FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

『24時間テレビ31愛は地球を救う』を観たり観なかったり。
2008-08-31 00:00

今年の24時間テレビも終了しましたね。

司会で出ずっぱりのタレントさんも大変だけど、
裏方さん特にディレクションする立場の人はもっと大変なんだろうな、と思います。
関係者全員のかたの気力に敬服します。募金しに行かなくちゃ(・∀・)

マラソンを観ていると(いえ、かぶりつきで観ているわけではありませんが)、
ふだんから走る習慣があるわけでもないようなタレントさんが、
よく走り抜くものだなと感心します。
あまりの疲労に倒れてしまうのでは?と毎年、心のどこかで心配しています。

エド・はるみさんと私は同年代と思われるので、
エドさんが無事ゴールして本当にうれしいです^^

ドラマについては、今年はドラマが始まるタイミングに偶然日テレを観ていたので、
見逃さないで済みました。
興味深い内容でした。難病の旦那さんを転院させる奥さんの行動が素晴らしいと思いました。

24時間テレビのドラマは毎回、観てよかったと思うのです。
今までで印象に残っているのは、
ずっと以前の大竹しのぶさんが出演した作品と、
おととしの亀梨和也さんが出演した作品です。



スポンサーサイト



2008年7月24日放送『オンタマ』w-inds.出演ネタバレポ♪
2008-08-30 00:00

2008年7月24日(木)深夜0:10から放送された『オンタマ』を、録画で先日、観ました。

ナレーター「オンタマオピニオン。今回はw-inds.さんに、日本サッカーにもの申すというテーマで制限時間いっぱいまで自己主張していただきます。では、ご自由にどうぞ」
涼「ボクは川口選手に言いたいですね」慶「川口選手。キーパーの」涼「最高です!」
「褒めちゃった。」というテロップ(^□^;)

慶「いろんな意見が飛びかいますよサッカーっていうものは」龍「そうですね」慶「プレイしてる立場から言わしてみれば、いろんなこと言ってる人に、ちょっとそれは簡単に言いすぎなんじゃないの?と言いたくなりますよね。(中略)そう簡単にいいプレイはできないわけですよ」

慶「岡田監督に、ボクはぜひ、ボクサッカーやっててフォワードなんでいちおう」涼「とりあえずJリーグ行ったほうがいい。代表の前に」龍「そっちだ(笑)」慶「呼んでいただけたらうれしいなと思います」
「売り込み!?」というテロップ(^□^;)

龍「こんな慶太くんですが」涼「歌も歌えます」私「(≧∇≦)」照明が赤くなり、サイレンのようなものが。慶「おお、なんだこれ?」龍「岡田監督、慶太くん使ってあげてください!」慶「使って~!」
「是非。」というテロップ

2008年7月23日放送『オンタマ』w-inds.出演ネタバレポ♪
2008-08-29 00:00


2008年7月23日(水)深夜0:10から放送された『オンタマ』を、録画で先日、観ました。

ナレーター「w-inds.さんの、着メロ曲名あてクイズ。最初の着メロはこちら。着メロ」
♪(「抱きしめたい時に 伝えようとしても」の「抱きしめ」の部分のみ)
慶「簡単こんなの」涼「オレもわかった~」ナ「では慶太さんどうぞ」慶「Paradox」ナ「正解」ヘン顔になる緒方さん。わかってなかった様子。

ナ「お次は。着メロ」
♪(「just for you季節が 色付ける思い出」の「just for」の部分のみ)
3人「せ~の、十六夜の月」ナ「正解」3人「簡単だな」
お三方の後ろ姿の映像に「簡単だな~」というテロップが^^;

ナ「じゃあ、次、答えられなかったら、リーダー逆立ちお願いします。それでは、着メロ」
♪(「Ah…LOVE IS THE GREATEST THING」の「Ah」の部分のみ)
涼「はいはいはいはい間違ってもいい?」慶「逆立ちすんの自分だから」涼「Pieces」ナ「残念。LOVE IS THE GREATEST THING」3人「うわぁ~(≧ロ≦)」龍「も、コードじゃん」慶「ハハハ」

軽々と逆立ちする千葉さん。
慶「でどうすればいいんすか?」涼「(逆立ちしたまま)こっからどうすればいいんすか?」カメラ目線の緒方さん。慶「これどうすればいいんすか」涼「これはどうすれ」私「(≧∇≦)」
「別に。」というテロップ

