FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

九州でトラックドライバーに非難された父。
2019-05-29 23:26








画像はイメージです。









全世界197名(昨日のアクセス数)の読者の皆様こんばんは\(^o^)/

父が埼玉県出身、母が熊本県出身の修羅笛の鍵です。




母(42歳没)が生きていた時は、
私の夏休みに、
熊本県の母の実家に、母と私でロングステイしていました。


父(72歳没)はそんなに長く休めないので
途中参加、途中退場が多かったです。


私と母の、九州への主な往復手段は
寝台列車でした。




父がマイカーを入手してから
カーフェリーで行く、
あるいは全行程を車で行く、
という選択肢も加わりました。




父が早めに夏休みを取って
九州への往路が一家三人で車、
という時がありました。

全行程を車で。

運転できるのは父ひとりですΣ(゚Д゚)




父はプロの運転手ですが
九州に入ってからはさすがに疲れたのか
何かちょっとした運転マナーの違反があったようで
トラックの運転手さんから
マイクを使って怒鳴られました
「品川ナンバーの、この東京もんが!!」と。

父はその時、
夜勤明けの看護師さんのように疲れ切っていたと思いますが
冷静に軌道修正をしていたと思います。

母はたぶん内心オロオロしてたんじゃないかと思います。

私はおとなしくしてました。




たぶんそれは父の運転手人生の中で
そうとう珍しい経験だったと思います。




40年以上前の出来事なので
想像するしかないですが
あの出来事も
父を運転手としてさらに成長させたに違いないと思っています。








ちなみに埼玉県民の我々の車が品川ナンバーだったのは
父の勤務先が東京で
品川ナンバーを取得できるルートがあったからです。

本来は大宮ナンバーになる地域に住んでいました。たぶん。












スポンサーサイト



ステレオとはすばらしいものだと母と共有したかった父。
2019-05-26 23:14








画像はイメージです。









全世界219名(昨日のアクセス数)の読者の皆様こんばんは\(^o^)/

自分が16歳の時に母を、41歳の時に父を亡くした修羅笛の鍵です。




小学生の時だったと思うのですが、
父がステレオを買いました。




ヘッドホンで聞いて、
「頭の真ん中で音が聞こえる」
と感動していました。




父はその感動を共有しようと
母の頭にヘッドホンをつけて
「ね? すごいでしょ?」
的なことを言いました。



母は、
気まずそうに微笑みながら
「すごいのかもしれないけど、私、左耳が聞こえないからわからない」
と言いました。


父はハッとした顔になり、
黙り込んでしまいました。



母の左耳が聞こえないのを
父はもちろん知っていたのに
忘れてしまっていたのでしょう。




父は自己嫌悪に陥ったことでしょう、
と後に思いました。

















父の部屋には抗がん剤(錠剤)がたくさんありました。
2019-03-08 21:28






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

IKEA(イケア) INDIRA ベッドカバー ダークブルー 30191767
価格:2980円(税込、送料無料) (2019/3/8時点)



画像はイメージです。









全世界208名(昨日のアクセス数)の読者の皆様こんばんは\(^o^)/

2006年に父を亡くした修羅笛の鍵です。




昨日のブログを書いていて思い出しました。

父の死因も大腸がんでした。享年72歳。

ステージ4で発覚して手術して亡くなるまで、1年ちょっとでした。




父は人付き合いの達人でした。私から見ると。




手術後、
大腸がんの主治医が
錠剤の抗がん剤を処方してくれていました。

その抗がん剤は
20%の人にしか効かないが
ほぼ100%の人に副作用が出る
と主治医が言いました。





私は父に
抗がん剤を断ることを勧めました。




抗がん剤治療をしたい主治医と
抗がん剤治療に反対する私に挟まれた父は
とくに困るでもなく
「お付き合いだから、薬はもらっておくよ」
と私に言いました。




そして毎回の通院で、
薬をもらっていました。




薬にお金を出して
控えめに服用していました、
というか
ある時から全く服用していなかったと思いますが
処方を受けて薬局で薬を買い続けていました。




なので、
父の部屋には
薬が増え続けました。




医師に対して素直なので
医師には気に入られている患者でした。




いい意味で老獪です( ̄▽ ̄)








もし今後
私が同じ立場になっても
薬を買うだけ買って服用しない
という選択肢を取ることは困難だと思われます。












扇風機の壊れ方が増しました。
2018-10-04 23:12






20181004用・扇風機


20181004用・日付









全世界157名(昨日のアクセス数)の読者の皆様こんばんは\(^o^)/

扇風機を2台持っている修羅笛の鍵です。




札幌では扇風機が1台もない世帯も多いようなのですが
私は東京から来たので
東京から持ってきました。

(東京の住まいにはエアコンもありました)




(・ω・)で今
古いほうの1台の壊れ方がひどくなってきました。

これは、30年前に父が購入したものです。




札幌に来た5年前の時点ですでに
首振り機能は壊れていたし
タイマーも壊れていました。

札幌に来たあと
羽根にヒビが入ったので養生テープで補修しています。




そしてこのたび、
私がぶつかって扇風機が横転した時に
カバーが外れて
複数回施行したのですが
取付できません(`・ω・´)ゞ

今まで何度も(掃除のために)
つけたり外したりしていたのに。

私が老化して
つけ方を忘れた可能性もあります。

物理的に壊れて
はまらなくなった可能性もあります。




今回は
いよいよ処分か。。。
と思っています。









もう1台の縦型の扇風機(2011年購入)も
最近とつぜん風力が落ちて驚いたところですΣ(・ω・ノ)ノ!









まあ、
今が夏でなくてよかったです。












「効果のある人は20%、でも副作用はほぼ100%の人に出ます。」
2018-02-20 23:50






私の父は2005年に大腸がんがわかって手術し
2006年に亡くなりました。




ステージⅣでしたが
手術後は
経口の抗がん剤を処方されていました。




処方されるときに、
「この薬は弱い薬です。
効果のある人は20%、でも副作用はほぼ100%の人に出ます。」
と言われ
「なぬー?!」
と思った私ですが
医師にはとくに抗議をしませんでした。
(父には、「抗がん剤の処方をやめてくださいって言えば?」とは言いました)

父も
服用するかどうかはともかく
薬の処方を受け入れました。
で薬局で薬を購入していました。
これは、医師とのおつきあいを円滑に
というか
若い主治医が処方してくれる薬を
購入してあげようという親心的なもの?だったのかなとも思います。




その後、父の
転移したがん細胞が小さくなったりすることは
とくになかったように記憶しています。




言っておきますが医師は大真面目だった印象です。
ベストを尽くして治療するのだ、
という気合みたいなものを感じました。

すごくいい人だった印象です。




でも、
日本の医師は
抗がん剤を、
「副作用は100%あります」
と言いつつも当然のように処方するのです。

もしご本人ががんになったらどのような判断をするのだろう、
とは考えてみたり。




私は肉体的苦痛を何よりも苦手としているので
病気の治療は対症療法中心
つまり、がんになったら緩和ケア中心に受けたいです。