FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

YES or NO / w-inds. (1)
2009-01-21 00:00


2008年12月31日のブログに、
「いちばん歌いたかったのは『YES or NO』だったのですが、
 HyperJoy WAVEで歌えるのは2009年1月9日からということで…」と書いてあります^^

今回その念願の『YES or NO』をヒトカラ始めました^^やった。

今日はまだぜんぜん、譜割りがつかめていません。

予習で「つかんだ」と思っても、実際に歌うと、意外に分からない部分が出現するものです。

私がこの歌を好きなところ。
主人公の男性が、
「君」と呼んでいる女性に嫌なところをひとつ見つけたからといって、
それですべてを終わりにしてしまうような短絡的なキャラクターではないところ。

自分が彼女を説得しようとしているし、理解しようとしているし、
彼女のいいところをまず見て、欠点にも根気強くつきあおうとしているところ。

かつてのCHAGE and ASKAを思わせるような(あ、解散はガセネタだったそうですね)
カマトト風の表現でありながら(でもないか)心と行動は大人だぞ、という…。
萌え~(すみません)



サンデーカラオケベスト100in『爆笑問題の日曜サンデー』
2009-01-20 00:00

 2009年1月4日に放送された、TBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』はスペシャルでした。「サンデーカラオケベスト100」という。いつもやっているコーナー「サンデーカラオケベスト10」の拡大版です。第一興商DAMが1994年に開始してから足掛け15年間に歌われた全部のデータから、最も歌われたベスト100の発表だったのです。で、ベスト10だけ記させていただきます。

第 1位 『涙そうそう』夏川りみ
第 2位 『ハナミズキ』一青窈
第 3位 『TSUNAMI』サザンオールスターズ
第 4位 『チェリー』スピッツ
第 5位 『天城越え』石川さゆり
第 6位 『居酒屋』木の実ナナ&五木ひろし
第 7位 『北空港』浜圭介/桂銀淑
第 8位 『北の旅人』石原裕次郎
第 9位 『ふたりの大阪』都はるみ・宮崎雅
第10位 『fragile』Every Little Thing

田中裕二さんの解釈によると、カラオケボックスに来店するのは主に若者と高齢者であり、現時点で30代~40代くらいの年代の人を中心に支持されているような歌が抜けている、と。若者から、または高齢者から、またはその両方から圧倒的な支持を受けている歌がランクインした、と。

私個人は、4位『チェリー』が発表された時点で、ラジオの前で(というのは比喩的な表現で、本当はMDを再生していたMDCDラジカセの前で)狂って踊っていました♪
キターン━(´∀`)━( ´∀)━(  ´)━(   )━(`  )━(∀` )━(σ´∀`)σゲッツ!!



映画『スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ』を観ました♪
2009-01-19 00:00

 テレビで録画して、先日、観ました。

ニューヨークで暮らしていたが、警察官に暴力をふるい、
日本に強制送還された少女(松浦亜弥)。
母親と同居していたが、母親にはスパイ容疑がかかっているため、母親は送還されなかった。
刑事の吉良(竹内力)は司法取引を持ちかける。
匿名刑事としてある高校で潜入捜査し事件を解決できれば、
母親が裁判で有罪にならないようにするという…
匿名刑事のコードネーム「麻宮サキ」を受け継ぎ、少女は捜査を開始する。

いろいろな点でツッコミどころ満載の映画でしたが、おもしろかったです。

私は松浦亜弥さんの動きが好きです。キレがあるのです。
ダンスもうまいけど、アクションもすごいなあと思いました。

それと、やけにケンカ慣れしている役なのですが、
攻撃されてダメージを受けた時はクールでなく、ちゃんと痛そうな顔をしたり
声を上げたりするところも好きです^^

母親役は斉藤由貴さん。2006年の映画なので、斉藤さんに高校生の娘がいても
ぜんぜんおかしくないのですが、若く見えます^^

斉藤さんのスケバン刑事時代にはヒザ下丈だったセーラー服ですが、
松浦さんはミニスカートです。時代を感じます♪



仮面ライダーAGITO / 石原慎一 (1)
2009-01-18 00:00


先日観終わった『仮面ライダーアギト』ですが、
オープニングテーマを何回も聴いているうちに、歌いたくなりました^^

途中から(ウィキペディアによると50話中36話から)歌詞が変わりました。
2コーラス目かな?と思っていたのですが、
『仮面ライダーアギト ソングコレクション』というアルバムを入手して聴いてみると、
どこにもその、36話以降の歌詞の部分がありませんでした。