日本武道館♪w-inds.はアゲアゲ、外は土砂降り☆
2008-08-28 00:00


w-inds. Live Tour 2008 Seventh Ave.日本武道館2日目(のみ)行ってきました^^

今回は2階スタンド席南東の、前のほうから数列目でした^^

しかし、去年の、天井に近かった席のほうが、音はよかった気がします。
なぜだろう。あとはアリーナで聴いてみなくては。

あ、でも、映像と音声のズレは、やはり、去年よりマシでした。あとはアリーナで観てみなくては。

大きなミスも、事故もなく終了して本当によかった。

ステージ前にビデオカメラのレールがあって、左右行ったりきたりして撮影してました。
クレーンもありました。
1階スタンド席正面にも大きなビデオカメラがありました。
でも「今日DVD撮影」等の発表はありませんでした。

後半、照明が強くなると、黒サングラスをかけていても耐えられない私は、
目を閉じて、手をパラボラアンテナのようにして耳にあて、
橘さんの声をいちばんよく拾う方向を探していました。

終わって外に出るとものすごい雨で、
上(武道館の外廊下)から見ると皆様の傘がきれいでした。
でも実際その集団に自分も入ると、皆様の傘の骨で、頭つつかれまくりでした^^;



2008年7月22日放送『オンタマ』w-inds.出演ネタバレポ♪
2008-08-27 00:00

2008年7月22日(火)深夜0:10から放送された『オンタマ』を、録画で先日、観ました。
イメージオンタマ。お三方のうしろに二人の大きな黒人さんが登場。

ナレーター「ニューアルバム『Seventh Ave.』にちなんで、ア・ベ・ニ・ユ・ウで始まる歌詞の歌、ア」龍「♪あ~なたに~逢いたくて~逢いたくて~Hey!←ラップ風?(あなたに逢いたくて~Missing You~/松田聖子)」

ナ「ベ」龍「♪Baby Baby Baby…(スリル/布袋寅泰)」慶「オレも思った」龍「ゆえよ!」

ナ「ニ」龍「♪ニューヨクシーティーコーップス(ニューヨーク・シティ・コップス/ザ・ストロークス)」慶「何それ?」

ナ「ユ」慶「♪夢でもし逢えたら~素敵なことね~ええぇ~(夢で逢えたら/RATS & STAR)」私「コブシがステキ

2008年7月21日放送『オンタマ』w-inds.出演ネタバレポ♪
2008-08-26 00:00

2008年7月21日(月)深夜0:10から放送された『オンタマ』を、録画で先日、観ました。

ナレーター「w-inds.パーソナルクエスチョン。まずは慶太さん、今年の5月、福田総理の前で歌を披露されたそうですが」
慶「とりあえずちゃんと歌って、お食事されてたんで、ホコリだけたたないように気をつけました^^」
龍「踊りはナシです^^」
私「すると…北海道のお二人はコーラスだけ?」

ナ「涼平さん、いま一番気になることといえば?」
涼「物価が上昇してますんで、そのへんが気になってますね」
ナ「そのことは、福田総理に直訴しなかったんですか?」
笑う橘さんと緒方さん。
涼「言えません!(≧∇≦)」

ナ「龍一さん、最近うれしかった出来事は?」
龍「立て続けに、いい歳の取り方してるねっていってもらえました。3人ぐらい、いや2人」
慶「少なくない?」
涼「減ったよ」

ナ「涼平さん、いま一番気持ちいいと思う瞬間は?」
涼「メシ食って寝て、なんか踊ってみたいな、同じことの繰り返し?幸せ

映画『夢のチョコレート工場』を観ました♪
2008-08-25 00:00

2007年12月09日のブログに映画『チャーリーとチョコレート工場』のことを書きましたが、
それはロアルド・ダールの小説『チョコレート工場の秘密』の二度目の映画化であり、
一度目がこの『夢のチョコレート工場』だそうです。
ケーブルテレビで放送していたので録画して、先日、観ました。

セットなどは『チャーリー…』よりも低予算な感じがしました。
たとえばチョコレート原液の池というか川ですが、色のついた水、という感じで、
チョコレート原液のねっとりした質感は『チャーリー…』の勝ち。
でも、「ワンカ氏」が、「チョコレートが汚れるから直接手で触らないで!」と言います。
衛生管理の点では『夢の…』の勝ち。
でもいずれにしても、どちらの工場のチョコも食べたくないですが^^;

『チャーリー…』よりも『夢の…』のほうが、ヨーロピアンテイストな風刺を感じました。
アナウンサーが「金の券」に対する世界の狂騒ぶりを数回にわたって伝える雰囲気に。
また、登場するチャーリー以外の子どもの暴言吐きっぷりに驚きました。
『チャーリー…』よりももっと、子どもがわがままだと感じました。
1971年の公開当時、この映画を観た大人は風刺を楽しみ、
子どもには「わがままばかり言ってるとあんなひどい目にあうんだ…」
という教育効果があったんじゃないかと思いました。

ワンカ氏が変人になった理由は説明されていませんでした。
あれは、『チャーリー…』のオリジナルエピソードだったのかしら?

