FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』読了( ロ_ロ)ゞ
2006-12-31 00:00


ゆうべ、眠りにつく時に、最後の2ページを読みました。

第1作から第3作までは、敵を倒して終わったのですが、
本第4作では、命からがら、敵から逃げてきてホッとしたところで終わっていたので、
お話の壮大さにビックリしましたw(°o°)w

第4作を、出版と同時に読んだかたは、第5作が出るのを待ちきれなかったことでしょう。

私は今日、なぜかやたら混んでいる本屋さんで、『新春すてきな奥さん』といっしょに
第5作『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』を買ってしまいました(°▽°;)
(ハードで大きい本を、通勤電車で読めるのか?)

TSUTAYAにも行って、『…炎のゴブレット』映画版のDVDも借りてしまいました。
半分くらい観て、『紅白歌合戦』のため中断しています(0゜▽゜)0




スポンサーサイト



ブギウギ66 / w-inds. (3)
2006-12-30 00:00


明日の『紅白歌合戦』でw-inds.をさらに楽しむための予習を兼ねてのセレクトです。

そしたら、この作品は、『第48回輝く!日本レコード大賞』にもノミネートされていたのだと、きのう知りました(^^;)

もうすぐ『レコ大』が始まります。w-inds.が出てくる前に書き終えたいなぁ。


実はこの「ブギウギ66」という歌、今日初めて聞き込んでカラオケで歌ったわけですが、
とっても私好みの歌だったんです。

私好みとは何か、それを説明するのは難しいのですが。

もしかしてw-inds.には、「私好み」がもっともっと埋もれているのかもしれません。

去年の『紅白歌合戦』という番組の中で見た「十六夜の月」に一目惚れした時、
「この歌は、w-inds.というアーティストの作品の中では例外的な作品なんだ」
となぜか私は感じ、w-inds.の他の作品を聴こうとしませんでした。
間違っていた…ミ(ノ;_ _)ノ =3 ドテッ


ともかく「ブギウギ66」は、とっても、歌って楽しい作品ですO(≧∇≦)O




2006全日本フィギュアスケート選手権
2006-12-29 00:00


もともとは、伊藤みどりさんが好きでした。
あの、ダイナミックな演技。転倒したあと復活して驚かせてくれるドラマ。
同時期の、合衆国の選手でクリスティ・ヤマグチさんという人がいて、比較されたものですが、私は、クリスティ・ヤマグチさんの優雅さよりも、伊藤みどりさんのダイナミックさが好きでした。

その後も、フィギュアスケートは女子シングルを中心に、観たり観なかったりしてきました(テレビで)。

村主章枝さんと荒川静香さんが、ふたりとも高校生だった時のドキュメンタリー映像なども観たものです。
荒川さんは笑わない人だったので近寄りがたく、私は村主さんのふんわりとした雰囲気が好きでした(トリノオリンピックでは荒川さんが、笑顔も見せる人になっていて、それから好きになりました)。
でも、同年代にライバルがいると、いろいろな世界大会の出場権をめぐって大変だろうなあと思っていました。

今は日本女子フィギュアの裾野がもっと広がって、「同年代のライバル」現象も激しくなっているようですね。

今日ぶっちぎり優勝した浅田真央さん、211点なんてすごいですね。

浅田舞さんは選曲が「白鳥の湖」で、私好みでした(*^^*)

中野友加里さんと澤田亜紀さんは、落ち着いていらして素敵です。

村主さんにはエンターテインメント性を強く感じます。いつも。

安藤美姫さんの演技にも、いつもドラマを感じます。

(それはそれとして、私は安藤さんの顔がうらやましいです。
口が大きく、頬骨が高いのは、ボーカリスト向きです♪(/゜゜)/ ̄ハィ♪)




