FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

素直 / チャットモンチー (1)
2008-04-30 00:00

チャットモンチーのアルバム『生命力』から、3曲目のヒトカラ修行です^^

この歌はバンドサウンドではなく、
ピアノのシンプルな伴奏で、ゆっくりと歌い上げられています。

歌詞カードをパソコンで打ったら、
ぜんぶで11行しかなくて驚きました。

1行1行は長いんですが。

恋愛上のトラブルにおける自己嫌悪、のようなことがテーマと思われます。

「積もり積もった光みたいに 綺麗なものを想像しないで
 たまりにたまる 煙草の灰みたいなんだから」

という歌詞が好きです。

冒頭の
「心地よい束縛も今ではただのゴムの首輪のよう」
というところも秀逸です。すばらしいです。

しかし、やはり、歌ってみると超高音です^^;



スポンサーサイト

アメあと / w-inds. (1)
2008-04-29 00:00


歌ってみました~(^-^ )

聴いているとおだやかな感じの歌ですが、
歌ってみると、意外にもAメロが早口言葉系であることに驚きます^^;

早く、細かい部分の譜割りを完璧にしたいです。
朝の通勤電車で一生懸命聴いています。

ヒトカラの予習のために自分で歌詞カードを作ると、
どんな歌詞なのかがやっと把握できるのですが、
その前にMVを見ていたので、
「失恋の歌」という先入観があって、
歌詞を自分でパソコンで打った時、
「あれ、失恋じゃないみたい」
と思って2度ビックリw(°o°)w

MVを観て思いました。

ハートのぬいぐるみになって、
橘さんの大きくて薄い手に撫でられたいと(*..)



『キミ犯』の「森田さくら」は、『SP』の「井上」と共通の能力を持っているようです。
2008-04-28 00:00


2008年4月18日に放送されたドラマ『キミ犯人じゃないよね?』第2回を録画で観ました。

「森田さくら」は、目撃した事件現場の様子を後日、頭の中でリプレイし、その画像の中に証拠品であるシャンパンのコルクを見つけていました。

驚きました。

ドラマ『SP』を思い出しました。

『SP』の「井上」も、地下駐車場で見た光景を後から思い浮かべ、その画像の中で、車の下の水溜まりに波紋が出来ていた=テロリストが細工をしていた、とわかってしまうのですw(゜o゜)w

この能力を「フォトグラフィックメモリー」と呼ぶらしいですね。



映画『CASSHERN』を観ました。
2008-04-27 00:00


DVDをレンタルして観ました。

架空のどこかの国で、
戦争による「公害病(放射能などの汚染が原因でかかる病気)」治療のために、
体のどの部分にも移植できる「新造細胞」を開発する、という研究をめぐって、
いろいろな人の思惑が交錯してストーリーが進みます。

この国は昔の日本っぽいです。
もし、第二次世界大戦のさまざまな局面で、日本が勝ち続けていたら、
この映画のような世界になりそうな感じを受けました。

景色などが、CGで非常にきめ細かく作られています。
そのために、単なる絵空事ではない、リアルな感じがしました。

病気やケガの治療のために新しい細胞を作る、
という発想は、最近のニュースでよく聞く話題なので、
この映画を今の時点で観た私は、タイムリーな印象を受けました。

唐沢寿明さんと、宮迫博之さんの、演技がとってもステキでした。



北朝鮮の中にも、生活苦のない地域は存在するようです。
2008-04-26 00:00

私は今まで、北朝鮮の一般の人々はみな生活苦を抱えていると思っていました。

金賢姫『いま、女として』やチャールズ・ジェンキンス『告白』など、
私がかつて読んだ本からの知識で、
北朝鮮の一般の人々はみな、食糧を手に入れるのに苦労しており、
暖房設備の整っていない家に住み、毎日何時間も停電があるのだと思っていました。

最近、『北朝鮮 マスゲームにかける青春』という、ケーブルテレビの番組を、録画して観ました。
その番組の中では、平壌の2人の少女が取材されていました。
暮らしぶりも出てきました。

首都平壌に済む200万人だけは、住環境が良いと、その番組では言っていました。
彼らは高層住宅に住んでいます。
台所はシステムキッチンに近い感じです。床暖房完備のようです。
ただ、家族の人数が6~7人でも、部屋の数は3つとか、そのような感じです。

