FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

徳川家康ブーム(*゚ー゚)♪
2007-02-28 00:00


テレビを録画したビデオを、3.5ヶ月遅れで観ていますので、
大河ドラマ『功名が辻』は今、第45回「三成死すとも」です。

仲間由紀恵さんが好きなので観はじめました。

仲間由紀恵さんは素敵です。
だた見るだけでも価値のある美貌に加え、
コメディができるし、涙も流せます。

しかしここ数ヶ月、私のプチブームは、西田敏行さんの徳川家康です(≧∇≦)

西田敏行さんの徳川家康は、
辛抱強く腹黒い面と、
人情に厚い面と、
両方をもっている人物像を感じさせるのですが(゜・゜* ホレボレ

秀吉に向かって、もしくは一豊に向かって何かを誓うとき、
「この家康、豊臣の恩に報い、必ずや秀頼ぎみをお守りいたしましょうぞ」とか、
「この家康、対馬守どののお考えをお待ちいたしまする」とか、
(セリフは不正確ですよ~)
話し始めに「この家康、」と言うことが多いのです(´∀`)

それが家康の「腹黒」部分なのか「人情」部分なのか
私には判断がつかない、西田敏行さんの微妙な演技が超おもしろいのです。


通勤途中などに、ときどき心の中に西田さんが家康姿で現れ、
「この家康、……」と語るのです∑(・∀・)





スポンサーサイト

もしも~わたしが~いえを~たてたなら~♪
2007-02-27 00:00


現実はともかく。

予算を気にしないで家を作ることができるなら。

鉄筋コンクリート1階建てにします。
階段の昇降がおっくうなので。

リビングと寝室はもちろん、すべての部屋にテレビを設置しますロ_ρ゛(・・ ) プチンッ

あっ、インターネットは光にしてみたいです( ・∀)人(∀・ )

それと。

音楽室を作ります。
完全防音の。
でも携帯電話の電波は届くように、アンテナ工事したいな。

音楽室には、通信カラオケを全種類、設置します。
機種によって、それぞれ得意分野がありますからね( ̄ー+ ̄)キラーン

キーボードも1台、置きたいです。


広すぎず狭すぎず、掃除のラクなおうちにしたいなぁ"□ヽ(・-・∬ふきふきふき




『たったひとつの恋』第5回まで観ました(´・∀・` )
2007-02-26 00:00


録画したビデオを、3.5ヶ月くらい遅れて観ています。

全10回の『たったひとつの恋』。

第1回を観た時は、「第2回でくじけるかも」と思いましたが、
もう第5回まで=半分まで観てしまいました。

お金持ちの娘「菜緒(綾瀬はるか)」と、工場労働者の「弘人(亀梨和也)」の恋は、
次第に真剣なものになってきました。

ナレーションの感じから判断すると、悲しい結末が待っているようです(ノ_・、)

「菜緒」が「弘人」の元カノの現カレに今度こそ襲われたり、
「弘人」の工場が倒産したり、
「菜緒」がまた病気になってしまったり、しそうです(>。<)

これは最後まで見届けなくては気が済みません。

魅力的な人物が多いのです。

「菜緒」と「弘人」のお互いへの思いやり。
「弘人」と弟「レン」の兄弟愛。
「菜緒」のおかあさん「みつこ(田中好子)」の優しさ。←ステキです (´∀`*)ポッ
そんな中あまりにも分かりやすい、「弘人」の元カノの現カレの悪役ぶり(´∀`)


今後の分の録画が失敗していないことを切に願っています~



アンドロメダ / aiko (1)
2007-02-25 00:00


またまた、私にとってまったくの新曲ではない歌です。

3年くらい前に、ヒトカラで20回歌っています。

で先日、何気なくカラオケで歌おうとして、信じられないほど忘れてしまっていたので、
また20回練習することにしました( ´∀`)

何気なく歌おうとすると、Bメロでつまづきやすい歌ですね。
CDに付属している歌詞カードにも、カラオケの画面にも出ない、
「ああああ」という部分が、
1番と2番それぞれ別の場所に出てくるので。

