすぎだ、擁護論もあって良いと思いました。
炎上したブログにおける、勝間さんを批判する皆さんの発言から想像したよりも、
勝間さんの落ち度は小さいし、かなり努力されていると感じました。
(上から目線ですみません)今後の『デキビジ』にも期待しています。



多発性繊維性骨異形成症(の思い出)その3「一休さんの弟」
2010-05-15 00:00

 たしか病院内に床屋さんがあって、
そこの人が病室まで出張してきて、私の頭を剃ってくれました。

そういえば、私の母は、私が16歳の時に、わりと唐突に亡くなったのですが、
独身時代は美容師でした。

母が存命だったころは、私の髪は、母が切っていました。

美容師なので、理容師と違って、剃刀を使うことは、業務としてはできないはずなのですが、
プライベートで、私の首の後ろの毛を、母は剃ってましたね。

あれをやられると、なぜか、おしりのへんが、ゾゾっとするんですよね。

病室では、理容師さんが、業務として、14歳の私の頭髪を剃りました。

首も剃られて、ゾゾっとしました(≧▽≦)

剃ってみると、病気部分以外の私の頭の形はわりとかわいくて、
看護婦さん(1979年当時は「看護師」さんではなかったのです)たちから、
「一休さんの弟」と呼ばれました。なぜ弟?



多発性繊維性骨異形成症(の思い出)その2「レントゲン」
2010-05-14 00:00

 手術前に、レントゲンを、たくさん撮りました。

X線写真が中心ですが、CTも。
1979年当時、癌研病院にはまだCTがなかったので、別の病院へ移動して撮りました。

MRIはまだ、私の検査人生には登場していませんでした。

全身のレントゲンを撮った結果、分かったことは以下です。

●頭部3箇所、腰、下肢の骨に「謎のでっぱり」がある。
●「でっぱり」は左半身のみに発生している。

「でっぱり」は5箇所あるが、手術は2箇所に対してのみおこなわれることになりました。
下肢と、頭部3箇所のうち1箇所です。
下肢は放置すると骨折の危険があるから、という説明でした。
頭部はおでこの上、左側の。これはサイズが大きかったからです。

私は左右非対称になっている顎も手術してほしいと言いましたが、却下されました。
手術することによってかえって悪化するかもしれない、という説明でした。
当時、中2でした。「大人になったら手術してあげる」と言われた記憶があります。



You can't get away / w-inds. (1)
2010-05-13 00:00


次は何をヒトカラしようか、と、JOYSOUNDでw-inds.を検索して、
「新譜」があるか調べたら、
『Urban Dance』『Fire Flower』『You can't get away』『Lil' Crazy』が新譜でした(^^;)

そこで、まだヒトカラしていない『You can't get away』という曲名をググったら、
アルバム『w-inds.~1st message~』のM-1でした^^;

さっそくアルバムからx-アプリに取り込んで、
ネットワークウォークマンにも入れて、
オリジナル歌詞カードを作って、予習して、ヒトカラしてみました。

今日のところは、4人中2位となりました^^;

15歳の少年が歌っても差し支えない清純な言葉を用いながらも、
いろんな意味で情熱を感じさせる歌詞がすばらしいです。

同時にアルバム『Journey』のM-9の『Journey』も修行中なので、
小規模な阿久津健太郎まつりになってます\(^o^)/



多発性繊維性骨異形成症(の思い出)その1「非対称」
2010-05-12 00:00


1976年。小学校6年生の時(だと思うのですが)、
自分の顎の形が左右対称ではないことと、
おでこの上、左側に、でっぱりがあることに気付きました。

両親は私を、お茶の水の東京医科歯科大学病院に連れて行きました。

1979年。中2から中3の間の春休みに、手術することになりました。

手術は、当時は大塚にあった癌研究会付属病院で行われることになりました。
「癌じゃないけど、癌研病院は設備が良いから」と説明されたような気がします。
両親はどんな説明を受けていたのか、今となっては分かりません。