平壌とそれ以外の地域では、格差があるのだろうな、と思いますが。

取材された2人の少女はマスゲームの練習に励んでいます。
その練習のもようも映像に出てきましたが、
私が以前読んだ本の中でのようなスパルタ式ではなく、
熱心な指導者のいる、活気ある運動部という感じで、意外でした。



映画『外科室』を観ました*少しネタバレ
2008-04-25 00:00

ケーブルテレビで録画して観ました。50分という、短い映画です。

作中の時代は明治らしいです。
「貴船伯爵夫人(吉永小百合)」と「医学生・高峰(加藤雅也)」は、
植物園と申しますか庭園のようなところで、
お互いに知人と連れ立っての散歩中に偶然出会い、恋に落ちました(たぶん)。

数年後(10年後くらいでしょうか)、
「貴船伯爵夫人」は胸の病で外科手術を受けることになります。
執刀医は医師になった「高峰」です。

しかし、「貴船伯爵夫人」は麻酔を拒みます。
麻酔にかかると、心の秘密をうわごとで言ってしまうから、と。
そしてとうとう、麻酔なしで胸にメスが入ります工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工

麻酔なしで手術、なんて私には考えられないし、
手術室はなんだか普通のお部屋だし、
手術室の中に、医師や看護師の他に、患者の家族や関係者がぞろぞろ居て、
しかもそれらの人々は術衣やマスクをつけていません。

ロマンスそっちのけで驚きました。
原作も読んでみたいけれど、古文のような文章らしいので、ためらいます(´・ω・)y--oO○ エトー・・・



映画『マザー・テレサ』を観ました。
2008-04-24 00:00

ケーブルテレビで録画して観ました。

私は、マザー・テレサはイギリス出身だと、なぜか思いこんでいました。
しかし、演じているオリヴィア・ハッセーさんが、
ネイティブでない感じの英語を話しているのを見て、「アレ?」と思って
Wikipediaを見たら、マザー・テレサはイギリス出身ではありませんでした。

現在のマケドニア共和国にあたる地域の出身だそうです。
広い意味で東欧です。

マザー・テレサはインドのカルカッタで『神の愛の宣教者会』という新しい修道会を作り、
病気で家族に見捨てられた人や、貧しい人のために尽くしました。
後半の人生では、カルカッタを拠点に、世界中を飛び回って活動されたようです。

映画の前半からは、マザー・テレサはあまりにも仕事ができる人で、
周囲にも自分と同じ優秀さを求める人であったらしい、という印象を受けましたが、
後半では、去る者は追わず、来る者は拒まず、適材適所を旨とする印象を受けました。

マザー・テレサの生き方は理想的です。
しかし私自身の、マザー・テレサとは比べものにならないほどユルい感じの生き方にも、
きっと何かの意味があるのでしょう。
今できることをやってみるだけです。



映画『バベル』を観ました*少しネタバレ
2008-04-23 00:00

DVDをレンタルして観ました。
モロッコと、合衆国・メキシコ国境と、東京。この3箇所での出来事を描いています。

モロッコではアメリカ人観光客が銃撃されます。
彼女のサンディエゴの自宅でお留守番の子どもたちのベビーシッターがメキシコ人です。
銃撃に使われた銃の、元の持ち主は東京に住んでいます。

モロッコでのアメリカ人観光客は、ほとんどの現地人に対して、英語が通じません。
メキシコ人ベビーシッターは、まったく悪気のない行動を発端に、困った事態になります。
銃の元の持ち主は娘と心が通じず、娘はまた、社会に対しても疎外感を抱えています。

銃の元の持ち主の娘は耳が聞こえません。
父親や友達とうまく行かない、という悩みは十代の少女が抱えていて当然の悩みですが、
耳が聞こえないことで初対面の男の子から「化け物を見るような目で見られた」と怒ります。

私の知り合いには両耳とも聞こえない人はいないので、
耳が聞こえない人の立場でものを考えたことがありませんでした。この映画は勉強になりました。

あと、私は、メキシコ人ベビーシッターの「アメリア」という人物に感動しました。
この人は優しいし、まっとうな人です。
よかれと思ってやったことが、彼女の人生を変えてしまいます。
「アメリア」役の女優さんの、DVDのキャスト紹介における扱いが小さすぎると思いました。



第14回(2008年4月8日放送)「日本」ネタバレポ♪
2008-04-22 00:00

2008年4月8日(火)に放送された 『w-inds.M』第14回を録画で観ました♪
「日本」にういんどぅむ(by緒方さん♪)

