FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

見えない星 / 中島美嘉 (1)
2007-06-30 00:00



ドラマ『ハケンの品格』の主題歌でした。
大前春子(篠原涼子)が
仕事帰りにバス停のベンチに座って涙を流すシーンのBGMで聴いた時に、
とても気に入って、いつか歌おうと思って、
手帳の「ヒトカラしたい歌リスト」に書いていました。

きのうTSUTAYAで、ドラマ『ハケンの品格』のDVD第4巻といっしょに借りたのですが、
それは偶然で、
帰宅してから、
「ハッ!両方とも『ハケンの品格』だ~w(°o°)w」
とビックリしました。

この歌は中島美嘉さんが裏声を駆使して歌っておられるのですが、
今日歌ってみたら、最高音は、私にとってはギリギリでした。

自然に心に沁みこんでくる、自然なメロディーだと思います。
詞は、愛する人と会えない時の不安と、相反する強さみたいなものを、
繊細に描いていると思います。

細かい譜割りを覚えて、感情を込めて歌えるようになりたいです。



スポンサーサイト

『ハケンの品格』最終回を…観終わりました*部分ネタバレ
2007-06-29 00:00

2007年3月14日に録画した『ハケンの品格』最終回のビデオを、
実は6月6日に観たのです。

…しかし、スペインにいる春子(篠原涼子)が、携帯電話に入った
森美雪(加藤あい)からの留守電メッセージを聞いているところで、
急に録画が終わっていましたΣ(゚Д゚;)アラマッ

そこで息をひそめて、6月27日のDVD発売を待っておりました。

今日!観ましたよ!
すると、私が見逃していたのは10分くらいなのですが、すごっく重要でした。

左遷されていた東海林(大泉洋)の前に、ふたたび春子が現れます。
「お前ならどこでも雇ってくれるのに、どうしてここに来たんだよ」
「今度はあなたに社長賞を取っていただきます。そのために来ましたが、何か」

大前春子かっこい~(≧∇≦*)

見つめ合う二人。春子が眼を潤ませて東海林に近づきます。
春子を見つめる東海林の表情は切なく、かつ幸せそうです。

そのあとズッコケが待っているのですが(笑)

大泉洋さんの演技はすばらしいです。
篠原涼子さん、小泉孝太郎さん、加藤あいさん、安田顕さんらもすばらしかったです。
いいドラマだったなぁ~。



新パソコンを買って良かったこと(・∀・)
2007-06-28 00:00

パソコンをこれに換えて良かったことがいくつかあります。

(1)ネットが速くなった
ADSLのままなので、クリックしてから画面がすばやく変わるようになったのは、
パソコン自体の能力(容量?)の違いだと思います。

(2)エクセルが使いやすい(たぶんエクセル以外もね♪)
いままで使っていた操作ボタンが見当たらなくて、
たとえば「シートの名前を変更する時はどうすればいいの~?」という局面が多いのですが、
「活用しよう!エクセル」というタブがあり、そこをクリックして数段階すすむと、
「Excel のインタラクティブ ガイド」というのがあるのです。
そこで表示されるExcel 2003のコマンドをクリックすると、
そのコマンドがExcel 2007ではどこにあるのか教えてくれて助かります。
私のはOffice 97だったのですが、97と2003は似ています。2003と2007よりは。
あと、2007ではアクティブセルの行の行番号の地の色が変わるのが、非常に気に入ってます。

(3)プリンタとマウスのインストールが不要だった
今まで使っていたプリンタを新パソコンにインストールしようとプリンタの取扱説明書を見たら、
Windows 2000までの場合のことしか書いていなかったので、サポートに電話したら、
「(大ざっぱに言って)USBケーブルで接続するだけで良い」と言われ、実際カンタンでした。
マウスも同様。Vistaってすごいですね+(0゚・∀・) + ワクワクテカテカ +

(4)Vistaは2ギガならスムーズだが1ギガでは固まりやすいという噂だったが、そうでもない
今のところ、あまりたくさんのものを入れていないですけど(ノ´∀`*)



SUPER LOVER ~I need you tonight~ / w-inds. (2)
2007-06-27 00:00

憧れのこの歌をとうとうヒトカラし始めました!

