FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

Forever Memories / w-inds. (3)
2007-12-31 00:00



ずうっと歌いたかった、w-inds.のデビュー曲を、ついにヒトカラしました。

いい歌ですね( ;∀;)

一生歌い続けられる歌詞ですね。

一人称も二人称も出てこないことには、何か意図があったのでしょうか。
歌声も(デビュー当時は)性別不詳で、
男性の立場の歌とも、女性の立場の歌ともとれます。

そして、
キーが高いという問題だけでなく、
たぶん楽譜どおりに歌ったのでは上手に歌えない、あるいは味が出ない難曲だと思います。
「まだ覚えているでしょう」の「しょう」を、「しょ」と「う」の2つの音程に分けたり、
「いつも夢を見ていた」の「見て」と「いた」の間にブレスを入れたり、
といった工夫をして歌いこなした痕跡を感じます。

初めて歌ってみて難しいと分かったので、
楽しくなってきました。
私も、橘さんの真似ではなく、自分なりに歌いこなしたいと思いました(`・ω・´)シャキーン



スポンサーサイト



ドラマ『有閑倶楽部』最終回を観ました^^
2007-12-30 00:00


12月18日に放送された、ドラマ『有閑倶楽部』最終回を、録画で数日前に観ました。
けっきょく最終回まで観続けて、おもしろかったです。

連続ドラマ版で主人公となった「松竹梅魅録」のキャラクターは、
漫画とはかなり違うと思います。見た目(髪型とか)も性格(ドラマでは涙もろい)も。
でもこれはこれで好きになりました。

女子3人は原作にかなり近いと思いました。

原作との違いが「少し」で「惜しい」と最初は思っていた「菊正宗清四郎」ですが、
けっきょくこのキャラクター(連続ドラマ版)も大好きになってしまいました。
横山裕さんは漫画の「菊正宗清四郎」よりも若干幼い感じのお顔立ちで、
「連続ドラマ主役の6人の中では、高校生役に実年齢でいちばん近い(若い)のだろう」
と思っていました。
しかし、さきほどWikipediaで見たら、最年長の26歳でいらっしゃいました。
なんと若々しいルックスなのでしょうw(°o°)w

私はもともと漫画の「菊正宗清四郎」の、頭が良く腹黒い感じが大好きなので、
連続ドラマも最後の2回くらいは、
横山さんの童顔での腹黒演技と小ネタ(舐めかけのロリポップを頬につけてしまい慌てる等)を
楽しみに観ていたようなものです(´∀`)



橘慶太さんが楽屋でウイダーインゼリー♪ (2)
2007-12-29 00:00



DVD『w-inds. Live Tour 2007 “Journey”』のドキュメントで、
橘慶太さんが楽屋で「ウイダーインゼリー」を手に持って語っておられましたね。

私もあれと同じ種類の、
「ウイダーインゼリーエネルギーイン」を、
朝ごはんとして利用しています。
週5回。出勤途中で買って、職場で飲んでいます。

炭水化物を補給できるので、踊る仕事の人にピッタリ♪

考える仕事の人にもピッタリ(・∀・)

と申しますか炭水化物は誰にでも必要(^^;)

とはいえ、
橘さんと同じものを飲んでいるのかと思うと、感慨深いです。



ドラマ『ガリレオ』最終回を観ました。
2007-12-28 00:00

全地球61人の読者の皆様、更新が遅くなって申し訳ありません<(_ _)>

10月18日のブログに関連しています。
12月17日に録画した最終回を、数日前に観ました。

「内海(柴咲コウ)」がなぜ刑事になりたかったのか、の詳細は結局、描写されませんでしたが、
このドラマ、すごくおもしろかったです。
「湯川(福山雅治)」の謎解きが。

私は物理のことはほとんど分からないので、
「湯川」が突然、道路や壁やテーブルの上などに書いてしまう数式に違和感を感じないし、
論理的で無駄のない説明が大好きなので。

「内海」が「湯川」に対して、いつも罵りの言葉を投げつけるのが、
最初は不思議だったのですが、だんだん慣れました。
そして、これは、
たまに出る褒め言葉や弱気な発言をより効果的にするための伏線だったのかと今は思います。

それと最終回には、久米宏さんが、
「湯川」のかつての師である「木島」役で出演されていました。
たいへん貴重な映像だと思います。
久米さんの演技は自然ですばらしかったです。



『発表!!第40回日本有線大賞』を観ました。
2007-12-27 00:00



12月12日に放送された『発表!!第40回日本有線大賞』を予約録画して、さいきん観ました。

お察しのとおり、また録画した番組の視聴が遅れ気味になってます^^;

かつての「日本レコード大賞」を彷彿させる構成でした。
「有線音楽優秀賞」と「新人賞」と「有線音楽賞」の受賞者を
ランダムに2組くらいずつ紹介して行き、
最後に「最優秀新人賞」と「グランプリ」を発表するところが。

また、「グランプリ」の人は2度歌うところが。

賞らしくていいですね^^

今年の「有線放送大賞(グランプリ)」は氷川きよしさんの、
『きよしのソーラン節』という歌でした。

氷川さんのステージアクションを実はとても好きです。

容易にマスターできそうな振り付けですが、
あそこまで思い切って踊れるのは、
何か、針がレッドゾーンに振り切れている感じで(m゚∀゚)mステキ!!