緒方さんによると、日本には「アルプス」と名のついた山が多いとか(といっても3つ)
テロップ出ました。飛騨山脈(北アルプス)木曽山脈(中央アルプス)赤石山脈(南アルプス)
龍「ぜひみなさん、のぼれ!」でも何故、そもそも、日本なのにカタカナの名前なのでしょうか?
緒方さんが紹介する日本の歌は
『Feelin'Good~It's PARADISE~』『Rhapsody in Blue』どちらもDA PUMP。

千葉さんはaikoさんの『えりあし』という歌を、橘さんに「カバーしちゃう、涼平くん?」と訊かれて、
「カバー?(両腕でカバの口のマネをしながら)カバー?そりゃカバだ。
 それではaikoさんで『えりあし』、どうぞ」と言ったあとに、
「(盛り下がって)すいませんでした」とスタッフにあやまってたでち^^
でもスタッフからも「すいません」の声が聞こえました。あたたかい雰囲気だなぁ^^
千葉さん紹介のもう1曲、藤井フミヤさんの『Another Orion』を聴いた橘さんは
「決めましたボク。バイク売ります」涼「売りますか」龍「持ってねーじゃん」私「(≧∇≦)」

橘さんが紹介する日本の歌は久保田利伸withナオミキャンベルの作品と聞いて
「ラララライ!」とボケる北海道のお二人^^(本当は『LA・LA・LA LOVE SONG』)
元ネタは知りませんが、体格が揃っているお二人の動きはかわいくて素晴らしいです^^
橘さんおすすめのもう1曲は山下達郎さんの『ヘロン』
橘さんがw-inds.としてデビューする前にレコーディングしたことのある、思い出の曲だとか。
「ヘロン」とは何でしょうか'`ィ (゚д゚)/



『乳と卵』を読みました*ネタバレちょっぴ。
2008-04-21 00:00

直木賞受賞作品『私の男』(2008年03月20日のブログ参照)に続いて、
芥川賞受賞作品『乳と卵』を読みました。

図書館で借りるのは(待ち人数が膨大で)とても無理、と予測して、書店で買いました。

『乳と卵』は「ちちとらん」と読みます。
アレルギー体質の人は、「にゅうとたまご」と読んでしまいそうです。
しかし、牛乳と鶏卵のお話ではありません。
豊胸手術と卵子がモチーフになっています。

主人公は東京の三ノ輪に住んでいて(しかもこの地名が1回しか出てこないところが渋い)、
大阪から姉とその娘が泊まりに来て、夏の3日間を過ごします。

主人公の姉は、豊胸手術を受ける気まんまんです。
生活のために働いて、やせてしまった体や心を、
豊胸手術を受けることで変えられる、と強く思っているようです。
私はこの「姉」に共感します。私も働き過ぎていた時期があったので。
豊かな胸はいらないですけど。

あと、三ノ輪に住んでいたらオリンピック(スーパーマーケット)で買い物が
日常的にできていいなと思います^^
小説の中にそのような場面はないのですが。私は三ノ輪のオリンピックが大好きです。



自宅のパソコンがのんびり屋で困っています^^;
2008-04-20 00:00


歯磨き、入浴など、寝る前にやるべきことを済ませてから、
「30分ある」などと思って、
ブログを書くために、パソコンの前に座ります。

しかし、
私のVAIOちゃんは、
1回のクリックや、変換キーひと押しに対して、
反応するのが、3分後だったりします^^;

(ISDNもまだなかったころは、みんなそうだったでしょうけど(懐))

それで、就寝前に書き終わらないことが多いです。最近。

翌日、仕事に行って、
昼休みに行きつけの漫画喫茶で更新することが多いです。最近。

私のブログの更新が最近、遅れ気味なのは、
そういうわけなのです。

私のようなIT素人に、
Vistaは無理だったのかもしれません(∩゚д゚)



CALL ME, BEEP ME!(Japanese Edit Version) / 安良城紅 (1)
2008-04-19 00:00


どわい好きなアニメ『キム・ポッシブル』の主題歌です^^
2006年3月までテレビ東京で朝、放送していて、そのとき観ていました。

すごくカッコいい主題歌で、ぜひヒトカラしたいと思っていました。
最近はまっている、「全国採点」のできる機種で、なんとこの歌が歌えると知り、
さっそく音源を入手しました。