カラオケで歌ってみて驚いたのですが、
完全に女声コーラスであってw-inds.のお三方が声を発していない
愛の花咲くかな? Do you wanna?
Ain’t no 罠! 今夜誘うから
Everybody, Move your body
Have a party all night long
Let’s get together, Sing da song

の部分が、普通に字幕が出て色が変わっていくのですw(°o°)w

私はいつもできる限りお三方全員分歌おうとしていますし、
女声コーラスだってやりますけどね(^^;)

でもね、複数の人が同時に別の歌詞を歌っていたり、
コーラスにかぶせてリードボーカルが始まったりするところは、
一人では再現できない…
これはヒトカラの限界です。

でも、『SUPER LOVER ~I need you tonight~』は、歌っても楽しい歌でした!
聴くだけだった時は、単純な構成の歌ですぐマスターできそう、と思っていましたが、
歌ってみると難しさ満載です(≧∇≦*)



w-inds. in USJ w(°o°)w *ネタバレ…あり?
2007-06-26 00:00

いつも帰宅すると私は、NHK総合テレビを消音でつけます。
視覚のみで情報収集しつつ、片付け作業に集中するためです。
本気で観たい番組は録画して観ます。

今日の『クローズアップ現代』ではセミがたくさん映っていて「ウッ」となったので、
珍しくチャンネルを操作すると、
某UHFにw-inds.のお三方が映っていました。

(これは珍しいものを見てしまった)
思わず作業を中断し、音量を上げてテレビに集中してしまいました。

緒方龍一さんのブログ『ジャブログに散る!!』2007年5月23日分に記載されていた
「ユニバーサルスタジオジャパンで撮影した特番」のようです。

(夢とカラオケ以外で)動いているお三方を見るのは久しぶり…。
ふだんテレビで見慣れていないので、感動します。

映画『シュレック3』の、アーサー王子が日本語をしゃべっている場面も、
ほんのちょっとですが観られました(≧∇≦)

最後にお三方から、USJを案内してくれた女性タレントさんたちに、
LIVE TOUR 2007 ”Journey”のチケットをプレゼントしていました。
(彼女たちはあのチケットがどんなに入手困難なシロモノか、知らないのだろうなぁ…)
と思います。

楽しんでくれて、ファンになってくれたら、うれしいですね(´∀`)



『w-inds.のウィンディストリート』収録現場に潜入!(夢ですよ) (2)
2007-06-25 00:00

なぜか、私の職場の廊下に白いテーブルがあって、
w-inds.のお三方と、もうひとりスタッフらしい男性と、そして私が、
そのテーブルについていました。

するとそこは、ラジオ番組『w-inds.のウィンディストリート』の収録現場でした。

ハイテンションなお三方に感動しつつも、収録の邪魔をしないように、私は黙っていました。
番組の中で『ブギウギ66』がかかり、声を出さずに口だけ動かしていっしょに歌いました。変。

1本録り終わると、ひき続き次の収録のための会議となりました。

千葉涼平さんが、「ビートルズのリンゴ・スターは外国人なのに、
どうしてリンゴなんだろう?」とおっしゃいました。
お三方はそれについて話し合っていましたが、
私にとって納得いく結論にならなかったので、ディレクターらしい人に向かって、
「私、それ知ってます!説明しましょうか?」と言うと、
なんとディレクターさんは、大泉洋さんでした。w-inds.以上にハイテンションでした。

その後、目が覚めた私は、6月5日から8日の週の『ウィンディストリート』を
録音したMDを聴きながら眠ってしまっていた、と分かりました。

実際にオンエアされた番組では、千葉さんがお読みになった、
リスナーのかたからのメールの中で、リンゴ・スターのことが話題になっていました。

夢の中で説明できなかったので言わせていただきますと、「リンゴ・スター」は
指輪(Ring)が好きだからリンゴ(Ringo)という芸名なのですよd ( ̄ ・ ̄)ヾ(^o^; )



「私は更年期なのか」問題に一応の結論・・・(‐‐).。oO
2007-06-24 00:00

2007年5月8日のブログの続きです。

5月9日から、2週間おきに計4回、通院しました。通院目的は次のふたつ。
(1)「腹痛」と「疲労感」を解決したい。
(2)さまざまな不調の原因が女性ホルモンの減少によるもの(つまり更年期)なのか知りたい。

(1)の腹痛については、第1回の通院で、「婦人科的な疾患ではない」と言われました。
では何科的な疾患なのか、知りたければ、自発的に他の科を受診するしかなさそうでした。
しかし、腹痛は軽減しました。疲労感も軽減しました。

