FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

『24時間テレビ31愛は地球を救う』を観たり観なかったり。
2008-08-31 00:00

今年の24時間テレビも終了しましたね。

司会で出ずっぱりのタレントさんも大変だけど、
裏方さん特にディレクションする立場の人はもっと大変なんだろうな、と思います。
関係者全員のかたの気力に敬服します。募金しに行かなくちゃ(・∀・)

マラソンを観ていると(いえ、かぶりつきで観ているわけではありませんが)、
ふだんから走る習慣があるわけでもないようなタレントさんが、
よく走り抜くものだなと感心します。
あまりの疲労に倒れてしまうのでは?と毎年、心のどこかで心配しています。

エド・はるみさんと私は同年代と思われるので、
エドさんが無事ゴールして本当にうれしいです^^

ドラマについては、今年はドラマが始まるタイミングに偶然日テレを観ていたので、
見逃さないで済みました。
興味深い内容でした。難病の旦那さんを転院させる奥さんの行動が素晴らしいと思いました。

24時間テレビのドラマは毎回、観てよかったと思うのです。
今までで印象に残っているのは、
ずっと以前の大竹しのぶさんが出演した作品と、
おととしの亀梨和也さんが出演した作品です。



スポンサーサイト

2008年7月24日放送『オンタマ』w-inds.出演ネタバレポ♪
2008-08-30 00:00

2008年7月24日(木)深夜0:10から放送された『オンタマ』を、録画で先日、観ました。

ナレーター「オンタマオピニオン。今回はw-inds.さんに、日本サッカーにもの申すというテーマで制限時間いっぱいまで自己主張していただきます。では、ご自由にどうぞ」
涼「ボクは川口選手に言いたいですね」慶「川口選手。キーパーの」涼「最高です!」
「褒めちゃった。」というテロップ(^□^;)

慶「いろんな意見が飛びかいますよサッカーっていうものは」龍「そうですね」慶「プレイしてる立場から言わしてみれば、いろんなこと言ってる人に、ちょっとそれは簡単に言いすぎなんじゃないの?と言いたくなりますよね。(中略)そう簡単にいいプレイはできないわけですよ」

慶「岡田監督に、ボクはぜひ、ボクサッカーやっててフォワードなんでいちおう」涼「とりあえずJリーグ行ったほうがいい。代表の前に」龍「そっちだ(笑)」慶「呼んでいただけたらうれしいなと思います」
「売り込み!?」というテロップ(^□^;)

龍「こんな慶太くんですが」涼「歌も歌えます」私「(≧∇≦)」照明が赤くなり、サイレンのようなものが。慶「おお、なんだこれ?」龍「岡田監督、慶太くん使ってあげてください!」慶「使って~!」
「是非。」というテロップ

2008年7月23日放送『オンタマ』w-inds.出演ネタバレポ♪
2008-08-29 00:00


2008年7月23日(水)深夜0:10から放送された『オンタマ』を、録画で先日、観ました。

ナレーター「w-inds.さんの、着メロ曲名あてクイズ。最初の着メロはこちら。着メロ」
♪(「抱きしめたい時に 伝えようとしても」の「抱きしめ」の部分のみ)
慶「簡単こんなの」涼「オレもわかった~」ナ「では慶太さんどうぞ」慶「Paradox」ナ「正解」ヘン顔になる緒方さん。わかってなかった様子。

ナ「お次は。着メロ」
♪(「just for you季節が 色付ける思い出」の「just for」の部分のみ)
3人「せ~の、十六夜の月」ナ「正解」3人「簡単だな」
お三方の後ろ姿の映像に「簡単だな~」というテロップが^^;

ナ「じゃあ、次、答えられなかったら、リーダー逆立ちお願いします。それでは、着メロ」
♪(「Ah…LOVE IS THE GREATEST THING」の「Ah」の部分のみ)
涼「はいはいはいはい間違ってもいい?」慶「逆立ちすんの自分だから」涼「Pieces」ナ「残念。LOVE IS THE GREATEST THING」3人「うわぁ~(≧ロ≦)」龍「も、コードじゃん」慶「ハハハ」

軽々と逆立ちする千葉さん。
慶「でどうすればいいんすか?」涼「(逆立ちしたまま)こっからどうすればいいんすか?」カメラ目線の緒方さん。慶「これどうすればいいんすか」涼「これはどうすれ」私「(≧∇≦)」
「別に。」というテロップ

