FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

炎神戦隊ゴーオンジャー / 高橋秀幸 (1)
2008-05-31 00:00



例年、2月に戦隊ものの新シリーズを観始める時に、
「この歌いいな」と思うわけではないのですが、
しばらく番組を観続けているうちに、
「いいな」となってきます^^

最近では、このオープニング・テーマを聴くとジルバを踊りたくなります。
誰かリードしてください(笑)
ウソです。体調的にたぶんムリです☆

今日、この歌を生まれて初めてカラオケで歌いました。

HyperJoy WAVEで歌って全国採点しました。

自己ベストが出ました(≧∇≦)

http://joysound.com/ex/search/karaoke/_selSongNo_171072_ranking.htm

ドキドキ愉快でした☆



スポンサーサイト

第19回(2008年5月13日放送)「Q.-inds.M」ネタバレポ♪ (2)
2008-05-30 00:00

2008年5月13日(火)に放送された 『w-inds.M』第19回を録画で観ました♪
今回のテーマは「Q.-inds.M」。ますます自由になってきましたね、この番組^^
全問正解したら、スタッフが千葉さんにアメ車をプレゼントする、という前提でスタート。
第1問w-inds.のデビューシングルといえば「Forever Memories」ですが、同じ事務所の中ノ森BANDのデビューシングル「ラズベリーパイ」の歌詞の中で何回“ラズベリーパイ”と言ってるでしょうか?Answer 1回(橘さんが正解)
第2問w-inds. 3rd Album「PRIME OF LIFE」のリリース日は2003年12月17日ですが、ジャケット写真で涼平君と龍一君が着ている服の番号を足すといくつ?Answer 99+5=104(緒方さんが正解。ただし28+76。誰か1人が正解ならクリア、とルール変更)
第3問「Love Is Message」ミュージックビデオ撮影現場、テンションが上がってきた慶太君が思わずした事とは?Answer 「本番!」の号令をかけた(全員不正解で車ゲットならず。残り全問正解でカーナビ、と景品変更)
第4問07年12月30日OA、MTV Videography:w-inds.、初めてw-inds.Mのタイトルコールを3人でした時に龍一君が取った行動とは?Answer 脇から何か出した(緒方さんが正解)
第5問「四季」のミュージックビデオ撮影現場、子役の子に連れて行かれた先で龍一君が発見したモノとは?Answer 大きな蜂の巣(全員不正解)
第6問w-inds.のシングル「約束のカケラ」のジャケット写真には何本のロウソクが立っているでしょうか?Answer 数えきれませんでした(MTVスタッフ調べ)(全員不正解でフリップを投げる緒方さん)
第7問(移動のバスの中で橘さんが千葉さんにイントロクイズを出している映像が流れ)このイントロは何?それとこの問題、涼平君は当てることができたでしょうか?Answer Winding Road 涼平君は正解した。(橘さんが正解)
第8問第1回目のw-inds.M、慶太君がNe-Yoにウィンズムしましたが、収録を通して慶太君は最終的にどうなった?Answer 気持ち良過ぎてスパッツも上がりすぎになった

w-inds.のメンバーが中ノ森BANDを語る映像にワクワクしました^^緒方さんがAYAKOさんを「中ノ森」と呼ぶのが新鮮ですし、橘さんと同じオーディションでグランプリだったと初めて知りました。



映画『メゾン・ド・ヒミコ』を観ました♪ (2)
2008-05-29 00:00


TSUTAYA DISCASでレンタルして観ました♪

「沙織(柴咲コウ)」は借金だらけのOL。
仕事中に風俗専用アルバイト情報誌を見ている始末。
「春彦(オダギリジョー)」は「沙織」に、
ゲイのための老人ホーム「メゾン・ド・ヒミコ」での高額アルバイト話を持ちかける。
「メゾン・ド・ヒミコ」のオーナー「卑弥呼」は、「沙織」の父であり、「春彦」の恋人。
「卑弥呼」は癌の末期なのだった。

オダギリジョーさんの役どころは素敵です。
男前で、ゲイで(汗)、落ち着いてて、余裕があって、目的のためなら手段を選ばない感じが。

また、「沙織」の勤務先の上司「細川専務(西島秀俊)」も興味深いキャラクターです。
貪欲というか、部下のOLに次から次へと手を出して、
しかも良心の呵責などは感じていなそうなところが。
彼も落ち着いています。

