FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

書籍『女性のためのナチュラル・ハイジーン』を読みました。
2009-06-30 00:00

 更年期関係の本を読みあさって自分と同じ症状を見つけようキャンペーン第4弾。

松田麻美子著『女性のためのナチュラル・ハイジーン』を読みました。
これは図書館で借りたのではなく、ブックオフで買いました^^
ブックオフに本を売りに行った時に、ものの数秒で、バッタリ出会ってしまった本です。

今まで読んで来た本が、ホルモン補充療法や漢方療法、
および対症療法としての精神安定剤なども肯定していたのに対して、
この本はまったく違う立場をとっていました。

更年期障害だけでなく、月経困難症、子宮筋腫など、女性特有の悩みすべてが、
食事と運動と睡眠を正しくおこなうことによって解消できるということです。

とりわけ食事の大切さが訴えられています。

2007年05月15日のブログに書いた『病気にならない生き方』と同様、
この本に書かれている内容のすべてを実行しなければ健康になれないということではなく、
できることから少しでもやれば、そのぶん健康になれるらしいので、
できそうなことをやってみたいです。

ちなみに、この本では、理想としては、肉も魚も牛乳も摂らないほうがいいらしいです。



スポンサーサイト

『MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2009』を観ました。
2009-06-29 00:00



『w-inds.M』終了後、
ケーブルテレビを解約してしまって
MTVを見ることのできない修羅笛の鍵です^^;
5月30日にさいたまスーパーアリーナで行われた
『MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2009』が、
6月20日深夜にテレビ朝日で放送されたので、録画して、先日、観ました。

レポーターでalanさんが登場しました。私はalanさんのお姿を初めて拝見しました。
歌唱力から想像していたよりもずっと、あどけない、かわいらしいルックスでした。
インタビューされたBoAさんが、alanさんのカタコトの日本語に「昔の私みたい」と。
BoAさんへのインタビューは、女性アナウンサーによって、英語でも行われました。
BoAさんの英語はすばらしかったです(≧∇≦)
パフォーマンスもすばらしかったです☆

Green Dayのパフォーマンスも初めて観ました。
すばらしかったです。

w-inds.のお三方はプレゼンターでした。
緊張していたみたいだけど、楽しそうでした^^



マイケル追悼その1
2009-06-28 00:00

 2009年6月26日(金)の朝、いつもと同様にNHK総合をつけていたら、
7時になっていちばんに、阿部渉さんが深刻な顔で、
「いま入ったニュースをお伝えします。歌手のマイケル・ジャクソンさんが搬送されました」
というようなことをアナウンスなさいました。

「搬送?」と思いました。
出勤してしばらくしたら、ネット上のヘッドラインに「死去」と出ました。
信じられませんでした。(いまは信じられてきています)

26日の夜、「私はマイケル・ジャクソンのCDを持っているのか、いないのか」と思って、
家の中を探してみたところ、1枚持っていました。
『グレイテスト・ヒッツ~ヒストリーVOL.1』というのを。

以前に、『BILLIE JEAN』『BAD』『THRILLER』『BEAT IT』のいずれかをヒトカラする目的で、
音源として購入したのだと思います。

かけてみました。
『HEAL THE WORLD』という、報道のBGMでかかって気に入った曲が、入っていました。

でも私のいちばん好きな、『Smooth Criminal』が入っていないのだと気づきました。
買ってヒトカラしたいです。



映画『風の谷のナウシカ』を観ました。
2009-06-27 00:00


映画『風の谷のナウシカ』のDVDを、TSUTAYA DISCASでレンタルして、観ました。

この映画は『紅の豚』と並んで、「途中で絶対に寝てしまう2大映画」でしたが、
これで克服したことになります^^

過去の戦争により、人間が住むことのできない「腐海(菌類の森)」が広がりつつある世界。
「風の谷」はいつも風が吹いている場所。
「風の谷」の姫「ナウシカ」は、虫などと心を通じ合わせる能力を持った少女。
「腐海」の影響で病気になった父親や谷の人々を助けたいと思っている。


