FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

w-inds.の『ブギウギ66』を歌ってしまった。
2021-06-03 23:50






全世界237名の読者の皆様こんばんは\(^o^)/

w-inds.ファンクラブ「w-inds.day」に加入している修羅笛の鍵です。




2021年3月14日におこなわれた
デビュー20周年オンラインショーのBlu-rayを注文していたのですが
届きました。




Blu-rayを観ていて
『ブギウギ66』のパフォーマンスになりました。

その途中で
自分が歌いたくなりました。
Blu-rayを一時停止して
歌って動画を撮りました。












それがコチラ。




いやーひどい演奏とひどい歌唱なんですが、
w-inds.作品に対する愛だけを表現したと思っているので
それでいいです。




その後、
Blu-ray鑑賞が止まってしまっています。

続きは、
ドラマ視聴が途絶えた時になると思います。

さいきんの忘れっぽい私が
Blu-rayの存在を時々忘れているので
このまま忘れ去らないように
心療内科通いを続けます。












スポンサーサイト



スピッツ『チェリー』を自作カラオケで歌いました。
2021-05-21 23:50






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 【8cm】チェリー /スピッツ 【中古】afb
価格:110円(税込、送料別) (2021/6/4時点)



8センチCD\(^o^)/









全世界196名の読者の皆様ごきげんよう\(^o^)/

スピッツの『チェリー』には思い出のある修羅笛の鍵です。




さいきん、
YouTubeに動画を、週2本、上げることにしています。




2021年5月21日、
「歌ってみた」系の動画を撮影して公開しようと思いました。

時間がなかったので
コード数の少ない歌って何があるのかな、
と思って検索しました。

すると、
コード数が少なくて比較的初心者向きの歌のひとつに
『チェリー』があったのです。


さっそくカラオケを作って
(オリジナルの『チェリー』に似ているリズムを電子ピアノCTK-4400の中から探して、
 コードを基本の1音だけ弾いていく、簡易なもの)
それを流しながら歌って撮影しました。

そこまでで1時間くらいでした。

あとはアップロードして
タイトルや概要欄、
あとサムネール作りなどで
公開するまで30分くらいだったと思います。












できあがった動画がこれです。

歌う前にあいさつしたのですが
編集がうまく行かなくて
その部分は全カットとなりました/(^o^)\

概要欄にも書きましたが
今まで作ってきた自作カラオケで歌う動画の中で
音声バランスはいちばんうまくいったと思います♪












自作カラオケで、M-BANDの『逃げろ!』を歌ってみました。
2021-05-12 23:50






全世界341名の読者の皆様こんばんは\(^o^)/

1985年~1987年ごろ
関東でのM-BANDのライブにはほぼ参加していた修羅笛の鍵です。




私がM-BANDを好きになった時の最新アルバムが『AKIRA』です。

その中に『逃げろ!』という歌があります。

この歌は私にとって
M-BAND作品の中で最も好きな歌のひとつです。

ラブソングではありません。

とても、
変わっています。




私はこの歌を
自作カラオケで歌おうと思いました。

まずは音源を、
と思いましたが
以前に持っていたCDは、処分済でした。

moraに売ってないし
Amazonや楽天にもCDがなくて
(塩化ビニールのレコードならあった)
TSUTAYAのリアル店舗にもありませんでした。












しかし、
YouTubeにはコピーバンドさんの動画がありました。




この動画をもとに
耳コピして
自分で非常に簡略なバンドスコアを作りました。

歌うためだけのものなので
前奏・間奏・後奏は短くしました。



電子ピアノ(CASIOのCTK-4400)で
リズムを流しながらまずギターの音を弾いてトラック1に録音。

次にトラック1を再生しながらベースの音を弾いてトラック2に録音。

次にトラック1とトラック2を再生しながらキーボードの音を弾いてトラック3に録音しました。




そして、
トラック1とトラック2とトラック3を再生しながら
歌うところをiPhone7で撮影しました。












出来上がった動画がこちらになります。

先日の『希望』よりはマシですが
やっぱり音声のバランスがいまいちですww




作った音を、電子ピアノ自体にずっと保存しておく方法や
外部機器に保存しておく方法がいまひとつわからず
もう消してしまいましたが、
自作のバンドスコアはあるので
やろうと思えば再現可能です。