入院前に、癌研病院に診察を受けに行って、
待合室で、隣に座っていたおばあさんから「きれいな髪ね」とほめられました。
ツヤッツヤの黒髪の、おかっぱでした。中2当時。
で、診察室に入ったら、「手術のために髪の毛を剃ってもらいます」と言われました。
つるっぱげにするか、最低でも全頭髪の4分の3は剃らなくてはならないとのこと。
4分の1残すなんて、どうしていいかわからなかったので、
ぜんぶ剃ってつるっぱげにしてもらうことにしました。(続く。不定期連載予定)



マツコ・デラックスさんを好きです♪
2010-05-11 00:00


2010年5月4日のブログで、録画した『徹子の部屋』を観ていたら…という話を書きましたが、
その『徹子の部屋』、なぜ録画したかというと、
ゲストがマツコ・デラックスさんだったからです。

あるきっかけで『5時に夢中!』の月曜と水曜を録画で観るようになりました。
マツコ・デラックスさんは月曜コメンテーターの一人です。

マツコさんは男性です。マツコさんは同性愛者です。
マツコさんはテレビでは女装ですが、普段は女装していないそうです。
マツコさんはハキハキとお話しになります。そこが大好きです。
毎回、さまざまなことについて、バッサバッサと断じていらっしゃいます。

マツコさんの発言すべてを真に受けるわけではありませんが。
それは受け手がそのつど判断すれば良いことだと思っています。

今回、『徹子の部屋』を観て、知ったこと。
『ザ・ベストテン』の時の黒柳さんのロングドレスを、マツコさんは大好きだったそうです。
今回の『徹子の部屋』でのマツコさんの衣装を、黒柳さんが「私好み」とおっしゃり、
マツコさんはとてもうれしそうでした。私も幸せになりました。



「歌わず嫌い」は存在した♪
2010-05-10 00:00


1969年から1991年までNHK総合テレビで放送されていた
『連想ゲーム』というクイズ番組があります。
私はこの番組を、いつも、観たくありませんでした。
でも、観始めると面白かったです。

食わず嫌い、というやつです。

w-inds.の『New World/Truth~最後の真実~』というシングルを、
歌詞を見ないでただ聴いていた時、
4曲のうち3曲は好きになりました。
でも1曲はそれほどでもなかったです。

その1曲とは『Fighting For Love』です。
2010年03月20日のブログが、この歌を初めてヒトカラした時のものです。
歌ってみたら、大好きな歌になりました。

食わず嫌い、というやつです(嫌いってほどでもなかったけど)。

そこで、気分が変わりました。興味のなかったw-inds.作品もヒトカラしようかと♪



4月25日放送『仮面ライダーW』を観ました。エクストリーム♪*ネタバレ
2010-05-09 00:00


2010年4月25日(日)に放送された
『仮面ライダーW』第32話「風が呼ぶB / 今、輝きの中で」を、録画で、先日、観ました。

第31話「風が呼ぶB / 野獣追うべし」で、
「翔太郎」が仮面ライダーとして「フィリップ」の能力についていけなくなってしまい、
私も含めて途方にくれていました。
『侍戦隊シンケンジャー』で「殿」が影武者だったと分かった時に近い衝撃でした。

まさか、「フィリップ」は「照井竜」と組んで「新W」になったりするのかしら、
と思っていましたが、
「照井竜」が断ってました( ´∀`)

意外なことに、おもに「フィリップくん」のほうの精神的変化がもとで、
「翔太郎」とふたたび合体、「サイクロンジョーカーエクストリーム」という、
現時点での最強形態になってしまいました\(^o^)/

超うれしいです。

今後、「フィリップくん」の謎、さらなる解明が待たれます

4月16日放送『Shibuya Deep A』を観ました*少しネタバレ
2010-05-08 00:00

 ←渋谷の風景。
2010年4月16日(金)にNHK-BS2で放送された『Shibuya Deep A』を、録画で、先日、観ました。
もちろんゲストの橘慶太さん目的で。この番組を、初めて観ました。

『Shibuya Deep A』は、『着信御礼!ケータイ大喜利』と似た番組でした。
生放送で、お題に沿って視聴者がネットで投稿するところが。

NHKの、最新鋭の技術を番組に取り入れる姿勢が好きです。
生放送なのに投稿内容のテロップが出る、という仕組みを作ったところがすごいです!