もちろんそれだけではなく、シンガーソングライターの特徴である譜割りの自由さが、
aikoさんの他の作品同様に、この歌にも随所に見られますしね(;・∀・)


詞の内容ですが。

物理的に視力が落ちたことをモチーフに、
恋愛の相手の心がよくわからなくなった(見えなくなった)悲しみを表現していると思われます。
『アンドロメダ』というタイトルは、
「何億光年向こうの星も…すぐに見つけて」あげられるほど
元来は視力が良かったということを表した
秀逸なタイトルなのです。゚+.(・∀・)゚+.゚ィィ!!
歌詞本文には「アンドロメダ」という言葉が出てこないところがまた、渋いです。


aikoさんって、すごい詩人ですね。



花粉症の季節ですね(`ハ)))...ι(>。ヘ)へっくしょん
2007-02-24 00:00


1996年に花粉症を発症しました。

今年で12シーズン目です。

去年はとてもラクでした。

おととしが最も劇症でした。

おととしの、ある1日だけは、花粉症が苦痛だと感じました。

しかし、その時以外は、花粉症が苦痛だと思ったことがありません。

くしゃみは、ただ出るだけですし。
目がかゆければ、目の下を控えめに掻いて、我慢すれば良いし。
鼻水が出たら、鼻をかめば良いし。
仕事中、電話していて鼻をかむのが間に合わず、
書類に鼻水が垂れたからといって、
クビになるわけではないし。
鼻水の時期が過ぎるとセキが出ますが、
呼吸困難になるほどのセキではないですし。

特に問題ない気がしています。


職場の人などは、1分に1回のペースで鼻をかんでいる私を見て、
「大変ですねぇ~」と
例年、心から同情してくださるようですが、
特に困っていないので、恐縮してしまいます…(;´∀`)




まんが『のだめカンタービレ』第4巻まで読みました。
2007-02-23 00:00


週4回くらいまんが喫茶に行きます。

いま読んでいるのは『のだめカンタービレ』です。

録画したドラマも第4回まで観たところで、
まんがの内容が追いつき追い越したところです。

ドラマでは定期公演で「千秋せんぱい」の指揮するSオケの初舞台が
成功したところまで観ました。

まんがについては、その少し先まで読んだのですが、季節が夏になっています。
ドラマは秋のドラマだから、少なくとも一部分の設定は変わるはずですね。

どうなるんだろ?
楽しみです。


それにしても、「真澄ちゃん」が大好きです(´∀`*)




『ラブ★コン』
2007-02-22 00:00


2006年の夏に、映画館で観ました。

かつて「別冊マーガレット」の読者だったので、
この作品も、原作まんがの途中までは読んでいて、
好きだったのです(´∀`)

背の高い女の子と、小柄な男の子の恋。
このテーマで、胸がキュンとなるストーリーがどーんとあって、感動します。

そしてまた、
ドッサリ詰め込まれた「お笑い」部分に惹かれます(≧∇≦)

主人公である女子高生「リサ」が、
新任教師「舞竹国海」先生(マイティ先生)を応援する(?!)「マイティ部」
を作ってしまうところなんか+(0゚・∀・) + ワクワクテカテカ +

普段の生活で、突然「マイティ部」という言葉を思い出し、
「マイティ部って…」と心で笑いくずれることが時々あります★

あと、映画ならではの現象ですが、
おとなしいクラスメイトである「鈴木涼二」の役を、水嶋ヒロさんが演じていることが
相当ツボです。私には。
水嶋さんは私にとって、「仮面ライダーカブト」もしくは「天道総司」その人だったので。

「仮面ライダーカブト」もしくは「天道総司」は相当「オレ様」キャラですので、
「鈴木涼二」の、真逆の弱々しさに悶絶です(゚∀゚ )


他にもおもしろさ満載でした(´∀`)
すでにDVDが出ているようです★



テレビ台、組み立てました(^^;) (2)
2007-02-21 00:00

楽天で注文していたラック(テレビ台)が先程届いたので、組み立てました。

デッキのサイズにピッタリのものを激安で入手しました。

今日はひとつ学びました。

穴に木工用ボンドを入れて、そこに木ネジの凸を差し込んでグッとはめなければならない時、
自重を使うことが出来る場合もあるということに気づいたのです。

天板を取り付ける時に、トンカチで打つよりも私が座ったほうが、
静かでいいナと思ってやってみたら、静かなうえに速く出来たんです(≧∀≦)


