FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

Everyday / w-inds. (3)
2008-12-31 00:00


正確には、「昨日の私の新曲」なのですが。
昨日はどうしても、レコ大の予想を書きたかったので、この話は今日になりました。

しかも私は今回、いちばん歌いたかったのは『YES or NO』だったのですが、
HyperJoy WAVEで歌えるのは2009年1月9日からということで、
今すぐ歌える『Everyday』の修行を始めました。

すると。『Everyday』のHyperJoy WAVEの全国採点には200人以上が参加していて驚きました。
大人気ですね^^

この歌もキーは低めです。
橘さんの1オクターブ下で、がんばれば、ほとんど地声で歌えそうです^^
でも、裏声で歌ったほうが美しい部分があります。

歌詞が覚えやすくてすばらしいです。
『約束のカケラ』は非常に、歌詞を覚えるのが難しいと感じていたのでなおさらです。

カラオケで歌うのだから、私が歌詞を覚える必要はないのですが(・∀・)

歌ってみて、聴いているだけの時よりも、『Everyday』を好きになりました^^
アフタースキー(アフタースノボ?)のカラオケもおすすめします^^



スポンサーサイト



レコード大賞の条件 (1)
2008-12-30 00:00

毎年この時期は、誰がレコード大賞を取るのかを思いつめている修羅笛の鍵です\(^O^)/

レコード大賞は、オリコンのランキングとは違います。
審査員の考えが繁栄される点が。

私の推察する、レコード大賞の受賞条件は以下です。
1.ヒット曲と呼べる程度には売れていること
2.音源を買っていない人の多くがその歌の存在やメロディを知っていること
3.「うまい」と言える歌唱力が歌い手にあること
4.その作品でブレークしたのではなく、過去にもヒット曲があること

そこで今年の予想です。

大賞がEXILE、最優秀新人賞がジェロ。

プランB。大賞が青山テルマ。最優秀新人賞がガルネク。

ノミネートの有無を無視していいなら、
GReeeeNの『キセキ』に、大賞を取ってもらいたいです☆



今日のNHK教育にビックリ
2008-12-29 00:00

 私は、毎朝、6時30分から、
NHK教育テレビの『テレビ体操』という10分番組をタイマー録画しています。
5分遅れなどで体操したくなっても出来るように。

今日も、タイマーで録画が始まりまして。

ゆうべ眠る時に、テレビがつけっぱなしでビデオモードになっていたので
自動的に目に入ってきたのだと思いますが。

ともかく砂嵐でした。

「しばらくお待ちください」も出ないし、
NHK総合を見ても平然と番組を進行しているので、
うちだけ、もしくはうちのマンションだけがおかしいのかと思いました。

インターネットで「NHKオンライン」を見てみると、トップページに小さく
「12/29の教育テレビは環境問題への取り組みとして、放送時間を短縮し
 午後0時30分から午後9時30分までの放送となります。」と出ていました。

ものすごくビックリしました。
私のように、それを知らなかった人は存在すると思うので、
NHKのお客様窓口みたいなところの電話が大変なことになったのでは?と心配になりました。



Kiss & Cry / 宇多田ヒカル (3)
2008-12-28 00:00


宇多田ヒカルさんのアルバム『HEART STATION』から2曲目のヒトカラ^^

歌ってみたら高音だらけでした。

宇多田さんの作品は、
極端な高音と低音が1曲の中に同居していることが多いような気がしますが、
『Kiss & Cry』には高音だけがあって、低音がないと感じます。

高音を出すのは大変ですが、低音と両方よりは楽です。

イントロから、ドラムがかっこよくて浸ってしまいます^^

そして歌詞には「日清CUP NOODLE」という言葉が大胆に入っていて、
さすが宇多田さんです。
NHKでは歌えないですよね。

コーダの部分のメロディを覚えきれていません。
次回までの課題です^^

HyperJoy WAVEの全国採点でこの歌の1位の人の名前が「宇多田ヒカル」さんでした^^
ご本人か。それとも『爆笑問題カーボーイ』のリスナーの「太田光」さんみたいな?



『新春すてきな奥さん』を買いました。
2008-12-27 00:00


『新春すてきな奥さん』2009年版を、先日、買いました。
(画像を、楽天アフィリエイトで探したけれど、ありませんでした)

例年と同様、リラックマのカレンダー目当てで^^

すると、2008年版と同様に、リラックマの手帳もついてきました。

2008年版の手帳は、自宅の机の上で開いて、卓上カレンダー代わりに使っています。
2009年もそうするつもりです。

カレンダー(手帳でないほう)は、寝室兼リビングに設置しています^^

このカレンダーのために、1500円の雑誌を買っているわけですが…

このカレンダーの書き込み機能だけを欲しているなら、100円ショップでも入手できますが…

私はリラックマを必要としています。

今回は手袋もついてきました。第何付録だったかな?
で、今、通勤時につけています。「リラックマ幸せの黄色い手袋」。
もう、リラックマのプリント部分はヒビだらけですけどね^^;



