FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

『w-inds.M』が放送時間変更です、皆様☆
2008-03-31 00:00


w-inds.さん江
引越しおめでとう??ございます☆

さっき、明日(火曜日)のテレビの録画予約をしていたんです。

『デジタルケーブルガイド』という、ケーブルテレビ会社から郵送されてくる雑誌を見て。
すると、MTVの、明日4月1日(火)の21:30に『w-inds.M』と書かれているではありませんか!

…さっそく予約しましたとも。
今までの、毎週水曜20:00~20:30の予約を、毎週火曜21:30~22:00に変更しました^^

(ま、再放送も3回あるんですけどね~(´ー`)y─┛~~)

実は、先週の放送をまだ観てないのです。たぶん放送時間変更の告知をしていますよね。

以前、『w-inds.のウィンディストリート』でやった失敗
(録音を聴くペースが遅くて放送時間変更を知らなかった)を繰り返さないで済みました。

あ、今回は、『w-inds.のウィンディストリート』のほうは時間変更はないようです^^

ともかく、『w-inds.M』が1クールで終わらずに続く、ということがうれしいです(≧∇≦)



スポンサーサイト

Shangri-La / w-inds. (2)
2008-03-30 00:00


前回2008年03月22日の「今日の私の新曲」チャットモンチーの『シャングリラ』と、
w-inds.の『Shangri-La』を、2曲続けて歌ってみたいな、
という小さな願望をかなえてみました。

チャットモンチーの『シャングリラ』は変拍子部分を覚えることがポイントですが、
w-inds.の『Shangri-La』は早口言葉と変わった譜割りを覚えることが…
ポイントだと思うんですけど、
現時点では私は覚えきれていません^^;

w-inds.の『Shangri-La』の重厚なアレンジを聴いていると、まるで映画を観ているようです。
アジアのどこかで、旅の途中の橘さんが、現地の女性と恋に落ちるという…。

アジアのどこかと言っても、バンブーは広範囲にありますが、
シタールが出てくると、私の頭の中ではほぼインドに決まりなんですが。

でも、インドよりももっと、女性が薄着の国な感じもしますよね…。

インド以外でシタールがあって不思議でない国をご存知でしたら教えてください<(_ _)>

この歌での橘さんの声は艶があってステキですね(いつもだけど)
あと、千葉さんと緒方さんのコーラスの[O-o-o-o-o]も好きです^^



『軽井沢シンドロームsprout』全7巻を読みました♪
2008-03-29 00:00

昔、『軽井沢シンドローム』というまんがが大好きでした。

先日、週4回通っているまんが喫茶で、「あ、『軽井沢シンドローム』が置いてある」
と思って手にとった作品が、続編の『軽井沢シンドロームsprout』でした。

Wikipediaによると、『軽井沢シンドローム』は80年代前半の作品らしいです。
『軽井沢シンドロームsprout』は2002年から2006年に雑誌連載されたらしいです。

『軽井沢シンドローム』の主人公は元暴走族でカメラマンの「耕平」、
『軽井沢シンドロームsprout』の主人公は「耕平」の息子の「薫平」です。
「耕平」および旧作のキャラの多くが『…sprout』にも登場します。

恋と夢とケンカの日々が描かれる点は新旧変わりないのですが、
『…sprout』では40代後半の「耕平」が、半病人状態で働けなくなっていて、
時の流れを感じました。
あとがきなどを読むと、作者自身が「耕平」と同じような体調であることがわかりますが、
作者はそれでもこの作品を描いたことがすばらしいと思います。

「耕平」はとってもモテる人です。
私はやっぱり「耕平」というキャラクターが好きです。
そして、自分のモラルを壊してくれる勢いのある、『軽シン』の世界が好きです。
とても真似できませんが。



第10回(2008年3月12日放送)「日本」ネタバレポ♪
2008-03-28 00:00

2008年3月12日(水)に放送された 『w-inds.M』第10回を録画で観ました♪
橘慶太さんが、「日本をフィーチャーした洋楽のMusic Video」にw-inds.M^^

1曲目はMADONNAの『Jump』。MADONNAが日本のスナックの外に置いてあるような電飾のスタンド看板などのセットに囲まれて踊るシーンと、ダンサーが東京でロケしたらしいシーンが交互に出ます。ダンサーが壁を蹴って回転する身体能力が素晴らしいです。

2曲目はR.KELLYの『Thola Thoing』。畳敷きの広い部屋が出てきます。
「パラッパラッパー」というプレステのゲームに出てくる「フルーシ道場」を思い出しました^^

3曲目はTHE ORBの『From a Distance』。漫画『ドラえもん』の人物(2次元)が、『ドラえもん』単行本で作られた街並(3次元)に登場。飛び出す絵本のようです^^

