FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

『帰ってきた時効警察』最終回を観たぞオ~イ!*ネタバレ少々
2007-07-31 00:00

(全宇宙50人の読者の皆様、更新が遅くなって申し訳ありません)

最終回、おもしろかったのに、感想を書くのを忘れてたぞオ~イ!

でも、録画し始めるのが遅れて(たぶん)前半が録れてなかったぞオ~イ!

そういえば、録画し忘れた回もあったぞオ~イ!

じゃあやっぱり、9月28日のDVD発売を待つぞオ~イ!

最終回では霧山がギターを弾いていたぞオ~イ!

オダギリジョーがもし普段からギターを弾く人ならすごくカッコいいし、
弾けない人だとすると、このためにここまで練習して、
しかもセリフをしゃべりながら、
呼吸と同じくらい苦もなく弾いていたのに驚いたから、
いすれにしてもカッコいいぞオ~イ!

さよならは別れの言葉じゃなくて再び逢うまでの遠い約束だぞオ~イ!

そーぶくんはカワイイぞオ~イ!
三日月くんもカワイイぞオ~イ!



スポンサーサイト

映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』を観ました*ネタバレほとんどなし (2)
2007-07-30 00:00

(2007年01月18日のブログの続きとお考えください)

…ということは半年待ったわけですね。
映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』を、先日、映画館で観てきました。

映画は相変わらず、よくまとまっています。

これまで、ハリー・ポッターの第1作の本を読んで第1作の映画のDVDを観る、
第2作の本を読んで第2作の映画のDVDを観る…という流れで第4作まで繰り返してきたので、
本が1作ごとにどんどん長編になり、
映画の尺は変わらないため結果的にどんどんダイジェスト的になっているのは分かっていました。

でも私、『不死鳥の騎士団』を読んでから半年経っていたので、
細かいことは忘れてしまっていました。

だから映画は映画で、本と比べないで楽しめました。

でもいま思えば、5年生のロンの、学校での活躍が、映画では描かれていないですね。
私はロン派なので、ロン主役バージョンもあったら楽しいな~。

あと、ルーナ・ラブグッドを私は好きです。

さて次の『ハリー・ポッターと謎のプリンス』、
これをすぐ読んで、映画の公開まで時間を置いて細部を忘れ、映画を楽しむか、
映画の公開日が決まってから本を読み始めるか、
…検討中です^^



プラチナジュノン
2007-07-29 00:00

またもw-inds.による経済効果が(笑)

携帯電話の機種を変更したんです。これに。

なぜなら、雑誌『JUNON』の携帯サイト「PLATINUM JUNON(プラチナジュノン)」を
活用したかったからです。

いままで使っていた機種では、待ち受けは見られるし取れるけれど、動画は見られませんでした。

それと、「3人の笑顔はサプリメント w-inds.がいっぱい」というコーナーの、
『JUNON』取材エピソードの画像も見られませんでした。静止画なのに(T_T)

機種変してから、存分に見ました^^

それと、これは期待していなかったのですが、
機種変後に「PLATINUM JUNON」からダウンロードした待ち受け(今は緒方さん♪)は、
とっても解像度が高いです。しかも迫力の大画面です。

これと比較すると今までの機種の解像度は非常に低く、
一部ホラーな画像になってしまってました。

機種変更して良かったですwww
PCも買ったばかりだし、また地道に貯金します(^^;)



獣拳戦隊ゲキレンジャー / 谷本貴義 (1)
2007-07-28 00:00



特撮番組『獣拳戦隊ゲキレンジャー』と同タイトルのオープニング・テーマです。

2007年7月16日のブログに書いたエンディング・テーマ『道(タオ)』も、
同じ1枚のCDに収録されています。

オープニングとエンディングの両方が悲しい感じの曲調なのが今年の特徴だと思います。

でもどちらも素敵な歌です。

カラオケで20回歌って体で覚えたら、
詞から良い影響を受けそうな感じです。

小さいおともだちは、この番組を見て、
何かの練習に打ち込むことはカッコいいと思うようになるのでしょう。

私も漢堂ジャンのような“アンブレイカブル・ボディ”がほしいです。

しかしオープニング・テーマの歌唱は前途多難な感じです。
今日初めて歌いましたが、高音部を地声(ご本人より1オクターブ下)で出すと、
喉が絞まってしまい、聞き苦しいうえに、若干フラットします。
修行で改善すると良いのですが(^^;)



「ズーキーパー」にハマる…
2007-07-27 00:00


最近、ケータイを機種変しました。

いままで使っていた機種で、
「おっとっとセーブザシー」というゲームを好んでやっていました。
というか、その前の機種からでした。

今回も「おっとっとセーブザシー」をダウンロードしようとしたら、
選択肢にありませんでした。

(うう、どなたか、ソフトバンクで今、「おっとっとセーブザシー」を入手する方法を
 ご存知でしたら教えてください)

