FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

『コード・ブルー…』と『宿命…』と紙コップと私♪
2010-01-31 00:00

 ←この紙コップを、私はオフィスで使っています。
「レッツコーヒー」という名前の紙コップです。
容量280mlの紙コップとフタを100個ずつ、問屋街で買いました。
紙コップとフタの1セットが13円50銭くらいの計算です。

先日、同じものが100円ショップで売られているのを見ました。
紙コップとフタが5個ずつ入って105円。1セット21円の計算です。

ところで、これより1まわり大きい、緑色の「レッツコーヒー」があります。容量403ml。

これを、最近、2つのドラマの中で見ました。

『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-2nd season』で、
病院の屋上で「藤川(浅利陽介)」と話す「藍沢(山下智久)」が持っていました。

『宿命 1969-2010 -ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京-』で、
財務省の廊下を仲間と歩く「有川(北村一輝)」が持っていました。

大きさと色合いが、スターバックス風だから採用されたのだろう、と思いました^^



スポンサーサイト



はつ恋 / 福山雅治 (1)
2010-01-30 00:00

 東芝レグザというテレビ受像機のコマーシャルで、
福山雅治さんが作った「♪友達ではいられないことも、恋人には戻れないことも…」
という歌が流れていました。

福山さんはそのコマーシャルソングに前後を付け足して、シングルとし、
『はつ恋』というタイトルで、2009年12月16日に発売なさいました。

私は『福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル・魂のラジオ』のリスナーなので、
発売前にその歌の全容を聴きました。

衝撃を受ける、感動的なメロディでした。

発売後、CD(通常盤)を、CDショップで、買いました。

『第60回紅白歌合戦』で福山さんがパフォーマンスしたのは発売したばかりのこの作品でした。

で、私は、今日、ヒトカラ始めました。

感動するメロディのため、カラオケ店に行く前の予習の段階で、泣いて歌えなくなり、立ち直り、
カラオケ店でも歌いながら泣きそうになり、立ち直りました。



とうふ24丁を買ってしまった(-_-)
2010-01-29 00:00

私には非常食のバリエーションが少なかったのです。ストックしているのは、
ウイダーインゼリーと、サトウのごはん発芽玄米。あと水


そこで長期保存可能といわれるブリックパックのとうふを買ってみました。

24個セット\(^o^)/ストック用にしてる棚で保管しよ♪


と思ったら、クール便で届いて、商品ダンボールに「要冷蔵」と書かれていました。

いろんなものを除けて、冷蔵庫に入れました(´・ω・`)

今後しばらくの間、納豆を買わずに、とうふだ。



『仮面ライダー龍騎』テレビ版最終回まで観ました♪
2010-01-28 00:00

『仮面ライダー龍騎』テレビ版最終回まで、DVDを観終わりました♪
おもしろかったです。

最もメインの登場人物は「城戸真司/仮面ライダー龍騎(須賀貴匡)」と、
「秋山蓮/仮面ライダーナイト(松田悟志)」 と「神崎優衣(杉山彩乃)」です。

私は最初のころ、だんぜん「城戸」(ネット新聞記者。ただし駆け出し)派だったのですが、
回が進むにつれて、「蓮」(喫茶店アルバイト?)も同じくらい好きになりました。

あと、「北岡秀一/仮面ライダーゾルダ(涼平)」(敏腕弁護士)も大好きです。
涼平改め小田井涼平さんのブログをチェックする毎日です^^

13人の仮面ライダーが、最後の1人になるまで戦い、
最後の1人となった者の望みがかなえられる、という設定は、
面白いのだろうか?と最初は思っていましたが、
仮面ライダー同士が戦うだけではなく、「モンスター」と呼ばれる敵キャラとも戦います。

あっそうだ。「浅倉威/仮面ライダー王蛇(萩野崇)」(脱獄囚)もかなり好き。
迷いがないから。でも罪は罪です。



close to you / w-inds. (1)
2010-01-27 00:00


“SWEET FANTASY”ツアーのネタバレヒトカラ第3弾、最終回でございます。

この作品が発表されたのは2002年。
デビュー2年目のw-inds.が歌詞の中で口にする「君」という存在は、
理想の恋人、天使のように清らかで優しい女性な感じです。

近年の作品ではもっと、
わがままだったり、要求が激しかったり、あるいはボーイフレンドを放置したり、
お料理に失敗したり、何歳も年上であることを理由に心を開かなかったりと、
人間味あふれる女性のことを歌っていますね^^