記念にw-inds.『Live Tour 2006~THANKS~』を入れて写メしてみました(^^)
著作権を侵害しないよう、顔の判別できないところで撮りました(;´▽`A``あせ

ちなみにテレビは15型ですd(^_^o)




『僕の歩く道』第4回まで観ました。
2007-02-20 00:00


録画したビデオテープ、2006年10月分までは観終わりました。
まだ3.6ヶ月遅れですね(^ ^ ;)

『僕の歩く道』は、注目していた「都古ちゃん」の恋が、
ここに来て急展開です。ストーリーを引っ張ってます。

「都古ちゃん」が不倫の恋に行き詰まって、
雨に濡れながら泣いていると、気がきかないはずの「輝明」が、
「都古ちゃん」に自分の傘を半分さしかけてあげたので、
とても驚きました。

また、第4回の終わりに、「都古ちゃん」の恋人「河原さん」が急に現れ、
「妻とは別れたんだ。けさ離婚届を出した」と言いますォオー!!(゚д゚屮)屮

驚きです。新鮮です。

「妻とは別れる」はよくあるセリフですが、
「妻とは別れた」…新しい!

次回も観ようと思わされました(・∀・)



東京マラソンε≡≡ヘ( ´∀`)ノ (2)
2007-02-19 00:00


きのう行われた東京マラソン。

中継を見たかったけれど、外出していて見られませんでした。

帰宅した時間には中継はとっくに終了していて、
盛り上がったのかどうかも分かりませんでした。

でも今夜のNHK衛星第二で放送された『クローズアップ現代』を見て、
状況が少し分かりました。

疑問1
東京マラソンて今まで聞いたことのないイベントだけど、前からやっていたの?
→→今回が第1回で、東京都としては今後も毎年開催したいらしいですね∑(・∀・)

疑問2
市民マラソンということだけど、市民だけなの?
マラソンの専門家は出場しなかったの?
→→有森裕子さんの引退レースだったんですね∑(・∀・)
   男子については第11回世界陸上競技選手権大会代表選手選考競技会を兼ねて
   いたんですね∑(・∀・)

疑問3
盛り上がったの?
→→東京国際女子マラソン、大阪国際女子マラソンなどのような華やかさはないものの、
   参加した市民ランナーの多くは、都心の景色を楽しんだり、
   完走の充足感を得て満足だったらしいd(゚∀゚d)
   中継の視聴率はとっても良かったらしい∑(・∀・)


来年も、今回のような都心のコース設定で、開催するのかなぁ…ε≡≡ヘ( ´∀`)ノ




オリジナル歌詞カード♪印刷方向
2007-02-18 00:00


私がヒトカラのために作っているオリジナルの歌詞カードは、
A4サイズのPPC用紙です。
詞の長さによって、オモテだけの印刷になったり、
オモテとウラ両面使ったりします。

両面となる場合は、オモテとウラで、天地を逆に印刷しています。

なぜなら、
カラオケ屋さんで歌う時、左手で歌詞カードを持って、
常に、目で追っている部分を親指でさしているので、
オモテからウラに移行する時、
左手の指の操作だけでくるっとひっくり返して、
すぐに、目で追う部分をまた、左手の親指でさせるからです。

オモテとウラの天地を逆にしたのは、
2006年10月14日の作成分からです。

それまでは、オモテとウラの天地は同じ向きでした。

この変更によって、
歌詞カードをひっくり返す時のタイムロスを
数秒改善できたと思います|∀・).。oO(・・・)



1 or 8 / w-inds. (2)
2007-02-17 00:00


O(≧∇≦)Oアルバム『THANKS』の最初に入っている歌です。

電車の中でも、聴いているとアドレナリンが体を駆けめぐる感じです。
(この歌だけの現象ではないですが)