そんなわけで、
何か新しいゲームを、ダウンロードしたかった私。

「アクションパズル」というカテゴリから、
「ズーキーパー」というゲームを取ってみました。

すると!(´・∀・` )アラマァすんごくおもしろいです。

パソコンでは、
http://jp.shockwave.com/games/puzzle/actionpuzzle/zookeeper/play.html
ここで無料でできるので、
やってみてくださいでち(≧∇≦)



『仮面ライダー電王』第20話に…おや!*ネタバレあります。
2007-07-26 00:00

2007年6月10日に録画した『仮面ライダー電王』第20話「最初に言っておく」を先日観ました。

第18話と第19話は録りそこなったみたいで、ビデオテープがありません(^^;)

第20話で、桜井侑斗(さくらい ゆうと)という人物が「仮面ライダーゼロノス」に
変身するのを私は初めて見たんですけど、
「この俳優さん、見たことある………ォオー!!(゚д゚屮)屮」
と思って調べてみたらやっぱり!

『仮面ライダーヒビキ』で、「響鬼さんのもうひとりの弟子」だった、
桐矢京介くん(役名)ではないですか!!

間に『仮面ライダーカブト』があったとはいえ、こんなに短いインターバルで、
一人の役者さんが、二つの仮面ライダー世界に登場するとは…びっくりです。

しかも、ひねくれちっくなキャラも似ています(* ̄m ̄) ププッ

さてそれはそれとして。

第20話では、良太郎が、
「弱かったり、運が悪かったり、何も知らないとしても、
 それは何もやらないことの言い訳にならない」と言いました。

いつも他のキャラクターに押されて、自分の意見をハッキリ言わない感じの彼が、
珍しく強い意志を見せたので感動しました。なんというか…、
『ふたりはプリキュア Splash Star』で美翔 舞ちゃんが敵にタンカを切る時と同種の感動でした。



『JUNON』9月号で王子ネタ(≧∇≦)*ネタバレ少々
2007-07-25 00:00


先日、ラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』で、
「ハンカチ王子」と「ハニカミ王子」の活躍にちなみ、
「あなたのまわりの王子を教えてください」といったネタ募集をしていて、
放送もおもしろかったですが、

おととい発売の『JUNON』9月号でも王子ネタをやっていました。

橘慶太さんが「筋肉王子」なのは納得です。
(「アーサー王子」でもいいと思うんですけど)

千葉涼平さんが「白肌王子」なのも超なっとくです!

で、その千葉さんの隣に…

ムーディ勝山さんが!
………
「受け流し王子」だって!(≧∇≦)


もう、何でもアリなんですね(* ̄m ̄) ププッ



『砂時計』*ネタバレ少々
2007-07-24 00:00

週4回通っているまんが喫茶で「おすすめ漫画」になっていた『砂時計』を読んでみました。

主人公の杏は最初12歳で、母親の離婚に伴い、
東京から、島根県の某所へ引っ越してきて、
そこで出会った大悟という少年と恋に落ちます。

しかし母親が自殺してしまい、そのことが、その後10年以上、杏の心に影響し続けます。

杏はずっと大悟のことを好きであるようなのですが、
好きだからこそ、重荷になりたくないと思って別れたり、
また思い直したり、他の人と付き合ったり、とか、とっても紆余曲折します。

そこがリアルだと感じます。
20年ほど生きていれば、付き合ったり別れたり復活したり、
非常に多くのエピソードが積み重なりますもんね。

「砂時計」がこの物語のモチーフであり、タイトルにもなっていますが、
杏が母親と行った「仁摩サンドミュージアム」という博物館は実在するみたいで、
「1年」を計れる砂時計があるらしいです。すごいですね。

あと、雪が降る場面が多くて驚きました。
島根県といえば中国地方だがら、雪は降るまいと思っていましたが、そうでもないみたいですね。



『仮面ライダー電王』第17話に感動しますた*ネタバレあり
2007-07-23 00:00

私の知るかぎり、『仮面ライダー電王』の世界では、「イマジン」というのが敵キャラです。
「イマジン」は、人間と契約を結び、願いをかなえるかわりに、
過去のひとときの時間をもらいます。
そしてその過去の時間の中で大暴れして、歴史を変えてしまいます。

時の列車デンライナーに乗っているハナという女性が、時間の流れを守るために、
イマジンに戦いを挑んでおり、仮面ライダー電王を必要としています。

電王に変身する少年・良太郎は、「仮面ライダー史上最弱」です。
事故にあったり、カツアゲされたりと、普段から徹底的にツキがありません。
もちろんケンカなんてできません(^^;)