腹痛が軽減した理由は、食べ物をよく噛むようにしたことだと感じます。
疲労感が軽減した理由は、毎日飲む中心的な水分を、お茶から水に切り替えたことだと感じます。
どちらも、5月15日のブログで紹介した『病気にならない生き方』という本の影響です。
因果関係を証明することができませんが、じっさい私は楽になりました。

(2)「私は更年期なのか」については、
3回目の通院の時にホルモン量を調べる血液検査をして、
4回目の通院で結果を聞きました。

検査した時期は「黄体期」と呼ばれる時期だと思います。
エストラジオールというホルモンが131ピコグラム、
プロジェステロンというホルモンが10.0ナノグラムでした。
ネットで調べたところ、少なくとも閉経期の数値ではないようです。

いずれにしても、腹痛と疲労感が軽減されたので、
「自分が更年期なのかどうか問題」については、しばらく忘れることにしました。



CHU-LIP / 大塚愛 (1)
2007-06-23 00:00



ドラマ『きらきら研修医』の主題歌だったので、
何回か聴いているうちに、大好きになりました。

きょう初めて歌いましたが、そこそこ歌えました(´ー`)

年をとるごとに母親に(心が)似てきて、
父親のようなタイプの人を好きになってしまうのは遺伝子の影響なのか?
というのが詞のテーマのようです。

この歌は、Bメロがたたみかけるように長いのが特徴だと思います。
作詞作曲者の愛さんの個性だと思います。

また、全体に、
若いかわいい声で歌っているのに、
歌詞に、女性特有のどっしりとした自己肯定感、みたいなものを感じます。

最後、「なぞ 遺伝子」×12回ですが、
名詞だけを歌っていて、それでも意味が伝わってくる感じが、
これもまた、愛さんの個性だと感じました。



CITIZENとともに目覚め、…(*゚ー゚)♪
2007-06-22 00:00

私が長年使っていた目覚まし時計は、
カシオのスリープバスターという、ピンク色の時計でした。
見た目重視で買ったにもかかわらず、スヌーズ機能つきの頼れる存在でした。

しばらく前からアラーム部分の液晶が1文字見えなくなっていました。

同じスリープバスターを買おうと思ってさんざん探しましたが、見つかりませんでした。
その前に使っていたのも同じ色・形のスリープバスターだったことを考えると、
合計では非常に長い年数、愛用していたことになるので、
製造終了になったのだと思います。

そうこうしているうちに、数日前、文字欠けどころか、
まったく動かなくなってしまいました。電池を交換しても動きませんでした。

翌朝にも必要なものなので、近所のお店に飛び込んで、そこにあったCITIZENを買いました。

住民税ショックによる緊縮財政に突入していますが、
携帯電話のアラームだけでは起きられないので、迷わず買いました。

こんどのは、隣の部屋から見ても時刻が判別できる、
大きな表示が特徴です(・∀・)
室温が表示されるのも、意外と参考になります。



はじめまして、山梨!
2007-06-21 00:00

LIVE TOUR 2007 ”Journey”の、チケットですが…

私には、考えがありました。

チケットが入手できればもちろんうれしいし、
入手できなければ、それだけw-inds.の人気が高い証拠だから、それもうれしい…。

私はw-inds.を愛していますが、
この夏のツアーに行けなければ死んでしまうのか?
と考えると、何とか生きていけると思ったので、
行けなければ死んでしまうyoungerの皆様にお一人でも多く行っていただくために、
あえてファンクラブ入会(による優先予約)や、web先行予約などを、
おこなわなかったのです…。

しかし、一般発売当日となり、トロい私は、電話もネットも失敗、
川口も神奈川も宇都宮も長野もsold outになってしまいました。
(松戸はもともとスケジュール的に想定外)

「何を強がっていたんだ自分」
と思うくらい、数日へこみました。
バカですね。

しかし、山梨は私を待っていてくれました。ありがとう!!
今日チケット受け取りました。わなわな。

はじめまして(だと思う)、山梨! よろしくね☆ 速い電車で行きますよ~(´∀`)



暮らしの中に修行あり?! 電車で腹筋とブレス
2007-06-20 00:00

電車の中で音楽を聴く場合、
私にとってほとんどがヒトカラの対象となる音楽です。

そこで、聴きながら、つい、
実際に歌う時のように腹筋を動かしてしまいます。
具体的には横隔膜を持ち上げるように意識します。

たとえば、w-inds.の『キレイだ』を例にとると、

しゃ しん ( )