MTVを視聴できる環境になりました^^ (2)
2007-12-26 00:00


w-inds.が番組を持つ、というニュースのおかげで、
MTVというのがテレビ局の名前だと分かりました(^^;)

MTVを視聴するにはいくつかの方法があります。
せっかくなのでSKY PerfecTV!という方法を選択したかったのですが、
各方面に問い合わせた結果、私が住んでいるマンションでは不可能と判明したので、
ケーブルテレビに再加入の手続きを取りました。

今日、工事が済んで、MTVを視聴できるようになりました。

おまけもありましたv( ̄∀ ̄*)

ケーブルテレビでしか観られない番組の予約録画方法をトレーニングしていたところ、
私のHDD・DVD・VHS一体型レコーダーに、
曜日指定録画の機能があることを発見しました^^

さっそく毎週日曜日の朝7時半から8時半を予約しました。
これで、「スーパーヒーロータイム」の録画し忘れを防げます^^
(今まで、年3回くらいやってしまってました)

MTVの明日の『ビデオグラフィ(w-inds.特集)』も、さっそく予約しました。



「ドリカムワンダーランド2007」の存在を知りました。 (2)
2007-12-25 00:00

12月7日に、NHKの『プレミアム10』という番組を録画しました。

DREAMS COME TRUEの「ドリカムワンダーランド2007」というコンサートについての
ドキュメンタリーでした。

それを見て、コンサート本番の映像も観たくなりました。
(2008年2月にDVDが発売されるらしいです)

「ドリカムワンダーランド」というのは、
DREAMS COME TRUEが4年に1度おこなっているコンサートの名称だそうです。
投票で選ばれた曲を披露するそうです。

「ドリカムワンダーランド」がおこなわれない年も、
それ以外のコンサートをおこなっているし、
「ドリカムワンダーランド」開催年に、それ以外のコンサートも開催することがあるようです。
パワフルですね。

『プレミアム10』を見て、
吉田美和さんはとても感受性の強い人なんだと、あらためて思いました。
子どものように素直に、人前でも泣いちゃうし。

でも感情を表すことってすばらしいと思いました。
コンサートの始まる時、すでに涙を流している吉田さんの感動が、
観客の皆さんにも伝染していっているという印象を受けました。

それにしてもDREAMS COME TRUEの楽曲って、どれもすばらしいです。



「ごま豆乳鍋つゆ」美味しかったです(´∀`) (2)
2007-12-24 00:00

伊集院光さんが、
まず、『深夜の馬鹿力』というラジオ番組で「美味しい」とおっしゃり、
次に、『日曜日の秘密基地』というラジオ番組でも言及していらした、
mizkanの「ごま豆乳鍋つゆストレート」を、
ぜひいちど食べたいなと思って、
近所のスーパーで買いまして、先日、食べてみました。

(画像を出そうと思って楽天アフィリエイトで探したけど見つけられませんでした…)

伊集院さんのおすすめの具は、
鶏肉と、はまぐりと、キャベツと、長ネギ。
私は貝類が苦手なので、はまぐり以外を揃えました。

食べてみました。

「ごま豆乳鍋つゆストレート」は、つけダレではなく、
鍋に最初から入れるほうのつゆです。

まんがいち薄味だった場合のことも考えて、
つけダレのほうのごまダレも買っておいたのですが、
なくても大丈夫でした。

「こんな美味しいものがあったのか!」
とはなりませんでしたけど、
普通に美味しかったです(´∀`)



年に一度の健康診断♪
2007-12-23 00:00

今年も健康診断を受けてきました。
くしくも去年と同じ12月20日に。去年と同じ目黒のクリニックで。

目黒駅を出て、例によってびっくりするほどの急な坂を、
ホリプロのビルを右手に見ながら、
「伊集院さんが上のほうの窓から見てないかな~♪」
とか思いながら膝ガックガクで下りました。

クリニックは大きなビルの12階にあるので、エレベーターに乗って行きますが、
エレベーター管理会社の名前がどこにも見当たらないのです(・_・?)
去年も探した覚えがあります。

で、検査ですが。

いちばんシンプルな、身長・体重・視力・聴力・心電図・血圧・血液検査・尿検査・問診、
あと乳がん・子宮がん検診を選択してました。

乳がん検診(超音波)では左右ともに特定の箇所で長時間ご~りごりされました。まいど<(_ _)>

視力は右0.5、左1.5で「いつもこんなに左右違いますか?」と聞かれました。まいど<(_ _)>

血圧は上が90台、下が50台で「気分悪いのでは?」と訊かれました。まいど<(_ _)>
*でも去年より、上の血圧が若干あがってます^^やったね。

今年の新しい出来事は、
治療不要のちっちゃな子宮筋腫が発見されたことです(=°-°)ノ ドモデス



映画『オペレッタ狸御殿』を観ました。
2007-12-22 00:00



テレビ放送を録画して観ました。

「狸姫(チャン・ツィイー)」と「雨千代(オダギリジョー)」のラブストーリーを中心に、
風変わりなお話がすすんで行く、ミュージカルです。

「この二人が恋に落ちたら恐ろしいことがおこるでありましょう」
という設定自体、
よく分からないのですが、
お話はまったくファンタジーで構わないと申しますか、
絵空事であればあるほど、
劇中歌の素晴らしさが際立つような気がします。

雨千代の父・「安土桃山(平幹二朗)」と「びるぜん婆々(由紀さおり)」の
二人のラップはすばらしかったです。

最高なのは「びるぜん婆々(由紀さおり)」の後半の独唱です。

何でもできそうなチャン・ツィイーさんの歌唱は意外ではないのですが、
オダギリジョーさんも歌っていて、意表をつかれました^^