彼が電王に変身すると、
特定のイマジンが憑依して、強くなります。これらのイマジンは、例外的に「味方キャラ」です。

良太郎に憑依するイマジンは、私が観たところまででは4体です。
『桃太郎』(の赤鬼)をモチーフとした「モモタロス」、
『浦島太郎』(の海亀)をモチーフとした「ウラタロス」、
『金太郎』(の熊)をモチーフとした「キンタロス」、
あと「リュウタロス」。

イマジンに憑依されていない良太郎は弱いはずなのに、
2007年5月20日放送の第17話「あの人は今!も過去?」では、だれにも憑依させないで、
一人で戦っていたんです( ;∀;) カンドーシタ

これからも激しく見守るです~「(≧ロ≦) 「(≧ロ≦)



『シュレック3』*ネタバレ若干あり
2007-07-22 00:00

先日、暴風雨の中、『シュレック3』を観に行ってきました。
日本語吹き替え版は、朝いちばんの上映だけだったり、
1日じゅう上映していても終了時間がわりと早めのようです。
行動が遅くなってしまって、
「今から観に行ける」という時間には、すでに2箇所しか選べる映画館がなく、
平和島というところに初めて行ってきました。
競艇場の隣の複合施設の映画館に行きました。

雨で足の裏とサンダルが滑って、遅い歩行しかできなかったので、
上映開始30分後くらいに着きました。
本編が始まってからももう15分くらい経っていたと思います。
船で出発の場面から見ました。
シュレックがフィオナ姫から「妊娠したの~」と言われて呆然とするシーンです。

私の目的だったアーサー王子はそのあと登場したので、
最初から観られなかったのはヨシとしました。

「ちっちゃく生きてくれ」「ロックンロール」というところと、
ウソ泣きするところと、
クライマックスの王位継承を民の選択に委ねる場面は良かったです。
橘慶太さんの吹き替えも自然でした^^

アーサー王子は魔法使いには見えないのですが、
なぜ、ハリー・ポッターの学校みたいな魔法学校に行っていたのでしょう?

その謎は『シュレック4』か『シュレック5』で明かされるのかもしれません( ̄ー ̄)b



関東甲信越小さなJourney(^^)
2007-07-21 00:00

おととい甲府に行ってきましたが、

行きは三鷹から甲府までJR特急かいじ111号に乗って、
帰りは甲府から新宿までJR特急スーパーあずさに乗りました。

どちらも初めて乗車しました。

行きの「かいじ」は揺れが少なくて快適でした。
自分で編集したw-inds.シングル集のMDを聴いていました。
実は最寄駅からPASMOで乗ったので、特急券を買っていなくて、
車掌さんが乗車券と特急券を確認しに来るのを待っていたのですが、
残り30分くらいの時にやっと来てくれました。
PASMOを見せると、
「これは何ですか?」と訊かれました(((((((((((o_ _)o ドテッ
「PASMOです」と言うと(ビクビク)、
その車掌さんは他の車掌さんを呼んで確認していました。
もしかして、特急券の他に乗車券も買わなきゃいけないのかな?と思いましたが、
そんなことはありませんでした。

帰りの「スーパーあずさ」はちょっと揺れました。なぜだろう?
『Journey』と『bestracks』を聴きながら、
やはり車掌さんが乗車券と特急券の確認に来るのを待っていましたが、
(帰りはあらかじめ特急券を買って、PASMOで乗りました)
なんと車掌さんは来ませんでした。

旅はJourneyです。経験値が上がりました( ̄ー ̄)b



DVD『w-inds. WORKS vol.3』
2007-07-20 00:00

(全世界49人の読者の皆様、更新が遅くなって申し訳ありません)

7月19日に、山梨県立県民文化ホールで開演前に買いました。

コンサートにノリ切れなかったことに精神的な打撃を受けて、
「このまま立ち直れなかったら、もったいないな」
と思いながら帰宅して、晩ごはんを食べながら、観ました。

1:SUPER LOVER ~I need you tonight~
2:Love is message
3:Long Road
4:Pieces
上記の4曲のPV、メイキング、インタビューなどが収録されていました。

改めて驚きました。
楽曲のクオリティの高さ(詞、曲、アレンジすべて)、
パフォーマンスのクオリティの高さ(歌、コーラス、ラップ、ダンスすべて)、
それと、ジャケ写やPVも、いちいち素晴らしいのです。
シングルのカップリング曲も、それぞれに主張があって、聴きごたえがあります。

ヒトカラマニアとして、w-inds.のほとんどすべての楽曲を、
自分で歌ってみたいという気持ちが、以前より強くなりました。



今日の緒方さんのトークをぜひDVDに(≧∇≦)
2007-07-19 00:00

山梨県立県民文化ホールで行われたw-inds.のコンサートに行ってきました。
緒方さんのMCが予想外におもしろかったので、やられました。

「緒方さんて鼻声だな~」と思っていたら、
「今日は鼻水が出る」とのトークが。それに、すごい量の汗をかいてるとのトークが。
もしかして風邪で、熱があったのでしょうか?
でもダンスもトークも切れが良かったし、元気いっぱいそうだったけど…。プロだから?