振り回される「沙織」はカワイイです。

「沙織」と「メゾン・ド・ヒミコ」の面々がコスプレして街に繰り出す場面が好きです。

あと、ラストシーンも好き。あのラストを見て、笑顔になりました^^



白髪へのソリューションщ(゚Д゚щ)カモォォォン
2008-05-28 00:00


30代のころ、私の白髪は「探せばある」程度でした。

いま43歳ですが、両サイドの生え際から3本ずつくらいと、
トップからもオバQ状に、目立つ白髪があります。

いえ、現時点で私の髪のほとんどは黒です。だからこそ白髪があると目立つとも言えます。

さてそれに対するソリューションですが。

何もしていません。

10代のころ(だと思う)に、何かの本で読んだのです。
ある外国の社交界で、みんなが白髪染めをしているにもかかわらず、
白くなるままにした女性がいて、その人がとてもカッコよくて尊敬された、と書いてあって、
私はそれに憧れました。

じっさい自分に白髪が出現すると、「ちょっと染めてみようかな」と思った時期もあります。

でも、その時、頭皮がブツブツだらけで、染められなかったのです。

おかげで10代のころの憧れを貫くことができています。

ケガの功名ですね^^



映画『海を飛ぶ夢』を観ました*ネタバレします
2008-05-27 00:00

TSUTAYA DISCASでレンタルして観ました。

1968年に首を骨折して四肢麻痺(首から下を動かせない状態)になったラモン・サンペドロ。
以来30年近く、寝たきりの生活を送り、
弁護士、社会活動家などの助けを得て、
裁判所に尊厳死を求めていく。

実在の人物の物語です。

尊厳死を求める様子がテレビなどで報道され、ラモンは有名人になります。

しかし、尊厳死は認められず、1998年に自殺で亡くなります。

映画から、ラモンの精神的苦痛が伝わってきました。
肉体的な苦痛はどうだったのか、気になるので、こんどは本を読もうと思います。
映画の元になった、サンペドロ氏の詩などをまとめた本です。

映画では、30代の俳優ハビエル・バルデムが、
20代と50代のラモンを演じています。演技力も特殊メイクもすばらしいです。

あと、私は、ラモンの訴えをサポートする活動をしている、
ジェネというキャラクターが大好きです。自分の陣痛の最中にも他人を思いやる人なんです^^



映画『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』を観ました。
2008-05-26 00:00

ケーブルテレビで録画して観ました。

2007年、日本は経済的に破綻する寸前。
財務官僚の下川路は、タイムマシンで1990年に行ってバブル崩壊を止めることを計画。
洗濯機型タイムマシンには乗れる人のサイズに制限があって…。というお話。

リアルタイムでバブル期を知っている私には、いちいちおもしろかったです。

登場するタイムマシンは日立の洗濯機(市販品ではないらしい)なのですが、
実在の社名を使用するところはアメリカ映画っぽいと思いました。

また、「洗濯機に人が入る」映像なんて、アイデアの時点でもクレームを予測できますが、
(「子どもがマネして大変なことになったらどうするんですか!!」等)
それでもやりきったところがすごいです!

その時々の最新のテクノロジーを駆使する場面が好きです。たとえば、
2007年から来た主人公が、1990年の世界で起こる事件を携帯電話のカメラで動画撮影とか。

同じホイチョイ・プロダクションズが1987年に制作した映画『私をスキーに連れてって』での、
インスタントカメラで撮った写真をその場で見る、とか、
離れたところにいる人同士がトランシーバーで会話する、とか、
そういう当時の最先端ぶりも好きでした^^



『プリン・ス2』で『アメあと』が!
2008-05-25 00:00


以前、シャインズという2人組のボーカルユニットを好きでした。
シャインズ解散後、おひとりは芸能界を引退されましたが、
もうひとりのメンバーである伊藤洋介さんというかたは、
牧野隆志さんというかたと、新しく「東京プリン」というユニットで活動されています。

で、日本海テレビをキー局に(だと思う)、『プリン・ス2』という番組をなさっています。
(私はTVKで録画して観ています)
この番組は、伊藤さんがさまざまなアーティストの新曲のPVなどを紹介し、
牧野さんがさまざまなアーティストにケータイブログの開設を指導したり、
インタビューしたりしています。