まっすぐな恋愛感情、若者らしい正しさがあふれている歌詞です。
似合います。

韻を踏んでいる部分が何箇所かありますが、
「I want you
「五里霧
「君に夢
の「ちゅう」の発音が、勢いがあって好きです(#・・#) ポッ


最近、誰かに橘慶太さんのパートを歌ってもらって、
緒方龍一さんのパートでハモりたいという、
欲望が芽生えて来ました…(/_ _ )/♪へ(-。-へ)♪(/_ _ )/



『ナースのお仕事 ザ・ムービー』
2007-02-16 00:00


先日、橘慶太さんのブログ「道標-ミチシルベ-」を見ていたら…。

橘さんは短い文章を残して、2月8日からイタリアへ行ってしまっていて、
読者の皆さんのコメントが次々と入っている状態でした。
(いつもそうです。コメント数4ケタが当たり前なんて、すごいですよね)
皆さん口々に、
テレビで放映された『ナースのお仕事 ザ・ムービー』をいま観ている、
いまw-inds.の出番だった、かわいい、エンディングも楽しみ、
エンディングを観た、かっこいい、なつかしい、
といったコメントを入れていらっしゃいました。

w(°o°)wこれは観ずにはいられまい。

アルバム『THANKS』をレンタルした時、
同時に『ナースのお仕事 ザ・ムービー』も借りました。

ドラマ『ナースのお仕事』を観ていないので、
観月ありささん以外には誰が出ているのかも知りませんでした。

1回、普通に本編を観て、
コメンタリーでもう1回観ました。
両沢和幸監督、観月ありささん、松下由樹さん、藤木直人さんの4人が語っていました。

私、映画のDVDをコメンタリーで観るのが本当に好き
ということを思い出しました。
もう1回コメンタリーで観ようとしたくらい。

でもとっても遅い時間帯になっているのに気づき、
体のために、やめておきました( ̄、 ̄@) zzz


10代なかばのw-inds.のお三方の天真爛漫な姿にはもちろん癒されました。

また、予想していたよりは医療シーンがリアルで私好み֥ϡ
「いずみちゃん」のキャラクターも好きになりました(*゚ー゚)♪




携帯電話番号ポータビリティ
2007-02-15 00:00


わけあって、録画したテレビ番組を3.6ヶ月遅れで観ている私。

今は2007年2月なのに、さいきん観ているテレビ番組は2006年10月下旬のものです。

携帯電話番号ポータビリティ制度スタート(2006年10月24日)に向けて、
auとDoCoMoのCMをよく見かけます。

auのタレントさんは仲間由紀恵さんと速水もこみちさんで、
いま観ても違和感がないのですが、
(あっこのふたり、そういえば師弟関係ですね、『ごくせん』第2弾で)
DoCoMoは、ともすると赤西仁さんが単独で出ていたりして、
オッと思います( ゚Д゚)
(あっこのかたも『ごくせん』第2弾の生徒役でしたね)

2006年10月中旬の時点でも、本放送でCMの中の赤西さんを見ると驚いたものですが。


ちなみに私はソフトバンクモバイルユーザーです。
1996年に東京デジタルホンに加入して、いったん解約しましたが、
ジェイフォン時代に再び加入→ボーダフォン→ソフトバンクモバイルとついて行ってます。
機能に満足しているので、
他の携帯電話会社に変更しようと思ったことはありません(・∀・)



w-inds.『THANKS』
2007-02-14 00:00


DVD『w-inds. Live Tour 2006 ~THANKS~』を買った2月11日、
つけっぱなしで観ながら眠りました。

きのう2月13日、
アルバム『THANKS』をレンタルしてきて、
CD→MDにコピーしながら1回、
MDにちゃんと録音できたか確認のために1回、通して聴きました。

今日、電車の中で、2回、通して聴きました。

帰宅してまた、DVDを途中まで観ました。
CDよりも、ツアーのDVDのほうが、歌詞の英語の発音が良くなっている、
ような気すらしました。

音源だけでなく画像で確認すると、
橘慶太さんのメインボーカルだけでなく、
千葉涼平さんと緒方龍一さんのコーラスも、
ライブでもCDと変わらないクオリティであるらしいことがわかりました゛ (゜・゜* ホレボレ