私は昔、38.6℃の熱がある時にバイトに行って、すごく汗かきながら働いて、
帰宅したら平熱になっていたことがあったので、
もし緒方さんが風邪でも、そんなふうに治ってくれたら良いな、と思います。

肝心の、今日の私の目標だった、「初のw-inds.の生音に浸る」は失敗に終わりました。
「浸る」の部分がですよ。なんだか皆様にノリ遅れてしまいました。

視界に問題があったせいかもしれません。実は私、
過敏にまぶしさを感じる体質で、コンサートの始めから黒いサングラスをかけていたのですが、
それでも歌が盛り上がって照明が強くなると手で遮らざるを得ないのです。
するとお三方が、自分の手で隠れてよく見えませんヾ(゚Д゚ )ォィォィ

それと、緊張しすぎだったのかもしれません。
日本武道館の日は、開演前に若干のアルコールを注入してみようと思います( ̄ー+ ̄)キラーン

それにしても、終盤で緒方さんが客席に降りていらしたのですが(ちょこっとだけね)、
「それは、まぶしさに目をおおっている私を心配してくださって?」
と勘違いしそうなくらい、私にとって、今日の緒方さんは、自発的で、大人で、素敵でした。



Another Days / w-inds. (3)
2007-07-18 00:00


先日、アルバム『w-inds.~bestracks~』を聴きながら洗い物をしていたら、
「些細なすれ違いも いつもはすぐ解決できた」
という歌詞が急に意味を持って耳に飛び込んできました。
(失恋の歌だったんだ…)主人公の感情にシンクロして涙がたくさん出ました。

その後、外出先で
「些細なすれ違いも いつもはすぐ解決できた」
っていう歌詞のある歌のタイトルは何だろう?と気になって、Googleで検索したら、
あるサイトで歌詞カードを見つけて、タイトルが分かりました。

そのサイトはすごかったです。
通常わたしたちが見ている日本語漢字かな混じり文と、
それにアルファベットでフリガナをつけたもの。
ひらがな表記+アルファベットのフリガナ、
3種類くらいの中国語と、それぞれにフリガナをつけたもの、
アルファベットのフリガナだけのものもあったかな…
何種類あるんだ、ってくらい、たくさん載っていました。

中華圏のファンのかたはこうやって歌詞を覚えるんだ、と思いました。

ところでこの歌は、聴くとゆっくりなようでいて、歌うと意外に早口言葉でした(゚д゚ ;)≡(; ゚д゚)



ブログ人格、メール人格、およびリアル人格 (2)
2007-07-17 00:00

ブログを始めて約7ヶ月たちました。

ブログをやって、発見したことがあります。
それは、リアルな私の人格とはちょっと違う、
「ブログ人格」とでも呼ぶべきようなものが存在するということです。

携帯電話でメールする生活を始めてしばらく経った時に、
「メールだとリアルな自分とはちょっと違う人格みたいだなぁ」と思ったのですが、
メール人格とブログ人格もちょっと違います。

メール人格もブログ人格も、
その場にいる誰かに発言を遮られたりすることがないので、
言いたいことを言い切っているところは共通なのですが。

私のメール人格は、リアル人格よりも明るいと思います。
いろんな含みをシャットして、
用件のみ、あるいはひとつの感情のみを表現しているからだと思います。
あと、顔文字を多用するし。

私のブログ人格は、リアル人格よりも品行方正です。わはは。
と申しますか、「品行方正な部分がクローズアップされる機会が多い」かな?

そうか。
いちばん大きい集合がリアル人格で、
ブログ人格やメール人格はその中に含まれる一部の集合にすぎない、
ということなのですかね…。



道(タオ) / 水木一郎 (3)
2007-07-16 00:00



『獣拳戦隊ゲキレンジャー』のエンディング・テーマです。

『獣拳戦隊ゲキレンジャー』は中国拳法をモチーフにしているので、
この歌も「道」と書いて「タオ」です。

こういった、さびしそうな、かつ力強いメロディというのは、
人間にとって必要だと思います。

重鎮・水木一郎さんの渋い歌唱です。
水木さんの、「か行」「た行」の歯切れの良い歌い方が大好きです。
「さ行」の発音には大人の魅力を感じます。

きょう初めてカラオケで歌ってみましたが、
原曲キーの1オクターブ下で歌うと、出ない音があって無理があります。
原曲どおりのキーで歌うと、
裏声で対応できるので、何とかなります。
ちょっと不自然ですが、1オクターブ下よりはマシなようです。
水木さんは低音の魅力ですね。