伊藤さんのコーナーは、渋谷亜希さんという魅力的な女優さんがいっしょに進行しています。
Vを観た伊藤さんが自由奔放なコメントをして、渋谷さんが見事にフォローする感じです。

でですね。

2008年5月12日(月)深夜の回を録画したものを観ていましたら…。
w-inds.の『アメあと』のPVが紹介されていました。
観終わった伊藤さんは「大人になったねえ」
渋谷さんも「少年のイメージたったのにね…」と感慨深げ。
おふたりとも、w-inds.の映像を観るのは、いつぶりでいらしたのでしょうか(^^;)



小説『天使の代理人』を読みました。
2008-05-24 00:00

 『嫌われ松子の一生』の巻末の解説で、
同じ作者の『天使の代理人』という作品が絶賛されていたので、読んでみました。
すでに文庫本が存在するというのを後から知りました。
私は図書館で、ハードカバーの本を借りて読みました。

主人公は助産師です。
ある産婦人科で長年にわたって人工妊娠中絶の介助をしてきて、ある日突然退職します。
そして、人工妊娠中絶を1件でも減らそうと、体験を本にまとめます。
志を同じくする助産師が複数、現れます。

また、中絶手術を受ける側の妊婦も複数、登場し、
何人かの女性の物語が、同時進行していきます。
すべての伏線が、最終的につながっていきます。

すばらしい構成だと思いました。『嫌われ松子…』の時と同様に、速く読んでしまいました。

この小説はフィクションですが、多くの事実をもとに構成されていると思います。
人工妊娠中絶の件数は、出産件数よりも多いらしい、ということは感慨深いです。

また、境遇が異なる妊娠経験者たちがネット上で意見をたたかわせる場面があるのですが、
自分と同意見でない人に対して非常にアグレッシブな人物がいて、
「リアルだなあ」と思いました。



ドラマ『CHANGE』第1回を観ました♪
2008-05-23 00:00


2008年5月12日に録画したドラマ『CHANGE』第1回を観ました。

木村拓哉さん主演ドラマです(^^)

衆議院議員とその長男が事故死します。
次男(木村拓哉さん)は小学校の教員です。
次男は政治に興味がありません。
しかし、まわりの人達に頼まれて、選挙に出ます。
落選すると思っていたのに、当選してしまいました。

ここまでが第1回のストーリーです(^^)

木村拓哉さんは天然パーマのモジャモジャ頭、という設定です(^^)

映画『GOAL!2』を観ました。
2008-05-22 00:00


TSUTAYA DISCASでレンタルして観ました♪

前作『GOAL!』では、主人公「サンティアゴ・ムネス」は、
アマチュアから、プロのサッカー選手になりました。

『GOAL!2』では、イギリスの「ニューカッスル・ユナイテッド」というチームから、
スペインの「レアル・マドリード」というチームに移籍します。

で、活躍したり、ケガしたり、恋人とケンカしたり、家を買ったり、車を買ったり、
生き別れだったお母さんと再会したりします…。

この映画の特徴は、次の3つだと思います。

1、展開が早い。日本の少年向き漫画などとは大違いのスピーディーな試合ぶりです。
そのほかのシーンも、テンポよく進みます。

2、映像がキレイ。スローモーションが多いです^^

3、サッカーのことがわからなくても鑑賞できる。ベッカム様しか知らない私でも…^^

楽しかったです。ちなみに私は、ハリスを好きかも♪

第3部は2009年公開予定とのこと。楽しみです。



映画『アビエイター』を観ました。
2008-05-21 00:00


TSUTAYA DISCASでレンタルして観ました。

飛行機を開発したり、映画を製作したりしていた、
ハワード・ヒューズという人の伝記映画です。

この人の特徴は、「大富豪」であることと、「強迫性障害」であることです。

と思っていたのですが、
『アビエイター』を観たら、
ハワード・ヒューズという人が、飛行機作りには非常に真剣で、
素晴らしい飛行機を開発したり、
飛行機での世界一周の最短記録を作ったりした偉人、という認識になりました。

ヒューズが運営するTWAという航空会社のライバルとして、
パンナム航空という会社が、
『アビエイター』の中では破竹の勢いなのですが、
2008年現在はパンナムという会社が存在しないことを私は知っています。