この時点では未放送だった『まっつぐ』第1回の、
「政次(橘さん)」が「松坂屋のお嬢さん」から平手打ちされるシーンに
本来のセリフと違うセリフを視聴者から募っていて、
   お嬢さん「あなた、今夜はごちそうよ!七面鳥の丸焼き!」
   政次「悪いけど、オレ、ササミしか食べないんだよね…」
   お嬢さん「バカ!(平手打ち)」
   政次「(心の声)“ササミ”なことで怒るなよ…」
で爆笑しました。橘さんと緒方さんが心がけてササミを食べていることを知っているから。
でも番組上では、橘さんはとくにそのことに言及しませんでした。
全体の流れに配慮していたんだと推察します。本当にナイスガイだと思います♪



『新・三銃士』第35話に太田光さんが出てました*少しネタバレ
2010-05-07 00:00

 ←「ダルタニアン」と猿の「プランシェ」
2010年4月23日にNHK教育テレビで放送された『新・三銃士』第35話「戦いの果て」を、
先日、録画で、観ました。

ラ・ロシェルでの戦いに敗れた「ダルタニアン」と「ルイ13世」がパリへ向かって歩いていると、
背後から銃で脅す人物が。
その人形が映った時、二度見してしまいました。
太田光さんの顔と体型でした。

「バッソンピエール」を初めて見た時も衝撃でした(田中裕二さんの顔と体型だったから)。
でも「バッソンピエール」は原作に登場する人物だと推測します。

でもでも太田光さんの顔と体型(と声)を持った人物「ルミエール」は、
この人形活劇のオリジナル登場人物と推察します。
なぜならば「ルミエール」の意味は「光」だから。
原作から存在するとすれば、それはそれですごいです。太田さんよかったですね( ;∀;)

一般の人が戦争に借り出されて人生が激変してしまう、
心に残るお話でした。



Groove A・Go・Go / 杏里 (1)
2010-05-06 00:00

 1990年代前半ごろ、吉元由美さん作詞、杏里さん歌唱の、
いくつかの歌を好きでした。『Groove A・Go・Go』もそのひとつです。

何年かに1回のペースで、カラオケで歌ってはいましたが、
ちゃんと譜割りを把握していないことに気づいていました。
そこで、今回、ヒトカラしてみました。5月5日に修行を始めました。

いま調べたら、この歌は、『ハートに火をつけて!』というドラマの主題歌だったらしいです。
私はそのドラマを観ていません。ウィキペディアに、
「浅野ゆう子がひとり言を散々言った後に一人カラオケをするシーンが話題になった」
と書いてあります。何か、ご縁を感じます^^

『Groove A・Go・Go』の中で、
「古いステップで踊るから どこで遊んでたかバレてるの」といった内容の歌詞があります。

私が、踊れるお店で、もし古いステップで踊ったとすると、
まわりの人と自分を比べて恥じてしまう気がするのに、
この歌の主人公にとっては恥でもなんでもない、むしろカッコいい感じで、
衝撃を受け続けています。初めて聴いた当時も、今も。



w-inds. FCLT 2010"THE GOLDEN"へ行ってきました♪ (4)
2010-05-05 00:00

 ←画像はイメージです。
今日、東京国際フォーラムでおこなわれた、二の腕の太い3人のラップ大会に行ってきました^^

昔の作品をたくさん歌ってくれました。

最新アルバム『Another World』ではラップが皆無なのが1つの特徴ですが、
今日のライブはラップだらけでした。練習が相当たいへんだったと推察いたします。
また、古い曲の多くを、アレンジを変えていて、練習が相当(以下略)

