FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

ドラマ『デジタル・タトゥー』最終話まで観ました※ネタバレ
2019-06-17 23:37








私は大学時代(1986年)、このようなワンピースで就職活動していました。
当時としても異色でしたwwww










全世界214名(昨日のアクセス数)の読者の皆様こんばんは\(^o^)/

連ドラ大好き修羅笛の鍵です。




デジタル・タトゥー』が早くも終わってしまいました。
全5回だったので(・ω・)




すばらしいドラマでした。




いちばんすばらしかったのは第4話でした。

「岩井(高橋克実)」の娘「早紀(唐田えりか)」が
テレビ局に内定が決まっていたのに
大学の友人「ミサ(久保田紗友)」によって
元カレとラブホテルで撮った写真を流出されて
テレビ局から内定辞退を迫られる話。

「早紀」も「ミサ」にひどいことをしていたのですが
「ミサ」の復讐は度を越していた、
ってことに私はあとで気づきました。



なぜかというと
「早紀」が
「私のことを一生許さなくていい。私もあんたを一生許さない」
と「ミサ」に言ったからです。

これもアリなんだ!
自然体でいいな!
と思いました。




「早紀」の謝罪を欲しかった「ミサ」は
苦痛そうな顔をしていましたが
それは
自分がやりすぎたことに気づいたからかもしれません。




そして
就活をやり直さなきゃ、
と言っていた「早紀」ですが、
第5話ではまた変化があります\(^o^)/




まあ、
この数年後の物語があれば
またどんでん返すかもしれないと思いますが。。。




「タイガ(瀬戸康史)」の父で政治家の「伊藤秀光(伊武雅刀)」の地盤を
誰が引き継ぐことになるのかも興味深いですが描かれていません。




続編アリかしら^^












スポンサーサイト

ドラマ『執事 西園寺の名推理2』最終話まで観ました※若干ネタバレ
2019-06-16 23:15








画像はイメージです。









全世界249名(昨日のアクセス数)の読者の皆様こんばんは\(^o^)/

西園寺大好き修羅笛の鍵です。
(ていうか上川隆也大好き?)




ドラマ『執事 西園寺の名推理2』最終話まで、観ました。

このSeason2には観月ありさ先輩が謎の女で出演していて目の保養でした。
観月さん痩せてキレイになったと思いました。




毎回、「西園寺」が意外な特技を披露するのですが
フィギュアスケートをやった時はビックリしました\(^o^)/




あと、「西園寺」と、刑事「丸山(佐藤二朗)」の友情\(^o^)/

「西園寺」は「丸山」のことを「丸山様」と呼び
「丸山」は「西園寺」のことを「執事~」と呼ぶ(≧∀≦)




今シリーズでは
「西園寺」が遠隔で謎解きして
「丸山」が現場で「西園寺」の言葉をそのまま言うという
「コナンか?」という展開もあって面白かったです。




「丸山」の部下の女性刑事「樋口(桜乃彩音)」のセリフが今シリーズでは増えた気がして
ひそかにうれしかった私です^^









さてSeason1ではまったく語られなかった「西園寺」の過去ですが、
今回のSeason2ではある程度判明しました。

それでもまだ謎だらけです。

18年前の事件現場や事件後になぜ「西園寺」は現れなかったのさ!
そもそも18年前の事件はなぜ起こったの?




てなわけで、
Season3を期待する私です( ̄▽ ̄)












ドラマ『家政夫のミタゾノ』最終話まで観ました※ネタバレ
2019-06-11 23:59








画像はイメージです。









全世界219名(昨日のアクセス数)の読者の皆様こんばんは\(^o^)/

「料理女」と「洗濯女」の分類で言ったら、どちらかというと「洗濯女」の修羅笛の鍵です。
(「料理女」は料理上手だけど部屋が散らかっている)
(「洗濯女」はきれい好きだけど料理のセンスなし)
(両方できるのがミタゾノwwww)





『家政夫のミタゾノ』Season3最終話まで観ました\(^o^)/

家事ネタはぜんぶ忘れましたがおもしろかった。




今回の「三田園(松岡昌宏)」のパートナーは
「村田光(伊野尾慧)」と「恩田萌(川栄李奈)」の2人。

「光」はホワッとした癒しキャラで、
「萌」はしっかり者のリアリストでした^^

「光」は毎週、何かに驚き、「エーーーーーー!!」と叫んでいました(笑)