日本武道館♪w-inds.はアゲアゲ、外は土砂降り☆
2008-08-28 00:00


w-inds. Live Tour 2008 Seventh Ave.日本武道館2日目(のみ)行ってきました^^

今回は2階スタンド席南東の、前のほうから数列目でした^^

しかし、去年の、天井に近かった席のほうが、音はよかった気がします。
なぜだろう。あとはアリーナで聴いてみなくては。

あ、でも、映像と音声のズレは、やはり、去年よりマシでした。あとはアリーナで観てみなくては。

大きなミスも、事故もなく終了して本当によかった。

ステージ前にビデオカメラのレールがあって、左右行ったりきたりして撮影してました。
クレーンもありました。
1階スタンド席正面にも大きなビデオカメラがありました。
でも「今日DVD撮影」等の発表はありませんでした。

後半、照明が強くなると、黒サングラスをかけていても耐えられない私は、
目を閉じて、手をパラボラアンテナのようにして耳にあて、
橘さんの声をいちばんよく拾う方向を探していました。

終わって外に出るとものすごい雨で、
上(武道館の外廊下)から見ると皆様の傘がきれいでした。
でも実際その集団に自分も入ると、皆様の傘の骨で、頭つつかれまくりでした^^;



2008年7月22日放送『オンタマ』w-inds.出演ネタバレポ♪
2008-08-27 00:00

2008年7月22日(火)深夜0:10から放送された『オンタマ』を、録画で先日、観ました。
イメージオンタマ。お三方のうしろに二人の大きな黒人さんが登場。

ナレーター「ニューアルバム『Seventh Ave.』にちなんで、ア・ベ・ニ・ユ・ウで始まる歌詞の歌、ア」龍「♪あ~なたに~逢いたくて~逢いたくて~Hey!←ラップ風?(あなたに逢いたくて~Missing You~/松田聖子)」

ナ「ベ」龍「♪Baby Baby Baby…(スリル/布袋寅泰)」慶「オレも思った」龍「ゆえよ!」

ナ「ニ」龍「♪ニューヨクシーティーコーップス(ニューヨーク・シティ・コップス/ザ・ストロークス)」慶「何それ?」

ナ「ユ」慶「♪夢でもし逢えたら~素敵なことね~ええぇ~(夢で逢えたら/RATS & STAR)」私「コブシがステキ

2008年7月21日放送『オンタマ』w-inds.出演ネタバレポ♪
2008-08-26 00:00

2008年7月21日(月)深夜0:10から放送された『オンタマ』を、録画で先日、観ました。

ナレーター「w-inds.パーソナルクエスチョン。まずは慶太さん、今年の5月、福田総理の前で歌を披露されたそうですが」
慶「とりあえずちゃんと歌って、お食事されてたんで、ホコリだけたたないように気をつけました^^」
龍「踊りはナシです^^」
私「すると…北海道のお二人はコーラスだけ?」

ナ「涼平さん、いま一番気になることといえば?」
涼「物価が上昇してますんで、そのへんが気になってますね」
ナ「そのことは、福田総理に直訴しなかったんですか?」
笑う橘さんと緒方さん。
涼「言えません!(≧∇≦)」

ナ「龍一さん、最近うれしかった出来事は?」
龍「立て続けに、いい歳の取り方してるねっていってもらえました。3人ぐらい、いや2人」
慶「少なくない?」
涼「減ったよ」

ナ「涼平さん、いま一番気持ちいいと思う瞬間は?」
涼「メシ食って寝て、なんか踊ってみたいな、同じことの繰り返し?幸せ

映画『夢のチョコレート工場』を観ました♪
2008-08-25 00:00

2007年12月09日のブログに映画『チャーリーとチョコレート工場』のことを書きましたが、
それはロアルド・ダールの小説『チョコレート工場の秘密』の二度目の映画化であり、
一度目がこの『夢のチョコレート工場』だそうです。
ケーブルテレビで放送していたので録画して、先日、観ました。

セットなどは『チャーリー…』よりも低予算な感じがしました。
たとえばチョコレート原液の池というか川ですが、色のついた水、という感じで、
チョコレート原液のねっとりした質感は『チャーリー…』の勝ち。
でも、「ワンカ氏」が、「チョコレートが汚れるから直接手で触らないで!」と言います。
衛生管理の点では『夢の…』の勝ち。
でもいずれにしても、どちらの工場のチョコも食べたくないですが^^;

『チャーリー…』よりも『夢の…』のほうが、ヨーロピアンテイストな風刺を感じました。
アナウンサーが「金の券」に対する世界の狂騒ぶりを数回にわたって伝える雰囲気に。
また、登場するチャーリー以外の子どもの暴言吐きっぷりに驚きました。
『チャーリー…』よりももっと、子どもがわがままだと感じました。
1971年の公開当時、この映画を観た大人は風刺を楽しみ、
子どもには「わがままばかり言ってるとあんなひどい目にあうんだ…」
という教育効果があったんじゃないかと思いました。

ワンカ氏が変人になった理由は説明されていませんでした。
あれは、『チャーリー…』のオリジナルエピソードだったのかしら?