日本語版は1分強という短さです。アニメのオープニングに合わせたのでしょうか。
英語版はもっと長いです^^でも英語版のカラオケはまだ見つけていません。

Call me beep me if you wanna reach me
When you wanna page me it's okay

というところが好きです。短い歌だからぜんぶ好きですけど^^

ところで、気になっていた「全国採点」(2008年03月08日のブログ参照)、
とうとう「修羅笛の鍵」という名前を残しました。

システムを知りたいかたは「JOYSOUND」のHPをご覧ください。

私は最近、「HyperJoy WAVE」という機種で歌っています♪



映画『高校教師』を観ました。
2008-04-18 00:00

ケーブルテレビで録画して観ました。

1993年のドラマ『高校教師』の映画版です。とは言ってもドラマとは別のお話だそうです。
(私は2003年のドラマ『高校教師』は観ましたが、1993年のは観ていません)

期待を裏切らない、悲劇のてんこ盛りです。まるでシェークスピア悲劇のようです。

「柏木繭(遠山景織子)」は全寮制の女子高校の生徒で部活は水泳部です。
「羽野一樹(唐沢寿明)」は新任の体育教師で、水泳部の顧問になります。

「羽野」はラグビーの選手だったのですが、
試合中にタックルした相手選手が意識不明の重体となり、
反則を咎められ協会団体から選手活動を止められた状態です。

「繭」は幼いころ母を亡くし、父は仕事でイギリスに行っているため
夏休みになっても、たったひとり、寮に残ります。
しかし、寮母兼音楽教師「榊美和(荻野目慶子)」に目の敵にされて針のムシロ状態です。

この二人の、ひと夏の交流を描いています。

物語が進むにつれ、さらなる秘密が暴露され、ラストは救いの少ない悲劇となります。

唐沢さんのルックスでちょいワルな先生が実在したら、生徒に人気だろうな、と思います^^



日暮里・舎人ライナーに乗りに行きました^^
2008-04-17 00:00


心ひそかに、待ちに待っていた、日暮里・舎人ライナーが、
2008年3月30日に開業しました~━―━―━(゚∀゚)━―━―━― !!

先日、乗りに行ってきましたよ^^開業日当日は混雑するので避けました^^

まずは日暮里で、とても変貌した駅前の風景にビックリw(°o°)w

ライナーに乗り込んで、
運転士さん(および車掌さん)がいないのにビックリw(°o°)w
私の好きな、運転士さんや車掌さんが見るモニター、がありません(泣)

先頭車両のフロントガラスから見える視界はとても開けています。
しかも座席が進行方向を向いているので、運転士さんの気分になれる特等席です^^
私は座れませんでしたけど^^;その後ろから見ました。すると、

レールが見当たらないのにもビックリw(°o°)w

足立区の景色が、住宅で埋め尽くされていることにもビックリw(°o°)w

終点・見沼代親水公園駅のエスカレーターが外資系なのにもプチビックリL(・o・)」

駅名の由来である見沼代親水公園の細長さにもビックリw(°o°)w
静かでキレイな公園でした( ̄ー ̄)

日暮里に戻って、駅ビルにほとんどテナントが入っていないことにビックリして終了、でした^^;

次は、6月に開業する副都心線だなo(^^o)(o^^)o わくわく



Space Drifter / w-inds. (1)
2008-04-16 00:00

さて、『I'm a Man』に続き、『Space Drifter』の修行を始めました。
これが歌えるようになれば、
シングル『Beautiful Life』全制覇です♪うふ。

しかし、またも、早口言葉系です。とっても。

早口言葉系の歌を初めて歌う時は、いつも思います。
「この歌は難しすぎる。きっとマスターできない」と。

しかし、音源を何度も聴いて練習に励めば、
少しづつ歌えるようになるものです。
そこが好きです。

この歌の主人公は宇宙で困ったことになっています。
困っているけど、ベストを尽くしています。
物語の結末は描かれていません。
そこが好きです。安直な結論を出さないところが。

この歌に出てくる小型宇宙船には主人公1人しか乗っていない印象を受けます。
仲間はいなくなってしまったのでしょうか。
それとも1人乗りなのかなo(゚◇゚o)

ちなみに歌詞の中では、「健気な恒星」というところが好きです☆



祝・クリーンコロン(^-^)
2008-04-15 00:00

(←画像はイメージです。いつもながら^^)

ご心配(くださったかたがいらしたら)ありがとうございました☆

大腸内視鏡検査を受けてきました。

予想外の結果でした。

ビロウな話で恐縮ですが、
半月前に水様便が1週間続き、圧痛もあり(と申しますか触れるだけで痛かった)、発熱もあり、
下痢が治ったかと思うと便秘になり、また軽い下痢になり、その後も便秘ぎみだったので、