4曲目はPET SHOP BOYSの『Flamboyant』。「欽ちゃんの仮装大賞」に出場するサラリーマンが描かれています^^;なんちゃって日本語がたくさん出てきます。
千葉さんは「仮装大賞を向こうで放送してるの?(このようなPVのアイデアはどこから?)」と。

5曲目はBEASTIE BOYSの『Intergalactic』。ご本人達が新宿まで来てロケしたようです。
橘さんは都庁の45Fまで階段でのぼったことがあるそうで。尊敬します。私もやってみたい。

他にも、松本零士さんとのコラボアニメや、ガンプラが登場する作品もあるとのこと。
緒方さんはエリック・クラプトンに「逃げちゃダメだ」と言わせたいようです^^

6曲目はGWEN STEFANIの『Hollaback Girl』。「原宿」という文字がたくさん出てきます。

お別れは“ハマっ子”w-inds.の『Love is the Greatest Thing』
お三方が走って、緒方さんが転んで、緒方さんを気にしながら踊り始める橘さんが好きです。



『サティのうた~気難しい天才のやさしいシャンソン~』を観ました♪
2008-03-27 00:00

NHKデジタルハイビジョンの、110分のサティ特集を録画して観ました^^
NHKらしい、お金に糸目をつけない感じの、すばらしい番組でした♪

エリック・サティの生い立ち、学歴、作品の傾向など、いままで知らなかった情報を得ました。

父がフランス人、母がイギリス人だったため、母と祖母の間に宗教上の対立があったとか、
コンセルヴァトワールを途中退学しているとか。

黒サティと呼ばれる暗くミステリアスな曲調の作品と、
白サティと呼ばれる明るく朗らかな曲調の作品があるとか。

サティといえば、『ジムノペディ第1番』しか知らなかった私ですが、
今回この番組で、『ジュ・トゥ・ヴー』というワルツがサティの作品だったと知り、非常に驚きました。
『ジュ・トゥ・ヴー』って、私が買ったことのある携帯電話の、
あらかじめ入っている着メロの1曲としてありましたもの。
それくらいメジャーな曲ですよ皆様!

歌詞が存在するなら歌いたい!と思って、
3大カラオケ機種のうち2つを検索してみましたが、
『ジュ・トゥ・ヴー』は見つかりませんでした_| ̄|○




映画『太陽を盗んだ男』を観ましたw(°o°)w
2008-03-26 00:00

1979年の映画です。ケーブルテレビで録画して観ました。

沢田研二さんは、私が生まれて初めてファンになった芸能人と言えます。
好きになったのは1979年の第一四半期だと思います。
『カサブランカ・ダンディ』という歌がきっかけだったので。

公開当時からこの映画の存在は知っていて、観たかったのです。29年たって、観られました^^

中学の理科教師・「城戸(沢田研二)」は、
茨城県東海村の原子力発電所からプルトニウムを盗み出し、自宅で原子力爆弾を作ります。
それを脅しに使って政府に何かを要求しようとしますが。
特に要求したいことがない、ということに気づき、困ってしまいます。

だったら爆弾を解体すればいいのに。と私は思うのですが。

赤や黄色の公衆電話、黄緑一色の山手線の車体、など、当時の風俗に見入ってしまいます。
野球のナイター中継は延長しないのが当たり前で、
ローリングストーンズは来日できないのが当たり前だった、
ということも忘れていました(Wikipediaのおかげでぼんやりと思い出しました)。

1999年に事故で有名になった東海村の原発が登場することも感慨深いです。
「城戸」も、爆弾製作段階で被爆してしまいます。

ラストシーンには驚愕しました。



ドラマ『未来講師めぐる』最終回まで観ました♪
2008-03-25 00:00

2008年02月14日のブログの続きといえば続きです。
2008年3月14日に放送された最終回を、録画(と申しますか追っかけ再生^^;)で観ました♪

おもしろかったです。

「めぐる(深田恭子)」は満腹になると人の20年後の姿が見えます。

私は、めぐるの父「はまる(船越英一郎)」の世代なんですよね。「悩むより踊れ!」の。
私はバブル期よりも、それ以前に踊ってましたけど。
芝浦でも六本木でもなく、新宿で。

「めぐる」の仕事は、小中学生向け進学塾の講師です。
18歳人口が減り始めて以来、受験生は楽になるような気がしていましたが、
実際はそう一筋縄には行かないのですね。

「めぐる」のつとめる塾の校歌、いい歌だと思います。
素晴らしいです。
あの歌の作詞家を尊敬します。

「ユーキ」役の勝地涼さんについて。
私のこれまでの勝地さんのイメージは、映画『亡国のイージス』の「如月行」だったのです。
「ユーキ」役にどれほど度肝を抜かれたか、ご想像ください(≧∇≦)キャー