というわけで、原作も読もうと思います。



ドラマ『ホテリアー』に学ぶ韓国語とか??
2008-08-24 00:00

←このようなDVDが実在するようですが(汗)

なぜ今?とお思いでしょうが、
ペ・ヨンジュンさんに興味があって、
韓国ドラマ『ホテリアー』をケーブルテレビで放送していたので、
全20回のうち、19回まで鬼のように録画して、鬼のように観ました。

最終回第20回だけ、録画しそこないました(((((((((((o_ _)o ドテッ
しかも、ケーブルテレビなのにリピート放送がないという…。
さっそくTSUTAYA DISCASで予約しました(`・ω・´) シャキーン

韓国語の音声で、日本語字幕という放送でした。
字幕が「わかりました」だと、音声は「アイゲッスムニダ」と言っていました。
英語っぽいと思いました。

「ホテリアー」という言葉は「ホテルの経営者および従業員全般」のことを指しているようですが、
それにあたる日本の言葉は「ホテルマン」ですよね。
「ガソリンスタンド」が和製英語であるように、「ホテリアー」は韓製英語なのかな?
と思ったのですが、検索しても答えが出ませんでした。
「ホテリアー」をアルファベット表記すると「HOTELIER」で、
フランス語読みすると「オテリエ」。←このフランス語は実在し、
「ホテリアー」と同じ意味のようです。



映画『みんなのいえ』を観ました。
2008-08-23 00:00


ちょっと前に、たしかケーブルテレビで録画して、観ました。

ある共働き夫婦(田中直樹・八木亜希子)が、家を建てることになる。
設計を妻の元同級生であるデザイナー(唐沢寿明)に、
施工を妻の父である棟梁(田中邦衛)に依頼する。

夫婦自身ももちろん家へのこだわりはあるが、
デザイナーには細部にわたる様式美へのこだわりがあり、
棟梁は予定にない和室を作りたがり、
夫の母(野際陽子)は風水にしたがって夫婦にとっては受け入れ難いアドバイスを連発。

みんなの思惑が対立して、家づくりはなかなか進まない…。


家を建てるのって、大変なようです。

以前に読んだ、伊藤理佐さんの漫画『やっちまったよ一戸建て!!』でも大変そうでした。
伊藤さんは「おひとりさま」なので、人々の思惑が対立して、
という種類の大変さではなかったようですが。

結婚式の準備も大変だと聞きますね。思惑対立型のね。
受験とか、就職とか、喪主も大変でしたけど~。濃い体験でした(^^;)



第27回(2008年7月15日放送)「DANCE」ネタバレポ♪
2008-08-22 00:00

2008年7月15日(火)に放送された 『w-inds.M』第27回を録画で観ました♪「DANCE」にw-inds.M♪ゲストはダンサーでコレオグラファー(振付家)で「よしの黒板製作所」のKenさん(Pro-seeD)♪

龍「現在と昔のw-inds.のダンスを比べたい」『Paradox』のMUSIC VIDEOが流れる。龍「どうですか?」Ken「Old School(70~80年代に生まれたストリートダンスの総称)にNew jack(と聴こえたのですが間違っていたらすみません)の要素も入って、当時としては新しいダンスをやってる感じですね」龍「J-POPににああいうダンスを取り入れるのはDA PUMPさんから受け継ぎ、w-inds.なりに消化した作品とボクは捉えています(中略)2006年ぐらいのファンクラブイベントの『Endless Moment』の振付をKenさんにお願いした。翌年のagehaツアーからもっともっとKenさんの色が出てきた」

CM明け。涼「最初からNew School(90年代以降に生まれたHIP HOPなどを含むストリートダンスの総称)だったんすか?」Ken「いや(後略)慶「このアーティストはダンスうまいなってのは?」Ken「海外アーティストは全般うまいですよね。でもUsherがいちばん好きですね、あとOmarionとか」慶「w-inds.の、Kenくんが振り付けた、ダンスを観てもらいますか」LIVE TOUR 2005“ageha”から『Color me』の映像。
涼「振り付けのポイントは?」Ken「構成ですね。入り組んでいる中から広がったりとか、いろいろ考えて」涼「斬新だよね」慶「ダンサーが出てくるところカッコイイですよね(左手を前に出し、右手をコブシにして引く動き)」Ken「簡単なんですけどね。みんなでやったらカッコイイ」

CM明け。Live Tour 2007 “Journey”より、『Top Secret』の映像。慶「この曲の振付はKenくんでは、ないんですよね」Ken「僕の友達のYU-KI(綴りが間違ってたらごめんなさい)慶「ダンスうまいですよね