いい傾向です^^(上から目線ですみません)

天使のように清らかで優しい女の子のことを、
歌うのもいいものですが。

なんだかんだいって、2009年夏にだいぶ聴きこんでいたにもかかわらず、
現時点で譜割りが分かっていないので、高得点を出せない私^^;



ドラマ『ヤマトナデシコ七変化』第1回を観ました♪
2010-01-26 00:00


2010年1月15日に放送されたドラマ『ヤマトナデシコ七変化』第1回を、録画で、先日、観ました。

「恭平(亀梨和也)」「雪之丞(手越祐也)」「武長(内博貴)」「蘭丸(宮尾俊太郎)」
というイケメン4人は、同じ下宿屋(といっても豪邸)に住んでいる。
下宿屋の女主人「美音(高島礼子)」は、彼ら4人にある仕事を持ちかける。
それは、姪の「スナコ(大政絢)」をレディーに変身させること…。


レディー育成ものって楽しいです^^
映画『マイ・フェア・レディ』が元祖だと思いますが、
ドラマ『アテンションプリーズ』、ドラマ『メイちゃんの執事』など^^

大政絢さんの美しさに参りました。
そして、アクションのすばらしさにも参りました。

「美音」の息子「タケル」役で加藤清史郎さんが出演されており、
亀梨さんに顔をつかまれてヒヨコ顔にされる芸をまた披露していて楽しいです

アニメ『のだめカンタービレ フィナーレ』Leçon 1を観ました*ネタバレ
2010-01-25 00:00



2010年1月14日にフジテレビで放送されたアニメ『のだめカンタービレ フィナーレ』Leçon 1を、
録画で、先日、観ました。

映画『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』とほぼ同じ内容が、この1話だなと思いました。
ということは、
映画『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』はどんだけ濃いんだ?と思いました。

映画より、アニメのほうが、サラッとしてる感じがしました。

漫画『のだめカンタービレ』は完結しているらしいですが、
私は雑誌『Kiss』の読者でないので、終盤部分は読んでいません。
ヨーロッパにわたってからの途中まで、漫画喫茶で読みました。

実写版映画は日本語で進行することに、最初、少し抵抗がありますが、
アニメはまったく違和感ないですね^^

もちろん最後まで観る気まんまんです

ドラマ『宿命 1969-2010 -ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京-』第1回を観ました*ネタバレ
2010-01-24 00:00

 2010年1月15日にテレビ朝日で放送されたドラマ『宿命 1969-2010 -ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京-』第1回を、録画で、先日、観ました。長いタイトルですね。

エリート官僚の「有川崇(北村一輝)」は、政界進出を目標としている。
民自党政調会長「白井眞一郎(奥田瑛二)」の長女「尚子(上原美佐)」との見合いを機に、
10年間交際していた恋人「笹山宣子(小池栄子)」に別れを告げる。
「宣子」は探偵を雇って、別れの理由を探る。


北村一輝さんの顔を好きです。
為替ディーラーの「宣子」がオフィスで使っているマグ(タンブラー)がステキな色でした。
でも次回予告の映像では、転職しちゃうのかな…。

10年つきあって結婚できなかったことにそんなに衝撃を受けるのか、と驚きました。
私なら、2年くらいで、結婚する気はないんだな、と見抜くと思いました。
結婚願望が大きいと、かえって気づけないものなのかもしれません。

対する「尚子」ですが、父親の政治の道具として結婚することに積極的で驚きました。
こんな利他的なキャラクター、珍しいと思います。

この2人の絡みを見たいので、次回も観ます。



DESPERADO / KOKIA (1)
2010-01-23 00:00


映画『ホテルビーナス』の主題歌として、2004年に(番宣番組で)聴いた時から
ヒトカラしたいと思っていて、やっと実現しました。

もともとはイーグルスの作品であり、KOKIAさんがカバーなさったものです。

さまざまなアーティストによってカバーされている作品らしいです。
カーペンターズのカバーがすばらしいと聞いたことがあります。

カーペンターズバージョンでヒトカラしようとして、
2007年6月に歌詞カードを自作しました(いま思い出して探してみたら、ありました^^;)。
しかし、当時の私の御用達のカラオケ機種にはカーペンターズバージョンがなくて、
そのままになっていたのです。