何らかの生活習慣病を疑っていました。

しかし、検査の結果は、ポリープも、それ以外の病変も、見つかりませんでした。

この状態をクリーンコロンと言います。
クリーンは「清潔な」、コロンは、よくわかりませんが「大腸」のことらしいです。

この状態であれば次の検査は3~4年後でよいらしいです^^

クリーンコロンを保っていけるよう、食物繊維の摂取を心がけようと思います。



あした、大腸内視鏡検査を受けます☆
2008-04-14 00:00


久しぶりの実況的日記です。

前回、大腸内視鏡検査を受けたのが2007年03月20日だったので、
早くも1年以上経過してしまいました。

明日4月15日に検査を受けます。

さきほど前日用下剤を飲みました。
ふだん、努力しないとたくさんの水分を飲めない体質なので、
500cc飲むのも結構、いっぱいいっぱいです^^;フ~

明日は(いやもう充分、今日ですが)さらに500ccと、
1800ccもあるゴクゴク(´c◇ゞ プハー(^o^)□ マズイ(´ρ`)モウイツパイ♪^-^)_□

朝と昼はごはん抜きですが、
前処置の下剤で水分をたくさん摂るので、
おなかがすいてるヒマがない(?)かもしれません^^

今回は、ちょっと考えがあって、
胃カメラはナシで大腸だけ、受けてこようと思います。

早く寝なきゃ(∩゚д゚)



Break the Chain / Tourbillon (1)
2008-04-13 00:00



『仮面ライダーキバ』のオープニング・テーマです。

この歌には「一目ぼれ」ではなかったのですが、
歌っているのが河村隆一さんだとわかって俄然、興味がわき、
ネットで購入しました。
なぜならばTSUTAYA DISCASにシングルのレンタルはないから(泣)

ピアノのイントロがカッコいいです。
間奏にバイオリンも使っていて「さすが」って思います。

サビの、たたみかけるような「You got to change…」で始まる部分が好きです。

コーダの部分はまだ譜割りを覚えられていません^^;

この歌もまた、早口言葉の世界なのですが、きっちり歌えたらカッコいいと思います^^

私にとって、今まで、河村隆一さんのイメージは、
特徴的なヨーデルっぽい歌い方だったのですが、
『Break the Chain』をヘッドホンで聴いて、
リズム感が素晴らしいかたなんだと思いました。

ところで「Tourbillon」は「トゥールビヨン」と読むそうですよ、皆様^^



ドラマ『オトコの子育て』最終回を観ました♪*少しネタバレ
2008-04-12 00:00

2007年11月08日のブログの続き、だと思います。

2007年12月14日に放送されたドラマ『オトコの子育て』最終回ですが、
録画が途中で終わっていたのです(泣)
なぜ、最終回というものは、録画に失敗するものなのでしょう^^;

それで、DVD発売を待って、レンタルして、観ました。

「矢野篤(高橋克典)」の6年前の家出の理由が、やっとわかりました。

「エッそんなこと?」と思っちゃうような理由でもありましたが…
でも高橋さんも子役の皆さんも、
私の「エッ?」をカバーするほどの名演技でした( ;∀;)

それと、「丸ちゃん(小泉孝太郎)」が最後に、
「竜也くんのお父さん(尾美としのり)」をギャフンと言わせていて(?)、
楽しかったです。

そして「竜也くん(熊谷知博)」はかわいかったです^^

それにしても、「凛子(夏居瑠奈)」が6年前にほしかった物って、
本当は何だったんでしょうね(´-`).。oO(・・・・・・・・・)



『Jump!Jump!Jump!』最終回を観ました*ネタバレです♪
2008-04-11 00:00

w-inds.dayの会報についてきたVision Newsで、
『Jump!Jump!Jump!』という番組の存在を知り、終盤の数回だけ録画で見ました(*゚ー゚)♪

『Jump!Jump!Jump!』は音楽番組です。毎週アーティストがゲストで来てトークします☆
進行役はキャン×キャン。あと橘美緒さん。小椋ケンイチさん。to4∞さん。

千葉涼平さんの3月04日のブログに書かれていた、この番組への出演の話。最終回でした(泣)