ウィキペディアによると、
この新しい歌詞は『仮面ライダーAGITO 24.7 version』という名前がついているようです。
私御用達のカラオケ機種「HyperJoy WAVE」にも、『仮面ライダーAGITO』とは別に入っているので、
後日、歌ってみたいと思います。

サビの「仮面ライダーアギト~」の「ト~」の部分の音程が、
石原慎一さんの歌唱ではフェイクしているように聴こえ、音が取りずらいので、
劇盤のメロディで歌ってみました。
すると低くなりすぎてちょっと歌いにくいです。

今後の課題です。

「HyperJoy WAVE」で『仮面ライダーAGITO』を歌うと、
本人というかドラマの映像が出るので楽しいです^^



冬のドラマ選び♪
2009-01-17 00:00


ケーブルテレビを解約して、ケーブルテレビガイドが来なくなったために
(実際には1月分までは来ました)
『TV Bros.』を再び買い始めた修羅笛の鍵です^^

1月スタートのドラマ紹介記事が載っていたので、
かつてのように、
積極的に観たいドラマに○、観てもいいドラマに△、興味のないドラマに×をつけてみました。
すると○が3つありました。

『銭ゲバ』と『メイちゃんの執事』と『特命係長 只野仁』です。

現在、録画から視聴までのタイムラグが約10日間なので、
私にとってはまだ『特命係長…』しかスタートしていません^^;

でも『特命係長…』第2回をさっそく録り忘れました^^;
いいもん1話完結だから。

それと、△だった『ありふれた奇跡』と『Q.E.D.証明終了』も録画しています。
他の番組と重ならないので何となく。

さて何本見続けることができるやら。



『第59回NHK紅白歌合戦』を観ました♪
2009-01-16 00:00

 『紅白』も、『レコ大』同様、当日と録画で、ほぼ2回、観ました♪

CMなし、豪華な出演者、趣向をこらしたステージなど、
NHKならではの豊富な予算のせいなのか、長時間の番組なのに飽きませんね♪

今回、印象に残ったこと。

『崖の上のポニョ』の楽曲披露前に、過去のジブリ映画の主題歌がいくつか歌われたこと。
平原綾香さんの歌唱力にあらためて感動しました。
『天空の城ラピュタ』の主題歌『君をのせて』をヒトカラしたくなりました。
ちなみに映画は観ていません。

世界のナベアツさんが、WaTの『36℃』の曲紹介をアホになってしていたのはまだ分かるとして、
中村美律子さんの『河内おとこ節』の歌詞「坂田三吉」の「三」の部分を
中村さんに代わって、アホになって言っていたのはすごいと思いました(≧∇≦)
2007年の前川清さんとクール・ファイブの『そして、神戸』にムーディ勝山さんが当然のような顔で参加していた時と同様に爆笑しました^^

『紅白』を含め年末の歌番組を観てヒトカラしたいと思った歌は『君をのせて』以外では下記です。
Perfume『ポリリズム』、ジェロ『海雪』、SPEED『White Love』、
青山テルマfeat.SoulJa『そばにいるね』、森山直太朗『生きてることが辛いなら』、
平原綾香『ノクターン』、EXILE『Ti Amo』、Mr.Children『GIFT』。



『第50回 輝く!日本レコード大賞』を観ました♪
2009-01-15 00:00


2008年12月30日のブログに、レコード大賞と最優秀新人賞の予想を書かせていただきましたが、
的中してうれしい修羅笛の鍵です^^

当日と録画で、ほぼ2度、観ました♪
当日はところどころ、ラジオでも聴きました。
w-inds.が出てくるところで、我慢できずにテレビに切り替えてしまいました^^;

w-inds.のパフォーマンスは良かったです。
「思いを抱いて」の発音方法がまた変わっていました。ライブっていいですね^^

昔の映像が流れる時、画面右下の小さい画面に、
現在の会場に居るアーティストが映りますが、
「GIRL NEXT DOORの人がやたらと映るなあ」と前半は思っていました。
すっごく後になってw-inds.が映り始めた時点で、
ステージが終わった人しか映らないんだ、とわかりました^^;

最後、大賞が決定する時、会場に座っているアーティストが映りました。
緒方さんの隣にSoulJaさんがいて、「あっお友達^^」と思いました。
その隣に青山テルマさん、その隣にEXILEが^^