歴史って、興味深いですね。



DVD『WORKS vol.1』を観た後『アメあと』初回DVDを観ました。
2008-05-20 00:00

 先日『WORKS vol.1』を入手した私は、タイムトラベルを体験しました。

2002年3月20日発売の『WORKS vol.1』を観て、直後に
2008年4月23日発売の『アメあと』初回限定盤のDVDを観ることでw♪

『WORKS vol.1』のPV。
『Forever Memories』お三方とも性別不詳。直立不動でまばたきする千葉さんがカワイイ。
『Feel The Fate』橘さんの声が変わってます!!千葉さんの美少年ぶりに倒れます。
『Paradox』「二人で感じたい」というところのくねくねダンスが好きです。睨む千葉さんはホラー。
『try your emotion』橘さんの声がまた変わってます!!

『WORKS vol.1』の語り部分。
橘さんは「(デビューから2002年現在までで)色々変わりましたね。外見も内面も」と高い声で。
いっぽう千葉さんの語っている場面では、(2008年との)外見の変わってなさに驚愕です。
緒方さんは、私の好きなほっぺたのふくらみがあります♪
3人とも、2002年の目標を「ライブをやりたいです!!」と答えています。夢がかないましたね^^

直後に『アメあと』のDVDを観ると、極太ズボンを卒業したお三方が。
落ち着いて低い声で語る橘さん。
紙一重な(そこが好き)ホケをかます千葉さん。
丸いほっぺと腫れたまぶたを失った緒方さん(∩゚д゚)
いつもの『w-inds.M』♪^^まるまる1本分の長さでゴージャスです☆



小説『嫌われ松子の一生』を読みました。
2008-05-19 00:00

 
2008年5月12日のブログの続きです。

そんなわけで、原作の本を読みました。

いろいろと壮絶な体験をした後、53歳で殺されてしまった「松子」。

「松子」の甥「笙」がだんだんと「松子」の人生を知っていく描写と、
「松子」自身のモノローグによる描写が、
交互に現れます。

興味を引かれて、どんどん読んでしまいました。

人並みの人生から、
転落してしまった「松子」と、
今のところ転落していない「笙」。

映画では「松子」目線がほとんどな感じがしましたが、
小説では、「松子」目線と「笙」目線が半々であり、
「笙」が「松子」に親近感を覚えていくにつれ、
「松子」に起こった数々の事件は、自分にも起こるかもしれない、
という身近さを感じさせられました。



山崎美貴さんの吹替えが素晴らしかったです。
2008-05-18 00:00

昨日のブログに書いた映画『ジョー・ブラックをよろしく』ですが、
テレビ東京で放映されたものの録画なので、
主音声が日本語で、そのまま主音声で観ました。

映画の世界に入り込んで観ていて、
最後に声優さんの名前が出た時に、
スーザン役の山崎美貴さんというお名前に驚きました。

山崎美貴さんって、あの、オールナイターズの山崎美貴さん?

と思って、Wikipediaで調べたら、本当にそうでした。
ご本人のホームページの「芸歴」欄を見ると、たくさんの映画の吹替えをされていて、驚きました。

『ジョー・ブラックをよろしく』のスーザンの日本語の声は、
自立した若い女性のイメージにぴったりでした。
大人っぽくて、しかもかわいらしい声としゃべりかたなのです。

他のキャラクターを思い出させるような強烈な特徴もないし、
いい意味で、外国映画の吹替えに最適な声だと感じます^^

昔夢中になって観ていた『オールナイトフジ』。
あの頃の山崎さんのイメージとは、かなり違いました。楽しい驚きでした^^



映画『ジョー・ブラックをよろしく』を観ました。
2008-05-17 00:00

テレビ東京で録画して観ました♪

『ブラックジャックによろしく』とは関係ありません^^

65歳の誕生日を控えた実業家ビル(アンソニー・ホプキンス)、
ビルを迎えに来た死神ジョー・ブラック(ブラッド・ピット)、
ビルの次女で研修医のスーザン(クレア・フォラーニ)。

ジョー・ブラックはビルに取引を持ちかけます。
寿命を延ばすかわりに、人間界を案内するように、と。
そして、人間界を観察しているうちに、スーザンと恋に落ちてしまいます。