”いきものがかり”のボーカルの美しさ
2006-12-28 00:00


地声で高音の限界を超えた先はウラ声である程度カバーできます。

低音から高音へ、地声からウラ声へ移行するのはそんなに難しいことではありません。

ただ、その移り変わる瞬間の音が、”いきものがかり”のボーカルの人はとても魅力的なのです。

『コイスルオトメ』の
1番のAメロ「あたしよりも」の「よ」、
「いつもやたらと」の「や」、
「たくらむあたし」の「む」、

2番のAメロ「キスをねだると」の「ね」など。

このような美しい声に出会えて、聞き手として幸せです。


地声の音域もハスキーさと柔らかさが絶妙で、本当に素晴らしいですよね(*^^*)




バラ色の人生 / エディット・ピアフ (1)
2006-12-27 00:00

(フランス語表記)LA VIE EN ROSE / EDITH PIAF

おなじみのメロディーです。
しかし、詞につきましては。
カラオケで歌うのは初めてなので、ついて行くのにオタオタです (((^^;)(;^^) ))

『パリの空の下』はわりとスムーズでしたのに。

やはり、別の歌手の譜割りとはいえ、歌ったことのある詞には、ついて行きやすいのかも。

外国語のカラオケって、うまく歌えるようになると、超キモチいいんです。

今日は少し時間が余ったので、下記の4曲も歌ってみました。

THRILLER / MICHAEL JACKSON
OPEN YOUR HEART / MADONNA
A SONG FOR YOU / LEON RUSSELL
MEMORY / musical"Cats"

『スリラー』は、うまく歌えなかったけど楽しかった。
『オープン・ユア・ハート』は、そこそこに歌えて楽しかった。
『ア・ソング・フォー・ユー』は、全然ダメで不完全燃焼になった。
『メモリー』は、詞とメロディーに感動した。歌うこと自体楽しかった。


あ~それと、『道標』は今日で20回歌いました。いちおう20回歌うと、ひと区切りでいったん卒業。
やっと2番のBメロの譜割りを把握できた。
本当に歯ごたえのある歌でしたC≡(・。・C≡)≡≡≡




神田沙也加さん、歌も待ってますヽ(^▽^@)ノ
2006-12-26 00:00


SAYAKAさんの「ever since」という歌が好きでした。
声がきれいだし、歌詞も良いのですd(゜ο゜)o

このたび、神田沙也加さんというお名前でドラマに出るそうで、お元気そうでよかったです。

沙也加さんは、お母さんである松田聖子さんと、「声がそっくり」と、かつてはよく言われていました。
私は疑問に思っていました。
似たところがあるのは分かるけど、「そっくり」というほどじゃないのでは…?(*゜∇゜)

松田聖子さんの、かわいらしくかつハスキーな声が大好きです。

でも、透明感のある沙也加さんの声も、大好きなのです( ・∇・)



マイ☆ボス マイ☆ヒーロー
2006-12-25 00:00


3ヶ月遅れで観ていた『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』を、さっき観終わりました。

おもしろかったです (*^^*)

とうとう、真喜男が本来のヤクザ姿で、桜なんとかと、梅村さんと、対面するシーン、よかったです。
あと、南先生と恋愛関係になるんじゃないかと私は勝手に思っていたのですが。
結局、梅村さんとも南先生とも、さわやかな関係のまま終わってしまいました。

そして最後はまた高校生に…( ̄+ー ̄)キラーン

希望の持てる終わりかたですね☆
来年は続編があるのかにゃ?
カズも真喜男と同じ高校に通って…とかね(*≧∇≦)pキャー




橘慶太の作詞に学ぶφ(.. ) メモメモ (2)
2006-12-24 00:00

 
『道標』の歌詞で、

「隘路(アイロ)を駆け抜けよう」

という部分があるのですが、

隘路って何じゃ?
と思ったので、Yahoo!辞書で調べてみました。

狭くて通行の困難な道。 物事を進める上で妨げとなるものや条件。支障。難点。ネック。

と書いてありました(by大辞泉)。

「困難な道であっても思い切って進もう」
と言いたかったのだな、と何となく分かりました。

橘さんは難しい言葉を知っていて、すごいです\(*´∇`*)/



コイスルオトメ / いきものがかり
2006-12-23 00:00


ラジオで聴いた歌です。
番組の中でかかったのではなくて、この歌をコマーシャルしていたのです。
私に対して効果のあるコマーシャルでした。
Aメロおよびサビのメロディにグッと来ました w(°0°)w オォー