アニメ版『DEATH NOTE』を観終わりました♪
2008-08-21 00:00


数ヶ月前に、TSUTAYA DISCASでアニメ版『DEATH NOTE』を観始めたところ、
ケーブルテレビで放映していることがわかり、追いついた時点から、
ケーブルテレビで録画して、観ていました。

やっと観終わりました。
アニメは実写版よりも原作の漫画に忠実でした。

「夜神月」のラストシーンで、原作と違う表現方法がとられていました。
漫画のあの手法をもし用いたら、
テレビでは放送事故、
DVDでは不良品と思われたかもしれませんものね^^

最後の2回のサブタイトルが「1.28」「新世界」であり、
漢字2文字でないのが新鮮でした。

最終回で、やはり「松田」が活躍していて、私はうれしかったです(涙)

次はハリウッド版リメイクを楽しみにしたいと思います。
よりリアリティーのあるFBI等を期待しています。

いや、それより、2008年8月22日に、何か、あるんですよね。テレビで。



New Day / w-inds. (1)
2008-08-20 00:00


アルバム『Seventh Ave.』から2曲目のヒトカラです。

この歌を初めて聴いた時、
前奏の、速いギター(♪ジャカジャカジャンジャン)とか、
手拍子みたいなリズムが、
「プリンスっぽい」
と思いました。

プリンス好きな私は気に入りました。

サウンドから入ったわけですが、
歌詞もいいですね

VJ鉄平さん、『TOKYO』MV出演を語る♪
2008-08-19 00:00

7月11日にMTVで放送された『WORLD CHART EXPRESS』を録画で、先日、観ました。
『WORLD CHART EXPRESS』はVJ鉄平さんと浦浜アリサさんがMCを務めるチャート番組です。

GUESTコーナーにw-inds.登場。VMAJの話、LATINO CHART(って何だ)に出たRIHANNAの話、ダンスの練習の話、『Seventh Ave.』のコンセプトの話等の後に、『TOKYO』のMUSIC VIDEOの話に。

アリサ「もうあたし見た瞬間爆笑しちゃったんですけど」涼「しょうがない」鉄平「前半からミュージックビデオ観ていくといいドラマじゃないですか。心があったまる感じでうわーっときて、あそこでちょっと台無しになっている」w-inds.「いやいやいや」鉄「w-inds.のビデオに出るにあたって、いろいろ考えて来てるんですよ。美容室で撮影だと。で、鉄平が、美容室で、日頃から、モヒカンの次の頭を考えているっていう」お三方は手をたたいて大喜び。鉄「ふだんから、ひとりで美容室とか行って美容師さんと、どうしたらいいっすかね、みたいなのを考えてる、っていう設定で僕は入ってる」慶「まったく伝わらなかったっすね」鉄「出演も思った以上に短かった」アリサ「出てたの1秒たらず」慶「すいませんなんか」鉄「w-inds.のみんなも来てるんだろうなと思ってドキドキしたけどまったく現場に来やがらねえ」龍「ぶっちゃけていいっすか。東(貴博)さんの時は行きました」驚き顔のアリサさん。慶「(その日は)仕事だったんですよ。だけど、うちのマネージャーも、東さんの時は行ったほうがいいよって言ったんですけど、鉄平さん時はなんも言わなかったですね」鉄「それ、アレですね、カチンきますね。怒りMAXですね(笑)」w-inds.「すいませんでした」
(中略)
鉄「このあとビデオ流れるんですけど、みなさんホント注目して、まばたきせずに、観てくれないとね、見過ごしちゃってる人もたくさんいるんじゃないかと」涼「イヤあれは目が行きますよ」鉄「こんぐらいあるもんね(右手と左手を30cmくらい離して)」
笑うお三方。ツアーとハートエイド四川と追加公演の告知をして、『TOKYO』のMVへ。



映画『天使の卵』を観ました♪
2008-08-18 00:00


市原隼人さんの主演作品を観よう♪第2弾^^
TSUTAYA DISCASでレンタルして、先日、観ました。

歩太(市原隼人)は美大を目指す予備校生。
同い年のガールフレンド・夏姫(沢尻エリカ)は浪人せずに大学に進んでいる。
歩太の父は精神病院に入院中、母は小料理屋(に見えるんですが…)を経営している。
ある日、電車で出会った春妃(小西真奈美)に恋してしまう歩太。

実は春妃は歩太ととっても縁があって、
その後あっと驚くようなストーリーが展開して行きます。

春妃と歩太の身を焦がすような恋。
うらやましいけど大変そう(汗)