ちなみに今回はDAMで歌っています。KOKIAバージョンで。

今日のところはほとんど譜割りを把握していなかったのでひどい出来です。
これから聴きこみます^^;

映画『ホテルビーナス』も観てないので、さっき、TSUTAYA DISCASに予約しました^^;



NYWRFを観逃しました(--メ)
2010-01-22 00:00



年明けから毎日、気にはなっていたのですが…。

内田裕也さんプロデュースの、New Year World Rock Festival。
毎年、12月31日の夜から1月1日の明け方まで、さまざまなアーティストのライブ演奏が行われ、
1月のある日の深夜にフジテレビで、ダイジェスト版が放映されます。

今回、観逃してしましました。
1月22日に検索したら、放映は1月10日でした。
私のバカバカ(><)

「フジテレビ On Demand」でも探しましたが、配信されていないようです。
私のバカバカ(><)

と申しますか、
なぜ昨シーズンまでは観逃さなかったのだろう…( ゚д゚)

『Lemon Tea』と『人間の証明』聴きたかったな~



ドラマ『コード・ブルー2nd season』第1回を観ました。
2010-01-21 00:00


2010年1月11日に放送されたドラマ『コード・ブルー2nd season』第1回を、
録画で、先日、観ました。

1st seasonの時は観ていませんでした。
放送開始の2008年7月時点で
山下智久さんが23歳、新垣結衣さんが20歳、戸田恵梨香さんが19歳、浅利陽介さんが20歳と、
医師役には若すぎることが、どうしても気になって、観る気になりませんでした。

でも今回は訳あって、観ることにしました。

このドラマも、つい私は『ER緊急救命室』と比較してしまうのですが、
舞台となっている病院が、とても広くてキレイですね^^

今回、新登場であるらしい、指導医の「橘(椎名桔平)」の仕事ぶりを好きです。
「橘先生」に感情移入して、今後も観ると思います。

「緋山(戸田恵梨香)」の心臓がどうなっていくのかも、気になっています。



長崎市にはスリムな猫が大勢いました。
2010-01-20 00:00

昨年10月に長崎県長崎市へ行ってまいりました。

上の、たいへんヘタな絵と字は、長崎市の断面図(イメージ)です。

そんなわけで、長崎市は斜面=坂が多い街です。

私の旅の目的地だった亀山社中跡も、そのまわりの龍馬通りも、
すり鉢状の斜面の一部にありました。

龍馬通りではたくさんの猫を目撃しました。

どの猫もスリムでした。

ふだん平らな土地で生活している私は、長崎市をさるいた時、
アワワアワワとなりっぱなしでした。

心筋が虚血しているので、階段を昇るともれなく息切れする私。
坂道も同様であります(ただし息切れ以上の不都合は起こりません)。

長崎市でみかけた猫たちは、常時、坂=斜面を昇り降りしているために、
体脂肪が少ないのであろう、と推測しました。

龍馬のブーツ像のところでは、猫が管理人をしていました。
…というか、パンフレットが風で飛ばないように押えていました。
…というか、パンフレットの上に寝そべっていました。
かわいかったな~

『侍戦隊シンケンジャー』第四十五幕まで観ました*ネタバレ
2010-01-19 00:00


2010年1月10日放送『侍戦隊シンケンジャー』第四十五幕を、録画で、先日、観ました。

なんと、“シンケンレッド”「志葉 丈瑠(しば たける)」は、影武者だそうです。
本物の志葉家18代目当主は、「志葉 薫(しば かおる)」というお姫様です。
「丈瑠」は侍の家系ですらないそうです。

驚きました。そして、悩ましいです←

『フレッシュプリキュア!』で
悪役だった「イース」が正義の味方「キュアパッション」として覚醒した時も驚きましたが、
その後の「キュアパッション」が悩みながら立ち直っていく様子を想像できました。

でも今回は、心身に傷を負った「丈瑠」が今後どうなっていくのか心配でなりません。

「流ノ介/シンケンブルー」「茉子/シンケンピンク」「千明/シンケングリーン」「ことは/シンケンイエロー」の4人のことも心配です。
「丈瑠」を慕っていたのに、突然、「丈瑠」が戦列から離れ、年下の上司が現れたのですから。

最終回まであと数回、目が離せません(><)