キャン×キャンの長浜さんはボケまくりでおもしろいです。
w-inds.のことを「よくこの3人を韓国から!」とか、
「慶太くんは昔、美緒ちゃんと同棲していたっていう…」とか(「ハイ」と笑う橘さん)、

以前のファンクラブイベントで橘さんの筋肉に女の子が大騒ぎだった話に、
おネエ系のto4∞さんが「何か今回は手伝えることは?」と(笑)

視聴者からの「今までのシングルで印象深い曲は?」という質問に、
慶「四季」長浜「もうすこしで泉に入る~♪」玉城「死期かよ!」
龍「LOVE IS THE GREATEST THING」長浜「LOVE IS THE…(ラブ・イズ・オーバーのメロディで)♪」
涼「Forever Memories」長浜「棺に入りたい~♪」玉城「死期じゃね~か!四季じゃねーけど」

「コラボしてみたいアーティストは?」という質問に、
慶「ジェロさん」龍「宇多田ヒカルさん」涼「美緒ちゃん」長浜「トレード?!橘は変わんないし」
おもしろい番組だったので、終了が残念です☆



松居一代さん、救急車を掃除♪
2008-04-10 00:00

私の尊敬する松居一代さんが、ケガをなさいました。

野球の始球式のために練習していて、硬球が顔面に当たり、鼻を骨折されたとか。

痛かったでしょうね( ̄  ̄゜)

しかし。

松居さんは救急車が来る前に自宅の血痕を「マツイ棒」と「マツイぞうきん」で掃除し、
救急車も掃除、病院も掃除したと、
取材に答えているではありませんか。

救急車を掃除って…(・∀・)

ネットでその情報を読んだとき、
松居さんの元気さに思わず笑ってしまいました。

しかも、鼻骨折のためお化粧ができず、すっぴんで取材を受ける松居さん。
その自然体さもカッコイイです(≧∇≦)

今日も私を幸せにしてくださった松居さん、
ありがとうございます<(_ _)>



『オールスター感謝祭'08春』を観ました。
2008-04-09 00:00



2008年3月29日に放送された『オールスター感謝祭'08春』を、
予定外にもほとんど生放送で観てしまい、
後日、見逃した部分を録画で観ました。

今回は、赤坂サカスが完成したということで、
いままでずっと工事中の風情だった「赤坂5丁目ミニマラソン」がどうなるか、
というのが、私にとってメインイベントでした。

すると、工事中の風情ではありませんでした。
やるなぁ。

マラソン自体は、猫ひろしさんが優勝しました。

ゴール直前まで、東国原英夫・宮崎県知事が優勝しそうだったのですが、
猫ひろしさんが、ゴール直前で逆転しました。
でも東国原知事の態度は悔しそうでもありませんでした。
必要以上に悔しがったりするのは、芸人さんの役割なんだな、と思いました。


話の腰を揉むような、変な4択クイズを、今回も満喫しました^^



『機動戦士ガンダム』最終話まで観ました*ネタバレです^^;
2008-04-08 00:00


2008年03月13日のブログの続きです。

「ガンダム」のファーストのDVDを、とうとうぜんぶ観ました。
最終回は、「すでに観たことある感」をとくに感じました。
(どうも、中学か高校の時に観たらしい…)
でも感動しました。

「アムロ」ってすごい人だったんですね。

「ザビ家」は没落してしまうのでしょうか。
「デギン公」の子どもたちのうち、「ギレン」も「キシリア」も死んでしまったけど、
もうひとり、すごく大きい人がいましたよね…?

「シャア」はマスクを取って顔を見せましたね。

首だけになったジオング、首と左腕が取れたガンダムなどの映像は衝撃的でした。

いちおうこの終わり方はハッピーエンドに見えます。
よかった。

ガンダムシリーズ全視聴を目指して、気長にがんばります!



第13回(2008年4月1日放送)「MTV」ネタバレポ♪
2008-04-07 00:00

2008年4月1日(火)に放送された 『w-inds.M』第13回を録画で観ました♪

リニューアルですよ皆様!「引越しました」とおっしゃいましたよ☆
今までの黒いセットから、白くて明るいお部屋へ。そう、お部屋っぽく棚などがあります。

こんどから、1回の放送の中でもお三方が順番に話すことになったみたいです。
つまり、千葉さんのカンペ対策のメガネ姿を毎週見られる訳です。今回は「MTV」にw-inds.M♪