そこに何かが起こるんですけど、よく理解できませんでした。

どこかの国の姫で美人の軍人と敵対する立場になり、何とかしようとしていました。

当初の計算と違って、食事時に適さない映画であったため、
DVDを観るのがおもに食事時である私は、観終わるのにとても時間がかかってしまいました。
「虫」の映画でした。

子どもたちから「みんな死ぬの?」と訊かれた「大ババ様」の、
「さだめならね。従うしかないんだよ」というセリフが好きです。



ファラ・フォーセットさんが亡くなりました。
2009-06-26 00:00


ネットはともかく、テレビでは、
マイケル・ジャクソンの訃報が圧倒的でした。

ファラ・フォーセットが亡くなっても、緊急特別番組は放送されませんね。

追悼番組として、後日、出演映画が放送されるかもしれませんが。

私は、中学生くらいの時に、テレビシリーズ『チャーリーズ・エンジェル』を観ました。
妹役のシェリル・ラッドも大好きでしたが、
ファラ・フォーセットは特別な美女でした。

暑い季節に、他の人がかなりラフな服装になっている時でも、
ファラはエレガントなブラウスをきちんと着こなしていた、という、
デビュー前のエピソードを、
当時買っていた月刊『ロードショー』で読んだ記憶があります。憧れました。

いま本棚を見たら、奇跡的にも、ロードショー5月号第2付録『スター名鑑1979』がありました。
表紙に3人の女優さんのワンショット写真が載っています。
リンゼイ・ワグナー、テイタム・オニール、そしてファラー・フォーセット・メジャース。
アラ、なのに、当時ファラの夫だったリー・メジャースが載っていません^^;



うなぎファクトリーさん♪
2009-06-25 00:00


今日、ちょっと遠出しました。
「ICR-RS110M(小型ラジオ兼、ラジオ番組の録音&再生もできる機械)」を持って。
列車の中で、
おととい録音した「爆笑問題カーボーイ」を聴きました。

すると。
びっくりしました。

うなぎファクトリーさんの投稿が読まれたのです。超ひさしぶりに。
それも「人妻枠」で。

非人妻が「人妻枠」に投稿する場合、
「人妻じゃない私が投稿して申し訳ありません」等の前置きが入ることがほとんどですが、
うなぎファクトリーさんは「人妻じゃないけど将来の旦那様に出会うシチュエーションを想像して」
とあくまでも前向き(・∀・*)

爆笑問題のお二方、とくに太田さんが、
うなぎファクトリーさんの久しぶりの投稿を非常に喜んでいる様子が伝わってきました。

私も超うれしかったです。



move your body / w-inds. (1)
2009-06-24 00:00


DVD『w-inds."PRIME OF LIFE" Tour 2004』を観て以来、好きだった
『move your body』を、とうとうヒトカラしました^^

いや~むずかしい!!
当然です。ほとんどラップですから。
いま練習中の『Rain Is Fallin'』のラップも非常にむずかしいのですが、
それとはまた違ったむずかしさがあります。
これでもかの量。
できるようになるのかな。
いやできるに違いない、『Pieces』だってできるようなったんだから。
(*゚0゚)ハッ!!『move your body』は『Pieces』のカップリングですね。
当時はラップ集中月間だったのかな、w-inds.…。

今回のソラミミ(c ̄- ̄)
「soul燃焼!」を「そ~でしょう!!」だと思ってました。

あと、「highなmode!」「2人の間も!」の「も」はカワイイですね(o´∀`o)゜

DVD『w-inds."PRIME OF LIFE" Tour 2004』を観ていないかたは、
ぜひ観てください^^



『JUNON』8月号を買いました。 (2)
2009-06-23 00:00


今日、仕事の後に、オフィスがあるビルの1階の書店で買いました。
もう3冊しか残っていませんでした。

w-inds.のページ、本編もおもしろかったんですが…。
(お三方直筆のグラフが…。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!)

