FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

イオンレイクタウンを見てきました( ゚ Д゚)広~ (2)
2008-10-31 00:00

 ←楽天アフィリエイトを「イオンレイクタウン」で検索したらこれが。

1か月くらい前に、埼玉県越谷市に、
「イオンレイクタウン」というショッピングセンターが出来ました。
数々の情報番組で特集していたので、
ショッピングセンター好きの私は行ってみたくなりました。

広い意味で鉄道マニアでもある私が、行ってまず驚いたのは、
武蔵野線に「越谷レイクタウン」という駅が出来ていたことです。

「越谷レイクタウン」というのは、作られつつある住宅地の名前らしいです。

住宅地を作って、住民が買い物するためのお店を作るのは道理です。
しかし、「イオンレイクタウン」の規模は、「住民の買い物」レベルではないと思います。

「JUSCOとビブレとマルエツと565の専門店」ですよ皆様。565って。

「アリオ」とか「ららぽーと」とか、私が今までに広いと思ったショッピングセンターが、
縦に2個つながったような、広さでした。
「ヴィレッジヴァンガード」が2店、「スターバックスコーヒー」が4店ありました^^;

体力と、歩きやすい靴が必要です。
でも(でもじゃないですね)、限定感のあるショップはたくさんあるような気がします^^



スポンサーサイト



携帯電話の卓上充電ホルダーを買いました♪
2008-10-30 00:00

←これはドリンクホルダーですが。

2008年02月11日の続きです。

私は2007年7月ごろに現在の携帯電話を買って以来、
充電をするのに、
毎日、端子キャップをはずして、ACアダプターの接続コネクターを差し込んでいました。

それで、端子キャップがちぎれて取れてしまい、2008年2月に\15,750払って修理しました。

その後、数か月でまた、取れてしまいました。
また大金を払って修理を繰り返す気になれず、
毎日セロテープを貼って、キャップ代わりにしていました。

そのうち、『w-inds. meets JUNON』の付録のシールで、
端子キャップと同じ大きさのを貼るようになりました。
透明なセロテープよりも、はじっこが見えるし、厚みがあるので、
はがしやすくてよかったです。

今日、卓上ホルダーを、やっと入手しました。\1,365で\(^o^)/
いま貼ってある緒方龍一さんの10代の顔写真シールは、しばらくこのままになるでしょう♪



『仮面ライダーアギト』を、今、観ています。
2008-10-29 00:00


TSUTAYA DISCASでレンタルして観ています。第8話まで観ました。

なぜ観る気になったかというと、
何かのきっかけで要潤さんのプロフィールを見て、そこに書いてあったからです。

で、観始めたら、秋山莉奈さんも出ているので驚きました。
秋山莉奈さんは私にとっては、『仮面ライダー電王』のナオミちゃんなので。
でも、いま検索したら、仮面ライダーシリーズに多数出演されているようですね☆
『アギト』ではまだ中学生で、幼い感じです。興味深いです。

それと、7歳だった神木隆之介さんが謎の少年役で出ています。
う、美しい。

要さんの演技は今と比べるとアレなのですが、
でも、美しいです。
そして、お話がおもしろいです。

私は前作『仮面ライダークウガ』を大好きですが、
『アギト』は続編ではないそうですが、
『クウガ』と『アギト』には共通の世界観があって、
制服の警官が出てきます。



第36回(2008年9月16日放送)「ミュージック・ビデオ」ネタバレポ♪
2008-10-28 00:00

 2008年9月16日(火)に放送された 『w-inds.M』第36回を録画で観ました♪
テーマは千葉さんの好物「ミュージック・ビデオ」♪クイズ形式でw-inds.M♪問題のミュージックビデオと、それを見ているお三方の様子が交互に、もしくは画面上下に同時に放映されたりして楽しかったです。お三方全員が全問正解で300万円、単独で全問正解は100万円の賞金というルール。

USHER“Burn”彼女と抱き合うUSHER。ベッドの前で踊るUSHER。火がついて燃えるベッド。車の前で踊るUSHER。問題「次に何が燃えるでしょうか?」龍「回答の前に。もし仮に一人で100万とったら」慶「30万ずつ?わかってるよ^^」私「なぜあなたがたはいつもそんなに余裕?」慶「車」涼「アッシャー」龍「彼女」私「ヤシの木」正解「木」お三方&私「!!」慶「ボクらアッシャー好きなのに、(今までこの作品の)ミュージック・ビデオを観てなかったのが悪いですね」1問目ですでに賞金はナシに。