アンダーラインの数だけ、腹筋で横隔膜を持ち上げます。
最後の( )は、音を止めるために腹筋を使うことを表しています。

それと、ブレスも確認しています。

たとえば、w-inds.の『ブギウギ66』を例にとると、

Goin',Shala-Pa-Pa-Pa,Dowa-La-Pa-Paブレイクタイムちょっとはさんで
しんこきゅうしていきません
Let's shoutin'-La-Pa-Pa, Feel it La-Pa-Paあらしのまえのしずけさだね
じゅんびはいいか、Everybady?

のところで息を吸うのを忘れないように訓練します。

もちろん声は出さないし、口も動かさないですが、怪しい人ですみません。



『w-inds. Single Mega-Mix』よいです。
2007-06-19 00:00




久しぶりに聴いてみました。

買った時(2007年3月21日)に1回聴いて、
しまい込んでいました。

ほとんど知識のない段階であった1回目の鑑賞と、
ベスト盤を少し聴き込んだ段階である今回の鑑賞とでは、
感じ方がかなり違うという気がします。

『Single Mega-Mix』は各シングルの良いところが
ギュッと詰まった感じがします。
各曲から選び抜かれた部分の歌詞と、お三方の声による相乗効果で、ぐっときます。

アレンジももちろん素晴らしいです。
オリジナルアレンジとは違った良さがあって、
聴いていて気持ち良いです。こ、これをトランス状態と言うのでしょうか?

1回聴いてしまい込んでいる皆様、
もう1回聴いてくださ~い(←言われなくても聴いてる?すみません)



『生きがいの創造2(本当はローマ数字)』*ネタバレあります
2007-06-18 00:00



飯田史彦さんの本です。

人間には魂と肉体という要素があり(大雑把な表現ですみません)、
肉体は死にますが、魂は永遠に生きているそうです。

ひとつの魂が何回も地球上の別の時代の人間として生まれ変わるということを、
先に書かれた『生きがいの創造』では論理的に展開していましたが、
この『生きがいの創造2』では、
飯田さんご自身の見聞による、
具体例が書かれています。

飯田さんの「生きがい論」を知ったからと言って、
基本的に、毎日の生活が変わるわけではありませんが、
私自身は、自分の目標について、長い目で見て努力できるようになりました。

愛する人を亡くして途方にくれているかたや、
死を前にしておびえているかたが読んだら、
ストレス軽減効果は非常に大きいと思われます。

これらの本を、私もおすすめしたいです。



新パソコン買いました(´∀`)
2007-06-17 00:00

6月9日のブログで、パソコン買い換え検討中と書きましたが、
実はその翌日に買ってしまいました。
これを。



色で選びました。

今までのより、起動とシャットダウンに時間がかかりますが、
ネットは速いです。

実は、昨日のブログから、新しいVAIOで更新しています。

昨日の朝から、取扱説明書を見ながら、
またフレッツADSLのカスタマーサポートのおにいさんに何十分も助けてもらいながら、
準備しました。

別売りのフロッピーディスクドライブも買いました。
今までのパソコンから、ワードやエクセルのデータをあらかた、
フロッピーディスクを使ってVAIOに移動させたところで、
今までのパソコンが決定的に調子悪くなりまして、
買い換えてよかったと思いました。
(今日はまた、旧パソコンの調子も戻っていますが…(;´∀`)ハハ)



TRIANGLE / w-inds. (2)
2007-06-16 00:00



アルバム『Journey』から2曲目のヒトカラです。

2007年3月3日からヒトカラした
『Hush…!』(アルバム『THANKS』収録曲)とはまた違うタイプの、三角関係の歌です。

主人公の男性は2人の女性と交際していながら、
それほど自分を責めていないようです。
メロディーも明るい感じです。

私は三角関係の歌になぜか惹かれてしまいます。

同時に2人を好きになったことはないので、
主人公と自分に共通点はないのに、不思議です。

この歌は、歌詞カードを見なければ歌詞が分かりませんでした。

「君と居ても」の「と居」、
「引力」の「いん」、
「向かう」の「かう」
などが1音節になっていて、おもしろいです^^



『きらきら研修医』最終回を観ました*ネタバレあり
2007-06-15 00:00

2007年3月22日に録画しておいた『きらきら研修医』の最終回を、
2007年6月11日に観ました。
えーとえーと、2.6ヶ月遅れ、かな?