以前、『THANKS』をレンタルした時は、
「十六夜の月」をカラオケで歌うことだけが目的で、
「十六夜の月」だけコピーして、
それ以外の歌はまったく聴かずに返却しました。
あれから5ヶ月。
とっても変わりました(私が)。

現時点で、『THANKS』全13曲のうち、
10曲が私好みです。
この10曲のうち、すでに習得済の「十六夜の月」を除く9曲は、
きっとヒトカラで20回以上ずつ歌うことになるはずです+(0゚・∀・) + ワクワクテカテカ +
もちろん「十六夜の月」も、これからも何度も歌うと思います(・∀・)イイ!!



A Perfect Sky / BONNIE PINK (1)
2007-02-13 00:00


10日ぶりのカラオケです。んも~、ひさびさ~キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

2006年12月31日の『紅白歌合戦』で出会った歌、第2弾です。

CMソングだったと思われ、歌の一部を何度も聴いたけれど、
何のCMか、誰が歌っている、何というタイトルの歌なのかは認識していませんでした。

『紅白』のおかげで、歌手名と曲名が分かりました(^^;)

最近の私のカラオケの傾向として、静かな歌が多かったので、
久しぶりに元気な感じの歌を歌いたくなったのです。


全体に機械っぽい演奏で、こういうのは私の好みです。

「行き違う思いだらけね 朝焼けが青に変わるころ」
の、「だらけね」と「朝焼けが」の間がなく、
「朝焼けが」の後に息継ぎがある、など、
譜割りの風変わりな部分が随所にあり、とても魅力的です。

詞の核である、
「I,m looking for a perfect sky(完璧な空を探しているの)」
↑このカンマは本当はアポストロフィです)
というセンテンスが新鮮で、
この歌全体を勢いよく引っ張っている感じがします+(0゚・∀・) + ワクワクテカテカ +

現時点の私の歌唱は、細部がぜんぜんダメなので、
カッコ良く歌えるようになりたいです(メ・∀・)



ドラマ『のだめカンタービレ』第2回を観ました。
2007-02-12 00:00


第2回も、最初から最後まで、おもしろさがギュギュッと詰まっていましたO(≧∇≦)O

今回は、ティンパニ奏者の「真澄ちゃん」の出番が多かったです。
真澄ちゃんのしぐさのかわいらしさ、シャイでいじらしいところなど、
とっても魅力的ですね(´∀`)
演じている小出恵介さんは、私の心の中では、
『白夜行』の「園村友彦」のイメージだったのですが、
いい意味で裏切られました(・∀・)イイ!!

また今回、ヴァイオリン科の「峰 龍太郎」の出番も多かったです。
原作のイメージどおりですね(・∀・)イイ!!
演じている瑛太さんは、私にとってはつい先日まで見ていた
『サプリ』の「荻サマ」だったのですが、
それと全然違う役で、ハジケている感じがします+(0゚・∀・) +

最後に「のだめ」が、シュトレーゼマンの代理のSオケ指揮者として
「千秋せんぱい」を引っ張ってくる場面で、
ふたりに早くもかなりの親近感がある∑(゜∀゜)
と思って、うれしくなってしまいました(´∀`)




『w-inds. Live Tour 2006 ~THANKS~』
2007-02-11 00:00


最近、ある、プレッシャーのかかる活動をしていたのですが、
昨日やっと、どうにかやりとげることが出来ました。
機会を与えてくださったかたや、フォローしてくださったかたのおかげで、どうにか。

でも、活動の最中には、プレッシャーに負け気味の自分に、
「これが終わったらw-inds.のライブDVDを買ってよし」
と言い聞かせていました。

で今日、買ってしまいました。
『w-inds. Live Tour 2006 ~THANKS~』を。

活動をやりとげたこと自体、かなりうれしかったので、
現在、二重の喜び中です(∀`*ゞ)テヘッ

15曲めの『ブギウギ66』の途中まで観ました。

w-inds.の、ちゃんと聴いたことのある歌が、
『十六夜の月』と『ブギウギ66』と『ハナムケ』の3曲しかない私。
でも、このDVDのどの歌も、大好きになりそうな予感がいっぱいです。

w-inds.と同じ時代に、生きていられて、うれしいです(≧∇≦)