スーザンはジョーの正体を知りません。
ジョーと結ばれることを望んでいますが、それは死を意味します。

苦悩する3人。

私は「ブラピ様ラブ

第18回(2008年5月6日放送)「漫画」ネタバレポ♪
2008-05-16 00:00

2008年5月6日(火)に放送された 『w-inds.M』第18回を録画で観ました♪

「漫画」にw-inds.M♪
音楽の話がいっさい出なかったので、[w-inds.M]という新しいカテゴリを作って分け直しました^^

千葉涼平さんのオススメ漫画とコメント
『SLAM DUNK』井上雄彦。これに憧れてバスケを始めた人多数。熱い!!
『リアル』井上雄彦。車椅子の人のバスケの話。
『バガボンド』井上雄彦。小次郎と武蔵。表現が神レベル。セリフなしで何ページも。
『クロスゲーム』あだち充。野球漫画。連載中。ホントにおすすめ。
『GTO』藤沢とおる。元ヤンの先生だからこそヤンキーの気持ちが分かる。

橘慶太さんのオススメ漫画とコメント
『HUNTER×HUNTER』冨樫義博。念じるとコップの水が甘くなる。
『BLACK CAT』矢吹健太朗。闇組織の中でも強かった主人公だが抜け出す。
『ドラゴンボール』鳥山明。どのキャラでもマネできます。

緒方龍一さんのオススメ漫画とコメント
『20世紀少年』浦沢直樹。小さい頃に考えた悪いお話が、大人になって実現してしまう。
『MONSTER』浦沢直樹。天才医師が命を助けた少年が悪人に。医師は彼を殺す決意を。
『ホムンクルス』山本英夫。頭蓋骨に穴を開ける手術で、他人のトラウマが見える左目に。
慶「龍一くん説明うまくなったね」龍「『w-inds.M』ありがとう!」という会話が印象的でした^^



不良と2時間( ̄ー ̄)
2008-05-15 00:00

今クールは、3本のドラマを観ています。

『ROOKIES』『ごくせん』『キミ犯人じゃないよね?』です。
(あと『CHANGE』も観る予定ですが、録画した第1回をまだ観ていません)

『ROOKIES』と『ごくせん』は同じ土曜日で、時間も続いており、録画順に観てもいます。

そんなわけで2時間、不良高校生ざんまいです。野球部と帰宅部。

『ROOKIES』は、第1回は「まあまあ」な面白さだったのですが、
第2回からは「確実におもしろい番組」に昇格しましたin my head。
「川藤」には一生、平常心を保ってもらって、
「校長」をギャフン!!と言わせてもらいたいです☆

『ごくせん』はヤンクミのケンカシーンをもともと大好きなので、
第1回から期待通りの面白さです。

ちなみに『キミ犯』は第1回から「確実におもしろい番組」認定バーン!!(ハンコ押す音)



song 4 U / w-inds. (2)
2008-05-14 00:00

w-inds.の歌で、『song 4 U』という有名な歌があるのは知っていました。

いっぽう、アルバム『ageha』の音源を何回も聴いていながら、
タイトルを知らない歌がいくつもあります。

今回、「人前で泣く、こともなく」と韻を踏んでいるあの歌を、
ヒトカラしたいなと思って、予習で歌詞カードを作るときに、やっとタイトルを知りました。

この歌があの、有名な『song 4 U』だったんだ。

音だけ聴いていた時は、
「愛し合い…別れが来」たのは、「君」と「僕」に、だと思っていたんですけど、
歌詞をよく読むと、
「僕」はその「恋」には関係なかったみたいですね。

「君」と誰かの「恋」が終わって、心の中で落ち込んでいる「君」を、「僕」が励ましているんですね!

だから、「多分こんな恋は…もうない」というのは、「僕」の最新の気持ちではないんですね!