「脚の後ろの筋肉を伸ばす運動」の名川太郎さんの伴奏はすばらしいです♪
2010-01-18 00:00


朝6時半からのNHK教育テレビの『テレビ体操』を録画して、
1週間後の朝6時からそれを観ながら体操する習慣です。

1月放送分(もしかして12月もそうだったかも。収録と放送のスケジュールの詳細が不明)の、
水曜日の、「みんなの体操」と「ラジオ体操第一」の間の
「脚の後ろの筋肉を伸ばす運動」の時の、
名川太郎さんのピアノ伴奏に、私は感動します。

わずか8小節ですが、メロディに起承転結があるのです。
少々悲しげに始まって、5小節目、6小節目は非常に悲劇的な感じになって、
それが、7小節目、8小節目で長調に転ずるのです。

チャイコフスキーの『白鳥の湖』のクライマックスみたいに感動します。

このメロディは既成の曲でしょうか。それとも、
東京芸術大学音楽学部作曲科ご卒業(出典:NHKテレビ・ラジオ体操ホームページ)の
名川さんのオリジナルでしょうか。

いろんな意味で、NHKってすごいですね

山口百恵さんは素晴らしい歌い手だと思います。 (1)
2010-01-17 00:00

 1月17日は、元歌手の山口百恵さんの誕生日です。

山口百恵さんは1973年から1980年まで芸能活動をされていました。

毎年1月17日になると私は「あ、百恵ちゃんの誕生日だ」と思ってきました。
1995年以降は、「百恵ちゃんの誕生日」と、「阪神大震災が起こった日」と、並列で思います。

2009年12月30日の『第51回輝く!日本レコード大賞』を観ていたら
(たぶんこの番組だと思うのですが違っていたら申し訳ありません)
山口百恵さんが歌っている、昔のビデオが流れました。
歌唱中にほんの少し(わかるかわからないかの程度)声が裏返ったところがあったのですが、
百恵さんは小さくまばたきを1回しただけで、表情を変えませんでした。
表情とかしぐさとか、衣装とか、そういったものもすべて含めてその歌の世界観を伝えるという
姿勢だったのだと推察します。

現役当時はあまりにも大スターだったので、私は気づいていませんでしたが、
すばらしい歌唱力だと思います(上から目線ですみません汗)。
阿木燿子・宇崎竜童コンビの作品には早口言葉系も多いのですが、リズムと音程が正確なのです。

こんどカラオケに行ったら『絶体絶命』と『ロックンロール・ウィドウ』を歌いたいです。



映画『僕の彼女はサイボーグ』を観ました♪
2010-01-16 00:00


映画『僕の彼女はサイボーグ』を、1月3日深夜にTBSテレビで録画して、先日、観ました♪

綾瀬はるかさんと、小出恵介さん。

しばらく観てから、「あっ!『JIN-仁-』の橘きょうだい!」と気づきました^^

2007年11月22日。大学生「ジロー(小出恵介)」が自分に誕生日プレゼントを買い、
レストランでスパゲッティを食べていると、
「彼女(綾瀬はるか)」が同じテーブルに就き、大量にオーダーし、豪快に食べ始めた。
初対面の二人だが楽しい時間を過ごし、「彼女」は1日だけの思い出を残して去っていった。
2008年11月22日。「ジロー」は、また「彼女」に会えるのではないかと期待していた…。


こう言っては失礼かもしれませんが、
綾瀬はるかさんの演技力を、初めて、すごいと思いました。

ジローの子ども時代の映像が、1950年代から1960年代な感じがして、
2008年に20代なのは変だな~とは思いましたけど^^;

でも、それを補って余るほど、おもしろかったです^^



『龍馬伝』と脳内キャスティング問題♪
2010-01-15 00:00

 大河ドラマ『龍馬伝』が始まりましたね。
2010年1月3日放送の第1回と、1月10日放送の第2回を、録画で、観ました。
現時点では、10代を演じる役者さんたちの実年齢とのギャップにとらわれている私。
しかしそれとは別の事象もあります。なぜか民放に大勢の龍馬さんが居ることです。

もともと、私が文庫本『竜馬がゆく』を読む時、竜馬のイメージは江口洋介さんだったのですが、
前クールにTBSで放送された『JIN-仁-』での坂本龍馬は内野聖陽さんだったため、
江口洋介さんから内野聖陽さんに脳内キャスティングが変更されつつありました。
そこへ、福山さんがやってきて再交代なのか、と思いきや、