心理学、欠席2回。
2007-02-10 00:00


学生だった時に、心理学を履修した年度がありました。
たしか必修科目だったと思います。

試験の成績だけでなく、出席にも重きを置く先生でした。

しかし、その先生は年間2回だけ出欠をとり、そのデータで出席点を決めていました。

私はかなり真面目に出席していましたが、2回だけ欠席してしまいました。
その2回が、たまたま、先生が出欠をとった回でした。

試験はそこそこ出来たと思いますが、私の成績はC(「可」に相当)。

不本意な成績になりそうだと判断した時点で、自分から単位を落として
翌年再チャレンジ、も可能だったのですが、
そんな気力もありませんでした。

当時は、そういった残念な運命について、かなりガッカリしていました。

でも、もしタイムマシンで当時に戻れたら、私は再チャレンジするでしょうか?

悩ましいですが、たぶん、しないと思うのです。

なぜなら、すべてを手に入れようとすると疲れてしまうから。

当時も、自分で選んで履修した科目については、限界まで勉強することができて、
幸せだったのです。
なぜか最近、心理学の成績のことを思い出して、そう気づきました(´∀`*)ウフフ



『女帝』
2007-02-09 00:00


回数的にはカラオケ屋さん以上に私が通う場所、
それがまんが喫茶です。
年間200回くらい行きます。

つい先日、読み終わったのが『女帝』です。

天涯孤独の少女が、水商売の世界で色々なことを経験し、
大人へと、そして銀座の伝説のママへと成長して行くストーリーです。

おもしろかったです。
綿密な取材に基づいているであろうリアルな水商売およびヤクザ社会の描写と、
リアルなだけではない、
天文学的な偶然に偶然が重なる、
フィクションならではのエンターテインメント性q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p
そして、彩香という架空の人物の、すばらしい人間性に惹かれました。

私が好きなのは、
彩香に逆恨みしてひどい仕打ちを図ったものの失敗した薫(やはり銀座の女性)と
街ですれ違うとき、彩香が、
「景気はいかが?」
と屈託なさげに明るく挨拶する場面です。

見習いたいです゛ (゜・゜* ホレボレ



国民の三大義務
2007-02-08 00:00


先日、ニッポン放送の『w-inds.のウィンディストリート』という番組を聴いていましたら、
(ラジオも本放送ではめったに聴きませんが、
タイマー録音して1週間以内くらいには聴いています)
「常識問題クイズ」にw-inds.のお三方が答えていました。

その中で、
「国民の三大義務とは何でしょう?」
という問題がありました。

w-inds.のお三方は、三大義務のうち、
「教育(を子供に受けさせること)、納税…」
のふたつはわりとスムーズに答えていらしたのですが、
最後のひとつがなかなか出ず、私は
「選挙の投票だよ~」
と心の応援を送っていました(この番組はたぶん生でなく録音なのですが)。

結局時間切れになって、
w-inds.のお三方も私も興味津々だった正解とは。

勤労

だったのです。

あああ~(o_ _)o ~~~
上から目線だった私~。
反省します。w-inds.の皆様、変な念を送ってすみませんでした(/-\)
(生放送じゃないけど)


ちなみに、「選挙の投票」は三大義務ではなく、三大権利のほうらしいです…(・∀・)




ドラマ『のだめカンタービレ』第1回を観ました。
2007-02-07 00:00


( ;∀;) やっと、『のだめカンタービレ』の第1回を観ました。

漫画のほうを、読んだり読まなかったりなので、あらすじは知っているのですが、
ドラマも、おもしろそうですね。
少なくとも、第1回については、最初から最後まで、
ギュギュっと、おもしろさが詰まっていました。

「千秋せんぱい」の飛行機恐怖症を、とてもスッキリと分かりやすく説明していましたね。
(克服するシーンが楽しみです^^)

「のだめ」を実写で演じることのできる女優さんがいたとは。
しかも上野樹里さんは本当にピアノを弾いているので、
ドラマ全体にリアリティが出ますね。゚+.(・∀・)゚+.゚ィィ