エコw-inds.って^^ (2)
2008-03-24 00:00

発売日から2日遅れましたが、買いましたよ^^
『JUNON』5月号。

今回のw-inds.のページはとってもためになりました。
エコに関する記事。
それにしてもエコw-inds.って。もはやグループ名が。

お三方がどれくらいエコか、チェックシートが載っていまして。
それをもとに、自分を振り返ってみましょうではありませんか皆様。

私は、照明をこまめに消すとか、温水洗浄便座のフタを閉めるとかは実行していますが、
緒方さんのように「テレビを見ない」なんて絶対ムリ!

「蛇口を全開にせず、適量(鉛筆の太さ)に調節する」というのは勉強になりました。

「アイドリングストップを実行する」のところに(注)と書いてありますが、
この(注)の説明が見つけられません。
見つけられたかたがいらっしゃいましたら、教えてください<(_ _)>

緒方さんのセミヌ、いえ、ワイルドな腰パン姿を見て、
「均整が取れている」
と思った修羅笛の鍵でした^^



映画『BIG RIVER』を観ました。
2008-03-23 00:00

オダギリジョーさんが出ているので、ケーブルテレビで録画して観ました♪
全編英語です。

アリゾナ州の砂漠で、日本人の哲平(オダギリジョー)と、
パキスタン人のアリ(カヴィ・ラズ)と、
アメリカ人のサラ(クロエ・スナイダー)が出会います。
3人ともヘビースモーカーです(´ー`)y─┛~~

アリは逃げた妻を探していて、そのことを中心に物語が進むといえば進むのですが。

サラに対して、なぜか途中から心を閉ざす哲平。
その理由が、私には発見できませんでした。

アリゾナ州の砂漠の景色は、ただ砂だけではありません。
山というか、突起物があります。
富士山のような三角形の山ではなく、四角いです。
そしてボーダー柄です。
地層のようです。
もともと平らだった土地を、勢いの良い水が大部分えぐって、全体の標高が低くなり、
もとの高さで残ったものが、四角い山というか突起物、な感じです。

川が出てこないのにこのタイトルは、そういうことなのでしょうか。



シャングリラ / チャットモンチー (1)
2008-03-22 00:00

この歌のシングルCDは2006年11月15日に発売されました。
当時、私がよく聴くTBSラジオでもそれなりのローテーションで流れていました。

でも、サビのところの変拍子を耐えがたく感じていました。

その後、2007年9月5日に発売された『橙』のほうを先に気に入ってヒトカラしました。
(2007年10月24日のブログ参照^^)

でも、奇しくも2007年10月24日に発売されたアルバム『生命力』、
これの宣伝のために、やはりTBSラジオで流れた『シャングリラ』を聴いて、
今度は、問題の変拍子をやけに気に入ってしまった私です。

やっとヒトカラできてうれしいです。

ところで今日、修行用歌詞カードを作っていて気づいたのですが、
歌詞が男性目線のようですw(°o°)w

それはそれとして。

「幸せだって叫んでくれよ」という歌詞が好きです。
「幸せだ」と「叫ぶ」事態とは、そうとう幸せなはずです。
そんな激烈な思いを抱く状態であれば、人生が動いている実感があるんだろうなと思います。



第9回(2008年3月5日放送)「2006年」ネタバレポ♪
2008-03-21 00:00

2008年3月5日(水)に放送された 『w-inds.M』第9回を録画で観ました♪
千葉涼平さんが、「2006年」にw-inds.Mヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノこのブログを開設した年です^^
PV1曲目はレミオロメンの『粉雪』。2005年発売で2006年に売れた歌だそうです。
龍「『千の風になって』的な」涼「的な感じ色が強いんですが」私「( ´∀`)σ)∀`)」
♪こなぁ~ゆき~、という歌の存在は知っていましたが、レミオロメンの作品だとは知らなかったし、
PVを観たのも初めてでしたm(_ _)m今回放映された限りでは、雪は降らないんですね。

2006年はMTV STUDENT VOICE AWARDSで「最優秀ダンスアーティスト賞」を受賞した年。
2006年の受賞の模様と、2007年の『Crazy For You』のパフォーマンスをオンエア。
2008年01月09日のブログに書いた、「ミイ」の髪型でインド舞踊ライクな動きをする緒方さんを
久しぶりに拝見できてうれしかったです。
橘さんはハットを、千葉さんはキャップをかぶって顔を半分隠していたので、
緒方さんがよく視界に入る映像でした。
PV2曲目はDANIEL POWTERの『Bad Day』。映像がドラマ仕立てでおもしろいです。