なにか、よかったです(´∀`)

ちなみに、JOYSOUNDではタイトルが『songs 4 U』なので、修正依頼のメールを送りました。



pasmoでグリーン車に乗りました(^^) (1)
2008-05-13 00:00

今日は電車でお出かけです(^^)

乗ろうとした電車に、グリーン車がついていました。

ICカードを使ってグリーン車に乗ったことがないな、と思ったら、
ホームに自販機のようなものを見つけました。
グリーン車に乗るための。

さっそく私のpasmoを挿入、線名を指定して、行先を指定すると、
950円引かれて、pasmoが出てきました。

誰もいないグリーン車に乗車して、適当な席に座りました。
車内に貼ってある説明書どおりに、
座った席の上部(天井)にあるタッチ部(と呼ぶのかどうかは知りません)にタッチすると、
パイロットランプが赤から緑に変わりました。

初めておこなうことって、おもしろいですね(≧∀≦)

キャビンアテンダントふうのスカーフをしたおねえさんが車両に来て、
赤ランプ席の乗客に、にこやかに「グリーン券はお持ちですか?」とききました。
その乗客はSuicaを提示し、おねえさんがそのSuicaをその席の天井にタッチしていました。

その後、正面に向き直って、
「車内販売でございます(^^)」と言いましたw(゜o゜)w

コンビニエンスストアで薬(一部ですが)が買えるようになった時のような感慨を持ちました(´▽`)



映画『嫌われ松子の一生』を観ました。
2008-05-12 00:00

ケーブルテレビで録画して観ました。

映画館では観ていませんでした。
テレビドラマも観ていませんでした。

タイトルから、生涯にわたって、最初から最後まで嫌われている女の人の話だと思っていました。

でも映画を観たら、主人公が「嫌われ松子」と呼ばれていたのは、
40代以降の、ゴミ捨てルールを守らず、夜中に奇声を発していた時代のみと分かりました。

美人で優等生だった主人公ですが、
20代前半から、次々と壮絶な体験をします。

私だったら、自分に暴力を振るう恋人のことを、
「松子」のようには愛せません。

登場人物の一人が、「松子は神だ」と言いますが、私も半分くらい賛成です。

ミュージカル仕立てです。
劇中歌である『LOVE IS BUBBLE』『What Is A Life』『まげてのばして』を好きになりました。

気になって、原作の本も読み始めました^^



映画『おかあさん』を観ました。
2008-05-11 00:00


画像がないのですが、この作品のDVD購入は可能なようなので、アフィリエイト貼ります。

ケーブルテレビで録画して観ました。
1952年の映画です。

18歳の娘(香川京子)の目線で、おかあさん(田中絹代)を語る映画。
病死その他で、家族の人数がだんだん減っていきます。

労働環境のせいで病気になって亡くなっても裁判沙汰にならない時代…
自営業で苦労して過労になる時代…
格差社会ではなく、大半の日本人が貧しいけれど、絶望してはいない時代を感じます。

作中に、「向ヶ丘遊園地」が出てきます。
主人公たちは「豆汽車」らしい乗り物に乗っています。
(川崎市にあった「向ヶ丘遊園」は2002年に営業廃止となっています)

ものを大切にして、大人が子どもをちゃんと叱って、ご近所に交流があって…
心温まります。

私は、マンションの廊下で挨拶した相手から挨拶を返される率が50%くらいなのですが、
現代という時代は、それでも生きていける時代、とも言えます。一長一短ですね。



第17回(2008年4月29日放送)「ゲーム」ネタバレポ♪
2008-05-10 00:00

2008年4月29日(火)に放送された 『w-inds.M』第17回を録画で観ました♪

「ゲーム」にw-inds.M♪
テーマ紹介のナレーションが緒方さんで、「ゲーム好きのみんな、あつまれ~」
というのを聞いて、緒方さんのブログのトップページの「カレー好きあつまえれぇ」を連想^^

緒方龍一さんのオススメゲームとコメント
「Test Drive Unlimited」ゲームの中で車やバイクが買えるのでお金持ち気分になれる。
「METAL GEAR SOLID 4」メタルギアソリッドシリーズのカードゲームはクリアしたけど。
「グランツーリスモ5プロローグ」プレステ2であった、バイクバージョンを、3でも出して!