そして歌詞ですが。

おそらく20歳前後の、初めての両思いの恋がテーマと思われます。

相手の、および恋愛の、いいトコロにしか気づいていない、幸せな時期です。
現在その時期の皆様には、享受していただきたいと思います֥ϡ




行人坂
2006-12-22 00:00


おととい、年に1度の健康診断を受けました。

目黒のアルコクリニックというところで。

去年、初めて行った時は本当にビックリしました。

目黒駅から、クリニックのあるオフィスビルまでの坂道のあまりの急勾配に。

行きは、「転がったほうがぜったい速い」と感じるし、
帰りは、「明日ぜったい筋肉痛だ」と感じます(;´▽`A``

ま、おとといは、健診で計られた血圧が上86、下54だったので、
帰りの上り坂は血圧を上げるのに良かったかも(≧∇≦)





カンニング中島さん、おつかれさまでした。
2006-12-21 00:00


この人が治るようにと、そして、治療が苦痛でないようにと、毎晩祈ってきました。

2年間おつかれさまでした。

どうか安らかに眠ってくださいm (゜- ゜ )




パリの空の下 / エディット・ピアフ
2006-12-20 00:00

(フランス語表記)SOUS LE CIEL DE PARIS / EDITH PIAF

この歌については、2001年の夏に、ジュリエット・グレコという歌手のバージョンで習得しました。

その時に通っていたカラオケ屋さんの機種は、今とは違うものでした。

いま通っているカラオケ屋さんの機種で、先日ひさしぶりに歌ってみたら、エディット・ピアフバージョンのみで、ジュリエット・グレコとはけっこう違うアレンジで、うまく歌えませんでした。

そこで、エディット・ピアフのベスト盤を入手、せっかくなので、現在御用達のカラオケ機種に入っているエディット・ピアフ全曲制覇をねらってみます。

とはいっても全部で3曲だけど( ̄ー ̄)ゞ


エディット・ピアフの歌声って、艶があって力強いですo(・_・)○☆




第57回 NHK紅白歌合戦 曲目決まる♪
2006-12-19 00:00


発表になりましたね(* ̄ー ̄)v

私が子供のころは、『紅白歌合戦』といえば、その年にヒットした、みんなが知っている歌がたくさん聴ける番組でした。

しかし、ここ数年は私にとって、さまざまなアーティストや楽曲に初めて出会う場所となっております。

w-inds.との出会いについてはブログ第1回に書かせていただいた通りです(゜・゜* ホレボレ

そのw-inds.は今年は「ブギウギ66」という歌で出るようです。楽しみです(^^ )ルン♪

あと、TOKIOの「宙船(そらふね)」も楽しみ☆


それと、藤あや子さんの「雪 深深」。
これは私のカラオケフェイバリットのひとつなので、久しぶりにご本人の歌唱を拝見するのが、
これまた楽しみです(#^.^#) エヘッ



カラオケで歌いたいのに、CD未発売(ノ_<。)うっうっうっ
2006-12-18 00:00


いま非常に残念なのは、ドラマ『サプリ』を3ヶ月遅れで観ていて、オープニング・テーマがとても気に入ったのに、カラオケで歌えないことです。

私御用達のカラオケ機種に入ってないし、CD自体未発売です。

発売されてて当然、と思っていたので、TSUTAYAでずいぶん探しちゃいました。
借りられないなら買うつもりでした。

でもでも。
未発売だったんです。

何か、大人の事情があるのかな?

