FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

映画『風花』を観ました。
2008-11-30 00:00

 ←これは原作本です。DVDが見つからなかったので…

2001年の映画『風花』を、ケーブルテレビで録画して、観ました♪

小泉今日子さんが出演されているので。

小泉さんは東京の風俗嬢の役です。
文部省(この呼び方もなつかしい)の官僚(浅野忠信)と二人で北海道を車で旅します。

風俗嬢は子どもを実家に預けて、亡夫の借金を返すために働いています。
官僚はわけあって謹慎中の身です。
絶望しかかっている二人。さてどうなるか。

後半、雪山で小泉さんがなぜか踊る場面があって「?」
ラストシーンの車の動きにも「?」

私には解説が必要な映画です。引き込まれて観ましたけど^^;

浅野さんのスーツ姿はとってもステキです。

あと、小泉さんのマフラー(ストール?)の巻き方がカワイイ><
不器用な私にはマネできません、たぶん。



スポンサーサイト



アニメ『ベルサイユのばら』を観終わりました*ネタバレです。
2008-11-29 00:00

 2008年10月22日の続きです。

アニメ『ベルサイユのばら』を、先日、観終わりました。
私にしては珍しく、録りそこなった回がありませんでした^^

10代の初めごろに漫画を読みました。
が、43歳の今、アニメを観て、10代の時とは別の感慨があります。

女の子を男の子として育てる、ということ自体、びっくりするような話です。
「オスカル」は14歳で職業軍人となり、
近衛連隊で長年勤めた後、衛兵隊に転職します。
それには、片思いの末の失恋が絡んでいるのです。
失恋して、ますます女性であることに見切りをつけ、
仕事に徹して生きていこうと決意したから(ということもあって)より荒々しい隊に移ったのです。

そしてフランス革命における民衆対軍隊の戦いにおいては、
率いていた隊全体で辞職し、民衆がわについて勝利に導きました。
(「オスカル」は架空の人物なので、フィクションとして考えますが)
貴族である彼女は、既得権益を守りたい側のはずなのに、
歴史の流れを理解し、より多くの人の幸せのためにはたらくことができた…
これはすごいことです。
私が「オスカル」なら、できないかもしれません。



映画『神童』を観ました。 (2)
2008-11-28 00:00


チャットモンチーの『モバイルワールド』の
出だしの「トゥー、トゥー…」というコーラスを初めて聴いた時、
映画『神童』の主題歌もしくは挿入歌ではないか、と思いました。

『神童』の予告編で、同じコーラスを聴いた気がしたからです。

確認したかったので、TSUTAYA DISCASで映画『神童』を予約しました。
すると、ケーブルテレビで放送すると分かったので、TSUTAYAはキャンセルしました。

結果としては、別物でした。

映画はおもしろかったです。
ピアノの天才少女と音大浪人生の物語です。
特別な才能を持ったキャラクターはステキです^^
成海璃子さんが天才の役ですが、
顔からピアノの鍵盤までを収めたショットもありました。
ご本人が弾いておられるわけです。感動しました。

ウィキペディアで検索したところ、原作は漫画だそうです。
映画では説明されていなかった細部が、ウィキペディアで分かりました。

ここにも貫地谷しほりさんが出演されていたので驚きました。嬉しかったです。



映画『手紙』を観ました*ネタバレすみません
2008-11-27 00:00


ケーブルテレビで録画して、先日、見ました。

剛志(玉山鉄二)は弟の直貴(山田孝之)を大学に進学させるため、
無理をして働いて腰を痛め、働けなくなる。
強盗に入った家で、家人と鉢合わせし、もみあっているうちに、
ナイフが刺さった家人は死んでしまう。
犯罪者の弟となった直貴。
就職先でも、恋愛においても、兄の犯罪がばれるたびに、不利な立場に追い込まれていく。

マイナスなことも背負って生きていく。
作者の主張のまっとうさに共感します。

直貴の夢はお笑い芸人です。
友達とコンビを組んで、いちどはデビューします。
(兄の犯罪がネットに書き込まれたことがきっかけで引退するのですが)
漫才をする山田さんに萌え。

ところで、剛志はなぜ強盗に入ってしまったのか。
悔やまれますね。
それと、殺意はなかったように見えますが、
それでも殺人罪で無期懲役なのだなという点が驚きです。



第43回(2008年11月4日放送)「メガネ」ネタバレポ♪
2008-11-26 00:00

 2008年11月4日(火)に放送された『w-inds.M』第43回を録画で観ました♪
テーマは「メガネ」。メガネ男子店員さんだらけの「Zoff表参道本店」で、千葉涼平さんがロケ。