第6話の、余命宣告されたけど診断ミスだった話、
ゲストが小林隆さんでした。
このかた、
『わたし、定時で帰ります。』の主人公「東山(吉高由里子)」のお父さん役でも出てるなあ、
売れてるなあ、と思いました。




第7話のレスリング界の話では
レスリングコーチの役で大澄賢也さんが出ていました。
大澄さんはやはり『わたし、定時で帰ります。』に
スポーツ用品会社の広報担当役でゲスト出演していて
スポーツマンの役が重なったなと思いました。












ドラマ『向かいのバズる家族』最終話まで観ました\(^o^)/※ネタバレ
2019-06-08 23:14

















全世界242名(昨日のアクセス数)の読者の皆様こんばんは\(^o^)/

2019年4月期のドラマを8本、観続けている修羅笛の鍵です。




向かいのバズる家族』が、早くも終了しました。

とてもおもしろかったです。




カフェの雇われ店長「篝(かがり)あかり(内田理央)」、
その母で専業主婦の「緋奈子(高岡早紀)」
父でドラマプロデューサーの「篤史(木下隆行)」
の3人はバズりました。

「あかり」の弟「薪人(那智)」は、個人としては炎上しただけでした(無実の罪で)。




終盤で「あかり」がたくさんの家族写真をゆびさしながら
「私はこの時もこの時も、本当に笑ったことなんてなかった!」
と言った時、
「それは事実ではないのではないか」
と思いました。

本当にそうだったとしたら脚本に難があると思いました。

でも、
なぜそのような発言が出たのか、
納得いく形で回収されました\(^o^)/




あと、
途中回で「あかり」がバズった時に
♪私は映えたの 私はバズったの♪
というオリジナルと思われる挿入歌があり
たぶん内田理央さん本人が歌っていて
インド映画風のアレンジで、
インド映画風に群舞していたシーンをとても好きでした\(^o^)/

と思っていたら、
後半で「緋奈子」がバズった時に
同じ歌をバラード風に高岡早紀さんが歌ったと思ったら
時を同じくしてバズった「篤史」つまり木下隆行さんががラップ調で歌っていて
超、超好きでした\(^o^)/




そしてそして、
第1話を観たときにわからなかった
「向かいの」の意味が
ラストシーンでわかりましたΣ(・ω・ノ)ノ!

本当にすばらしいドラマでした。

もういっかい最初から観なおしたいくらい♪












5夜連続ドラマスペシャル『白い巨塔』第五夜(最終話)観終わりました。
2019-05-31 23:59








実は、原作本も、昔ぜんぶ読みました(たぶん)。










全世界235名(昨日のアクセス数)の読者の皆様こんばんは\(^o^)/

連ドラ大好き修羅笛の鍵です。




『白い巨塔』第五夜まで
全部観ました。




思いついた感想を言いますと。

第一夜で岡田准一さんが沢尻エリカさんを軽々と持ち上げていてさすが、
と思ったのですが
第五夜で松山ケンイチさんが岡田准一さんを持ち上げていたことに
とてもビックリしました。

あと、あの業者しか昇らないような通り道しかない屋上に
どうやって弱った財前を連れて行ったのだろう。
あと車いすも。




放送前にキャストを見ていて
鵜飼と大河内が逆だというイメージだったのですが
松重豊さんの鵜飼は人間味があって親しみが持てたし
岸部一徳さんの病理の大河内は、浮世離れ感があってよかったです♪

上から目線すみません。




柳原役の満島真之介さん、
思ったよりすごくよかったです。




東教授を演じる寺尾聰さんは実年齢72歳。
その妻を演じる高島礼子さんは実年齢54歳なので
何の説明もないけど年の差夫婦だなと思いました。

娘の佐枝子役の飯豊まりえさんが21歳と若いので
東夫人も若くする必要があったのかな。

田宮版では島田陽子さんがやっていて
アラサーなのにまだ嫁に行っていない才女という設定だった気がします。

するってえと
財前(岡田准一38歳)と里見(松山ケンイチ34歳)が
東のところの学生だった時、
佐枝子はいくつだったのだろう/(^o^)\




医療のことには素人なので
医学用語のセリフには
本当っぽいと私は感じていましたが
医療関係者の人はどう感じたのか知りたいです^^









あと
筒井道隆さんの上品な菊川教授
とてもよかったです。