メロディーは覚えやすかったです。
番組を観るたびに聴いているせいもありますが(〃∇〃)



川口追加公演、不戦敗(((((((((((o_ _)o ドテッ (2)
2007-07-15 00:00


また「やせがまん」的な賭けをしてしまいました。

w-inds. LIVE TOUR 2007 ”Journey”
の追加公演、8月1日・2日の「川口総合文化センター リリア メインホール」ですが…

発売日の7月14日ではなく、1日待って、まだチケットがあるなら買おう、
と思っていたのですが、
14日夕方の時点で確認したらもう「予定枚数終了」でした(^^;)

さすがの人気ですd(>_・ )グッ!


もう無理するのはやめることにしました。

今日、ファンクラブ入会希望を郵送しました。

次回のツアーからは、希望どおりの会場で希望どおりの日程で参加したいとか、
会報を読みたいとか、
春のファンクラブイベントにも参加したいとか、
いろいろ欲が出てきました。


流れに逆らわず生きていきます(笑)



Yahoo!ライブトーク
2007-07-14 00:00

w-inds.KEITAオフィシャルブログ『たちばなし』の
7月5日更新分(現時点でも最新^^;)が「ももっ!」なのですが、
http://ameblo.jp/w-inds-keita
これを読んで何が何やら、さいしょ私は分かりませんでした。

緒方さんのブログを読んで、
http://blogs.yahoo.co.jp/ogundam78/11814407.html
「Yahoo!ライブトークというネット上の番組で企画をやって、その景品が桃だったらしい」
「勝った橘さんだけが、桃を食べる権利があったのに、
 千葉さんと緒方さんも食べたということらしい」
と想像できて来ました。

「ライブトーク」ということは生放送だったらしいけれど、
他のかたのブログを読んで、「再配信」というのがあるらしいと分かりました。

どうすれば「Yahoo!ライブトーク」を観られるのか分からなかったので、
とりあえず「YAHOO! JAPAN」のトップページを開いて、
「ライブトーク」で検索してみました。
検索結果の1番上のものをクリックしたら、初めて見る「Yahoo!ライブトーク」のページでした。
「トップ」を下にスクロール(もしくは「レポート」のタブをクリック)すると、
w-inds.の再配信がありましたq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p
何も手続きしなくても、観ることができました~( ^^)Y☆Y(^^ )

「ももっ!」はどういうことだったのか、すっかり判明しました。スッキリ^^

それにしても、「ももっ!」の写真の千葉さんはヵヮ。゚+.(・∀・)゚+.゚ィィ!!です!



VHS→HDD移行実施中~
2007-07-13 00:00

基本的にテレビは録画で観ます。
VHS単機能のデッキで録画したものを、VHS & HDD & DVDのデッキで再生しています。

一時、録画するペースに、観るペースが追いつかず、
「3.7ヶ月遅れ」といった状況になりましたが、
現在、「2.0ヶ月遅れ」まで縮まりました。

レンタルビデオもしくはDVDで観たいと思っている映画やドラマもたくさんあって、
録画視聴の遅れが「1週間以内」になったらレンタルを許可する
という一応のルールを自分に設けてはいます(衝動が勝つこともあります)

  ちなみに、レンタルで観たいと思っているドラマは、
  『ER緊急救命室』第11シーズン以降
  『Sex and the City』season3以降
  『F・R・I・E・N・D・S』第10シリーズ
  『仮面ライダークウガ』
  などです。

ここ4年で、録画ビデオ視聴の遅れが1週間以内に縮まったのは1回しかありません。
しかもほんの短い間で、すぐにまた、激しく遅れました。
今は遅れが縮まっている時期なので、この流れを大切にしたいと思います。

ところで、VHSでの録画から、HDDでの録画に、現在、移行中です。
録画して未視聴のVHSは、最大38本(笑)あったのが、現在8本です^^
HDDでタイマー録画しながら、すでにHDDに録画してある別の番組を視聴できると知ったので、
VHSからの脱却を図る決意をしました。



灰ふるい
2007-07-12 00:00

1981年に母が亡くなった時、父が仏壇を買いました。
去年、父が亡くなったので、今は私がその仏壇を管理しています。
仏壇の上に母の写真と父の写真があります。母の写真のほうが大きいです(笑)

毎日、帰宅すると、仏壇の中のろうそくに火をつけて、
そのろうそくからお線香に火をつけて、
灰があるところ(香炉という名前らしい)にさして、
チーンと鳴らして(鳴る金属はリンという名前らしい)、
しばし手を合わせます。