お別れの映像は2006年の名曲『It's In The Stars』
メンバー全員成人後の発売でアルコールと思われる飲み物を飲むシーンもあり、
白ジャケットで踊る橘さんの紅顔が美しく、最初の「♪君と一緒ならば」での左に指を差す緒方さんの表情が爆笑もので、宇宙船が傾いた時の千葉さんのポーズがかわいいPVです^^



『私の男』を読みました。
2008-03-20 00:00


『TV Bros.』という雑誌に載っていた書評を読んで興味を持ち、
図書館にオンライン予約したのが2007年11月24日でした。
その時点で待ち人数がけっこういました。
2008年1月7日、この作品は直木賞候補となり、
2008年1月16日、直木賞を受賞してしまいました。
2008年3月12日、図書館からやっと、「用意できた」のメールが来ました。
2008年3月13日、借りて来ました。
2008年3月19日、読み終わりました。

現実に起こりそうにないことを、まるで違和感なく脳内体験させてくれる作風が、
ガルシア=マルケスを彷彿させる、と思っていたら、いまWikipediaで見たら、
作者の桜庭一樹さんはガルシア=マルケスの影響を受けているとのことです。

24歳の女性「花」と40歳の男性「淳悟」。
その年齢からスタートするなら、珍しい恋愛ではないと思います…。

時間を逆にたどることによって、最後にすべての謎が解けて、
また最初から読み返したくなります。おもしろかったです。

主人公たちが今後、幸せになれるとは想像しにくいのです。
もう1回、読もうかな。



第8回(2008年2月27日放送)「1998年」ネタバレポ♪
2008-03-19 00:00

2008年2月27日(水)に放送された 『w-inds.M』第8回を録画で観ました♪
緒方龍一さんが、「1998年」にw-inds.M☆

龍「3周まわったんで48回くらい放送してます」慶「バカだなおまえは」涼「ノー」私「イエス(≧∇≦)」

1998年は緒方さんにとって、ダンススクールに通い始めて、千葉さんに出会った思い出の年。
PV1曲目はSPEEDの『my graduation』
hiroさんは千葉さんと同い年とのこと。まだお若いのですねw(°o°)w

1998年デビュー(今年で10周年)のかたがたがフリップに。
aikoさん、宇多田ヒカルさん、椎名林檎さん、浜崎あゆみさん、MISIAさん、モーニング娘。、
ゆず、DESTINY'S CHILD(2005年に解散)、SNOW PATROL、BLACK EYED PEAS、ZEBRAHEAD

続いて1998年の流行語をクインズム♪「ハマの大魔神」と「だっちゅーの」
野球関係の流行語と聞いて、千葉さんと橘さんは「巨人軍は永遠に不滅です」って…。
それは1974年の名言ですし、「永遠」じゃなくて「永久」ですよ~( ´∀`)σ)∀`)

PV2曲目はRED HOT CHILI PEPPERSの『My Friends』
歌っている人たちが乗った小舟が進んでゆくのを見ている、水辺のウサギちゃんがカワイイ☆

PV3曲目はMISIAさんの『つつみ込むように…』
当時、声変わり前だった緒方さんは、イントロの高音をマネしていたそうです^^

映画『ディア・ハンター』を観ました。
2008-03-18 00:00

ケーブルテレビで録画して観ました♪

合衆国の、ある地方の若い男女に、ベトナム戦争がどのような影響を与えたか、
ということが描かれています。

徴兵されて戦地に赴く一兵士にとっては、戦争は恐怖であり、サバイバルであり、
後の人生(があるとして)の心身の障害の原因となる場合が多いようです。

いっぽう、恋人や夫が戦争に行ってしまった女性にとっては、
無事を祈るストレス、いつ終わって帰ってくるの、というストレス、
心変わりする自分への失望、などを経験するのでしょう。

心変わりも自然現象だと思うのですが。
でも戦争に行っている男性から見れば、たまったもんじゃないですよね。

戦争に行ってきた経験を自慢として語るおじいさんを、めっきり見なくなりました。
日本が戦争状態を脱してから、もう62年以上経つのですもの。

原題『The Deer Hunter』の「Deer」は「鹿」、「Hunter」は「狩りをする人」。
つまり、「鹿狩りをする人」のことです。
主人公たち(男性たち)の共通の趣味が鹿狩りなのですが、
『The Deer Hunter』ですから単数形なんですよね。
戦場での孤独感を表しているのでしょうか。



バトン(ご自由におひろいくださいペコリ~)
2008-03-17 00:00

蜂雫蜂子さんからのバトンをやらせていただきます^^
いろいろ省略しててすみません(*^o^*)