しかし、私は、今回、
100ページに載っていた、緒方龍一さんの「味噌汁」に衝撃を受けました。

私、ダシなんて取ったことありません。
…いや、忘れているだけか?
じゃあ、記憶にありません。
いつの日か、ダシから取った味噌汁を作る習慣を持つ人間になりたいものです。

一発待受けもさっそく。
153ページの、
「シャイだったしちっちゃかったから
 中学まで全然モテなかった」
というキャプションのついた、緒方さんの写真。
変なポーズ、と思ったのですが、待受けにしてみると、なんか、きれいです。



映画『マリー・アントワネット』を観ました♪
2009-06-22 00:00


BSフジで録画して、先日、観ました。ソフィア・コッポラ監督作品。

マリー・アントワネットはおなじみの人物です。『ベルばら』育ちの私にとっては。

しかし、この映画では、
『ベルサイユのばら』のマリー・アントワネットとは違う印象を受けました。

『ベルばら』のマリー・アントワネットは、
少女時代は明るく愚かな人物として描かれていますが、
この映画では、もう少し知的に見えました。
母であるオーストリア女帝の政治的意図を理解し、
オーストリアの平和を維持するためにフランスへ嫁ぐ、という意識が高いように見えます。
国境の建物で、オーストリア側からフランス側へ引き渡される時、
飼い犬も取り上げられてしまいますが、泣き顔になりながらも、文句は言いません。
(この時の主演女優が、実年齢23くらいですが役年齢14歳に見えるかわいさです)
また、夫に対して気を使って優しくしています。

それに、フェルゼン伯爵との恋にも、最初から何も、奇跡を望んではいない感じです。

デュバリー夫人への対応も、『ベルばら』よりは大人です。本人のストレス度合いも含めて。

ところで、ポリニャック伯夫人が『ベルばら』と比べて、ぜんぜん悪役でなかったです。



『ザテレビジョンHOMME』vol.7を買いました。
2009-06-21 00:00

 ←これは前号。
w-inds.の公式ホームページの「MEDIA更新」の情報をもとに、
『ザテレビジョンHOMME』というムックを買ってしまいました。発売日6月19日に。

某書店に入って、
テレビ誌のコーナーをものすごくじっくり見たけれど見つからず、
店員さんに「『ザテレビジョンHOMME』を買いたいんですけど」と言ったら、
「音楽雑誌コーナー」から持ってきてくれました。
それもちょっと違うと思うんですが。いえ、橘さんについては合ってますが。
どちらかというと俳優さんの記事が多いです。

『ザテレビジョンHOMME』には、テレビ欄がありませんでした(!)

若手男性芸能人の情報がたくさん載っていました。

佐藤健さんの7ページと、加藤和樹さんの6ページの間に、
橘慶太さんの6ページがありました。
そのうち1枚の写真が、先日の『週刊ザテレビジョン』(2009年06月10日のブログ参照)
に載っていたのと同アングルでした。

『You are...』の「君」は年上という設定なのだと分かりました。おトク^^



LOVE涙色 / 松浦亜弥 (1)
2009-06-20 00:00


何年か前に紅白歌合戦で観て、ヒトカラしたいなと思った歌です。
その時、松浦さんはおひとりでの出場ではなく、
同じ事務所のかた何人かといっしょに出ていらしたと思います。
素晴らしい歌唱力に感動しました。
未練を残しながらも将来性のない恋愛をキッパリあきらめる、歌詞にも感動しました。

歌詞といえば、
恋人のことを想うのに、
「どれっくらい どれっくらい 身長 伸びたとか」考えてしまうところが、
10代の恋愛だなあ…^^と思いました。

さて今回から、
現在の体調にあわせ、ヒトカラする時間を2時間半から、2時間に短縮しました。
そのために、いままで課題曲1曲につき4回ずつ歌っていたところを、3回に変更しました。
体調不良だからと言って、
おばあさんになるまで、というか一生つづけたいこの趣味を、
途切らせたくないのです。
ひとりでいる時に転倒したり、意識不明になったりしては、
人様に迷惑をおかけしますので、
自重しながら続けたいと思います。