千葉涼平さんのオススメゲームとコメント
「ファイナルファンタジーVI」FFシリーズの崩壊後の音楽をリコーダーで吹きました^^
「ファイナルファンタジーX」龍一くんが「泣ける」と貸してくれた。
「ウイニングイレブンプレーメーカー2008」ウイイレはプレステ、Xbox、PSP、DSでも出てる。

橘慶太さんのオススメゲームとコメント
「HALO 3」ウエンツ瑛士がすごいうまい。
「モンスターハンター」自分よりでっかい笛でいろんなことします。
「ドラゴンクエストIV」3の音楽、歌えます。9が2007年に出る予定だったけど、まだです。

今回の収録時にはまだ、千葉さんはモンハン未体験のようでした^^



第16回(2008年4月22日放送)「アメ車」ネタバレポ♪
2008-05-09 00:00

2008年4月22日(火)に放送された 『w-inds.M』第16回を録画で観ました♪
「アメ車」にw-inds.M♪

緒方さんと橘さんの車はアメ車だそうでw(°o°)w

月刊『アメ車マガジン』の相馬さんと太刀川さんを迎えてアメ車のお勉強^^
「2009ダッジ・チャレンジャー」排気量が大きい。
「2008フォード・マスタング・ブリット」ブリットという映画のマスタングの何か。
「2009シボレー・カマロ」67年~69年のカマロを忠実に再現しつつ最新式にアレンジ。

相馬さん・太刀川さんのおすすめアメ車。
「シボレー・タホ」世界最強最速のピックアップトラック。
「ビュイック・リビエラ」あの人ヤバイと思われる車。乗ってる人とメル友になりたい(by太刀川さん)
「1967キャデラック・エルドラド」(橘さんの車もキャデラックだとか!)
「1968ダッジ・チャージャー」ギャグでは乗れない。維持できない。
「ハマー・H」もともとは軍用車。

『アメ車マガジン』のお二人と緒方さんの会話が理解できなかったらしい千葉さんの
「(車の)写真の角度がいい」とか
「(マスタングという車種が)有名スよね」とか
「(自分の車は)原付だし二段階右折」などのコメントに癒されました(´∀`)

最後「アメ車」のあとに翌日発売の『アメあと』のMV。この流れを予測してなかった私は悶絶(笑)



上りエスカレーターにおける男女 (1)
2008-05-08 00:00


通勤時にはいつもエスカレーターに乗ります。

上りエスカレーターに乗る時、
私の前の人が女性だったら、
1段あけて乗ります。

男性だったら、
2段あけて乗ります。

なぜなら、男性は、いちど乗った段から、1段うしろに下がってくることがあるからです。

1段しかあけないで乗っていると、前にいる男性が1段下がってきて、
その人のショルダーバッグが私にぶつかったりするおそれがあります。

女性は、乗った段から1段下がることはありません。
今までの経験では、
100%なかったんです。

ということを書こう、と1~2週間前から思っていたら、
1段下がってきた女性を、生まれて初めて見てしまいました(;゚д゚)アッ....



育つ雑草 / 鬼束ちひろ (1)
2008-05-07 00:00


ブログ友達の蜂雫 蜂子さんが、好きだと言っていた
『育つ雑草』とはどんな歌だろうと思って、
音源を入手しました。

意外にも8ビートです。
メロディはパッショネイトです。

歌い方はエモーショナルです。これはいつもです。魅力的です。

詞は、深いです。
みんなが、日常、気づいていながら表現できないことを、
鬼束さんは表現することができるようです。

私も、自分が何を優先して生きて行きたいかとは別に、
「前へ前へと押されて行く」感じはします…。

「私は今死んでいる」
この感じもわかります。

歌ってみると、やはり、難しいです。
鬼束さんの他の作品もそうですが、私が歌うと、パワーとスタミナが不足します。



映画『カスタムメイド10.30』を観ました♪
2008-05-06 00:00

ケーブルテレビで録画して観ました♪

私は多分、これを録画したのは、奥田民生さん目的だったと思うのですが、
観たら、木村カエラさんの虜になってしまいました。
と申しますか、「小林マナモ」の虜ですかね。

「小林マナモ」は広島に住む18歳の高校生です。セリフは広島弁です^^
ミュージシャンを目指していて、キャバクラでバイトしています。
日本人とイギリス人のハーフです。
木村カエラさんのお父さんの役が安齋肇さん、お母さんの役がカイヤさんです^^
でも「マナモ」は一人暮らし(後に妹と二人暮らし)です。

バイトしているキャバクラに「VIPヨーコさん」という先輩ホステスさんがいるのですが、
この変わった名前に何の説明もないところが、
世界観を醸していてステキです^^