しばらくこの生活を続けていたら、
香炉が、お線香の灰でてんこ盛りになってきました。

こういったもののお手入れはどうすれば良いのだろうか?
取説好きの私は、ネットで調べてみました。

すると、「灰ふるい」という道具が存在すると分かりました。

基本的にはこのような形をしていて(バリエーション多数あり)、
新聞紙か何かの上で、香炉の灰をこれに入れてふるい、
サラサラになった粉を適量、香炉の中に戻せば良いらしいです。

こんど買おうと思っています。
仏具屋さんでショッピングするのが楽しみです^^



マンション取り壊し3
2007-07-11 00:00

2007年05月06日、2007年05月24日の続きです。

斜め隣のマンションの解体が、とうとう地上に到達しました。
一部分はもう地面が見えていて、そうでない部分は、1階部分を解体中です。

もう、自分のマンションの外階段を登りながら、
6階(自分が住んでいる階)に着いたかどうかを、
斜め隣のマンションの高さで判断することはまったくできないので、
今は自分のマンションの外階段から各階に通じる扉の上についている階数表示を
見上げるようになりました。

ちょっと前まで、上のほうを見るとめまい気味になっていたので、見ないようにしていました。
階数の目安にしていた斜め隣のマンションが消失するのとあわせて、
めまい(気味)が治ってくれて良かったです。

ところで、その、マンション解体の「騒音被害等」に関して、「迷惑料」をもらいました。

私にとっては、「ホコリが心配で布団を干せない」くらいしか、迷惑ではなかったのですが。
それについてだって、「解体中だから布団干しはやめとこ♪」
という感じで、家事怠慢の心の言い訳に利用させてもらっていたフシがありますので、
まったく迷惑でなかったと言っても過言ではありません。

でも、受け取る権利を放棄するのも、
かえって、管理組合の人に迷惑をかけてしまうかも…と思って受け取りました。

で、食費の足しにしました▲('-'*)イタダキマース



BGM追跡耳~~~~~(/ ̄▽)/ ~♪
2007-07-10 00:00

2007年03月10日のブログで、ビリー・ジョエルのことを書きましたが、
ビリー・ジョエルが流れていた某店内というのは、
たいへん騒がしい居酒屋だったのです。
酔っ払いの皆さんの絶叫がほんの少し途切れた時に聞こえるビリー・ジョエルの音楽に、
私は心を奪われていました。

また別の時。
休日の複合ビル。2階で買い物するために、
1階の子供服の店を通らなければなりませんでした。
母親が品定めしながら幼児に向かって声高に「おとなしくしてて!!!」を連発する世界です。
歩けば思いがけない方向から幼児が飛び出てこっつんこo(+_+。)(。+_+)oです。
でも、BGMがデイヴィッド・ボウイの『レッツ・ダンス』だったんですよね。
あのギター。聴き惚れます。

おまけエピソード(1)最近のこと。
ファミリーマートで晩ごはんを選んでいると、w-inds.の『LOVE IS THE GREATEST THING』が!
w-inds.と私は縁があるのかな?
ただ単に新曲だからヘビーローテーションなのかな?
(ま、両方だな)と思いながら、その時つかんでいた「緑のたぬき」を買いました。

おまけエピソード(2)やはり最近のこと。
あるお店で良さげなバナナハンガーを見つけて、
買おうかどうしようか迷っていると、またも『LOVE IS THE GREATEST THING』がああ。
とつぜん迷いは消え去り、購入決定です。
w-inds.が(私の)内需拡大を促しています。
そのお店は100円ショップだったですけど(〃∇〃)



いちばん好きなのは誰? (゜▽゜ )\(--;)
2007-07-09 00:00

頭って、いつも何かを考えざるを得ませんよね。その思考にどんな意味があるのかはさておき。

通い慣れた道を歩いている時など、
「誰をいちばん好きなのか?」
ということをいつのまにか考えてしまっていることがあります。

長年のテーマなのは
「爆笑問題の田中さんと太田さんではどちらが好きか」
「KinKi Kidsの光一さんと剛さんではどちらが好きか」
「SMAPではだれがいちばん好きか」です。

皆さんそれぞれに素晴らしいので、考えること自体、無意味な気がしないでもないのですが、
「今この時点で、私の気持ちは」という条件をつけると、結論が出やすくなります。

爆笑問題では、長年、田中さんをより好きだと思うことが多い気がします。
あの明るさが原因だと思います。
でも最近ときどき入れ替わります。僅差なんです。

KinKi Kidsでは、ここ数年、剛さんをより好き、で安定しています。
なので、その理由を反芻することが多いです。あの人見知りな感じに、親近感がわくようです。

SMAPは変動が激しいです。ドラマの影響を受けやすいですし。
(バラエティ番組の影響も受けやすいですが^^;)
だから今現在ナウは(『華麗なる一族』を観終わって間もないので)木村さんがいちばん。