書籍『更年期、一人で悩まないで!』を読みました。
2009-06-19 00:00

 ←『更年期、一人で悩まないで!』
『Q&A家庭のお医者さん 更年期障害』『47歳の私に起こったこと』に続く、
更年期関係の本を読みあさって自分と同じ症状を見つけようキャンペーン第3弾。
3冊とも図書館で借りました。

『更年期、一人で悩まないで!』は、「メノポーズを考える会」の著作です。
そういった団体があって、電話相談などもおこなっているそうです。
多くの相談内容も収録されています。

この本を読んで、私の認識が更新されたことは以下です。

女性ホルモンの減少により、目の乾きが起こることがあり、
その結果、まぶしく感じることがあるそうです。
私は、コンサートに行った時、ライトをまぶしく感じる度合が年々強くなっていますが、
これも更年期のせいかもしれないとわかり、新鮮です。

更年期は、体質が変わって食物アレルギーが出やすくなる時期でもあるそうです。
私は2~3年前から、小麦粉と羊肉のアレルギーになったようです。
小麦粉については、たとえば菓子パン半分なら大丈夫なのですが、
1個ぜんぶ食べると、10分後くらいから喉に違和感が発生し、少し息が苦しくなります。
羊肉を食べると、1時間後くらいから赤い発疹が出ます。



書籍『47歳の私に起こったこと』を読みました*ネタバレです。
2009-06-18 00:00


更年期関係の本を読みあさって自分と同じ症状を見つけようキャンペーン第2弾。

合衆国のコラムニスト、ゲイル・サンドさんが、
47歳から50歳ごろまでに、ご自分の身に起こった更年期障害と
その対策についてお書きになった本です。

更年期というのは、閉経をはさんだ前後10年くらいの(本によっては15年)、
女性ホルモンの分泌量が減少する期間のことです。
少女とおばあさんは、女性ホルモンを分泌していません(たぶん)。
更年期には、ホルモンアンバランスの影響で、体になんらかの変調が起こります。
苦にならない程度の人もいれば、寝込んでしまうほどの人もいます。

ゲイルさんは、主にホットフラッシュ(暑くなって大量の汗が出る症状)に悩まされ、
医師からホルモン補充療法を提案されましたが、リスクを恐れ、
それ以外の解決法を、3年かけて探しました。
鍼灸、サプリメント、ヨガ、アーユルヴェーダ、などなど。
けっきょくどれも効かず、ホルモン補充療法を受けて、劇的に改善します。

そこに至るまでの物語が、おもしろおかしく描かれています。
とっても明るいです^^



「丸美屋やくみ処」で創作茶漬け^^
2009-06-17 00:00


先日、ファミリーマートで、「丸美屋やくみ処わさび風味」という製品を買いました。

自分でそばをゆでて食べる時に使う、乾燥ねぎが切れていたので、
乾燥ねぎを探していて見つけたのです。

何回か、そばに入れて食べました。普通においしかったです。

さて今日は、
午前中にいちど外出して帰宅して、午後また外出するつもりだったのですが、
おっくうになってしまいました。晩ごはんを買ってくるつもりだったのに。

電子レンジで2分あたためれば食べられるごはんのストックはあります。
梅干しもあります。
番茶の茶葉もあります。
そして、「やくみ処」もあります。

私は外出を取りやめました。

お湯をわかして、
電子レンジでごはんをあたためて、深いお皿に入れて、
やくみ処をたっぷり振りかけて、
番茶(急須で作った)を注いで、
梅干しを載せました。

普通においしいお茶漬けができました^^



2009年5月30日放送『ミュージャック』を観ました。
2009-06-16 00:00

 2009年5月30日(土)にBSフジで放送された『ミュージャック』を、録画で、観ました。

ゲストはスキマスイッチ「アフロじゃないほう」と「アフロをやめたほう」のお二人。

大橋卓弥さんは料理が好きで、まるどりを煮込んでスープをとり、担担麺を作るとかw(°o°)w

常田真太郎さんは先日のフットサル大会で準優勝し、MVPを獲得した話を。
大会前は、週5回練習したとか。
その大会で優勝し、得点王を獲得したw-inds.の橘慶太さんのVTRが(≧∇≦)
BGMは『Rain Is Fallin'』。なぜかキメ顔の橘さん\(^o^)/コメントは↓
「(常田さんは)前線で張ってボールをもらってシュート。走れないの?守備は大丈夫?」
常田さんは「走れてますよアイツは!!(#゚Д゚)」