ともかくエンターテイメントな作品で、
一気に最後まで観てしまいました^^

美大志望の予備校生って、みんなあんなに絵がうまいのでしょうか…

市原さんって、(作品の中でしか見ていないけど)おおらかな感じがして、ステキです。
小西真奈美さんとのコンビはとっても似合っていると、私は思います。



『申し訳ないとフロム赤坂 アーバンMIX』を入手しました♪
2008-08-17 00:00

数か月前のある日、いつものようにTBSラジオ(を録音したもの)を聴いていたら、

♪失くすものさえ何もないから
明日へ NO MORE CRY NO MORE CRY♪


というCMの音が流れてきました。

ええ、前半はw-inds.の『Long Road』、後半はD-51の『NO MORE CRY』です。

まるでひとつの歌みたいに調和していました。

「ポニーキャニオンの豊富な音源からリミックスした」らしい、
いろんな歌が入っているオムニバスアルバム『申し訳ないとフロム赤坂 アーバンMIX』^^♪

思わず音源を入手しました。

しかし、ヒトカラの修行作品を聴くことに忙しく、
まるまる通しで聴くことはまだ一度もできていないのですが。

チラっと聴いたところでは、なつかしいヒット曲も満載で楽しいです。

ラジオCMをまだ放送しているうちにと思って、この文章を書いてみました(汗)



お盆のラッシュに巻き込まれてみました(^□^) (4)
2008-08-16 00:00


今日、用事があって、熊谷まで行ってきました。

最近はずっと、中距離の移動の際に、グリーン車に乗っていたのですが、
今日は予算の都合上、グリーン車でない車両に乗りました^^;

上野から熊谷に向かう時は空いていました。

熊谷から上野に向かう時は、混んでいました。

お盆の帰省から日常に戻ってくる人たちのラッシュなのかな?と思いました。

私は隣の人とくっついて座るのが苦手です。
グリーン車は1人席(席と席の間に肘掛けがある)なので座れます。
グリーン車以外の車両に1人席はないので(少なくとも高崎線にはないので)、
よっぽど空いている時しか座りません。
(体調が悪い時なら、少ししか空いていなくても座ることもありますが)

で今日は65分間立ってました。
でも、まだ平気(・∀・)



映画『ステップ・アップ』を観ました♪ (2)
2008-08-15 00:00

2008年04月02日のブログに書かせていただいた内容に関連しています。
2008年3月26日(水)の『w-inds.M』で千葉涼平さんがオススメなさっていた映画
『ステップ・アップ』を、TSUTAYA DISCASでレンタルして、先日、観ました♪

落ちこぼれ高校生のタイラーの趣味はストリートダンス。
彼は名門芸術高校の施設を壊したかどで、その芸術高校でのボランティアを命じられる。
そこでバレエを踊るお嬢様ノーラと出会う。
ノーラの卒業制作のパートナーがケガをして練習できない間、タイラーが練習相手を務めることに。

ノーラはタイラーのダンスに触発され、
タイラーもまた、夢をつかんで荒れた生活からステップ・アップしようとする…。


ダンスシーンは本当にすばらしいです^^観ていると踊りたくなります。

ところで、合衆国の映画とかドラマを観ているとよく思うのですが。

たとえば約束の時間に約束の場所に行かなかったことで、怒られても、
自分には挽回のチャンスがあるべきだ、と堂々と要求しますよね。

あれは、リアルにそうなのでしょうか。
それともフィクションだからなのでしょうか。
知りたいところです(・∀・)



中3まで医療費自己負担ゼロっていま普通ですか? (4)
2008-08-14 00:00

 最近、歯の治療に通っています。

待ち時間に、受付方面を何となく見ていて、気がついたことがあります。

貼り紙がしてあって、
どうも、中学3年生までは医療費が無料のようなのです。

私が子どもだったころ、
風邪を引いたり、虫歯になったりして、母に連れられて医療機関に行くと、
帰りに母が、父の保険証の扶養家族として3割の自己負担分を払っていた記憶があります。

21世紀になって、
小学校に入学するまでは医療費がタダらしい、とは知っていましたが、
私の通う歯科医院のある自治体では、中3までタダになっていたとは。

とっても驚きました。

というか、医療機関から帰る時、
会計という1作業がないというのは、
保護者の人は手持ちぶさたじゃないのかな?と余計な心配をしてしまいました。

歯科医院の場合は、受付で次回の予約を取る、という作業があるからいいのかな…。



DANGER ZONE / Kenny Loggins (1)
2008-08-13 00:00


映画『トップガン』の主題歌です。
日本で公開されて話題になっていたのが、ウィキペディアによると1987年なので、
歌の存在を知ってからずいぶん時間が経ってのヒトカラです^^