ネットで検索したら、CD発売を切望する声多数!なのに…。


かつて、『冬ソナ』のテーマで、同様の目に遭ったことがあります(/_;。) ウッウッウッ


あっでもずっと前、早見優さんの『LONELY LIAR』という歌が何年もカラオケになくて、あきらめていたら、ある日見つけてすごーく嬉しかったこともありました。


てなことで今後に期待☆




表参道ヒルズ (2)
2006-12-17 00:00


昨日、表参道ヒルズに、初めて行きました。

事前に『るるぶ』をよーく見てから行ったのですが、ビックリしたというか、実際に行って初めてわかって感動したことがあります。

スパイラルスロープってやつです。

表参道ヒルズの中央部の吹き抜けは、テレビでも何回も見たし、『るるぶ』でもジッと見ていたのですが、斜めになっているのはエスカレーターなんだと思っていたのです。

でも、実際に行ってみたら。

地下3階から地上3階まで、巨大ならせん階段のような坂道の周りに各ショップがあったのです!
地下3階から地上3階まで、エレベーターもエスカレーターも階段も使わずに、ただ坂道を歩いてるだけで全部のショップをウインドーショッピングできちゃうのです!

その構造をスパイラルスロープと呼ぶようです。


1日たった今日は、ふくらはぎが筋肉痛だけどねf ^ ^ *)



ぼくはくま / 宇多田ヒカル
2006-12-16 00:00


宇多田ヒカルさんの作る歌が、以前から大好きです。

カラオケ屋さんの歌本の新曲情報で『ぼくはくま』の冒頭の歌詞
「ぼくはくま くま くま くま 車じゃないよ
を見た時、その子供目線に驚き、一度も聴いたことのない歌だったにもかかわらず、
カラオケで歌うために音源を入手することにしました。

じっさい聴いてみると、
「ぼくはくま くま くま くま 冬は眠いよ
や、他のところでも笑ってしまいました(≧∇≦)

変拍子が使用されていますが一定のパターンとなっており、1回の予習でメロディを(ほぼ)覚えることができました。じっさいカラオケで歌うと楽しい歌です。

中盤のフランス語のセリフも、宇多田さんの発音はとても可愛くて、歌全体の雰囲気に合っています。私は今のところ、あんなに可愛く発音できません(*´▽`*)


『道標』も2回目の今日は、かなりメロディを覚えられました (* ̄ー ̄)vうふふ♪





ハリー・ポッターと炎のゴブレット
2006-12-15 00:00

「ハリー・ポッター」シリーズが面白いとはよく言われることですが、ファンタジーが苦手な私は読んでいませんでした。
でも、あるブログの作者さんをすごく好きになって、その人がブログで「ハリーポッターはおもしろい」と発言していらしたので、ついに読んでみました。

結果、今4作目を読んでいます。

問題は今後なんです。

私は「携帯版」という、ハードカバーでないタイプの「ハリー・ポッター」を、通勤電車で読んでいます。
でも、5作目以降は、「携帯版」がまだ出ていないんです。
大きくてハードな本を通勤電車で読んだら、腕がプルプル震えて本を落っことしそうです。
周りの乗客の皆様にケガをさせてしまいそうです。

皆様この問題をどう解決されているのでしょうか?




CD→MDです。 (2)
2006-12-14 00:00

次の課題曲の音源を、職場の近くのTSUTAYAで借りて来ました。
で、さっき、CD→MDへコピーしました。

これを家で聴いて予習してからカラオケ屋さんに行きます。
歌詞も自分でWordで打ってプリントし、いろいろ書き込みつつ予習します。

一度、ネットで音楽を買う生活にチャレンジしかけたことがあったのですが、OSがWindows98なので挫折しました ( ̄ー ̄;∂ポリポリ




道標 / 橘慶太
2006-12-13 00:00

2005年の12月31日に放送された「紅白歌合戦」で、w-inds.が歌っていた「十六夜の月」という歌が気に入ってしまい、2006年のワンノブマイフェイバリットとなりました。

その、w-inds.の真ん中で歌ってる人が、先日ソロデビュー曲として出したのがこれ。
ラジオなどで何回か聴いているうちに、これも歌ってみたくなったのです。

覚えにくい、やりがいのある、メロディです。