宣伝をかけてリフティングに挑戦する常田さん。いろいろあって6秒ゲット^^

「緊急企画!男ならパターで一発!入れてみよう!」に挑戦する大橋さん。しかしインならず。

ジャッキー・チェン好きの大橋さんのために、中島さんが「ジャッキーをお呼びしました。どうぞ!!」
すると出てきたのは弾丸ジャッキー\(^o^)/
常田さんが毎日、弾丸ジャッキーのブログを読んでるそうです。とくに松雪さんの\(^o^)/

Ranking jackでは『Rain Is Fallin'』が2位。1位はVAMPSの『EVENESCENT』でしたw(°o°)w



映画『紅の豚』を観ました♪
2009-06-15 00:00


やりました。
ついにこの映画を、最後まで観ることに成功しました。
今まで、テレビ放映を観たことしかなかった、というのはあるものの、
観ている途中で必ず寝てしまう二大映画のひとつでした。

しかし今回は、TSUTAYA DISCASでDVDをレンタルして観ました。
DVDだから途中で寝ても安心、とは思っていましたが、実際には、途中で寝ませんでした^^

第一次大戦後の、世界恐慌へ向かうイタリア。
ポルコは、なぜか顔が豚の、飛行艇乗り。
もとはイタリア空軍のエースだったが、今は賞金稼ぎをしている。


なぜ豚なのか、は最後までわかりませんでした。
豚って唐突ですよ。
これがもし、豚人間でなく普通の人間だったら、変なのかな?
孤独を表しているのかな?

ともかく面白かったです。ストーリーもディテールも。

イタリアなのになぜかシャンソンを歌う、ホテルの女主人がいたりして。
それは当時、普通のことだったのでしょうか?
そのシャンソン、カラオケにあるなら歌ってみたい気もします。



年に2回、冬が来るのですね。
2009-06-14 00:00


2009年6月12日、新型インフルエンザについて、
世界保健機関がフェーズ6への引き上げを宣言しました。

なんで?と思った日本人の私。
理由は、南半球での感染拡大だそうです。
南半球の国はこれから冬なので、いっそう警戒するらしいです。

ハタと思いました。

冬というものは、年に2回、地球を訪れるのだなと。

日本では、新型インフルエンザの今秋の再来が恐れられていますよね。
弱毒性から強毒性に変化するのではないかと。

インフルエンザウイルスが活動的になる、気温と湿度の低い冬。
その冬は、
日本の、というか北半球の冬だと思うのは傲慢だってことですね…。



明治屋と明治製菓は関係ないのですねw(°o°)w
2009-06-13 00:00

     

明治屋と明治製菓は関係あるような気がしていたのです。
ハッキリとそう意識したことがあるわけでもなかったのですが。

先日、ネットか何かで、「MEIDI-YA」という文字を見ました。
ハッとしました。
よく見る明治ミルクチョコレートの「明治」のつづりは「Meiji」だからです。

別の会社なのか~!
と思って、さっきウィキペディアで検索しました。

別の会社みたいです。

私は明治屋の甘さをおさえていないいちごジャムが大好きでした。
さいきん食べてないけど、甘さ丸出しタイプはまだあるのでしょうか?

ちなみにトップスのチョコレートケーキも好きでした。甘さ丸出しの。まだあるのかな?