中略。NICKELBACK“Savin' Me”問題「主役の男性に身についた特殊能力はなんでしょうか?」慶「あ、オレわかった。でもこんなこと言ってオレ基本はずすんだよね(≧∇≦)」龍「れいのうりょく」涼「(幽体離脱のイラスト)」慶「とうめいにんげん」正解VTR…主役の男性目線での世界。人々の頭の上に数字が。慶「デスノート系!?」涼「寿命が見える!?」救急車に乗せられるおばあさん。頭の上の数字は10秒いくつ…減っていき、救急車の扉が閉まる直前にゼロになってしまう…。正解「人の頭の上に寿命が見えるようになる」涼「いいビデオだ」慶「惜しかったね」私「エー?」

Destiny's Child“Girl”問題「彼氏の浮気を知ったケリーが彼氏にとった行動は?」慶「(どアップで遠い目)何するかなー。浮気、バレたら…」私「誰が?」慶「(他の)男と居る。彼氏の部屋で」涼「ハイヒールで顔をけられる」龍「Beyonceといちゃいちゃした」正解「外に裸のまま手錠をかけてカギを捨てて部屋から出て行く」涼「そっちかー!!」龍「誰も助けに来なかったら死ねるからね。そのまま。ということで慶太と僕が1問で、涼平くんが2問正解でした~(^^)」



映画『包帯クラブ』を観ました。
2008-10-27 00:00


映画『包帯クラブ』を、TSUTAYA DISCASでレンタルして観ました。

また、とまらなくなって一気にぜんぶ観てしまいました。

それぞれに心の傷を持つ主人公たちが、
他人の心の傷を癒すために、傷つく経験をした場所に、包帯を巻いて、
写真に撮って、依頼者のメールアドレスに送付する活動をします。

登場人物にどんな心の傷があるのか、徐々にあかされていきます。

それはそれで面白いのですが。

この映画の特徴のひとつは、
「群馬県高崎市」を観る映画だ、ということです。
実在の市役所、実在のデパート、実在の高崎観音、実在の山々…
実在の北関東の強風が、画面に映っているような気がします。

皆様、冬の北関東は、毎日強風です。
自転車に乗るのなんか、大変です。

しかし、登場人物たちがいつも集合している、
高崎市役所の高層階の、明るくて広い空間はステキです^^



漫画『理系の人々』を読みました♪
2008-10-26 00:00


というか買いました。
『JUNON』といっしょに^^;

これでまた、よしたにさんの出版物をぜんぶ持っている私♪

今回の『理系の人々』単行本化にあたり書き下ろされた、
理系と文系のサラリーマンの1日を比較する漫画がおもしろかったです。

文系の人みんながあんなにスマートに仕事をこなしてプライベートを楽しんでいるわけではない、
と思う文系の私。
しかし、理系の彼が23時半に帰宅してから「モンスターハンター」を始めてしまうくだりが
とっても興味深かったです。

w-inds.のお三方もやっている「モンスターハンター」という、PSPのゲームを、
私もやってみようと一度や二度や三度は考えましたが、
「ちょっとやってみたい」だけでゲームソフトを買うのがためらわれ、
まだやったことがありません。
私はテトリスとかそういうタイプのゲームが好きな人なので、
戦って武器を得て…というタイプのゲームを楽しめるか疑問なのです。
だから、『理系の人々』で垣間見ることができてよかったです。かつ面白そうでした。

でも、モンハンを買うかどうかはまだ~^^;



アニメ『のだめカンタービレ』を観終わりました♪
2008-10-25 00:00

2008年01月25日の続きかもしれません。

実はケーブルテレビでアニメ『のだめカンタービレ』を毎日1話ずつ放送していたのを
録画して観ていたのですが、このたび観終わりました。

おもしろかったです^^

なんとタイミングの良いことに、地上波で『巴里編』が始まっていて、
これも録画してます。今後、観始めます。

(実は今、録画したテレビ番組の視聴が、1か月以上遅れてます^^;)

ひとつの漫画作品を、実写ドラマにしたりアニメにしたり、
いろんな媒体で作り直してみせることに意味があるのか、
今まで疑問だったのですが、
ドラマ『のだめカンタービレ』は本当におもしろかったです。
放送期間とか、いろいろな制限があって、原作漫画とは変更せざるを得ない部分が、
いくつかあったようですが、それはそれで、とてもおもしろかったのです。
そして、アニメ『のだめカンタービレ』は、役者さんの人件費やロケ費の制限がない分だけ、
原作に近く(と推察され)、これもまた非常におもしろかったのです。