◇名前は?
   「修羅笛の鍵」です。

◇年齢は?
   爆笑問題と同じ年。

◇恋人は?
   夢の中ならキムタク様か緒方さん

◇好きなタイプは?
   ガンダムならリュウさんかランバラルさん

◇好きなマンガは?
   『DEATH NOTE』『働きマン』『軽井沢シンドローム』←

◇好きな食べ物は?
   冷やし中華。タレはミツカン。具はトマトときゅうり。

◇好きな音楽は?
   w-inds.。安室奈美恵。中ノ森BAND。あっヴィジョンまつりだ(・∀・)♪

◇好きなブランドは?
   無印良品



映画『コールドマウンテン』を観ました。
2008-03-16 00:00

ケーブルテレビで録画して観ました♪南北戦争を題材とした映画です。

牧師の娘エイダ(ニコール・キッドマン)は、南部のコールドマウンテンという土地で、
インマン(ジュード・ロウ)という男性と相思相愛でしたが、
インマンは志願して南北戦争に行ってしまいます。

インマンは重傷を負ったり、北部の捕虜となったりしますが、
人間的な扱いをされず、命からがら脱走し、エイダの元を目指します。

現代の合衆国なら車を入手できればそんなに長旅にはならないでしょうが、
彼は徒歩なので、すごーく時間がかかります。

いっぽうエイダはお嬢様なので、父の死後、収入がなく落ちぶれてしまいます。
彼女には生活力がありません。ただインマンの帰りを願っています。

現代の合衆国なら、多くの女性は、天涯孤独になっても自活できるでしょうが、
当時はエイダのような女性が多数派だったのかもしれませんね。

それにしても、多くの登場人物が亡くなります。
いわゆる戦場ではなく、コールドマウンテンの村での、
脱走兵とそれをかくまった民間人を狩る一部の人たちの手によって。
現実にこんな感じに人々が亡くなっていくのを見たとしたら、絶望すると思います。



橘さんと緒方さんのブログはどうなるのでしょう?
2008-03-15 00:00


3月14日の夜は「w-inds.デビュー記念日おめでとう~^^」と祝杯を上げた修羅笛の鍵です☆

その3月14日から、千葉涼平さんのブログが移転しましたね。
旧ブログ
http://yaplog.jp/ryoheiblog/
新ブログ
http://ryohei.vision-blog.jp/
私、TOPページの踊っている千葉さんの顔が好きなので、この写真が残ってうれしいです^^

しかし、緒方龍一さんのブログ「ジャブログに散る!」は更新が止まったままですね。

そして、橘慶太さんのブログ「たちばなし」は、もっと前から止まってますね^^;
橘さんのもうひとつのブログ「道標」は先日、更新がありましたが…。

今後どうなるのでしょうね…。

もともと「道標」以外は2007年3月からの3ヶ月限定ブログという予定だったと思うので、
3ヶ月過ぎてからの更新は、意外なプレゼントみたいな感じでした^^

でも毎日チェックしてます(`・ω・´)アハッ



映画『ロボコン ROBOT CONTEST』を観ました*ネタバレプチ
2008-03-14 00:00

ケーブルテレビで録画して、先日観ました^^
『がんばれロボコン』ではなくて、「高専ロボコン」のほうです^^

あの宇多田ヒカルさんも大好きだという「高専ロボコン」

この映画を観たら、NHKの「高専ロボコン」番組にも興味が出てきました^^

高専とは?
中学校を卒業した人に入学資格があるらしい。
工業系の職業知識がつくらしい。
5年間通うらしい。
くらいしか私には知識がないのですが。
私の出身地である埼玉県には高専がないらしいです(いまWikipediaで調べました)
中学を卒業したら、高校か就職、という二者択一だったのです( ゚д゚)

『世界の中心で、愛をさけぶ』に出演する前年の長澤まさみさんが主演です。

理系が好きで高専に入学したものの、夢中になれるものを見つけられない少女が、
ロボットコンテストへの出場をきっかけに、
生き生きとし始める、という物語です。

ロボコン、ロボンコ、ロンボコ、ロンコボ、ボロコン、ボコンロ、ボンコロ、ンボロコ、
ンロボコ、ンコボロ、ンコロボ、コロボン、コボロン、コンロボ、コンボロ、コロンボ

『機動戦士ガンダム』第29話「ジャブローに散る!」を観ました。 (4)
2008-03-13 00:00

「ガンダムシリーズ」第1作のDVDを、次々にレンタルして観ています。
先日ついに、第29話「ジャブローに散る!」を観ました。

いろんな意味で素人なので、
緒方さんのブログ「ジャブログに散る!」の元ネタがガンダムなのは知っていた…くらい。
あと、初期の「ジャブログ」の、日々のタイトルが、
「ガンダムシリーズ」第1作のサブタイトルのパロディであることは知っていた…くらい。