第1回のクライマックス、「千秋せんぱい」が、
モーツァルトの『2台のピアノのためのソナタ』ニ長調を、
「こいつに合わせられるのは俺様(微笑)しかいない」と、
「のだめ」をフォローして、二人で見事な演奏を達成したところで、
私も「千秋せんぱい」といっしょに、幸せになりました(´∀`)

「千秋せんぱい」の目線で展開する(と思われる)『のだめカンタービレ』、
モノローグは音楽用語満載でマニア垂涎、
またそのスピード感が『東京大学物語』を彷彿させます(私には)。



アパガード
2007-02-06 00:00


歯みがきネタをもうひとつ。

歯磨き粉(粉じゃないけど)は「アパガード」を使っています。
チューブ1本1,000円くらいしますが使っています。

これは「糸ようじ」よりも歴史が古いです。
仕事関係でよく話していた人からすすめられたのがキッカケだったかなぁ…(* ̄- ̄)

1年くらい使い続けた時に、
歯が汚れにくくなったと思いました。
虫歯ではないけど歯の表面が黒っぽく汚れて、
歯医者さんで機械で磨いてもらわないと取れない、
という事態になるのに、
それまでの何倍も時間がかかるようになりました。

10年くらい使い続けている現在では、
以前よりも歯が白くなったような気がします。
パワーブリーチのような真っ白ではないけど、
自然な白さです。

発売当初は「芸能人は歯が命」というコマーシャルをやっていたけれど、
もう何年もコマーシャルを見ませんね。
それでも製品がお店にありつづけるのは、
効果を実感している仲間が、けっこう大勢いるということかも…( ̄ー+ ̄)キラーン




糸ようじ
2007-02-05 00:00


30代前半のある時点までは、歯みがきは歯ブラシだけでしていました。

歯医者さんから、歯間ブラシをすすめられたものの、
頭で理解しただけで、実践が伴いませんでした。

でもある時『SmaSTATION』の「スマクリニック1分ドック」を見て、
認識が変わりました。

歯ブラシだけでは歯の汚れの5割取れるか取れないかであり、
歯間ブラシを併用することによって、除去率が飛躍的に上がる、
歯についた汚れは48時間後にダメージになってしまうので、
2日に1回は徹底的な歯みがきが必要、
といった内容でした(数値はうろ覚えです。すみません)(^^;)

そこで、夜の歯みがきで、2日に1回、糸ようじを併用する習慣となりました。

以前は1日おきにしていましたが、
「あれ?きのうやったっけ?」などと考えてしまうので、
今は「奇数の日」にすることに決めています。

31日の次の日が1日だから、2日連続になる時もありますが、
「きのうやったっけ?」よりはマシということで。

この習慣がついてから、
前歯の隙間が治ったので幸せです(´∀`*)ウフフ




『ふたりはプリキュアSplash☆Star』
2007-02-04 00:00


2006年10月15日に録画した、第36話 『 何作る?舞の悩みと文化祭 』をきのう観ました。

∑(・∀・) ということは、3.5ヶ月よりももっと遅れていますね。たは~。

今日も録画したけど、いま『TV Bros.』を見ると、今日から新番組になってるし(;´∀`)

今度の番組タイトルは、『Yes!プリキュア5』。
つまり、「ふたり」ではなく5人になるんですね。
これはこれで、楽しみですね。セーラームーンライクで。

ところで『ふたりはプリキュアSplash☆Star』については、
『ふたりはプリキュア』『ふたりはプリキュアMax Heart』よりも
夢中になって観ている気がします。

ここ2ヶ月くらいは、毎回、観ながら泣きます。

美翔舞(みしょう・まい)ちゃんが特に好きなのです。
やさしくて、けなげな子なんです。
私にこんな娘がいたら、お嫁に行っちゃう時はきっと号泣です( ;∀;)
変身して、日向咲(ひゅうが・さき…というか、変身中は名前が違いますが)ちゃんと
いっしょに、敵に向かってタンカを切っている時に、
たいがい私は泣きます。