いろんな媒体で制作しなおす意味はあるんだ、と感じました。



小説『華麗なる一族』を読み終わりました*プチ・ネタバレ
2008-10-24 00:00

 2007年09月18日の続きですヒェ~
小説『華麗なる一族』上中下を、先日、やっと、読み終わりました。

1年以上かかりました。
銀行の合併の話を自分が読んで理解できるわけがない、
と思いこんでいたために、非常に、読むスピードが遅くなりました。

2007年1月から3月のドラマを観て、「万俵鉄平」の自殺理由に納得がいかず、
小説を読んだわけですが…。
2007年版ドラマと、小説では、自殺理由がけっこう違いました。

2007年版ドラマでは、絶望しながらも両親を精神的苦痛から解放したい、
という前向きな理由が説明されていましたが、
小説では、協力者だった大同銀行頭取を失脚させてしまったことへの自責の念が大きいようです。両親とくに父の精神的苦痛を思いやる余裕はなかったようです。
つまり「鉄平」は、苦しみの気持ちだけで死を選んだようです。

私が「鉄平」なら妻子をつれて合衆国に移住し再就職する、と思っていましたが、
小説版の「鉄平」は、大同銀行の「三雲頭取」への申し訳なさでいっぱいで、
自分だけ再出発などできなさそうな感じでした。

ところで、読み始めの頃は「鉄平」といえば「万俵」だったのですが、
現在はどちらかというと、「鉄平」といえば「VJ」に変化している私…。時の流れを感じます。



NHK『北京パラリンピック』を観終わりました。
2008-10-23 00:00

 2008年10月06日のブログの続きです。
NHK『北京パラリンピック』を観終わりました。
北京パラリンピック開催期間中、毎日、放送されていたダイジェスト番組です。

気づくと私は司会の細い男性アナウンサーといっしょに、
メール・FAXの宛先を声に出して読むのが習慣でした^^;

パラリンピックをこんなにまじまじ観たのは今回が初めてでした。
北京については、オリンピックよりもパラリンピックのほうを、より観ました。

パラリンピックは今まで、オリンピックとは別の組織に運営されていたのですが、
今回から統合されたそうです。
だから、開会式や閉会式の雰囲気などが、オリンピックに近いものになったのだと思います。

将来は、大会自体が統合されて、パラリンピックの競技すべてが、
オリンピックの中で行われるのではないか、とまで想像しました。

とはいえ、今回のパラリンピックでは、階級の統合が行われて種目数が1割くらい減って、
前回メダルを取った日本選手が、今回は自己新を出してもメダルが取れない事態なのですが。

また、統合だけでなく、世界のレベルがこの4年で一気に上がっているらしいです。
複数の国で、パラリンピックの選手を、国をあげて強化しているからです。
今後の4年で日本のパラリンピック対応がどう変わるか、興味深いです。



アニメ『ベルサイユのばら』を、いま観ています。 (1)
2008-10-22 00:00

 ←女装したオスカル様が目印の、アイライナー☆

漫画『ベルサイユのばら』は、Wikipediaによると1972から1973年にかけて連載されました。
『週刊マーガレット』に。
連載中、小学校低学年だった私は、1回だけ『週刊マーガレット』で読んだことがありますが、
全編を読んだのはたぶん小学校高学年の時で、マーガレットコミックス全9巻(だったかな?)
で読みました。

最近、日テレプラスでアニメを放送するのを知り、第1回から録画して観ています。
アニメの本放送は1979年から1980年。私は10代なかばでした。
漫画のコアなファンだったため、
漫画と違う点ばかりが気になって、アニメはほとんど観ませんでした。

しかし、2008年のいま観ると、おもしろいです。
絵もきれいです。

王政だったフランスが、共和制に変わる時代に主役だった人々の様子を、
虚実とりまぜて描かれたゴージャスな作品、『ベルサイユのばら』。

昔、漫画『ベルサイユのばら』を読んだおかげで、
フランス革命が1789年、アメリカ合衆国独立が1776年、と覚えました。
あと、マリー・アントワネットとサン・ジュスト様のフルネームも、今でもスラスラ言えます^^;