全43話中、第32話まで観たところです。
何年か前にも(VHSで)チャレンジして、第20話くらいで挫折していたと思います。
しかし今回は。おもしろいと感じます。やめられません。

「ジャブロー」って、南米の場所の名前らしいんですが、
主人公たちの乗った戦艦が「ジャブロー」を出発してから、
ニュー登場人物がありまして。「スレッガー中尉」という人なんですが。
私この人に見覚えがあるんです~。数年前はエピソード的にここまで到達していないので…。

もしかして、1979年11月に、本放送で観たのかもしれません。ひぇ~。
そんな覚えはないんだけど…w(°o°)w

あと唐突ですが、「セイラさん」と「アムロ」の関係を見ていると、
「できるキャリアウーマン」と「できる後輩」みたいで楽しいです^^



FREEDOM SKY / w-inds. (1)
2008-03-12 00:00


VISION FACTORYのオムニバス・アルバム『CHRISTMAS HARMONY』から初のヒトカラです。

出だしの、つまりサビの高音が特徴的で、すばらしいと思って、
2008年01月22日のブログに書きましたが、
いよいよ歌ってみました^^♪

聴いた回数がそれほどでもないので、
いざ歌ってみると、わからないところだらけです。

今回も、4日前と同様に、全国採点しながら歌っていました。

さっき知ったのですが、その機種には、w-inds.全曲が入っているんです!
(ただし『Forever Memories 2007』はないようです。無問題です)

全国採点はとっても楽しいし、
本格的に機種替え、すなわち店替えしようかしら^^♪

ところで『FREEDOM SKY』は、歌詞がクリスマスとは無関係な感じがします。

とりあえず今の目標は、譜割りを覚えて再現できるようになることです。
レベルの低い話でお恥ずかしいです<(_ _)>でも、千里の道も一歩から(*゚ー゚)♪



第7回(2008年2月20日放送)「2000年」ネタバレポ♪
2008-03-11 00:00

2008年2月20日(水)に放送された 『w-inds.M』第7回を録画で観ました♪
橘慶太さんが、「2000年」にw-inds.M☆

PV1曲目は福山雅治さんの『桜坂』
龍「エロスだね」慶「セクシーですね。メロディとか声とか」私「そうかも~♪」

2000年は、6月に橘さんが、7月に北海道のお二人が上京し、お三方が出会った年だそうです。
当時は右も左もわからず、いつも3人で行動していて、
龍「誰かがついてこないとムカついた。だって渋谷で外人の人とかに、ダボダボの服とか
  買わされるじゃん。18,000円くらいで←」
路上ライブも2000年11月からだったそうです^^

慶「2000年問題にはドキドキした。懐中電灯と非常食を持ってカウンドダウンした。
  それまでお年玉をためていたけどゲームを買って、やるだけやって、カウントダウンした」
2000年問題はそれほどまでの脅威だったのですね。私はそうでもなかった気がします。

プレステ2が発売になったのも2000年で、緒方さんは夜中の1時に買ったそうです^^千葉さんは「様子見」派で、いまだにWiiを持っていなくて、プレステ3は買ったけれども開けてないとのこと(≧∇≦)
2000年、ファッションでは「腰パン」がはやり、北海道のお二人は、「腰パンやってた」とのこと。
私、2007年末に、ケーブルテレビの工事に来たおにいさんが腰パンだったのを思い出しました。
パンツ(下着)はバーバリー柄でした^^
橘さんは、2000年にはやった歌『慎吾ママのおはロック』を、
「すごくいい歌だな~」と思って、CDを買ったそうです^^



『炎神戦隊ゴーオンジャー』第1回から第3回まで観ました。 (2)
2008-03-10 00:00


『炎神戦隊ゴーオンジャー』第1回から第3回まで観ました。

車が重要な位置を占める作品ですね。
私、今年は免許、取ろうかしら。原付の。運転する気ゼロですが。

第3回まで観たら、3人だったゴーオンジャーが5人になりました^^
「マッハ全開」「ズバリ正解」「スマイル満開」「ダッシュ豪快」は何となく納得なんですが、
「ドキドキ愉快」って…。

ステキです\(^o^)/

変身するときに、「メットオン!」と各自が叫び、真上から垂直にヘルメットが降りてきます(笑

戦いが終わると、ゴーオンジャーがまずヘルメットだけ脱ぎます…。

なんだか、『仮面ライダーヒビキ』を思い出します^^
『仮面ライダーヒビキ』では、
変身が解けて人間の姿に戻るとき、
不慣れなライダーは全裸になってしまうのです。
そのうち修行を積むと、顔だけ変身を解くことができるようになります