もうひとつの主題歌『Take My Breath Away』はバラードで、これも有名な歌ですが、
私はアップテンポの『DANGER ZONE』のほうを好きです。公開当時から変わらず。

Kenny Logginsは長く伸ばす高音にはヴィブラートをつけなかったりするので、
それを真似してカッコよく歌うのは相当難しそうです^^;

でもがんばります☆

ところでこの映画は、トム・クルーズの出世作として有名ですが、
ブレイク前のメグ・ライアンも出ているし、
なんとアンソニー・エドワーズも出ています。
(それを知った時、思わず「グリーン先生!」と叫んでしまいました)

飛行機好きなかたはぜひ←

ところでその2。
HyperJoy WAVEで全国採点しているものの、最近は参加人数の少ない歌ばかり歌っていて、
『DANGER ZONE』は5人中2位でした。非常に大勢の人が参加する歌を試してみたくなり、
『残酷な天使のテーゼ』を歌ってみたところ、5881人中236位でした。ふむ。



映画『チェケラッチョ!!』を観ました♪*ネタバレ10%
2008-08-12 00:00

ケーブルテレビで録画して、先日、観ました。
『ROOKIES』で好きになった市原隼人さんの主演作品ということで^^
『ROOKIES』を観て、市原さんは不良少年専門の役者さんなのだと思っていました。
しかし、『チェケラッチョ!!』を観て、そうではないと分かりました。
『チェケラッチョ!!』では不良ではなく、ラップにのめりこんでいく高校生役です。

舞台は沖縄です。市原さんら出演者は沖縄アクセントで話しています♪
市原さんの沖縄アクセントはスッゴクかわいいです!!
ただ、あこがれの年上の人との関係を、その人の恋人に誤解されそうになった時に、
シドロモドロな標準語で言い訳していて「おや?」と思いました。

市原さん演じる「透」の友達の「暁」役で、柄本佑さんが出ています。
『夜のピクニック』『真夜中の弥次さん喜多さん』に続き、またも柄本さんを発見して私は♪
日本映画に欠かせない存在な気がしてきました。

ところでタイトルになっている「チェケラッチョ」ですが、「check it out you all」と言っているのだと、
映画の中で、陣内孝則さん(「透の父」)が解説してくれました^^
「チェケラッチョ」と映画の中で最初に言うのはKONISHIKIさん(「透」の幼なじみの姉の夫)です。

「透」たちのバンド「098」のラップは、
最初はまったくリズムに乗れていませんが、
最後のほうで完成する曲はすばらしいと思いました♪



映画『善き人のためのソナタ』を観ました*ネタバレ3.5割
2008-08-11 00:00

TSUTAYA DISCASでレンタルして観ました。

1984年の東ベルリンで、国家保安省のヴィースラー大尉が、
任務として、劇作家ドライマンの部屋を盗聴するお話です。

最初、ヴィースラーはドライマンの言動を逐一正確に上司に報告しますが、
途中で変化します。
ドライマンがピアノで「善き人のためのソナタ」という曲を弾き、
それを聴いたヴィースラーに変化が起こります。

ヴィースラーは嘘の報告書を提出するようになり、
ドライマンの反体制活動に、見て見ぬふりをします。
表面的には何も起こらなかったことになり、ヴィースラーは左遷されます。

1989年にベルリンの壁が崩壊し、東ドイツの体制はなくなります。

その後、ドライマンは自分がかつて監視されていたことを知ります…。


いろいろとどんでん返しがあって興味深かったです。
近過去の歴史を知ることのできる映画を好きです☆

私はヴィースラーの理性的な仕事ぶりが好きです。
演じた俳優さんは去年、アカデミー賞の表彰式直後に亡くなったそうです。びっくり。



ファーストガンダム劇場版三部作を観ました♪
2008-08-10 00:00

2008年04月08日のブログの続きです。

『機動戦士ガンダム』
『機動戦士ガンダムII・哀戦士編』
『機動戦士ガンダムIII・めぐりあい宇宙編』
という、劇場版3作品を、TSUTAYA DISCASでレンタルして観ました♪

テレビシリーズをまとめたものなので、
最初は「ぜんぶ知ってる内容だな」と思いながら観ていました。

しかし。
まとめて観ることによる効能が、ありました。

私は2008年4月8日のブログで、
「ザビ家の、ものすごく大きい人が生き残った」旨を書いていますが、
それは間違いだとわかりました。

アムロと直接対決して亡くなっていました(゚Д゚)
「行け、ゼナ。ミネバとともに」
という、あの印象的なセリフを放ったかたがそうでした。
テレビシリーズを観ていた時は、
この人がザビ家の人だとわかっていませんでした(汗)