このドラマからは良い影響を受けたと思います。

研修医のうさこ先生が努力して、
医師として成長する姿を見ることができたからです。

うさこ先生も、他の登場人物も、
他人とコミュニケーションを取ることについて、
とてもきちんとしていると思いました。
見習わなくては。

タピオカくんが医師免許を取得する日が待ち遠しいです。
最終回の時点でやっと医大合格だから、
6年後ですよね。
そのあと研修医ですよね。
お医者さんになるのって、本当に大変そう。

私は、今の時代ってお医者さんが余っていて就職難なのかな、
というイメージを持っていましたが、
他の先進国と比べると、人口あたりの医師数は少ないらしいですね。

うさこ先生は途中で辛いことがあって、辞めそうになったけど、
辞めないでくれてよかった。
私はいち視聴者としてそう感じたのですが、
うさこ先生って実在の人物なんですよねヽ(´ー`)ノウレシイ



(´∀`)税源移譲が(´∀`)迫ってきました
2007-06-14 00:00


昨日、CDゲットでホクホクな私が、帰宅して郵便受けを見ると、
「特別区民税・都民税納税通知書在中」という封筒が届いていました。

何も考えずに開封したら、徴収される金額が、去年の倍になっていてビックリ!!

説明書のようなものが付いていて、
「住民税は高くなります(平成19年6月から)が、
 所得税が安くなりました(平成19年1月から)ので、
 プラマイゼロですよ」
といったようなことが書いてありました。

そういえば、そんなような法律改正が、あったような、なかったような…。
「住民税の税率が一律10%になるとはすばらしい」と思った記憶が、あるような、ないような…。

去年と今年の給与明細を見比べてみると、たしかに所得税は下がっていました。
下がっていることに、今まで気づいていませんでした(((((((((((o_ _)o ドテッ
どれだけお気楽なんだ、私!!

しかし住民税は3ヶ月に1回の納付なので、
1回の額が大きいのがネックです┐( ̄ー ̄)┌ コマッタナ

毎月お金をためておいて3ヶ月に1度の住民税を払うことによって、
計画性を身に付けなさい、というお告げだと思ってがんばります(´∀`)

徴収する側の立場で考えると、天引きのほうが取りっぱぐれない気がしますが。

いずれにしてもw-inds.関連の内需拡大だけは続くもようです。エッヘン。



シングル初回限定盤を大人買い~ (2)
2007-06-13 00:00

今まで入ったことのなかった、存在すら知らなかったCDショップに入ってみました。
もちろんJ-POPの「う」の棚をチェックします。

すると、今までに入ったことのあるどのショップよりも、
シングル盤の品揃えが充実していました。「良い店を見つけてしまった」
しかし壁の張り紙に、「6月19日で閉店します」と書いてあるではありませんか。

今日という機会を逃せば、せっかく見つけた在庫を失ってしまう…。
と思った私は下記を即買い。
(w-inds.関連商品は1ヶ月に1個、の誓いは、ホント、どこに行ったのでしょう?)



バーコードをスキャンしてもらいながら、
自分で見積もった金額をおサイフから出していたら…、
なんと半額でした。
閉店セールだったようです。

結果的に、ハイエナのような買い物をしてしまいましたm(._.)m

でも過去の作品は見つけた時に買っておかないとね。
(だからw-inds.関連商品は月に1個、の誓いは守れない、というオチ?)

そんな、ホクホクで帰宅した私を、予想外の出来事が待っていたのです。明日につづく。



『これでスッキリ!ハーブの心療内科』*ネタバレちょっぴ (2)
2007-06-12 00:00




太田光代さんというかたは、おもしろすぎです。
「型破り」とは、このかたのためにある言葉ではないでしょうか?