この映画を観て、木村カエラさんは広島出身なのだろうと思いました。

でもWikipediaで見たら、東京都出身だそうですw(°o°)w
あの広島弁は演技だったんですね「(≧ロ≦)

Perfumeのお三方とは広島弁でしゃべったり…しないんだろうなあ^^;



麻酔ってすごい(・∀・)
2008-05-05 00:00

5月2日の分のブログは、実は5月3日のお昼ごろ、
録画した『w-inds.M』を観なおして書いたものです。

観なおす、つもりで観たのです。録画を。

しかし、内容に覚えがなかったので、
「1回観たつもりだったけど、録画しただけで今まで観てなかったんだな(・∀・)」
と思ったのです。

でまあ、ブログを書いて。

その後カラオケの予習をしたり、カラオケに行ったり、ごはんを食べたり、
お風呂に入ったりした後、ふっと、思ったのですが。

『w-inds.M』第15回が放送された4月15日は、私が大腸内視鏡検査を受けた日です。
帰宅した私は、「検査結果が良かったお祝いに、本放送で『w-inds.M』を観ちゃおうっと」
と思って、観たのです。そのことを思い出しました。

愕然としました。

麻酔ってすごい、と思いました。
検査中のことを覚えていないのはよくあることなのですが。
帰宅後に確かに観たはずのテレビの内容をこんなに覚えていないなんて(゚Д゚ )



ケータイ版『ZOO KEEPER』のラストシーンを見ました(゜∀゜)
2008-05-04 00:00

 ←これはDS版

1日2回のお楽しみ、
ケータイで『ZOO KEEPER』。

さきほどやっていましたら、
初めてレベル12をクリアしました♪

すると、レベル13が始まった
…と思ったら画面が切り替わって、
何か、物語が始まりました。

で、物語を見終わって、終わり。

レベル12で終了だったんですね(゜∀゜)

私、
『ZOO KEEPER』は、
永久にレベルが上がっていくものだと思っていました。

驚きました^^



Paradox / w-inds. (1)
2008-05-03 00:00


先日、DVD『WORKS vol.1』を買いました。
収録されているのは4曲。
『Forever Memories』『Feel The Fate』『Paradox』『try your emotion』です。
どれも名曲ですね^^
最初の2曲はすでに修行しました。

それで3曲目に手を出すことにしました。

最新アルバムが『THANKS』だった時代にファンになって、
その後発売される音源はリアルタイムで買っていますが、
それ以前のものは、時代をさかのぼりながらの入手と、
デビューから順を追っての入手の二本立てです。
いつか、真ん中へんでコンプリート、となる予感です。

さて『Paradox』ですが、Bメロから早口言葉系になりますね^^;

難しいです。

歌詞では、
「誰かに見せる笑顔も 君だけが見た涙も」
という部分が好きです。



第15回(2008年4月15日放送)「映画」ネタバレポ♪
2008-05-02 00:00

2008年4月15日(火)に放送された 『w-inds.M』第15回を録画で観ました♪

「映画」にw-inds.M♪

千葉涼平さんのオススメ映画とコメント。
『マイ・ボディガード』ダコタ・ファニング主演。最後がメチャ泣けます。
『ユー・ガット・サーブド』ダンス映画。オマリオンのバック宙がマジやばい。
『炎のメモリアル』泣けた。消防士がすごい大変な職業とわかった。
『クラッシュ』人種差別。考えさせられる。世界で実際に起こっていること。ぜひ観てほしい。
『17歳のカルテ』精神科に入院。アンジェリーナ・ジョリーの演技がうまい。
『ストンプ・ザ・ヤード』ニーヨ、クリス・ブラウン出演。ダンスと関係ない人でも観れる。

橘慶太さんのオススメ映画。「サントラを聴いてほしい!!」
『ボディガード』*主題歌『I Will Always Love You』は私、かつてヒトカラしました。
『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』
『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』
『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』
『タイタニック』*主題歌『My Heart Will Go On』は私、かつて猛練習しました。

緒方龍一さんのオススメ映画。「映画はあんまり観ないけど、暗い映画が好き」(笑)
『ビーン劇場版』「3回観た。同時期の『もののけ姫』は4回観た」by緒方さん。
ビーンを演じるローワン・アトキンソンさんがイメージキャラクターになっている、
『眠眠打破』という眠気覚ましの飲料水を紹介して終了という…。