1981年8月の開局から2008年1月の『w-inds.M』開始までの歴史を、鼻詰まりの橘さんが紹介^^
2007年2月時点で日本国内のMTV視聴可能世帯数は650万世帯、という話の時に、緒方さんが
「1つのテレビを200人が見てるとして、2億7千万人」とボケると、
「そんなに日本に人がいないですからね」とパソコン画面を見ながらサラっと流す橘さん♪

そう、MC席ではノートパソコンを見ながら進行しているのです。
学会みたいです!あるいは、プレゼンみたいです!
視聴者向けには画面が切り替わって内容が見えるので、今までのフリップより見やすいです^^

MC席の人物が緒方さんになると、MTVの名物番組を紹介。

千葉さんはMC席から、『アメあと』のMusic Videoのメイキングを紹介。
(MTVでは、PVのことをMusic Videoと呼ばなければいけない決まりなのかな?)
ラストは「できたてホヤホヤあつあつプルプルふるふる」の『アメあと』完成品MVを観ながらお別れ。
私はこれを観て、『アメあと』という歌を好きになりました。
ラジオで音だけ聴いていた時よりずっと。

4月からの『w-inds.M』は、よりナイスガイなw-inds.を観られる番組となったようです^^



緒方龍一さんと、同じ髪型、同じポーズ。 (4)
2008-04-06 00:00

←緒方さん愛用の?香水ですって。

ケータイのVISION FACTORY会員のかたは、
おヒマなときに、気が向いたら、w-inds.の待受け画像のNo.1636をご覧ください。

緒方龍一さんの全身写真が出ています。

緒方さんはニッコリ笑っています。
首をかしげています。
髪型は真ん中分けで、耳を出しています。初期の金八先生みたいです。
手は、体の前で合わせています。

その写真が何よ?
と思われるでしょうけど。

私、小学生の時に、
これと同じポーズで、同じ髪型で、写真を撮ったことがあるんです。
10歳にもなっていなかったかもしれない時のことです。

顔は緒方さんと違って、笑ってないんですけど。夏の屋外なのでまぶしくて。

まぁ、それだけのことなんですけど^^



w-inds.のFCイベ、全公演終了ですね☆ (2)
2008-04-05 00:00

(←「ファンクラブイベント」で検索したらこれが出ました^^)

w-inds.のファンクラブイベントが終了したようですね。
お三方を含むw-inds.クルーの皆さん、無事終了おめでとうございます(()\\(^.^ ) ドンドン

感動をありがとうございました。

私は、この目では見ていないけど。
なぜならば落選だったから(((((((((((o_ _)o ドテッ

『I'm a Man』を演るという情報を得た時も、すごくうれしかったです。
この歌がパフォーマンスされるんだと思っただけでワクワクしました^^
その時にはもう落選していたんですけど、でもうれしかったです☆

ファンの皆さんのいくつかのブログのネタバレで、
今年のファンクラブイベントをものすごく堪能させていただきました♪

映像を使ったステキなコーナーもあったようですね。

お三方は楽器もすご~くがんばったみたいですね^^

いや~楽しそうで(ということが皆さんのブログから伝わってきて)よかった♪



ドラマ『斉藤さん』最終回まで観ました♪ (2)
2008-04-04 00:00


2008年02月12日のブログの続きといえば続きです。

ドラマ『斉藤さん』を、録画で、最終回まで観ました。
勉強になりました。

最終回では、大人の女性、
というより、社会的に大人として扱われる立場になってしまった女性が、
どうやって親友を作るのか、の一例を見ることができました。

ところで、前から思っていた感想なのですが。

真野家は、前に住んでいた町の幼稚園で仲間はずれにされて引っ越してきたという事情なのに、
新築の一戸建てに住んでいるのはなぜなのでしょう。
引越しのほうが先に決まっていた、ということでしょうか。

それと、
「真野(ミムラ)」の夫・「透(佐々木蔵之介)」はすごくいい人だと思います。
非の打ちどころがないです。
一戸建てを購入できる経済力、妻へのやさしさ、子煩悩さ、
子供の友達への接し方………、最高です^^

あと、
「真野」の自作の歌はおもしろいです。作曲のセンスを感じます☆



加齢とともに、新しいことを始めるのがおっくうに…。
2008-04-03 00:00

たしか20代のときに、
「年を取った女性ほど、新しい部署への異動を嫌がる」
と何かの本で読みました。
それで、
「私は年を取っても、そんなことがないようにしよう」
と思いました。