私はハーブにはそれほど興味がなかったのですが、
エッセイ部分に非常に興味があったので、読ませていただきました。

ハーブの使い道って、お茶だけだと思っていました。
この本を読んで、お茶の他にも、
石鹸を作ったり、顔のパックをしたり、お部屋の香水にしたり、
いろんな使い方があるのだと分かりました。

エッセイ部分では、各エッセイにひとつ、
そのエッセイのテーマに沿ったハーブが紹介されているのですが、
そのハーブ紹介で、何回も爆笑しました。
「うっかり冷蔵庫に入ってしまったときの冷え対策」
って何なのでしょうq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p

こんなおもしろさが他にもいっぱい!
ぜひ皆様もお読みになってください。



『華麗なる一族』最終回を見ました*ネタバレあります (1)
2007-06-11 00:00

2007年3月18日に録画しておいた『華麗なる一族』最終回を、
2007年6月10日に観ました。2.25ヶ月遅れくらいでしょうか。

2007年5月4日のブログで、第1回の感想として、
万俵鉄平は最後に自殺するようだが必然性があるのか?と書きました。

実際に最終回を観て、「私が鉄平なら自殺しない」と思いました。
私なら、万俵家を離れ、妻子を連れて合衆国に移住し、鉄鋼会社に就職します。
鉄平は日本全体の将来のことを考えていたから、それができなかったのでしょうか。

鉄平の死後、万俵家の人々や、阪神特殊製鋼は良い方向に向かったので、
鉄平の死は無駄ではないのですが…。

動機も、前向きな部分があるのですが…。
つまり自分が死ぬことによって、
父と母に、精神的な苦しみから解放されてほしいという…。

それってすごいことです。
自分が父に愛されなかったという絶望の只中に居ながら、
当の父を思いやる気持ちがあるのですから。

2007年6月6日にも書きましたが、鉄平という人物を尊敬しています。

でもやっぱり、なにも死ななくても、とも感じます。
絶望の中で、他にどうすれば良いのか、思いつかなかった、ということでしょうか…。
フィクションとはいえ、惜しい人を亡くしましたo(;△;)o エーン

そこで、「納得できる自殺理由」を求めて、小説を読んでみることにしました。



YOU / KAT-TUN (2)
2007-06-10 00:00

2006年12月18日のブログで、
ドラマ『サプリ』のオープニング・テーマをヒトカラしたいのに、
私御用達のカラオケ機種に入っていないし、それどころかCDも未発売であると嘆きました。

先日、私御用達のカラオケ機種の新曲情報を見ていたら、その歌が入っていたのです!

KAT-TUNの歌がいっぺんにたくさん入っていたので、
例の歌はニューアルバムに収録されたのだな、と思い、CDショップに行ってみました。

そして念願のCD入手!


TSUTAYAで買ったので、レジで、
「こちらセル商品ですがよろしいですか?」
と意思確認されて「ハイ」と答え、
「こちら通常盤ですがよろしいですか?」
と意思確認されて「ハイ」と答え、やっと私のものに。
私が後悔しないように、配慮してくれたんですね。

なぜ通常盤かというと、その歌は初回限定盤には収録されていないのです。
そして、通常盤は(TSUTAYAには)レンタル商品がないので、買うしかないのです。

聴き込んでみると、予想した以上に、KAT-TUNの音楽は良いです。
そして予想外にも、この歌にもラップ部分があり、ラップづいている私。



パソコン買い換え検討中です(^^;)
2007-06-09 00:00

いま使っているパソコンを買ったのは1999年7月でした。
私にとって初めてのパソコン購入でした。
リボルビング払いで、完済までに3年以上かかったと記憶しています。

(それまでインターネットは、ドリームキャストでちまちまとやっていました。
 ええ、別売りキーボードもなしに)

ノートパソコンです。OSはWindows98です。
持ち歩くことを重視していたので、世界最小・最軽量(当時)を買いました。

音楽をダウンロードして購入できるのは、このひとつ後のバージョンかららしく、
98ではできません。フレッツ光の契約もできませんでした。

それはまだ良いのですが。

ここ1ヶ月ほど、
液晶の色がときどき変になります。
通常が4色印刷の色だとして、
変になってる時は2色刷りの感じです。

壊れてしまったら、必要なデータの取り返しがつかないので、
思い切って買い換えようかと考えています。

買おうと思ってみると、世界にはあまりにもたくさんの種類のパソコンが存在し、
どれを買っていいやら、困ります。
ピンク色のがいいなぁ。

もし買ったらご報告します^^



『海辺のカフカ』下巻を読みました*ネタバレはそれほどでも
2007-06-08 00:00



6月3日に上巻の感想を書いたのに、
なんと、6月7日に下巻を読み終わってしまいました。

後半になるにつれて、おもしろさが増してしまいまして。

村上春樹さんはストーリーテラーですね。
しかも、荒唐無稽でありながらリアリティを感じさせる文章は、
マルケスの『百年の孤独』を思い出させます。

しかも、正確な表現力。
ノーベル賞に近いと言われるのも納得です。

相互に関連している二つの物語が同時進行して行きます。
ひとつの物語の主人公である「僕」と、
もうひとつの物語の主人公である「ナカタさん」が、
四国でかなり近づいて、出会うのか出会わないのか、ちょっとドキドキしました。