軽自動車のCMで香取慎吾さんが龍馬さんになっています。それに対して、
「あなた様は近藤勇さまでは?」との脳内ツッコミが。

また、ソフトバンクのCMでは、武田鉄矢さんが「龍馬かぶれ」さんになっています。これには「あなた様は坂本金八さま、もしくは緒方洪庵先生、もしくは勝海舟先生では?」との(以下同文)。

『龍馬伝』を観たら香川照之さんに向かって「あなた様は正岡子規さまでは?」と
ツッコむのではないか?と思っていましたがそれは杞憂でした。うふふ^^

さて私の頭の中で、福山さんが龍馬さんに、武田さんが勝海舟先生になるのはいつでしょう^^



家根本さんはどこへ?
2010-01-14 00:00

 2010年1月1日朝6時半から録画した「テレビ体操」を、
実際に観ながら体操したのが1月8日の朝6時頃でした。
いつも1週間遅れで利用していますので。

1月1日放送分だけは、特別バージョンなのです。(1月1日以外は、たぶん、月内の全ての月曜日には月曜日用のものがリピート放送されています。他の曜日も同様)

指導者は、いつもは1人しか出ませんが、1月1日は4人全員出演。
ピアニストも、いつもは1人しか出ませんが、1月1日は3人全員出演。
アシスタントも、いつもは5人しか出ませんが、1月1日は6人全員…

と思っていたら、アシスタントが5人しかいません。家根本織永さんが、いません。
6人のうち、私が特に好きな3人のうちの1人である、家根本織永さんが、いません。
最近、出番が少ないなぁ、とは思っていたのですが…。

NHKの体操のホームページを観たら、家根本織永さんのお名前がありません。
お辞めになったのでしょうか。
その後の1月の通常放送には、まだ若干、出ているのに(12月からのリピートでしょうか)。

『王様のブランチ』のリポーターが卒業する時などと違って、
フェイドアウトなのでしょうか(´・ω・`)

家根本さんのお幸せをお祈りいたします。



『CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ2009→2010』♪
2010-01-13 00:00


『CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ2009→2010』を、録画で、先日、観ました♪

大みそかの夜はずっと年賀状を作成しつつ、雷門が生放送に映るかどうかが気になってました。
NHKが長年、雷門を映してきた定点カメラが現在はないので
(浅草文化観光センターの屋上にあったのですが、現在取り壊して建て替え中)
仮のやぐらを建てるのだろうと思って、画面で確認したかったのです。
でも雷門はまったく映らず。別の神社仏閣がいろいろ映りました。

で、CDTVですが。EXILEまつりでしたね^^
ボーカルのゴツいほうの人が、こたつで寝てる様子がかわいかったです。

「6月の名曲ライブラリー」でw-inds.の『キレイだ』(の2004年のスタジオライブ映像)が流れた時、
すみっこの小さい画面に東方神起の左から2番目の人がパッと笑顔になったのが映って、
お友達なんだな、と思ってとてもうれしくなりました^^

あと、aikoさんは最高だと思いました。
生ライブで自分の曲を歌っている途中に突然「♪Fun Fun We hit the step step~」
と言いながら例の反時計回りダンスを1人で始めたのです。MC席のMAKIDAIさんともう1人のEXILEさんは爆笑。私も爆笑。ボーカルのイケメンのほうの人はなぜか微笑♪



『第60回NHK紅白歌合戦』を観ました♪
2010-01-12 00:00


『第60回NHK紅白歌合戦』を、生でも一部分は観ましたが、録画でも、先日、観ました♪

地デジカと草なぎさんがコンビで出てきて、いつものセリフを言っていたのには笑いました。

「こども紅白」のコーナーで、さくらまやさんが「子ども」扱いされていて、
それを受け入れているように見えるところが、えらいなあと思いました。

福山雅治さんは長崎から、久保田祐佳アナウンサーを伴って登場。
「ブラフクヤマ」だ~^^と思いました。
なんと雪の降るグラバー園からの、『はつ恋』の歌唱中継はすばらしかったです。

英国の歌姫スーザン・ボイルさんの歌唱もすばらしかったです。
地声から裏声、裏声から地声への転換がスムーズでうらやましいです。

平原綾香さんの『ミオ・アモーレ』での、ROLLYさんのギターがカッコいいと思いました。
SMAPによるマイケル・ジャクソン追悼ダンスはすばらしかったです。特に木村さんが。