まずはメガネの製作現場へ潜入。
作業していたのは、若く細く橘さんより長身と思われる男性。白シャツ黒ズボンにメガネ。

次に視力検査してもらう千葉さん。検査担当は柔和な感じの男性。白シャツ黒ズボンにメガネ。
千葉さんの視力は0.1と0.2。涼「w-inds.の平均視力をまた下げて申し訳ないです(笑)」

次に売り場へ。またも、別なナイスガイが。白シャツ黒ズボンにメガネ。
Zoffの安さの秘密は、大量発注大量生産にあるそうです。

さて別室に移り、Zoffのデザイナーさんお二方と千葉さんが、MTVスタッフのメガネに対する意見をVTRで見ながらメガネ談義。デザイナーさんによると、自分の顔の形と違う形のフレームを選ぶとよいそうです。丸い顔の人が丸いフレームを選ぶと丸さが強調されるので、四角いフレームがオススメとか。せっかくだからオリジナルのメガネをプレゼントしますよと言われる千葉さん。

スタジオに画面が戻り、涼平オリジナルメガネを披露。
怒っていた(笑)橘さんと緒方さんですが、自分たちのオリジナルメガネもあると知ってご機嫌。
涼平モデル、慶太モデル、龍一モデルは世界に2つずつ。
1つはご本人、もう1つは視聴者プレゼントとなりました。

私こんど「Zoff表参道本店」へ行って、「涼平モデルと似た感じのをください」と言ってみようっと^^



祇園精舎の鐘の声、もしくはキャンゲバの時計の音
2008-11-25 00:00

 ←この通常盤を、近所のCDショップに予約しておいて、フラゲしました。

で、帰宅してNHK総合を、見るともなしに、つけていたら…
紅白出場歌手決定のニュース。
五十音順の最初のほうを聞き逃してしまった私はネットで確認。
w-inds.の名前がなかったので、しばしぼうぜんとして、ネットの掲示板を読んでしまいました。

ところで今から20年くらい前の話です。

あるロックバンドが大好きでした。渋谷の某所で毎月行われるライブに通っていました。
ある月、仕事の都合で行けませんでした。
ライブに行けないことにストレスを感じました。「次からは仕事を休んででも行こう」と決意しました。
翌月、仕事を休んで、ライブハウスに行ったら、「ライブ中止」の張り紙が。
「また来月があるさ」と思いました。
しかしバンドは解散しました。毎月恒例だったライブは二度と行われませんでした。

しかし心に残った歌、心に残ったライブの感動は永久に不滅です。

もし今後、w-inds.が二度と紅白に出なくても、その他の年末音楽番組に出なくても、
『w-inds.M』が最終回を迎えても、私の心の中には実績があります。

w-inds.の作品たちは、これからも私にヒトカラされるでありましょう

第42回(2008年10月28日放送)「ウサビッチ」ネタバレポ♪
2008-11-24 00:00

2008年10月28日(火)に放送された『w-inds.M』第42回を録画で観ました♪
テーマは「ウサビッチ」♪

『ウサビッチ』とは、MTVで放送されている(現在はシーズン3を放送中)
アニメのタイトルです。勉強になりました。
ロシアで刑務所に入っている「プーチン」と「キレネンコ」というウサギの物語です。
ロシアで作られたアニメが輸入されているのかと思ったら、日本の会社が制作しているのです。

制作会社である「有限会社カナバングラフィックス」で、
「プーチン(の着ぐるみさん)」が橘さんをご案内^^

1話(90秒)を制作するのに3週間から2か月かかるとかw(°o°)w

橘さんは自分で考案したキャラクターをプレゼンしてました。
ヒップホップ系の「ズムシャビン」と、脚が速い「ボルト」
シーズン3に本当に登場するのか、楽しみです♪

スタジオではことあるごとに緒方さんが、
「プーチン」のマネをして「ムホオッ!(驚きの声)」と言ってました(´∀`)

私は今まで『ウサビッチ』を観たことがないので、
シーズン1のDVDを、TSUTAYA DISCASに予約してみました♪



w-inds.『Everyday -Live Ver.-』を観ました♪
2008-11-23 00:00


10月23日(木)のSpace Shower TV『BIG HITS JAPAN』
10月28日(火)のSpace Shower TV『MUSIC UPDATE』
10月30日(木)のMUSIC ON! TV『サキドリ!』
を、録画して、『Everyday -Live Ver.-』部分のみ、観ました。