ナカタさんが子供のころに、ある事件があって、字が読めなくなってしまいますが、
それが何故なのか、
1回読んだだけの現段階では、私は理解できていません。

もう1回読んだら分かるのかなぁ…。



マタニティマーク(´∀`) (2)
2007-06-07 00:00


今日、帰りの電車の中で、立っていたら、目の前の席が空いたので、座りました。
すると、斜め前に立っている女の人のかばんに、
「おなかに赤ちゃんがいます」マークが!

脊髄反射のように、「どうぞ。どうぞどうぞ」と、座っていただきました。
で、今の発言は「ちょっと。ちょっとちょっと」みたいだな、と思いました。

隣に立っていたサラリーマン風の中年男性は、
座ったばかりの私が反射的に席を譲った理由が分からなかったようで、
座った人と私を、しばらく見比べていました。

座っていただいてから、だんだん緊張してきてしまい、
本来降りる予定の駅よりも3つ手前で降りてしまいました(*゚∀゚*)

降りるとき、妊婦さんが会釈してくれたので、私も会釈しかえしました。

で、いったん階段をおりて、
その先にある階段を再びのぼって、
同じプラットホームに復活して、次に来た電車に乗りました。


マタニティマークと呼ばれるあれ。
去年の8月から、鉄道各社で無料配布しているあれ。
あれがなければ、あの女の人が妊婦さんだとは分かりませんでした。
あれは、素晴らしい企画です。

妊婦さんに座っていただけて、本当によかったです。



『華麗なる一族』第9回を観ました*ネタバレあり
2007-06-06 00:00

2007年3月11日に放送された『華麗なる一族』第9回を録画したものを、
きのう観ました。2.8ヶ月遅れぐらいかなC≡(・。・C≡)≡≡≡

万俵鉄平(木村拓哉)と万俵大介(北大路欣也)の法廷での対決に、
銭高常務(西村雅彦)が証言するかどうかがヤマでした。

銭高常務は万俵大介から、
未来の生活を保証する代わりに、鉄平側の証人にならないように言われていました。
鉄平は銭高の家へ日参して証言を頼みますが、断られ続けます。

いよいよ第二回公判の前日となっても、銭高の証言は取れそうにありません。
一之瀬四々彦(成宮寛貴)は銭高を悪く言いますが、それを聞いた鉄平は、
「銭高さんだって辛いんだ。あの人だって父の被害者だ。
 僕たちの気持ちは分かってくれているんだ」
というようなことを四々彦に言います。

鉄平という人物を尊敬しました。
自分が苦しい立場にあるとき、
私なら、敵対する立場の人の良いところなんか、見えなくなってしまいます。

そして、木村拓哉さんのドラマを観るといつも起こる現象が、また起こっています。

最初は、木村さんだと思って観ているのですが、
物語が進むにつれて、
木村さんのことは忘れて、木村さんの演じる登場人物に感情移入する現象です。

私は「瀬名秀俊」と「久利生公平」と「新海元」と「里中ハル」が好きです。
彼らに加えてこのたび、「万俵鉄平」も好きになりました。



首のスキンケア*自慢あり(すみませぬ)
2007-06-05 00:00


昨日のイチゴ鼻の話で思い出したのですが。

18歳でお化粧を始めて、
柔軟化粧水と乳液と収斂化粧水を買った時にもらったパンフレットに、
「柔軟化粧水と乳液は、顔だけでなく首にもつける」
と書いてあったのですが、
美容部員さんが、
「首につけるのは和服を着る人のハナシだから、あなたには不要よ」
と言いました。