木村カエラさんの『Butterfly』と嵐の『Believe』をヒトカラしたいと思いました。

DREAMS COME TRUEはたった1曲のパフォーマンスなのに
ワンマンライブ後半のようなハイテンションですごいなと思いました。



『第51回輝く!日本レコード大賞』を観ました♪
2010-01-11 00:00


2009年12月30日に放送された『第51回輝く!日本レコード大賞』を、
生でも観ました(他のことをしながら)が、録画でも、先日、観ました。

ヒルクライムが2人組だと分かりました。
さくらまやさんという歌手の存在を知りました。
樋口了一さんの存在は知っていましたが、お顔を初めて拝見しました。
北川大介さんも初めて拝見し、「劇団ひとりさんと似てる」と思いました。

優秀作品賞で登場したw-inds. x G-DRAGON(BIGBANG)。
G-DRAGONさんの髪型が、以前にテレビで見た時と変わっていました。
「タラちゃん」みたいな髪型に。それなのに「大槻ケンヂさんと似てる」と思いました。
パフォーマンスは、生で見た時よりも録画で見た時のほうが、
「CDとの違い」が失敗ではなく演出なんだと感じられました。

企画賞のSPEEDのパフォーマンスを観て、『White Love』をヒトカラしたくなりました。
作曲賞のJUJU with JAY'EDのパフォーマンスを観て『明日がくるなら』を(以下同文)。
新人賞のBIGBANGのパフォーマンスを観て『ガラガラGO!!』を(以下同文)。

過去の映像を観て。
1968年の歌唱賞だった青江三奈さんの『伊勢佐木町ブルース』の映像が白黒なのに、
1962年の大賞である橋幸夫/吉永小百合の『いつでも夢を』がカラーなのは何故?
と思ってウィキペディアで「日本レコード大賞」を検索したら、理由が分かりました。



映画『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』を観ました♪
2010-01-10 00:00


映画『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』を、映画館で、年末に、観ました♪

パリ。「千秋(玉木宏)」は指揮者として「ル・マルレ・オーケストラ」の常任指揮者となる。
歴史と伝統あるオーケストラだが、現在は資金難となり音のレベルも下がっている。
自分が指揮した初めての公演でのあまりにひどい演奏にがく然とする「千秋」。
いっぽう「のだめ(上野樹里)」は、コンセルヴァトワールでピアノの修行に励んでいるが、
目標である「千秋との共演」は遠い…。


アクション映画として、またコメディーとして、とてもおもしろかったです。

「ボレロ」の場面では、何度も笑いました^^

またクラシック音楽映画としては、
ドラマの時と同様に、否それ以上に、指揮をする玉木さんにうっとりしました

映画『容疑者Xの献身』を観ました♪
2010-01-09 00:00


2009年12月29日にフジテレビで放送された映画『容疑者Xの献身』を、録画で、先日、観ました。

弁当店を営むはかなげな美女「花岡靖子(松雪泰子)」は中学生の娘と2人暮らし。
元夫(娘にとっては継父)からいやがらせを受けた成り行きで、元夫を殺害してしまう。
アパートの隣室に住む数学教師「石神(堤真一)」は、物音で事情を察し、
「靖子」親子をかばう計画を立て、実行する。
死体が見つかり、親子は捜査の対象となるが、完璧なアリバイがあり、逮捕されない。
捜査に行き詰った刑事の「内海(柴咲コウ)」らは、
天才物理学者「湯川(福山雅治)」に捜査協力を求める。
「湯川」と「石神」は「帝都大学」の同期で、お互いを尊敬し合っていた…。


事件の真相が「こうであろう」と想像していたパターンからひっくり返されました。

「ガリレオ先生(湯川)」があんなに頭がよくなければ、あのようなラストにはならなかったのにޤݤ

堤真一さんの演技力にびっくりさせられます。堪能させていただきました

ドラマ『JIN-仁-』最終回を観ました*少しネタバレ
2010-01-08 00:00



2009年10月25日のブログの続きといえば続きです。

2009年12月20日に放送されたドラマ『JIN-仁-』最終回を、録画で、先日、観ました。

自分で観る前に、ネット上で人様の感想などをいくつか目にする機会がありました。

「中途半端」「続編を示唆する終わり方」「TBSは続編を否定」など…。

それらを踏まえて観てみたら、よくまとまった終わり方だと思いました。

胎児型腫瘍の謎は解けていないですが…。

最後、「仁先生」がまた異変を感じている描写がありましたが…。

あれらは、未完の原作への敬意を込めて、
「このドラマはこれで終わりだけれど、仁先生はこの先、21世紀に戻る可能性もゼロではない」
ということをあらわしているのだと、私は思いました。