第6回(2008年2月13日放送)「韓国」ネタバレポ^^
2008-03-09 00:00

2008年2月13日、バレンタイン前日に、メガネ姿の千葉涼平さんがドキドキしながらコリンズム^^
(韓国(コリア)にw-inds.M♪)
PV1曲目は東方神起『“O”-正・反・合』
このPVを観て、東方神起は全員がボーカルなんだと分かりました。
ちなみに東方神起は韓国と日本ではパフォーマンスの仕方を変えているそうで。
それを知っている千葉さんはすごいと思いました。

CM明けに千葉さんが手書きフリップで、韓国の何がすごいかを解説。
1、オーディエンスがダンスに関心が高い。
2、Rainさんというアーティストがあまりにもウマい。
3、韓国ではこの7~8年でブレイクダンスが急速に世界のトップレベルになり、
  徴兵前にプロになる目標を持つ人が多いためハングリー精神がある。だそうです。
PV2曲目はBoA『LOSE YOUR MIND feat.Yutaka Furukawa from DOPING PANDA』

3曲目はSE7ENさんを紹介。しかしここで身長ネタ。SE7ENさんの身長は180cmだそうですが、
「盛ってるから本当は165cm。僕は盛らない主義」と千葉さん。おもしろいです^^;
韓国のアーティストがダンス上手なのはキムチを食べてるから、ということで
嫌いだったキムチを食べてるうちに好きになったという千葉さん。私もキムチを時々食べてます^^



way of life / V6 (1)
2008-03-08 00:00

ドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』の主題歌です^^

V6のメンバーが、かわりばんこで少しずつ歌ったり、
全員で歌ったりなさっていますが、
この歌の出だしを歌うかたが、いちばんお上手だと思います。
お名前を知らなくてすみません。

いや~低いですね。キーが。わかっていたことですが。
w-inds.に慣れていると、非w-inds.の男性アーティストのキーは、
(私は1オクダーブ下で歌うのですが)
低すぎてタイヘンなことが多いです。

曲の雰囲気を壊したくないので、
いつも原曲キーで歌っています。

しかし今日はそれより、
初めての経験をして楽しかったのです。
いつもと違う機種でヒトカラして、「全国採点」をしたのです。
登録して採点にチャレンジした全国の皆様と比べてどれくらいの点数なのかが分かるしくみです。
『way of life』では、415人のかたの点数が登録されていて、
そのかたがたと比べて私は、参考順位7位でした。
自分の名前も登録して、あと16回、自分と戦ってみたくなりました。



映画『亀は意外と速く泳ぐ』を観ました^^
2008-03-07 00:00

ケーブルテレビのチャンネルNECOで録画して、観ました♪

最初から最後までおもしろかったです。金太郎飴みたいに。

上野樹里さんが主婦の役です。
このときまだ、18歳とか19歳くらいなのに。
ほっぺがふっくらして、本当に年齢相応のルックスなのに。
たとえば昔、『Age,35 恋しくて』というドラマで、
実年齢19歳の瀬戸朝香さんが24歳の役を演じていて、24歳に見えたのですが、
そういうことではないみたいです。
18歳か19歳の主婦の役。そのような世界。しかも幼な妻の部分が強調されるでもなく。

しかも、専業主婦なのに、夫が海外赴任中。
と申しますか、夫が海外赴任中なのに、専業主婦。子どももいないのに。
現在の日本では、なかなかないシチュエーションです。ユルいです。いい意味で。
なぜなら、多くの日本女性は、
専業主婦に憧れていても、なれません。
経済的な事情から。

その若くて、かつ、目立たない専業主婦が、
ある日、ある国のスパイとなって、
目立たない専業主婦を装って潜伏する暮らしを描いたお話です。う~んおもしろい

映画『ユメ十夜』を観ました。
2008-03-06 00:00

 
夏目漱石の小説『夢十夜』をもとにした映画『ユメ十夜』。
2007年に劇場で見逃したこの作品を、先日、テレビで録画して、観ました♪

10個の短編映画はそれぞれ特徴的なのですが、
私にとっては、第六夜と第十夜が特におもしろかったです。

第六夜は彫刻のお話です。
運慶がすばらしい仁王像を彫ることができるのは、
木の中にもともと埋まっている仁王を掘り出しているにすぎない、つまり、
心の中に、価値ある、訴えたい内容を持っていなければ、芸術作品を作ることはできない、
というようなことが、小説の主旨だったと思います。違っていたらすみません。
阿部サダヲさんが「自分」の役で、運慶に倣って木を掘りますが、結果は非常にポップです。
運慶が彫っている動作はブレイクダンスだし、
全員のセリフが2ちゃんねる言葉で、なぜか英語の字幕つきです。
松尾スズキ監督、ステキです(´∀`)