あと、『機動戦士ガンダムII・哀戦士編』の主題歌が気に入りました♪



谷亮子選手のフェアプレー精神 (2)
2008-08-09 00:00

 北京オリンピック柔道女子48kg級で、谷亮子選手が銅メダルを獲得しました。

過去4回のオリンピックで銀、銀、金、金、とメダルをとってきた選手なので、
今回も金メダル以外に目指すものがなかったと思います。

しかし、準決勝でルーマニアのアリナ・ドゥミトル選手と対戦。
審判によるイエローカードのような「指導」というジャッジが、
2回まではドゥミトル選手と谷選手に同時に出ていましたが、3回目は谷選手だけに出ました。

その差で負けてしまいました。

3回目の「指導」が出た時、谷選手は一瞬、周りを見てから、状況を把握したようです。
その後は黙って速やかに試合に戻り、全力を尽くしたのだと思います。

自分に不利なジャッジにも、「分かりやすい勝ち方」をしていない自分に原因があるととらえ、
抗議しないという態度(おそらく)がすばらしいと思いました。
そしてその後の銅メダル争いに一本勝ちしたことがすばらしいと思いました。

すべての人が谷選手のような心の持ち主であれば、世の中は平和になるだろう、と思いました。

そして、銅メダルの人が2人いて、表彰台が4人分あることに驚きました。テレビに向って、
「前回までは違ったよね?」と叫んでも、NHKはとくに解説してくれませんでした^^;



北京オリンピック開会式に驚きました。
2008-08-08 00:00

北京オリンピック開会式のところどころをテレビで観ました。

2008年8月8日午後8時8分に始まるらしい、と認識していたのに、
8時になっても中継が始まらず、
9時ごろ始まったので、
北京と東京には1時間の時差があるらしいと分かりました_ψ(‥ ) カキカキ

踊っている人々を観ました。
動きが揃っていました。長時間練習したのだろうな、と思いました。

その後私は外出して、帰宅して、もう終わっているだろうと思いつつNHK総合をつけたら、
選手団入場の後半のようでした。
非常に長時間にわたる式典だったようです。

北朝鮮の選手団入場では、
歩き方が行進でなく、各自バラバラの歩行であることが非常に新鮮でした。

最後に入場したのが、例によって開催国の選手団で1000人以上。
私の出身高校の全校生徒数(当時)とほぼ同数で驚きました。

8月10日現在の情報では、
開会式の視聴率が、中国では98%以上だったそうです。驚きですw(°o°)w



Spinning Around / w-inds. (1)
2008-08-07 00:00


アルバム『Seventh Ave.』からの初ヒトカラです^^

今のところ、『Seventh Ave.』の中で特に好きな歌は、
『Spinning Around』『Hello』『New Day』『アメあと』『LOVE IS THE GREATEST THING』です。

『Spinning Around』は覚えるのがタイヘンです。

このブログの第1回、2006年12月13日に、
『道標』を「覚えにくい」などと書いているのがなつかしいです^^;

『道標』は一人で歌うことを想定して書かれた歌なので、
『Spinning Around』よりは再現率が高いと思います。
でも難しい歌のほうが練習が楽しいです^^

「ギリギリ彼氏だし」と、
恋愛があって当然の世界観。

アルバムを発表するたびに、平然と大人になっていかれますね。

ステキです。
この歌を企んだかた。



ドラマ『ROOKIES』最終回を観ました。
2008-08-06 00:00


2008年7月26日に放送されたドラマ『ROOKIES』最終回。

最終回の視聴率が、全11回中の最高値だったそうですね。よかったですね^^

甲子園出場を賭けた試合なのに(だからこそ?)、
ピッチャーの安仁屋くんは肋骨が折れていました。

私は予告編で、
安仁屋くんがピッチャーマウンド上で血を吐いて倒れる映像を見たような気がして、
安仁屋くんは折れた肋骨が肺にささって死んじゃうのかと思っていました。

しかしそれはまったくの妄想だったようです。

安仁屋くんは死ななかった。
選手生命も絶たれなかった。よかったです^^

川藤先生の、いったん辞職して、教員試験を受けなおして戻ってくるところがステキです。

『CHANGE』の朝倉総理と同様のルール守りっぷりです。

そういう人が大好きです。



7月9日『笑っていいとも!』w-inds.出演ネタバレポ♪
2008-08-05 00:00

「クイズ!メイクダウト」のコーナーに、ジュディ・オングさんとゲスト出演♪タモリチームで、
タモリさん、千葉さん、橘さん、緒方さん、田中裕二さん、庄司智春さんの順で着席♪