でも、キントレスキー様も好きなんですよね(´∀`*)
今までの『…Splash☆Star』の敵キャラの中で、キントレスキー様がいちばん好き。
あっ、ゴーヤーン様も好きです( *゚ー゚)



ハナムケ / w-inds. (3)
2007-02-03 00:00


ブルボンガムのCMソングです(・~・)゛

すっかり、w-inds.の動向を追うようになってしまった。
と申しますか、カラオケ屋さんの歌本の新曲欄などでw-inds.という名前を見つけると、
冷静ではいられなくなってしまった自分がいます。

この歌は、1小節の中の音の詰まり具合に変化があって、面白いです。
AメロBメロは16ビート(たぶん)で、サビはその半分くらいの音数になるのです。

それと、後半の
「今日を限りに もう逢えないと 知ってるから せつないくらい」の
「せつないくらい」という部分を、
橘さんはそれまでの流れより1オクターブ高い音程で歌っています。
この部分は次の歌詞と重なるので、コンサートではこの高音は出さないでしょうが…。
大人になって、デフォルトの音程が若干低くなっても、
少年時代の高音域も保っているとは( ・∀;)
マイケル・ジャクソンみたいです。すごいです。

もっと露出してほしい(屮゚Д゚)屮~~~
ポニーキャニオン所属なのだから、フジテレビにもっと、出られたら良いのに。
とは言っても、「MUSIC FAIR 21」くらいしか、
もはや音楽番組がフジテレビにないんですね…(((((((((((o_ _)o ドテッ




SNAP NO SHINGO
2007-02-02 00:00


3.5ヶ月遅れで、録画で観た『SmaSTATION』で、
香取慎吾さんが1年間毎日撮っていた写真が、
『SNAP NO SHINGO』というタイトルの写真集として発売されたと言っていました。

今日、昼休みに職場の近くの本屋さん2軒を探してもなかったのですが、
自宅近くのいつもの本屋さんにはありました!

この本屋さんは今のところ、
私のほしい本置いてる率100%です。

で、買って帰宅して開いてみました。

最初の写真が2004年10月16日。
最後の写真が2005年10月15日。
きっちり1年間です。

『ハリー・ポッター…』と違って物語ではないから、
いつでも中断できるのだから、
生活が乱れる心配はないと思っていたのに、
面白くてどんどん次のページを見たくなります。゚+.(・∀・)゚+.゚ィィ
もう2005年5月30日まで来ちゃいました。




ウオノメ問題、解決か?:*【祝】*:・°\(^ー^*)
2007-02-01 00:00


外反母趾問題を、長年ごまかしながら生きてきました。
これからも何とか、ごまかして行きたいと思います。

ときどき、足の親指の付け根と、人差し指の付け根の、
中間くらいの場所が痛くなるのですが、
おかげさまで歩行が困難というほどには、今までなりませんでした。

足の親指(拇指)の付け根の骨が、かなーり外側に変形はしています。
変形がなくて美しい形だったらベストですが、
変形していてもそれほど痛くなければベターです。

ところが最近、
外反母趾で若干痛む部分のちょうど裏側(足の裏ですね)が、
歩いて地面を踏みしめるたびにイヤ~ンな感じに痛かったのです。

足の裏を見ると、
痛い部分は角質が寄せ集まって、うずを形成していました。

この状態は「魚の目(ウオノメ)」と呼ばれる状態なのでは?∑(・∀・)
と思って検索すると、どうやら正解のようでした。
原因は外反母趾かもしれないし、歩き方にクセがあるのかもしれない、
(あるいは加齢によって脂肪が減ったことかもしれないΣ(・∀・|||))
と各サイトに書いてあったので、
とりあえず、正しい歩き方を心がけてみました。

実はここ半年ほど、さまざまな体の不調から、
小さな歩幅でとぼとぼと、膝を曲げたまま歩くことが多かったのです。

どうしてもそういう歩き方になってしまう時は仕方ないとして、
出来るときはなるべく、胸を張って、後ろ足のひざを伸ばすようにして
歩くことを心がけてみたところ、

ウオノメ(おそらく)部分の痛みが軽減されて来ました。

だから、ここ数日の私は、少し幸せですヽ(´ー`)ノ