いま私は40代です。
もし異動を打診されたら、
「異動はしたくないですが、クビになるよりはいいです」と答えると思います。

加齢とともに、成功経験も増えるのですが、失敗経験も増えるので、
何か新しいことを始めた場合で失敗した場合のことが想像できてしまって、
どんな経過をたどるか想像できてしまって、実行する前に疲れたりします^^;

しかし受身に生きることによってそのストレスがある程度軽減できるんです。

クビになるよりは異動、という感じで、異動したとすると、
「しかたない」と思って、淡々と新しい仕事を覚えると思います。

こんなタイミングで書いていますが、実際に異動があったわけではありません☆



第12回(2008年3月26日放送)「ダンス」ネタバレポ♪
2008-04-02 00:00

2008年3月26日(水)に放送された 『w-inds.M』第12回を録画で観ました♪
千葉涼平さんが、「ダンスなMusic Video」にw-inds.M^^

千葉さんが「スゲー、緊張してるぜ」と、緊張感のかけらも見せずに言い切り1曲目へ。

1曲目はJUSTIN TIMBERLAKEの『Like I Love You』。セブンイレブン前で踊るJUSTINと若者たち。

2曲目はCIARAの『Promise』。スウェットで踊る女性たち。涼「そんなに難しい踊りはやってないんですが、それをカッコよく見せているトコに注目なのと、いっちばん最後のラスト、ヤバいです」

3曲目はSEAN PAULの『Give It Up To Me』
涼「ダンス映画『ステップ・アップ』の映像がふんだんに出てきます。ストリートダンスとスタジオダンスを融合した内容で、注目は最後B-BOYが出てくるんですが、ヤバいっす、アニキ!!」

「ダンスやってみたいなと思ってるそこのアナタ!最初はみんな踊れなくて当然です」語る千葉さん。
「やらなければうまくはなりません。(ここからアントニオ猪木さんのモノマネで)この道をいけばどうなるものか、危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし、踏み出せば、その一足が道となる、迷わず行けよ、行けばわかるさ、行くよ~!(ここからモノマネ解除)ということでいったんCMです」やりきった千葉さん。

4曲目はBOW WOW & OMARIONの『Hey Baby』。涼「キャップ帽を使った小ワザがかなりヤバい」

後半のひとことコーナーでも、千葉さんは「えー、今日はホント、ダンスというテーマで、みんなと、語り合って、笑いあって、朝まで、騒ぎあって、ホントに楽しかったです」と言い切ってました^^

そしてやっぱり(←2008年03月31日のブログ参照)、曜日変更の告知が!!ここでも、「いたらない部分はありません」と言い切る千葉さん。ステキです(*・・*) ポッ



第11回(2008年3月19日放送)「タトゥー」ネタバレポ♪
2008-04-01 00:00

2008年3月19日(水)に放送された 『w-inds.M』第11回を録画で観ました♪
緒方龍一さんが、「タトゥーが入ってる人が出ているMusic Video」にw-inds.M^^

テーマ発表前に緒方さんが、
「歌がうまくて身長もデカくてスタイルも良くて!まぁ顔は置いといて、
 最近ダンスも磨きがかかっちゃって、僕らの立ち位置どうなってんだ~」
と橘さんを持ち上げまくり。「まぁ顔は置いといて」のところで橘さんは大ウケ(≧∇≦)

1曲目はLINKIN PARKの『Shadow of the Day』

2曲目はINCUBUSの『Steller』。ボーカルの人は今でもタトゥーが増えつつあるとか。

3曲目はLIMP BISKITの『My Generation』。ボーカルの人が元・彫師だそうです。PVの監督もしているそうです。水の中から見ているみたいな映像が凝っていると思いました。
PVの監督をしていることに、橘さんは「ちょっと憧れる」とか。

4曲目はNIRVANAの『Smells Like Teen Spirit』メンバーではなく、出演しているチアガールにタトゥーが。それにしてもこのバンドの人たちは、ギターを構える位置が下だなと思います。ちなみにこの曲は、w-inds.のファンクラブイベントで演奏したことがあるそうですね^^

番組を見ているファンがタトゥーを入れたくなってしまうかもしれないことに考慮して、
龍「一度入れたら消えないものですし、おかあさん、おとうさんが心配しちゃうんで、入れるんだったらコッソリと」慶「バレずに」涼「入れたい人は入れて。入れたくない人は入れないで」

番組途中のCMがヴィダルサスーンだったので、
思わず安室奈美恵さんの左上腕部に注目しましたが、タトゥーがありませんでした^^;