でも、
人から期待された以上の結果を出したい性格だった当時の私は、
お風呂上がりのお手入れの時に、柔軟化粧水と乳液を、首にもつけることにしました。

その習慣はけっきょく今でも続いています。

この24年間の実験の結果、
首のスキンケアを特にしていない人と比べると、
私の首のエイジングのスピードはゆるいみたいです。

皆様にもおすすめいたします。

今日から始めて習慣にすれば、
1年後には、
今日から始めない場合と比べて、違いが出ます。たぶん。



かつて、イチゴ鼻が治ったことがあります。
2007-06-04 00:00


中学2年の夏に、イチゴ鼻になってしまいました。

18歳でお化粧を始めた時、マックスファクターでひととおり揃えたのですが、
その時、SK-2(正確にはローマ数字)という高額商品シリーズのひとつに手を出しました。

1本18,000円くらいする美容液でした。
1本20日間しかもたないのですが、
2本つまり40日間使って、
イチゴ鼻が治りましたΣ(゚∀゚ノ)ノキャー

でも、高額なので買い続けることができませんでした。

その美容液をやめた途端に、元のイチゴ鼻に戻りました。残念。

当時のその美容液は納豆の匂いがしました(≧△≦)
良薬は口に苦しという感じで、効き目感ばつぐんです(≧∀≦)

現在のSK-2は、当時より若干、手頃な価格になっているようです。
しかも、納豆の匂いもしないようです。

今、財力があれば、
きっとこれを買います。



『海辺のカフカ』上巻を読みました。*ネタバレはそれほどでも
2007-06-03 00:00


『海辺のカフカ』上下巻を図書館で借りて、上巻を、今日、読み終わったところです。

下巻を読み終わった時に、上巻だけの感想の記録があったらおもしろいかも、
と思って書いています。

デビュー作『風の歌を聴け』からリアルタイムでずっと読んでいて、
『ノルウェイの森』を読んで以来、村上春樹さんの小説を読んでいませんでした。
(エッセイは読んでいました)

おもしろいです。
ふたつの物語が同時進行していく書き方は、
『世界の終りとハードボイルト・ワンダーランド』と同様の手法ですが、
私は『世界の終りとハードボイルト・ワンダーランド』の、
「世界の終り」部分を読むのが大変だったのですが、
『海辺のカフカ』は、ふたつの物語ともスイスイ読み進めることができます。

ひとつのほうの物語の主人公である15歳の「僕」が身を寄せる図書館で働いている
「大島さん」という人物がいるのですが、
この人の頭の良さはすごいです(ついていける「僕」もかなりすごいです)。
豊富な知識から、形而上的な論理を明確に展開してみせるのですが、
こんな頭のいい人物を書けるのは、
書き手の能力がそれ以上に高いからだと、
久しぶりに村上春樹さんに敬服しました。



NEW PARADISE / w-inds. (3)
2007-06-02 00:00




またラップものに手を出しています。

『Sup wassup!!』が思ったより習得できたので、
ラップが楽しくなってきた、らしい。

『Sup wassup!!』をヒトカラし始めた時と違って、
声でお三方のうちの誰なのか判断がつきます。うふふ。
『NEW PARADISE』では千葉涼平さんのラップが、
クールで好きです。

そして私自身は、
かなり聴き込んでいたのに、
やってみると意外と譜割りを分かってません(ラップのね)
( ̄▽ ̄;)!!ガーン

ま、じょじょに覚えるでしょう…



デーモン小暮閣下
2007-06-01 00:00

『オールナイトフジ』という番組を必ず観ていました。
土曜日の24:45に始まって、「終了時刻未定」の生放送でした。
夜更かしは体に良くないですが、
非常にテンションが上がったので、心には良かったと思います。

ある時、『オールナイトフジ』にデーモン小暮閣下がゲスト出演していました。

詳しい内容は忘れましたが、
心霊現象が話題になっていて、
たまたまその時スタジオで原因不明の音が鳴って、
オールナイターズの皆さんが騒然とした時に、
デーモン小暮閣下が言ったのです。
「心霊現象よりも強大な悪魔の力で吾輩がこの場を統制しているから、
 お前たちに害は及ばない」
というようなことを。

観ていた私はデーモン小暮閣下を好きになりました。


また、
聖飢魔IIの『蝋人形の館』という歌をモノマネで歌うことが
マイブームだった時期もありました。

高音を、地声と裏声の中間くらいの声質で
幅広いビブラートでシャウトするデーモン小暮閣下の素晴らしい技術を真似したことは、
後に私がディープ・パープルの『ハイウェイ・スター』という歌を練習するときに、
役に立った、
かもしれません。