書籍『Q&A家庭のお医者さん 更年期障害』を読みました。
2009-06-12 00:00

 池下育子著『Q&A家庭のお医者さん 更年期障害』を読みました。

2007年06月24日のブログの続きです。

「私は更年期なのか問題」が再び持ち上がっています。2年ぶりに^^

「病院へ行く」アプローチも進めていますが、まだ結論は出ていません。

「本を読みあさって私と同じ症状をさがす」アプローチを同時進行中です。
(2009年6月6日のブログに書いた「健康本」は、更年期障害本のことでした)

私にとって、この本の印象的だった部分は下記です。

更年期の平均年齢は43歳から55歳とハッキリ書いてくれているところ。私、あてはまります。

「初潮が早いと閉経も早くなる」わけではないらしいということ。

ホルモン補充療法(エストロゲン+プロゲステロン)を受けた人は、
受けなかった人よりも、子宮体がん発生率が下がるということ。

肩こり以外の症状にも、運動が有効であるということ。



Rain Is Fallin' / w-inds.×G-DRAGON(BIGBANG) (1)
2009-06-11 00:00



『HYBRID DREAM』に続き、『Rain Is Fallin'』を初ヒトカラしました。

難しいです。
ラップ部分が。

G-DRAGONさんの英語(たぶん)は、私には、見知らぬ外国語のようです。
それに、リズム感が独特な感じです。
私は今後、上達したとしても、G-DRAGONさんの真似にすぎません。
詞とメロディを見ただけであんなふうにラップすることはできません。

そしてソラミミ。
「恋を逸らす」を、歌詞カードを見ないうちは、「恋をさらす」だと思っていました。
逆の意味になってしまいますね^^;

さいきんいつも、2時間半ヒトカラするのですが、
今回は、最後のほう、疲れて集中力が途切れ、
また、立って画面を見るとめまい気味でした。

ちょっと、ソリューションが必要です。



『週刊ザテレビジョン』を買いました^^
2009-06-10 00:00


『週刊ザテレビジョン』を今日、買いました。

w-inds.のオフィシャルホームページに、情報が出ていたので。

橘慶太さんが、Sweetなモテメンとして、2分の1ページを占めていました\(^o^)/
アップのお写真。
そして、話題はジョギング^^

他のモテメンは

Straight市原隼人さん
Sharp城田優さん
Smart佐藤健さん
Sexy小池徹平さん

でした。
なぜみんな、「S」で始まる単語なんだろ^^

テレビ番組表も載っているので←
今週は『ステラ』を買わないでおこうと思いました。
でもテレビ欄、ほぼ地上波だけなのね…^^;
と思ったら、うしろのほうに、BSもありました\(^o^)/



2009年5月24日放送『大阪発疾走ステージ WEST WIND』を観ました。
2009-06-09 00:00


2009年5月24日にNHK BS2で放送された『大阪発疾走ステージ WEST WIND』を、録画で観ました。

スタジオ収録で 西川貴教さんが滋賀県ふるさと観光大使として出ていらっしゃいました。
滋賀県には琵琶湖がありますが、まわりの県の人たちは滋賀県の人に対し、
(滋賀県のほとんどが琵琶湖という誤解のもとに)「ビシャビシャやろ」「ヒタヒタやろ」と
からかう、という話が新鮮でした。

ホール収録の、abingdon boys schoolの『JAP』のパフォーマンスで、
西川さんのものすごい声量と正確な音程と肺活量(とヴィブラート)を堪能しました。

w-inds.が登場すると、客席の女子のみなさんの声援がすごかったです。
NHKもビックリしたのか、客席の様子が何回も映し出されていました。
MCからの質問には主に千葉さんが答えていました。分かりやすいお話ですばらしかったです。
もちろんパフォーマンスもよかったです。

筋肉少女帯をかこむ座談会のようなコーナーがありました。スタジオ収録です。
なだぎ武さん、バッファロー吾郎、お~い!久馬さん、友近さんが参加していました。
そこで、大槻ケンヂさんが木村明浩さんへ「今日はオモシロクナールのほうは?」
と訊いていたのが笑えました。
間違えて類似品のネムクナールを飲んできてしまったらしいのですが(≧∇≦)



小説『黒い雨』を読みました。
2009-06-08 00:00

 2009年05月25日のブログの続きです。
映画『黒い雨』を観まして。
ウィキペディアで検索したところ、
今村昌平監督は、原作にないラストシーンを撮影していたが、迷った末、カットしたとあったので、
じゃあ映画のラストは原作通りなのか、なぜか確認したくなって、原作を読みました。