太田チーム、太田光さんの出題。「昔話「浦島太郎」。太郎は玉手箱を開け、お爺さんになりますが、その後どうなってしまう?A.亀になってしまった。B.乙姫様と結婚した。C.鶴に変身した」千原ジュニア「誰に答えてもらいましょう?」太田「じゃあw-inds.!」涼「Aで」慶「ボクBと思う」品川祐「どっちなんですかAかBか!」涼「自信もっていこうBで!」太田「(両腕で×を作って)ブー!」千原「正解はCです」コケる千葉さん♪高いところで正座させられるお三方。左から千葉さん、橘さん、緒方さんの順。

太田チーム、ジュディ・オングさんの出題。「2007年度犬の名前ランキングで1位になった名前は?A.タロウ。B.チョコ。C.リリー。もうひとつあっていい?うちのワンちゃんがパールって名前だから。4.パール」田中「仮に正解が4のパールだったら怒りますよ」千原「誰に答えてもらいましょう?」ジュディ「(庄司さんのポーズを見て)ロダンの考えてる人」千原「彼はこう見えてなんにも考えてません」庄司「C!」ジュディ「ブー!」正座させられる庄司さん。橘さんと緒方さんの間に。正解はB。

タモリチーム、正座中のw-inds.の出題。涼「お菓子のポッキーはマレーシアでは何と言う名前で発売されているでしょう?A.マッキー」慶「B.ロッキー」カードを渡された緒方さんがなぜか庄司さんへ手渡し。庄司「え?オレ?C.ラッキー」龍「4.パール」太田「うまい!」千原「誰に答えてもらいましょう?」慶「さっきやられたので太田さん!」太田「A.マッキー」4人「ブー!」正解はB。

番組のエンディングで「ハートエイド四川」を宣伝するジュディさん。慶「ボクらも出るんですけど、ボクらニューアルバムも」ジュディ「(『Sevevth Ave.』の宣伝ボードを指して)これもよろしくお願いします」私「ジュディさんステキ

ドラマ『CHANGE』最終回を観ました♪*ネタバレです。
2008-08-04 00:00

2008年05月23日のブログの続きです。


2008年7月14日に放送されたらしい、ドラマ『CHANGE』最終回を、先日、録画で観ました♪

納得のいくストーリーでした。
すばらしいです。
私が観たフジテレビのドラマの中では最高の1本かもしれません。

大臣の過去の汚職が発覚したからといって、
朝倉総理が辞めるだけでは抜本的解決にはならないと思っていたのです。

しかし、私は政治のことがよくわからないので、
衆議院解散・総選挙という解決策があることを思いつきませんでした。

だからビックリして感動しました。

木村拓哉さんの、演説中の演技の中で必要なタイミングで涙を流し、また止める能力は
すばらしいと思いました。

欲を言えば、いえ、完全に私の欲ですが、
深津さんが活躍するシーンをもっと観たかったです^^;



THE BUNGY / NICO Touches the Walls (2)
2008-08-03 00:00


ラジオで聞いて一目ぼれ(汗)して即CD注文に至った歌です。

TBSラジオは私に対してわりと広告効果をあげていますよ^^

全体にカントリー音楽な感じの速いリズムで、
私はカントリーを好きでないにもかかわらず、
出だしの早口言葉系の部分のメロディがとっても気に入ったのです。

CDをよく聴いてみると、
歌唱もすばらしいし、
詞の世界も奥行きと広がりがある感じです(いつもながら上から目線ですみません)。

しかも、夏にぴったり。

メロディの高低差が激しく、リズムも速いので、
難しい歌ですが、
カラオケで歌いこなせたらカッコイイな~
と思っています。

現時点では歌いこなせてません^^;

しかしこの声と歌詞、ドキドキします☆



Winter Story / w-inds. (1)
2008-08-02 00:00

 『w-inds.~1st message~』というアルバムを入手しましたので、
その収録曲を初めてヒトカラしました。

この歌は、葉山拓亮さんの作詞作曲だと、カラオケ画面で気づきました。

2008年現在のw-inds.の作品はもっと凝った、
覚えにくい感じのものが多い気がしますが(そこが好きでもあるのですが^^;)、

2001年のこの作品は、覚えやすく、とっつきやすいです。

1コーラス目と2コーラス目で譜割りの違うところも、見当たりません^^

通勤電車の中で聴いて、わりと楽に把握できました。

ところで、久し振りにカラオケに行きました。
もっと頻繁に行きたいのに。
なぜこんなことになっているのか考えてみると、
現在、歯の治療に通っているからだと気づきました。
そのようなつもりはなかったのですが、
カラオケに使っていた時間を、歯科治療に割り振る結果となっていました^^;

ところで2。「誰もが眠らず祝うその日」とは、大みそかのこと…ですよね?