ハッ!w(°o°)wそういえば、w-inds.で誰がいちばん好きか、は考えたことがないかも。



つくばエクスプレス
2007-07-08 00:00

先日、つくばエクスプレスで、つくばまで行ってきました。

20年くらい前に高速バスで1回だけ行ったつくば。
当時はとっても遠いという印象がありました。
2005年8月につくばエクスプレスが開通して以来は、
秋葉原から最短45分だというのに、これまで、終点までは行ったことがありませんでした。

いま、ドラマ『特急田中3号』を録画ビデオで第4回まで見たところなのですが、
つくばエクスプレスはロングシートの車両しか映っていないような気がします。
でも実際にはボックスシートもあるのだと分かりました。
つくばエクスプレスのロングシートの床を、モップで掃除してみたいです。
とっても掃除しやすそうです。

あと、優先席が分かりやすいですね。優先席マークがシートに直接プリントされているので。

また、非常用ドアコックの位置も確認できました(*´∀`*)

列車のいちばん前かいちばん後ろでかぶりついて、運転情報画面を見るのも好きな私。
今回それはしませんでしたが、無類のATO好きの私。ぜひ次回は。

東京方面に戻ってくる時、「みらい平」と「守谷」の間で、
「左手に田んぼアートがありますので是非ごらんください」
という、観光バスみたいなアナウンスがあり、新鮮でしたq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p
で、「田んぼアート」を見ました。
「花」と「スカパーマーク」に見えました(たぶん違うでしょうけど)。
とってもキレイでした(´∀`)



川田龍平さん
2007-07-07 00:00

おととい、街を歩いていた時に、街頭演説している川田龍平さんをお見かけしました。

薬害エイズ裁判の報道以来、気になる存在でしたが、
こんどの参議院選挙に出馬予定とは知りませんでした。

何年か前にテレビで拝見したときは、げっそりとやせておられましたが、
おとといは、少しふっくらされていました。
あと、顔色が茶色く見えました。

ふっくらしているのが、むくみでなく元気な証拠だといいな、
あの顔色が肝臓の不調ではなく、街頭演説による単なる日焼けだといいな、
と思いました。

社会に問題があると認識して、それを改善しようとする場合、
政治家になるのはストレートなやりかただと思いますが、
政治家のお仕事は長期的な視点に立って、覚悟して取り組む必要があると思います。

選挙に勝ってもそれはスタートでしかありません。
国会で自分の主張を通すには、プレゼン能力、根回し能力などが必要だと思います。
非常に根気のいるお仕事だと思います。
国会議員になる人の多くが、「日本を良くしよう」と思ってなるのだと思いますが、
肉体的・精神的に疲れることなく、あきらめずに続けていくのはきっと大変なことです。

そういったことに着手しようとしている川田龍平さんは、
強い心の持ち主だと思います。
尊敬します。



『シュレック2』*ネタバレあります
2007-07-06 00:00


「シュレック」とは、主人公の怪物の名前です。体が緑色です。

「フィオナ姫」はシュレックの妻です。

フィオナ姫の両親である「遙か彼方の王国」の国王とお妃が、
娘の結婚を祝う舞踏会を開くために、娘夫妻を王国に呼びます。

「遙か彼方の王国」って、ハリウッドにそっくりです(´∀`)
スターバックスそっくりの「ファーバックス」もあります。

『シュレック』はおとぎ話のパロディーがおもしろかったですが、
『シュレック2』は映画やテレビ番組のパロディーがおもしろかったです。観る価値あります。
王国の舞踏会の生中継は、アカデミー賞の中継にそっくりですし、
登場人物いえキャラクターが、『ミッション:インポッシブル(第何作か忘れましたが)』の
トム・クルーズのように天井から吊られたり、
『フラッシュダンス』のようにステージで水を浴びたりするシーンに爆笑しました。

でもやっぱり感動したところは、
二人で醜いままでいるか、魔法薬の力で美しくなるかの選択を、
シュレックがフィオナ姫にゆだねたところです。
フィオナ姫の意思を尊重しているのです。すばらしい。



『シュレック』*ネタバレはないと言っても過言ではない
2007-07-05 00:00

『シュレック3』の日本語吹き替え版は、
w-inds.がイメージゾングを歌い、橘慶太さんがアーサー王子の声を担当しているので、
ぜひ観たいのです。
しかも、DVDが出るのを待たずに、劇場で観たいのです。