すると、いろんな部分が、原作と映画では、違いました。

映画では、登場人物の体調不良について描かれていますが、
原作では、日記や手記、人から聞いた話などのボリュームが大きいです。
「僕は」という書き方なのが日記の部分、昭和20年の8月です。
「重松は」という書き方なのが現在(昭和25年)の神目線、というか、
ともかく「重松」を俯瞰で見ているわけですが、神というよりは父目線か兄目線と感じました。

主人公「重松」と、著者の井伏鱒二さんは同年代なので、
ご自分の経験を書いているのかと思いました。しかし、あとがきを読んでも判明しません。
いま、ウィキペディアの外部リンクで、
日記部分を書いた人物が、井伏さんとは別に実在するらしいとわかりました。

正午の玉音放送は雑音でよく聞きとれず、夕方のニュースで初めて敗戦を確認したという部分など、リアルに感じました。それは日記を書いた人物と、井伏さんの、どちらの体験なのか、
知りたくなりました。



茶髪と白髪
2009-06-07 00:00


子どもの頃から、前髪の中に1本だけ、金髪がありました。
金髪といっても、スカリー捜査官くらいの(赤毛に近い感じの)。

私は中学生くらいの頃、メーテルに憧れていて、金髪になりたかったので、
自分の前髪の金髪が好きでした。

それがここ半年くらいで、白髪になりましたw(°o°)w

単なる色素不足だったんだろうなと、気付きました。

というのは、前にも書いたかもしれませんが、
本来は真っ黒な髪の私。
美容目的で茶色に染めたいなと思っても、頭皮にブツブツが、ここ何年もあって、
染めることができません。

と思っていたら、最近、ナチュラルに茶髪になってきたのです(部分的に)。

どうも、黒い髪が、まず茶髪になって、それから白髪になるようです。

いろんな髪の色が楽しめて幸せです

複数の本を同時進行で読んでいます。
2009-06-06 00:00

複数の本を同時進行で読んでいます。現在読んでいる本は以下の通り。

『(タイトル忘れた)』昔の(年代忘れた)、西洋の(どこの国か忘れた)船を舞台とした小説。
これは人からすすめられました。

『竜馬がゆく』これは爆笑問題の太田さんがずいぶん前にオススメなさっていた本だから、読み始めて、長いので挫折しかかって、
そんなとき、来年の大河ドラマのために福山雅治さんもこの本をお読みになっていることを知り、やる気が倍になりました。

『機動戦士ガンダム』これは、よしたにさんの漫画に出てきて、読みたくなってアマゾンで買ったもの(たしか)

『黒い雨』これは、せんじつ映画を観て、原作も読みたくなったもの。

健康本。説明は、今は控えます。

いつもこんな感じに同時進行です。
読み終わったものから感想をブログに書いたり書かなかったりです(^^;)



2009年5月16日放送『MUSIC FAIR』を観ました♪
2009-06-05 00:00


2009年5月16日(土)にフジテレビで放送された『MUSIC FAIR』を、録画で、観ました♪

出演者は徳永英明さん、スキマスイッチ、JUJUさん、そしてw-inds.。

冒頭では徳永英明さんの『輝きながら…』を出演者みんなで歌唱。
とはいってもスキマスイッチからは大橋卓弥さんのみ。w-inds.からは橘慶太さんのみ。
次にスキマスイッチの『全力少年』をみんなで歌唱。「全力制作」と背中にプリントされたTシャツを着たスタッフが常田真太郎さんとキーボードの乗った台を押してくるのと同時に、
千葉涼平さんと緒方龍一さんも徒歩で登場^^w-inds.のお三方は身振り手振りも交えて熱唱していました。「セカイを開くのは僕だ」のところで、橘さんと緒方さんが同じポーズをしていて感動

