ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

すごいダッカール。
2018-05-30 23:50






2018年5月20日のブログ
「ブロッキング用のダッカールを注文した」
と書きました。











このタイプのを買いました。




この写真の女性たちは
1本のダッカールで見事に髪をまとめているけど
それは髪質が良いからであって
私の、いうこときかない髪だと
素人にはムリだと思ってました。









20180530用・1


でも、私でもできましたΣ(・ω・ノ)ノ!

画像が粗いのは
スマホが勝手にやりました。

縮れ毛に見えますが
これは縮れ毛ではなく
ものすごく解像度の低い白髪です。









20180530用・2


反対側。

本当に、
整髪料も何も使わずに
ただ髪の毛を後ろでねじねじして
上に持ってってダッカールで留めただけです。




こんなの初めて\(^o^)/









3本セットで買いました。

本来の目的はブロッキングなので
成果があったらまたブログ書きまーすwwww












スポンサーサイト

出来る限り長く働くための作戦。
2018-05-22 23:50








電車男も契約社員です♪









私は現在53歳の契約社員です。




定年は60歳です。

再雇用で65歳まで働けます。

その後は派遣で今の職場で働きたいと思っています。

なぜなら、派遣の世界には定年がないからです。




しかし、
同一の派遣スタッフが、派遣先の事業所における同一の組織単位で派遣就業できる期間は3年が限度
という
いわゆる3年ルールはあります。




再度しかし、
3年ルールは
60歳以上には適用されません。

つまり、
今の職場が私を使いたいと思ってくれれば
65歳を過ぎた私を派遣として再々雇用して
体力の続く限り雇用し続けることは
法律的には可能、
だと思います。




60歳から年金をもらうつもりではいますが、
年金だけでは生きていけないので
体力に合わせて
短時間の勤務(というのが私の職場にはあります)になっても
なるべく働きたいのです。









なんてこと言って
北海道が汚染されたら沖縄等別の場所へ移住しますけど。












大学授業料「出世払い」制度について。
2018-05-17 23:50






大学を出た後、
返済しなければいけない奨学金に生活を圧迫されている若い人が多いらしいです。




高度経済成長期やバブル時代にも
奨学金を借りて大学を出た人はいたと思いますが
ほぼ全員が正社員になれて
毎年少しずつ給与が上がり
返済できていたと思います。




この20年のあいだに
給与が上がらないのが当たり前になり
それどころか
転職のたびに給与が下がる世の中になりましたし
正社員の仕事自体も大変になっていると思います。

正規雇用と非正規雇用の違いが激しいからです。
正規雇用の人は管理職になるので
長時間労働を強いられていると思います。給与はそこそこ高いけど。
非正規雇用の人は給与が低いです。

奨学金返済をしなければならない人たちにとって
長時間労働に耐えかね、体を壊して退職、
転職すると給与は下がる、
という状況で
毎月一定額の奨学金を返済するのは大変だと思います。




そんな中
返済額が最低2000円になる「出世払い」制度。
ネーミングはともかく
一定の評価は出来ると思います。

あとは、
この制度がもし成立するとして
施行前に奨学金を借りた人まで
遡って救済されることを希望します。




でも本当は
返済の必要のない奨学金制度をもっと拡大するべきだと思います。




日本が外国を援助するためのお金を出すのはすばらしいことですが
自分の能力を超えて出し過ぎだと思うし
エネルギー政策の分野でも
(私から見れば)使う必要のないお金を莫大に使っていると思います。

お金の使い方を改めて
弱者への再分配を適正におこなってほしいと思います。

奨学金もそのひとつです。

裕福な家庭では
子どもに充分な投資が出来ますが
そうでない家庭の場合
高等教育を受けたいのに出来ない
というスタートラインからの差があるのが
なにか釈然としません。




私の父は
私が大学へ行きたがったので
自分の生活を切り詰めて学費を出してくれました。

なので私は奨学金を借りていません。




自分の年収は2002年が最高で
その後、時給3ケタまで下がりました。
今はギリギリ4ケタです。




最低時給を法律で1.5倍にしてもらえたらなあ。。。
と思います。

ヤマト運輸がしている働き方改革が
世の中の隅々の会社までいきわたるといいなあ。。。
と思います。




健康でも文化的でもない生活
健康ではあるが文化的ではない生活
文化的ではあるが健康ではない生活
をしているずべての日本人に
高度経済成長期のような恩恵が必要です。

信じがたいことですが
企業の収益にはアベノミクスの恩恵があったそうなので(・ω・)












60年前の今日は、日本で売春が合法だった最後の日でした。
2018-03-31 21:57






全世界150名(昨日のアクセス数)の読者の皆様こんばんは\(^o^)/

昭和40年生まれの修羅笛の鍵53歳です。





したがって今年は、昭和で言うと93年です。

昭和33年3月31日、
というとても覚えやすい日付が
日本で売春が合法だった最後の日です。

翌4月1日からは違法になりました。




売春行為は法律上存在してはならなくなくなりましたが
実際には行われています。




現在のソープ嬢は法律上はホステスで、
個室付き特殊浴場で客をもてなしています。

大人の男女が合意の上で性行為をおこなったり金銭の授受をおこなったり
は違法ではないのです。。。

って
いまググって確認したのですが
複雑ですね(ーー;)




昭和32年から33年にかけて
売春を生業とする人々は
将来の不安と闘って
大騒ぎして売春防止法施行に至ったのですが(たぶん)
売春の実態は消えませんでした。




赤線からトルコ風呂(後のソープランド)に落ち着くまでの過渡期は
売春を辞めた人たちが
別の仕事に就くためにさまざまな努力をしたり
それが報われなかったりして
「アレ? 実態として売春なくなってないじゃん!」
と気づいて戻って来たりとかあったんだろうなあ、
などと想像します。

「私の努力は何だったのよ!」
と思った人もいるんだろうなあ。。。









需要と供給がかみ合えば商売は成り立つので
人類全体が突然変異でもしない限り
なくなりそうにないお仕事、だと思います。









(動いてるようで動いてない世の中わず)












エレベーターで歩かないという文化を作れるか。
2018-03-29 22:59





全世界171名(昨日のアクセス数)の読者の皆様こんばんは\(^o^)/

階から階へ移動する手段としてはエスカレーターを最も好む修羅笛の鍵です。




平日朝の大通駅(札幌市営地下鉄)では
数か月に1度くらい、キャンペーンをやってます。

エスカレーターで歩かない。

左右両側に立ちましょう。
という。

人がプラカードを持って立っています。

その時は、
電車から降りた人は
エスカレーターの左右両側に立ち、歩かずにいます。




でも
キャンペーン以外の日は
左側だけに立ち、
右側は空いてるので急ぐ人は歩きます。

正直、私も歩いてます(;^ω^)←始業準備に時間がかかるので一刻も早く会社に着きたい。

自分の都合で
階段を昇れたり昇れなかったりする私です。









ところが。









20180329用・新さっぽろ


これは大通駅ではなく新さっぽろ駅なのですが
数日前に
このでっかい標識が出現しました。




いやでも目に入る(笑)




札幌市営地下鉄の本気度が分かる(; ・`д・´)




これを無視して歩くのは気が引けるかな。。。

でもやっぱり人々は、左側だけに立ってますね。。。




今のところ
堂々と右側で立ってる(歩いてない)人は少数派で、
私も、
右側にいて、前の人が立ってれば自分も特に不満もなく立っていますが
前に誰もいない状態で右側に立ってじっとしてるのは
後ろから来る人に苦情を言われるのではないかと
ちょっとドキドキします(・・;)











続きを読む