橘さんがソロで、最初から最後まで英語の歌を1曲、歌ったのですが、
すばらしい発音で、すばらしい歌唱で、感動しました。
他のアーティストの曲だそうですが、まるでご自分の持ち歌みたいでした。
カラオケにあるなら、音源を探して、私も歌いたいと思いました。

緒方さんのソロが3曲もありました。
私は例によって、まぶしいのでステージをほとんど直視せず、
スクリーンを見ていたのですが、ソロの間は緒方さんの顔のアップがたくさん映り、
今日の緒方さんの髪型を好きだと思いました。
ギターの演奏も、歌唱も、歌ってる時の表情もステキでした。
緒方さんが穏やかで幸せそうなので、私も幸せになりました。

私は最近、w-inds.の新しい作品がカラオケに入っていないことが不満だったのですが、
今日聴いた、昔の作品で、まだヒトカラしていなくて、気に入った作品がたくさんあり、嬉しいです。

なぜか金の延べ棒をもらって帰りました。



例の高齢者安否確認システムが実用化されていました^^
2010-05-04 00:00


2009年08月12日のブログで、
1人暮らしの高齢者の生存確認のために、
私ならトイレのドアの開閉を利用したシステムを作ると書きました。

録画した『徹子の部屋』を、今日、観ていたら、
「株式会社アイトシステム」の「安否確認システム きずな」という製品の
コマーシャルが流れたのです。

1人暮らしの高齢者のトイレのドアが開閉されず一定時間が経過した時に、
あらかじめ指定してある相手の携帯電話等にメールが送信される、
というシステムです。

まさに、私の考えたことと同じシステムが、
実用化されているのです。

すばらしい^^

ぜひお役所でも採用して、
見守り対象である、身寄りのない1人暮らしの高齢者全員のトイレのドアに
設置するようになってほしいと思います。



『仮面ライダーW』第29話&第30話「悪夢なH」を、大笑いしながら観ました♪
2010-05-03 00:00

 『仮面ライダーW』第29話&第30話「悪夢なH」を、録画で、最近、観ました。

「風都大学」のある研究室で、学生が睡眠時に夢の中でドーパントにつかまって、
二度と目覚めなくなる事件が続発した。
学生の「姫香」は、眠るのが怖くて、探偵事務所に相談に来る。
夢の中でドーパントを捕まえるため、眠ろうとする「翔太郎」。
寝る前に時代劇のDVDを観たため、夢も時代劇の世界となってしまう…。


夢の中の「翔太郎」はおかっぴき。短めの十手を持ってます^^
それは納得なんだけど。
「フィリップ君」が、「フィリッパチ」になってます!
「フィリッパチ」て…(≧▽≦)

英語の、「フィリップ」という名前は男性の名前ですが、
その女性形は「フィリパ」ですよね。
いま関係ないですがにわかに思い出しました。

メモリは木札になってるし、
あいかわらず「亜樹子」役の山本ひかるさんの演技は超すばらしいし、
大笑いしながら観ました♪



『竜馬がゆく』第4巻をもうすぐ読み終わります(汗)
2010-05-02 00:00

 2008年09月13日のブログの続きです。

司馬遼太郎作『竜馬がゆく』文庫本全8巻のうち、第4巻をもうすぐ読み終わります。
2008年9月に第1巻を読み終わったと書いているのに。
その後、2010年の大河ドラマが『龍馬伝』と発表され、
ぜひ放送スタート前までに全8巻を読み終わろうと思っていたのに。

したがって現在の目標は、
『龍馬伝』のストーリーに追い抜かれないで『竜馬がゆく』を読み進むことです。
は~。

『竜馬がゆく』の、いま私が読んでいるところは、
「竜馬」はもう「おりょう」と出会っていて、
江戸の「さな子」とどちらを自分は好きなのだろう?と自問していて、
おもに神戸で浪人を集めて軍艦のことを教えたり、
北海道の開拓のことを考えたりしています。
「勝海舟」とはすっかり仲良しです。

これを読み進むために、しばらく漫画喫茶で漫画を読むことを控えようと企画しています。