草なぎ剛さんの復帰番組を観ました♪
2009-06-04 00:00

 2009年04月26日の続きです。

草なぎ剛さんが復帰した、『SMAP×SMAP』と『「ぷっ」すま』を、録画で観ました。

うれしかったです^^

『SMAP×SMAP』はライブから始まりました。
この収録のためだけに振り付けされたと思われるダンスもあったりして、うれしかったです。
ビストロのコーナーには爆笑問題が出ていて、
爆笑問題好きな私には、二度おいしい番組となりました。
木村拓哉さんの「オレらは二度目だけどな」というお言葉に、
ひっくり返って笑ってしまいました☆
木村さんの率直さが、私の救いです。免疫あがる~(^_^)

『「ぷっ」すま』は、新しく収録したのはオープニングだけで、
本編は以前に収録したものみたいですね。
私のいちばん好きな企画「絵心クイズ」。
女優のりょうさんの絵をすごく好きだと思いました。
『「ぷっ」すま』内の評価はそんなに高くなかったけど…。

『「ぷっ」すま』を、今後しばらく、観るでありましょう

漫画『ぼく、オタリーマン。4』を読みました。
2009-06-03 00:00

 私はよしたにさんを好きなので、ブログなどを見ていたら、
担当編集者の源さんが、「『ぼく、オタリーマン。4』は6月1日ごろ発売です」
とお書きになっていたので、
5月30日から書店でチェックしていました。
実際に見つけて買ったのは、6月1日ちょうどでした。
職場と同じビルの書店で買ったのですが、
電車に乗って帰宅したら、地元のセブンイレブンでも売られていました^^;

おもしろかったです。

よしたにさんの過去の恋愛話が描かれていることに驚きました。
しかし、
「以前は「これは描いてはいけない」と思っていたネタも最近は描ける」
とも書かれているのを読んで、共感しました。

私も、「ブログには書けない」と以前は思っていたことを、
最近、書けるかもしれない心境になってきました。まだ書いてませんけど。

あともうひとつ共感したこと。休日について。
休日はすんごく寝坊して、平常心で家事などをやろうと思っても、
本来よりも時間がかかったりして、けっきょく寝るのが遅くなって、疲れが取れません。



コンビニに薬コーナーが!
2009-06-02 00:00



今日、昼休みにサンクスというコンビニでおにぎりを買いました。

その時に、「薬コーナー」ができていることに気づきました。

時間がなかったのでじっくりとは見なかったのですが、
目薬などが並んでいたような気がします。

今朝のNHK総合でも、薬というものが法律上、3種類に分けられたという話題がありました。

私の愛用のイソジンなどがコンビニで買えるようになるのは便利です。

しかしドラッグストアはコンビニにお客を取られてしまって、
産業構造の変化が起こるのかな。

以前に、医薬部外品がコンビニに初めて置かれた時も新鮮だったけど、今後しばらくは、
コンビニの、薬コーナーの前で不必要なほど長時間、立ち止まってしまいそうです。



ドラマ『風のガーデン』第10回まで観ました。
2009-06-01 00:00

 TSUTAYA DISCASから、ドラマ『風のガーデン』のDVDが順調に届いています。

先日、DISC4と5が届きまして、私は「5」を観るとき、「これで最終回だ~」と思ったのですが、
『風のガーデン』は実は全11話であり、「5」には第9話と第10話が入っていたのでした。
たぶん次回送られてくる「6」。これに最終回だけが収録されています。

「貞美(中井貴一)」は病気が進行し、富良野に戻ってくるが、
「父・貞三(緒形拳)」からは勘当されているため、
子どもたちが働く「風のガーデン」の近くの森にキャンピングカーを置いて生活。
しかし、同級生や、緊急に乞われて麻酔科医として手術に参加した病院などから、
「貞三」にばれてしまう。


森の中で、「貞美」と「貞三」が語り合うシーンがあるのですが、
とても美しかったです。
緒方拳さんの右肩にトンボがとまっているのですが、
それはストーリーとは何の関係もないらしく、
ご本人もお気づきでなかった様子でした。

あと、緒方拳さんと草笛光子さんの関係がよくわかりません。

あと、現在フジテレビで再放送していることに気づきました。DVDが順調に届く訳ですね^^;