「野風さん」の別れのシーンに感動しました。



ドラマ『おひとりさま』最終回を観ました*ネタバレ (2)
2010-01-07 00:00


2009年12月18日に放送されたドラマ『おひとりさま』最終回を、録画で、先日、観ました♪

全10回の放送期間中に番組ホームページを見たら「クリオネ女子」という言葉が出てきました。
意味がわかりませんでした。いま検索しました。
ふだんはかわいい姿で泳いでいるけれど、獲物を捕食する時はガブっといく…
らしいですね。クリオネという生物。
転じて、かわいい容姿でありながら、恋愛においては手段を選ばない、やる気のある女子、
といった意味らしいです。「クリオネ女子」。
それが松下奈緒さんの演じた「君香」のキャラクターらしいです。

さて~、ずっとクリオネ女子に押されて自分の本当の気持ちを言えなかった「真一(小池徹平)」。
最終回でやっと「僕が好きなのは里美さん(観月ありさ)です!」と宣言。

やけショッピングの荷物を抱えて呆然と街を歩いていた「君香」に「原田博之(橘慶太)」が、
「悲しいことがあっても何か食ってりゃたいていのことは忘れるもんです」と言って石焼きイモをプレゼント。食べることをストレス解消の手段にすることには反対の立場の私ですが、
焼きイモを買ってくれる人がいる=気にかけてくれる人がいる、ってステキなことですね^^

その後、「君香」と「博之」がクリスマスデートの待ち合わせをしている場面があるのですが、
「博之」役の橘さんはスーツが似合いすぎで思わずツッコミを入れてしまいましたとさ(私が)♪



New World / w-inds. (1)
2010-01-06 00:00


2010年1月5日のブログに書いたような理由で、今日が、2010年初ヒトカラとなりました。

w-inds.の『New World』を、やっと歌いました(笑)

いい歌ですね^^前奏とか、カッコいいですね^^

「そっと重ねる手から伝わるよキミの気持ちoh...」
からの部分のこれでもかの三連符が、
難しくてカッコよくて、聴くのも歌うのも快感があります。

小田和正さんの『ラブストーリーは突然に』の
「あの日あの時あの場所で君に会えなかったら…」部分とか、

高橋洋子さんの『残酷な天使のテーゼ』の
「だけどいつか気付くでしょうその背中には…」部分が街中で聞こえると、
三連符を聴き取ろうとする、三連符好きの私です。

それらの作品よりも『New World』は速いところが新しいと思います

お正月の浅草では。
2010-01-05 00:00

日本では、1月1日の祝日のみならず、2日や3日も仕事がお休みになるかたが多いですね。

私もそうでした。

そこで、1月2日にヒトカラしようと思って、外に出ました。

その時に撮った写真がこれです。歩行者天国だったので車道で。
左を見れば雷門がある場所です。

人にぶつかったり、ぶつかられたりしながら、どうにか目的のカラオケ店にたどりつくと、
順番待ちの人が大勢いたので、あきらめました。

携帯電話のネットで、近隣の別の店舗を探しましたが、
うまく検索できず、あきらめて、またぶつかったりぶつかられたりしながら帰宅しました。

翌1月3日は、あらかじめ自宅のパソコンで検索して、
なるべく混雑していなさそうな埼玉県の店舗まで、東武伊勢崎線で行こうと思っていました。

でも、そこまで行って、それでも混雑していて入れなかったら、とか考えてしまって、
けっきょく出かけませんでした。

時間はあったのにもったいない㤭Ф

「観光地に住む」とは、こういうことでもあります。

来年に向けてリベンジ計画中です。

*ちなみに、写真の奥に見える、白いアミアミの建造物(てっぺんにクレーンが2個ある)が、
 建設中の東京スカイツリー(新東京タワー)です。
 すでに254メートルくらいあるそうです。