でも私は『シュレック』『シュレック2』を観ていないので、予習が必要だ、と思いました。

『シュレック2』は6月25日のテレビ放映を録画しました。

『シュレック』は、職場近くと自宅近くのTSUTAYAに毎日通って、やっとレンタルしました。
DVDの空箱ばかりが並ぶシュレックのコーナーで、
中身の入った箱をひとつだけ見つけた時、自分の努力をほめました( ̄ー ̄)ニヤリ

そんなわけで観ました。

CGの技術がすばらしいらしいですd_(>o< )
おとぎ話のパロディーが何パターンも出てきておもしろいですヾ(@^▽^@)ノ
ヒロインであるはずのフィオナ姫にひと癖もふた癖もあって意外です(´∀`)

でも最も感動したのは、
登場人物の多くが、自分よりも相手の幸せを大事にしているところでした。
ええ話やで。←あっシュレック!(゚Д゚ )



LOVE IS THE GREATEST THING / w-inds. (3)
2007-07-04 00:00



私御用達のカラオケ機種では、発売日の今日から歌えます♪o(^0^o)♪o(^-^)o♪(o^0^)o♪

夏ライブに参加するまでにこの歌を体で覚えておきたくて、
さっそく修行です(^^)

今日CDからMDにコピーして、修行用歌詞カードを作って、
聴き取り予習を1回、同時発音予習を1回、
それだけでヒトカラに臨んだので、
メロディーをきちんと覚えていたのはサビだけでした。

でも、橘さんがものすごい高音を地声で出している
Ah...LOVE IS THE GREATEST THING
君が僕を変える
Ah...LOVE IS THE GREATEST THING

↑この部分、橘さんの1オクターブ下でしかも裏声ですが、
わりと普通に出るのでうれしいです( ̄ー ̄)ニヤリ

Aメロはなんとなく歌える感じ。
Bメロがいちばんグダグダです( ̄ー ̄;∂

明日から通勤電車の中で聴いて特訓だ~!!



はじめてのおフラゲε=ε=ε=┌( ̄∇ ̄)┘
2007-07-03 00:00

しゅらぶえのかぎちゃん、きょうは、はじめてのおフラゲです。じょうずにできるでしょうか…?

私が地元のCDショップに足を踏み入れたとたん、
『LOVE IS THE GREATEST THING』がかかりやがりました。
私のルックスには特徴があるので、以前私が『w-inds.~bestracks~』を買った
(2007年05月01日のブログ参照)ことを店員さんが覚えていて、
ターゲットを私限定でプロモーションして来やがったかと思いました。

お財布の中に現金が143円しかなかったので、大人の武器を用意。
レジのまわりを遠巻きに半周して、クレジットカードをスキャンする機械があるのを確認。

それからおもむろに『LOVE IS THE GREATEST THING』初回限定盤を手に取り、
レジに持って行きました。ドキドキ。
「カード使えますか…?」
もし「\1,575では使えない」と言われてしまったら、

「じゃあ『FRIEND』と『ageha』もいっしょに」か
「じゃあ今日はやめときます」のどちらかを言おうと心の準備をしていましたが、
あっさりと、カードOK。しかも、
「お支払い回数は?」とまで訊かれました(≧∇≦)何なんだ?!

そんなわけでゲット。 …今日の文章壊れ気味でスマソ。



『東京スタイル爆弾』広瀬なつめ*ネタバレ少々
2007-07-02 00:00

2007年3月23日に、「この話はまた後日」と書いていた「話」ですが。
『東京スタイル爆弾』の単行本全3巻を入手して、じっくり読みました。
巻末の「収録作品メモ」によると、『別冊マーガレット』にこの作品が連載されていたのは、
平成13年(2001年)10月号~平成15年(2003年)2月号とのことです。
当時私は『別冊マーガレット』の読者でしたが、この作品はとくに熱心には読んでいませんでした。

高校生のラン子は、洋服が大好きで、日本一のショップを東京で開くのが夢です。
原宿のショップでのアルバイト初日に、先輩店員にセンスをけなされ、
傷心でフラフラと街を歩いていて転び、居合わせた緒方龍一さんが絆創膏をくれるのです。
その直後にw-inds.の路上ライブを観て感動、
お互いに夢に向かってがんばろう、と、お三方との間に友情が芽生えます。

w-inds.のお三方はこの作品の登場人物として、ストーリーに絡みっぱなしです。
漫画の中のお三方は、ちゃんと見分けがつきます。作者の愛と力量を感じます。
緒方さんはときどき八重歯を見せているし、橘さんはよく、優しそうな困り顔をしています。

w-inds.目当てで今回、読み直したわけですが、
夢に向かって一生懸命なラン子はけなげで、ストーリーに入り込んで楽しむことができました。
映画『ナースのお仕事ザ・ムービー』の時もそうだったなぁ。

w-inds.に興味を持ったことで、今までアナザーワールドだった作品の世界を
経験することができました。感謝です。