というわけで、原作も読もうと思います。



ドラマ『ホテリアー』に学ぶ韓国語とか??
2008-08-24 00:00

←このようなDVDが実在するようですが(汗)

なぜ今?とお思いでしょうが、
ペ・ヨンジュンさんに興味があって、
韓国ドラマ『ホテリアー』をケーブルテレビで放送していたので、
全20回のうち、19回まで鬼のように録画して、鬼のように観ました。

最終回第20回だけ、録画しそこないました(((((((((((o_ _)o ドテッ
しかも、ケーブルテレビなのにリピート放送がないという…。
さっそくTSUTAYA DISCASで予約しました(`・ω・´) シャキーン

韓国語の音声で、日本語字幕という放送でした。
字幕が「わかりました」だと、音声は「アイゲッスムニダ」と言っていました。
英語っぽいと思いました。

「ホテリアー」という言葉は「ホテルの経営者および従業員全般」のことを指しているようですが、
それにあたる日本の言葉は「ホテルマン」ですよね。
「ガソリンスタンド」が和製英語であるように、「ホテリアー」は韓製英語なのかな?
と思ったのですが、検索しても答えが出ませんでした。
「ホテリアー」をアルファベット表記すると「HOTELIER」で、
フランス語読みすると「オテリエ」。←このフランス語は実在し、
「ホテリアー」と同じ意味のようです。



映画『みんなのいえ』を観ました。
2008-08-23 00:00


ちょっと前に、たしかケーブルテレビで録画して、観ました。

ある共働き夫婦(田中直樹・八木亜希子)が、家を建てることになる。
設計を妻の元同級生であるデザイナー(唐沢寿明)に、
施工を妻の父である棟梁(田中邦衛)に依頼する。

夫婦自身ももちろん家へのこだわりはあるが、
デザイナーには細部にわたる様式美へのこだわりがあり、
棟梁は予定にない和室を作りたがり、
夫の母(野際陽子)は風水にしたがって夫婦にとっては受け入れ難いアドバイスを連発。

みんなの思惑が対立して、家づくりはなかなか進まない…。


家を建てるのって、大変なようです。

以前に読んだ、伊藤理佐さんの漫画『やっちまったよ一戸建て!!』でも大変そうでした。
伊藤さんは「おひとりさま」なので、人々の思惑が対立して、
という種類の大変さではなかったようですが。

結婚式の準備も大変だと聞きますね。思惑対立型のね。
受験とか、就職とか、喪主も大変でしたけど~。濃い体験でした(^^;)



第27回(2008年7月15日放送)「DANCE」ネタバレポ♪
2008-08-22 00:00

2008年7月15日(火)に放送された 『w-inds.M』第27回を録画で観ました♪「DANCE」にw-inds.M♪ゲストはダンサーでコレオグラファー(振付家)で「よしの黒板製作所」のKenさん(Pro-seeD)♪

龍「現在と昔のw-inds.のダンスを比べたい」『Paradox』のMUSIC VIDEOが流れる。龍「どうですか?」Ken「Old School(70~80年代に生まれたストリートダンスの総称)にNew jack(と聴こえたのですが間違っていたらすみません)の要素も入って、当時としては新しいダンスをやってる感じですね」龍「J-POPににああいうダンスを取り入れるのはDA PUMPさんから受け継ぎ、w-inds.なりに消化した作品とボクは捉えています(中略)2006年ぐらいのファンクラブイベントの『Endless Moment』の振付をKenさんにお願いした。翌年のagehaツアーからもっともっとKenさんの色が出てきた」

CM明け。涼「最初からNew School(90年代以降に生まれたHIP HOPなどを含むストリートダンスの総称)だったんすか?」Ken「いや(後略)慶「このアーティストはダンスうまいなってのは?」Ken「海外アーティストは全般うまいですよね。でもUsherがいちばん好きですね、あとOmarionとか」慶「w-inds.の、Kenくんが振り付けた、ダンスを観てもらいますか」LIVE TOUR 2005“ageha”から『Color me』の映像。
涼「振り付けのポイントは?」Ken「構成ですね。入り組んでいる中から広がったりとか、いろいろ考えて」涼「斬新だよね」慶「ダンサーが出てくるところカッコイイですよね(左手を前に出し、右手をコブシにして引く動き)」Ken「簡単なんですけどね。みんなでやったらカッコイイ」

CM明け。Live Tour 2007 “Journey”より、『Top Secret』の映像。慶「この曲の振付はKenくんでは、ないんですよね」Ken「僕の友達のYU-KI(綴りが間違ってたらごめんなさい)慶「ダンスうまいですよね