EXILEは、前回と違って余裕でしたね☆



映画『パール・ハーバー』を観ました。
2009-01-14 00:00

 映画『パール・ハーバー』を、先日、観ました。
たしか、レンタルではなくテレビを録画したのだと思います。
たしか、『w-inds.M』の第4クールの「おた読みんズム」コーナーで、
千葉涼平さんがオススメしていた映画だったので観たのだと思います。
記憶があいまいですみません

日本軍による1941年12月の、ハワイ真珠湾攻撃をモチーフとした作品です。
公開当時(2001年)から興味はありました。戦闘機に。

日本軍の描写がとっても変なのですが
(『ラストサムライ』での日本人の髪型や、日本の風景も変だったですが)
それはまあ、スルーするとして。

日本軍が真珠湾へ奇襲して、
それにに対する報復のような形で米軍が初めて東京空襲を行うことになった、
その経緯が描かれています。

千葉さんが、
「アメリカの人にとってはこうだったんだと思った」
とおっしゃっていましたが、私も同感です。

戦争がいっさいなくなればいいのに。



最終回(2008年12月23日放送)「Q-inds.M」ネタバレポ♪
2009-01-13 00:00

 2008年12月23日(火)に放送された『w-inds.M』最終回を、録画しつつも、本放送で観ました。1年間の放送を振り返って、ところどころでQ-inds.M♪

(#6【韓国】にw-inds.Mより)バレンタイン前日、龍一君が恋する乙女に贈った応援メッセージは?
慶フリップ「トロけちゃえ!!」龍フリップ「スケスケパンティーでコクれ!!」涼フリップ「勝負○○をはけ!!」
Answer「勝負下着で!!」「Q-inds.Mおもしろいね~」と言いながら無意識にペンを回す橘さん^^

(#9【2006年】にw-inds.Mより)MTV STUDENT VOICE AWARDS 06にて最優秀ダンスビデオ受賞者の正解発表をした時の慶太君と龍一君のリアクションは?
龍「わかった!」慶「見してよ」龍「おまえどっちみちいっつもはずれてんじゃね~か」慶「友達だろ、オレら!」龍「友達以上だろ!!涼「ハハハ^^」慶フリップ「ドタドタドタ…」涼フリップ「オ~!!」龍フリップ「アイヤー」Answer「アイヤ~!!!」VTRの中で、ご自分の右手をオデコに叩きつける橘さんと緒方さん^^

(#21【VMAJ2008】にw-inds.Mより)MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2008 RED CARPET LIVEの出演者、最後の1組を龍一君は何と答えた?慶「こうやって昔のQ-inds.M見てると、『w-inds.M』おもしろいね」龍フリップ「クッパ」慶フリップ「ベジータ」涼フリップ「ベジータ」Answer「ベジータとナッパ

中略。お三方から最後のメッセージ。龍「(略)MTVにまた出れるようにがんばります」涼「(略)自由にやらせてもらえた。復活する際にはよろしく」慶「(略)w-inds.としての活動は続くので音楽やパフォーマンスに期待してください」そして花束贈呈と、スタッフとの記念撮影で終了。

私は「『w-inds.M』としては今日で最終回ですが、2009年1月からは『w-inds.M2』が始まりま~す」というパターンを期待していましたが、どうやら完全な最終回だったので、2008年12月26日にケーブルテレビを解約しました。また始まる時に、視聴インフラを検討します。1年間楽しかったです。お三方、そしてMTVの皆さん、ありがとうございました。



『仮面ライダーアギト』を観終わりました*ネタバレ少々
2009-01-12 00:00


テレビ『仮面ライダーアギト』全51話と、
映画『劇場版 仮面ライダーアギト PROJECT G4』を、レンタルで、観終わりました^^

おもしろかったです。

主な目的は要潤さんを拝見することでしたが、
主人公の仮面ライダーは3人いました。

『仮面ライダーである者』アギトの「津上 翔一」と、
『仮面ライダーになろうとする者』G3、後のG3Xの「氷川 誠」と、
『仮面ライダーになってしまった者』 ギルスの「葦原 涼」。

要さんは「氷川 誠」を演じています。警察官です。
変身するのではなく、装着する仮面ライダーです☆
つまりコスプレのような鎧を着て、専用の銃などで攻撃します。
終盤では彼の体にも何かが起きて、「変身する」ライダーになるのでは?
と予測していましたが、そうはなりませんでした^^;

「葦原 涼」には最初、興味がなかったのですが、
だんだんと感情移入しました。
彼は大事な人を失いすぎです。
でもけなげに生きています。ステキです。

あと、「津上 翔一」(というか賀集利樹さん)の怒りの二重アゴはカワイイです^^