第十夜は豚のお話です。
私は、小説の内容はまったく覚えていないのですが、映画はすごくおもしろかったです。
松山ケンイチさんが、二枚目だけど性格の悪い役です。
松山さんは、二枚目の役だと二枚目に見えて、そうでない役もできて、
二枚目兼三枚目もできるからすごいと思いました。



I'm a Man / w-inds. (1)
2008-03-05 00:00

皆様、朗報です!(ここで2007年12月11日のブログをご参照ください)
私御用達のカラオケ機種で、『I'm a Man』が歌えるようになりました\(^o^)/
『Space Drifter』も。

3日前にそれを発見した私は、今日、念願かなって、『I'm a Man』の修行を始めました。

しかし、音源(CD)ではドラムが特徴的なのですが、
カラオケだと、再現度合いがイマイチです。
でも~歌えないよりはずっとマシです\(^o^)/

この曲、私御用達のカラオケ機種に入るのがこんなに遅れたのは、
もしかして、私のリクエストを待つまでもなく制作する気はあったけれども、
凝ったリズムやメロディを再現することが難しかったのかな?と、ふと思いました。

もちろん歌う私も苦労しています。
「I know your secret,…」で始まる部分が、
あまりにもフェイクだらけなので。
そこがもう、すごくすごく、リスナーとしては情にほだされる部分です^^;

長く辛かった…いや辛くはなかった養成時代を思い返して、いざFake!するつもりです。ふふ^^
(『Space Drifter』も、近い将来にヒトカラします)
その前にまずは橘さんのフェイクをじっくり拝聴させていただきます♪



映画『スキージャンプ・ペア ~Road to TORINO 2006~』を観ました☆
2008-03-04 00:00

架空の競技「スキージャンプ・ペア」の、CG作品のDVDが存在するのは知っていました。
CGアニメの競技と、その実況は、とても笑えます。

映画版「スキージャンプ・ペア」をテレビで放映するというので、期待して録画しました。
映画は、予想と違っていました。

ドキュメンタリー形式の実写が多く用いられていました。
フィクションですが、大まじめにドキュメンタリー。そこが笑えました^^

「スキージャンプ・ペア」という競技がどのようにして誕生し、
どのようにして「トリノオリンピッ」の正式種目となったのか。

冷凍庫の中でのアイスの変化に爆笑。
各国の選手たちのキャラにも爆笑。硬いパンを焼くフィンランドの兄弟が好きですw

なお、私が当初、期待していた、実写なしのCG作品は、
それはそれで存在するようです。
  



爆笑問題も、宇多田ヒカルさんも^^ (2)
2008-03-03 00:00


私は2007年の年末から、
アナログ地上波のほかに、BSと地デジとケーブルテレビが観られる環境になりました。

それまでは、誰かが地上波以外の番組の話をしている時、
アウェイ感がありました(笑

最近、ラジオやテレビで爆笑問題のお二人が、
ディスカバリーチャンネル
http://japan.discovery.com/
とか、
アニマルプラネット
http://www.animal-planet.jp/
の話をなさると、
「あっ、あのドキュメンタリー専門テレビ局(もしくは動物番組専門テレビ局)のことね」
と分かるようになってうれしい修羅笛の鍵です^^

宇多田ヒカルさんも、先日ブログに書いていらっしゃいました。
時代劇専門チャンネル
http://www.jidaigeki.com/
を観られるようになってうれしい、といった趣旨のことを。
「あっ、あの時代劇専門テレビ局(そのままですね)のことね^^」
と分かってうれしいです。
私は時代劇専門チャンネルは観ないのですけれど。セットでついてきました。



Hello / 安室奈美恵 (1)
2008-03-02 00:00

安室奈美恵さんのアルバム『PLAY』から、3曲目のヒトカラです^^

自分の生活のペースを、ボーイフレンドに合わせきって、
ボーイフレンドからの電話にはいつでも必ず出ることにしていたけれど、
「いつでも合わせていなきゃ愛されない」というのは、何か違う…という、
女性の気づきを歌った歌です♪

効果音として、固定電話、
それも古き良き時代の合衆国の感じがする電話の着信音が使われています。
この歌の中の「電話」とは、じゃあ固定電話なのか?
たぶん、固定の家電と携帯電話、両方のことなのでありましょう。

で、電話に出ないことにした主人公ですが、

「今は手が離せない
 もしくはショッピングに夢中
 それか話したい気分じゃないかも」

という詞が表している世界観というか、ガーリーな感じにしびれます(゚・゚* ポポポ

譜割りは非常に複雑で、
『FUNKY TOWN』『Hide & Seek』以上にタイヘンかも^^;