第47回(2008年12月2日放送)「MUSIC VIDEO SELECTION」
2008-12-26 00:00

2008年12月2日(火)に放送された『w-inds.M』第47回を録画で、先日、観ました♪
「MUSIC VIDEO SELECTION」みたび♪

 『ageha』初めて観ました。MUSIC VIDEOが存在していたことを知りませんでした。
2008年12月2日のブログで、「映像のメインがw-inds.でないMVは『TOKYO』が初めてですよね」
と書きましたが間違っていました<(_ _)>
しかしこのMVでは、離れる二人は男女なんですね。
私は今まで音源だけ聴いて、男子同士の親友しか想像していませんでした。
w-inds.の映像では緒方さんが特に美しく撮れていると思います。

『Feel The Fate』このMVでは千葉さんが特に美しいですね

クリスマスイブに、w-inds.から感動をもらいました♪
2008-12-25 00:00


2008年12月24日21時台、
私はゴハンを食べながらニッポン放送を聴いていました。

萩本欽一さんと東MAXさんのチャリティー番組に、w-inds.が参加していました。

私が聴き始めた時は、
会場にかかってくる、寄付申し込みの電話に、w-inds.も対応していました。

ちゃんと応対していて偉いなあ、と思いました。
とくに橘さん。

その後、『Everyday』の生パフォーマンスがありました。
ボーカルもコーラスもすばらしかったです。
「時に言葉伝えきれなくて宙を舞うみたいに」の部分の歌い回しが
新しいパターンだったので、感動しました。
ライブっていいですね泣
あと、初めてフルバージョンだったので感動しました(テレビではいつも短縮だったから)

その後の聴取者のかたの声として、
『Everyday』の生歌を聴いたおとうさんが、とつぜん寄付すると言い出した、というのがあり、
w-inds.ってすばらしい、
そのおとうさんもすばらしいと思いました^^



約束のカケラ / w-inds. (1)
2008-12-24 00:00

 歌唱中に咳きこむことがほとんどなくなった修羅笛の鍵です。

イエス様のお誕生日の前夜祭ですが…
まったく平常心で過ごしてしまいました。
ケーキも買ってません。

カラオケで歌う歌くらいはクリスマスっぽくしてもいいかな、と思い、
『約束のカケラ』の修行に手をつけてみました。
実はこの歌は、クリスマスに限らない年末の歌なのではないかと思っていたのですが、
「聖しこの夜に」という歌詞があるのでやっぱりクリスマスの歌なんですよね。

歌ってみると、Aメロの音程、低いですね。
先日、『CAN'T GET BACK』のAメロが低いと言いましたが、それ以上に低いです。
でも私は歌えます。橘さんの1オクターブ下で地声で^^

そして、サビは高音ですね。
裏声を使わなければ全部は出ないくらいに^^

ところで、
「カケラが紡いだ絹の」部分の音程が把握しきれていません。
そこを目標に次回まで音源を聞きこもうと思います。



リンゴ売り / 中村中 (1)
2008-12-23 00:00


マイコプラズマ肺炎ではなかった修羅笛の鍵です。
百日咳だった修羅笛の鍵です。
抗生物質を飲んだので感染性はなくなった修羅笛の鍵です(くどいわ!)

中村中さんのアルバム『私を抱いて下さい』から2曲目のヒトカラです。
この歌『リンゴ売り』の中に、「私を抱いて下さい」という歌詞があって、
それがアルバムタイトルになったようです。

自分を嘲笑する世間の人々に対する、
マイナスな気持ちを吐き出しているような内容です。
うまく歌えればストレス解消になると思います。

しかし、歌ってみたら、むずかしかったです。
思ったとおりの音程が出ません;

あと16回歌う中で、うまくなりたいです。
HyperJoy WAVEの全国採点で97点台を目指します。
というか、正確な音程で歌いたいです;

ところでこの歌のタイトルがなぜ「リンゴ売り」なのか、それは私にとって謎です。
「リンゴ売り」という言葉は、歌詞にないので。



映画『映画女優』を観ました*ちょっぴりネタバレ
2008-12-22 00:00

 映画『映画女優』を、ケーブルテレビで録画して、先日、観ました。

女優・田中絹代さんの半生を描いた映画です。1987年公開。
吉永小百合さん(当時42歳)が、田中絹代さんの17歳ごろから42歳ごろまでを演じています。
舞台ではないのに、42歳で17歳を演じるのもすごいですね。

2008年05月11日のブログに書いた『おかあさん』という映画で、田中絹代さんに興味を持ちました。

1987年の『映画女優』の公開当時は、テレビで予告CMを見ました。
吉永小百合さんが「おしっこしてやる!」と言っていて、ビビりました^^;
そのシーンも今回見たわけですが、流れの中で見ると納得できます。
それに私も21年分大人になったので、いろんなことにビビらなくなりました^^

映画の冒頭で、田中絹代さんの長兄が徴兵拒否して行方不明になっている話が出ます。
だから本名でデビューしてほしい、有名になって長兄をさがしてほしいと、
母親から頼まれるのです。
この顛末がどうなったのか、知りたかったのですが、映画では描かれていませんでした。

あと、最後が唐突な感じで終わってビックリしました。
テレビ放映用にカットしたからとか、そういうことではないと思います。

田中絹代さんにますます興味を持ったので、田中さんの出演作を観ていきたいと思います。