代々木第一体育館のライブの模様なので、なつかしく感じました。
それにしてもこの歌に関しては、メロディをまったく覚えていませんでした。
(詞については、新曲がライブで披露される場合、ほとんど聴き取れない覚悟です)

橘さんの声の調子がとっても良くてステキです。
高音が、地声もウラ声も、狙いどおりに出ているとお見受けいたします。
これ、ライブバージョンですよね?
『ブギウギ66』のMUSIC VIDEOのように、映像はライブで音声はCD、ということではないですよね?
と感じるくらいの出来です。
コーラスのお二人もまったく失敗がない感じです。
これだけ堂々と歌い切るには、どれだけ練習したのだろうか、と思います。
でもきっと練習している時、
「聴衆を驚かせてやろう」という楽しさがあったのだろうなあ、と推察いたします^^

それはそうと千葉さんのお顔がテッカテカでかわいいです。日焼けのせいかしら。
そして、緒方さんは、ぜんぜん痛くなさそうな表情でステキです

第41回(2008年10月21日放送)「MUSIC VIDEO SELECTION」♪
2008-11-22 00:00

2008年10月21日(火)に放送された『w-inds.M』第41回を録画で観ました♪
今回はMUSIC VIDEO SELECTION。視聴者が選んだ、w-inds.のMV。

『四季』黒手袋で踊るお三方♪
駅のホームのベンチに座ってヘッドホンをしている緒方さんの髪型が大好きです。
ところで橘さんの切符を見に来る車掌さんがロン毛なのが、初めて見た時は違和感がありましたが、
2004年と1954年が交差するこの作品において、彼は2004年側の人なのだと最近納得しました。

『約束のカケラ』白手袋で踊るお三方♪
サンタの衣装を脱ぎ捨てて放置してはいけません^^;
とはいえ、女性がライブ会場に入ってきた時、緒方さんはものすごいスピードで踊りながら、
女性に気がついて眼で追っている気がします。編集のマジックでしょうけど。でもステキです。

 『ブギウギ66』「ちょくいなステップで♪」

『ハナムケ』この作品は踊りがステキで、マスターできたらどんなにいいだろうと思います。
ラストシーンは橘さんがお一人で旅立ってしまうのかと思いきや、
あとから北海道のお二人が現れて安心します。

『アメあと』橘さんの、横から見ると意外と低い鼻が、かわいい印象なのです。
それと、歩いているところを撮影されるのが上手いな、と感じます。
ハートが完成した時の、満足そうな橘さんの笑顔と、ニヒルな千葉さんの笑顔が好きです。



第40回(2008年10月14日放送)「漫画」ネタバレポ♪
2008-11-21 00:00






2008年10月14日(火)に放送された『w-inds.M』第40回を録画で観ました♪
テーマは「漫画」。と申しますか、「羅川真里茂先生にw-inds.M」ですね♪
千葉涼平さんが羅川真里茂さんの仕事場へ訪問するロケのVTRを、スタジオでお三方で。

羅川真里茂さんは、肩にちょこんと付いているおさげ髪がかわいいと思いましたピンクハート
高校3年生で漫画家デビューして「漫画の描き方をわかってないのにどうしよう」と思ったとか。
千葉さんは「僕もです。あ、自分ばなしでスミマセン」(←そこが好き)「デビューして間もなく出させてもらった番組で歌って踊る自分を後から見て、これでいいのか?と思った」

羅川さんの転機となった作品は『赤ちゃんと僕』だそうで。心理ドラマですね。
千葉さんの好きな羅川作品は『いつでもお天気気分』だそうです。未完の作品らしいです。

現在連載中の『しゃにむにGO』の、取材日当日現在『花とゆめ』に掲載されている分の
生原稿を千葉さんに披露する羅川さん。「決勝こうなるんだ~」と動揺する千葉さん←
千葉さんは雑誌連載でなく、単行本で読んでいるのでタイムラグがあるようです^^;

羅川さんが作品中でよく使うギャグ「あたり前田のクラッカー」「がってん承知のすけ」は、
w-inds.内では流行っているもよう^^1965年生まれの私よりもう少し上の世代なら、
全員が知っていると思われるギャグですが(・∀・)











これは29巻。30巻の帯には千葉さんのコメントが入ったそうです^^




次回はMV SELECTION。サラ次回(by千葉さん。再来週だから)は橘さんのロケです♪ムホオッ^^