ドラマ『サムライ・ハイスクール』最終回を観ました。
2010-01-04 00:00


2009年10月24日のブログの続きです。

2009年12月12日に放送されたドラマ『サムライ・ハイスクール』最終回を、
録画で、先日、観ました。

とうとう、武士の「望月小太郎」とヘタレ高校生の「望月小太郎」が対面しました。
三浦春馬さんの二役です。
今までに見た、どの二役のドラマよりも自然な合成でした。
合成のことを忘れて、ストーリーに没頭できました♪

やはりヘタレ高校生の「中村(城田優)」の成長ぶりがすばらしかったです。
最終回では、警察の取り調べに負けていませんでしたね。
物語の前半では負けてしまって、犯してもいない罪を認めていたのにね。

「ヘタレ小太郎」「中村」「永沢(杏)」この3人の友情がステキなドラマでした^^

本編が終わって、制服姿の三浦さん、城田さん、杏さんがDVDの宣伝をなさったのですが、
「中村」姿の城田さんが、
「中村」のしゃべり方でなく、ハキハキとしゃべっていたのがおもしろかったです

2009年12月11日放送『オンタマ』ネタバレポ♪
2010-01-03 00:00

 2009年12月11日(金)に放送された『オンタマ』を、録画で、先日、観ました♪
2010年01月02日のブログの続きです^^

真ん中に緒方さん、向かって右に橘さん、左に千葉さんが着席。
ナレーター「マネージャーさんからメールが届きました。龍一さん読んでください」
龍「(CCDカメラがセットされた携帯電話を手にとって)お誕生日おめでとうございます。本当は個別にお祝いしたいのですが、今年も合同でいいですか?」
ナ「それでは今から返事を書いてください」返信を打ち込む緒方さん。
慶「何気にいつもうちのマネージャーさんは誕生日プレゼントとかくれるよね」涼「くれるね」
ナ「それぞれ皆さん誕生日ちかいんですか?」
慶「僕が12月16で、龍一くんが1日違いの17で」涼「僕11月18日1か月前す」
慶「でも…誕生日会ひらいてるの別にこのマネージャーさんじゃないよね」
涼「そうですね。違う人ですね」

CM明け。出来上がった返信を読む緒方さん。
龍「いつもお祝いありがとうございます。ベロ出しにっこりä١←このような絵文字と思われます)。今年のプレゼントは何ですか?来年は個別にやってくださいね。叫びå←たぶんこれと思われます)。ちなみに今年あげたプレゼントは使ってくれてます?(返信の文章はここまで。顔をあげて)僕、香水あげたんですよ」
w-inds.の誕生日の話ではなくなったようです^^
涼「香水とか好きそうだよね」龍「マネージャーっぽいのを選んだんすよ」涼「ほう」
私のテレビが15型でなくもっと大きかったら、あの絵文字もハッキリ見えたであろうにӤä



2009年12月10日放送『オンタマ』ネタバレポ♪
2010-01-02 00:00

 2009年12月10日(木)に放送された『オンタマ』を、録画で、先日、観ました♪
2010年01月01日のブログの続きです^^

ナレーター「オンタマ マニアッククイズ。最近感動したことは松井秀喜選手のワールドシリーズMVPという涼平さん、右ききの松井選手が左打者になったのはなぜ?」涼「そうですね。まぁいろいろ諸事情とかもあって…悩んでた時期もあるんですけど…」龍「諸事情を言え諸事情を」涼「ま、結果的にこういう形になってよかったかな」慶「どういう形だよ!(笑)」涼「それが今に結びついてますんで」ナ「残念。小学生のころ打ちすぎたためハンデとして左で打たされたことがきっかけで、それ以降左打ちになった、でした」龍「かっこい~」「(拍手)」

ナ「w-inds.がデニューしたのは2001年。その年の4月に就任した日本の総理大臣は?」龍「小渕さん」慶「いや、橋本さんだ橋本さん」ナ「残念。小泉純一郎さんでした」慶「ハハそうだ(笑)」「超メジャー(笑)」

ナ「では2001年に発売されたw-inds.のシングル曲をすべて答えてください」慶「簡単ですよ」3人「Forever Memories、Feel The Fate、Paradox(橘さんと緒方さんは右手を親指から折る同じポーズでした^^)」ナ「大正解」龍「(カメラ目線で目をカッと見開いて)なめんな」慶「(爆笑)」涼「(ニヤリとして何回もうなずく)」

CM明け。テロップ「明日もw-inds. 今年も合同でお祝いします!」