コピーバンドさんが動画を上げてくださっていて
本当に助かりました。

(本家M-BANDの動画は、この曲に関しては、見つけることをできませんでした)












『RYUICHI OGATA 20th Anniv. & DRAVIL 1st LIVE A NEW CHAPTER』も視聴しました※ネタバレと個人の感想です。
2021-03-15 23:50






緒方龍一さんも、
2021年3月14日にデビュー20周年を迎えました。




ソロアーティストとして
2021年3月13日と14日に
観客アリのライブを行いました。


3月13日のソワレのほうがライブ配信されたようです。



私はその件を噂レベルでしか知りませんでしたが、
3月14日にw-inds.の20周年ライブの視聴方法を焦って探していた時に
同じPIA LIVE STREAMで緒方さんのライブ配信を見つけてしまいました\(^o^)/




で、3月14日にw-inds.のライブ配信(一部)を観て、
3月15日から16日にかけて緒方さんのライブ配信のアーカイブを観ました。
w-inds.の残りは3月18日に観ました。




w-inds.のは全部、知っている歌でしたが、
緒方さんのは知らない歌がほとんどでした。




私の勝手な想像ですが
緒方さんはセンターになりたかったのだろうな、と思ったのです。

思いのほかw-inds.が長続きしてしまい
解散→ソロの流れを作るのが困難になり
それでメンタルがやられてしまったのではないかと。

もちろん、
事態はもっと複雑だと推察します。
何もかもを発表しているわけではないのだから。


でも、やりたかったことは、思い切ってやったほうがいい。

たとえ後悔するとしても、
やらなかった後悔より、
やった後悔のほうがいい。

と思っている私は
緒方さんがw-inds.を辞めて
新しい一歩を踏み出したこと
元気な顔を見せてくれたことをうれしく思いました。



それと、
緒方さんが抜けたことで
結果的に千葉さんもセンターに出た気がします。

w-inds.はダンスもできるコブクロ(しかも二人ともイケメン)、
またはダンスもできるスキマスイッチ(しかも二人ともイケメン)、
またはダンスもできるCHAGE&ASKA(しかも二人ともイケメン)になりました。

緒方さんにヒット曲が出ることを祈っています。
もちろん、
二人体制のw-inds.にも新しいヒット曲が出ることを祈っています。

コアなファンだけでなく
一般的に知られるような大ヒット曲が。




緒方さんの強みは
ダンスとラップとギターだと思います。あと見た目。




w-inds.20周年オンラインライブでは
『SUPER LOVER〜I need you tonight〜』のパフォーマンスはありませんでした。

この歌をやってしまうと
緒方さんがいなくなったことがあまりに目立つからだと思います。

でも、
ずっとできないわけではないと思います。

SMAPから森さんが抜けて、5人体制が当たり前の時代が来たように
w-inds.が二人体制なのが当たり前の時代が来て
どの歌も二人で披露する時がきっとくると信じています。





ちなみに
緒方さんの3/13のライブ、
観客による撮影&拡散OKだった歌があって
ダンサー2人を従えて踊っていてステキでした。

あと
なぜか最後、上半身裸になってました。
惜しげもなく筋肉を見せてくれました。

あと、
たぶん観客の皆さんは声出し禁止だったのだと思います。
拍手はありましたが
歓声がなかった。

コロナ禍ではこれが精いっぱいなのだと思います。

w-inds.の規模では観客アリのライブはできなかった(と思う)

両者とも
ベストを尽くしていると感じました。












3/14(日)配信 w-inds. Online Show『20XX”THE MUSEUM”』のセットリストと若干の感想※ネタバレ
2021-03-14 23:50






w-inds.は2001年3月14日にデビューしました。




2021年3月14日のデビュー20周年記念日に
オンラインライブが配信されました。



19時スタートだったのですが
私はオンラインライブの視聴方法がわからなくて
やっと観ることができた時は19:59でした。
観始めて15分くらいでライブ(事前収録)は終了し、そのあとアフタートーク(生)を視聴しました。




さて、ここからは2021年3月18日に書いています。

やっとアーカイブでライブの全貌を観ました。
(アーカイブの視聴方法もなかなかわからなくて苦労しましたが、ライブ当日ほどではありませんでした)




セットリストを記載します。

<過去のライブオープニング集>
w-inds.1st Live Tour"1st message"より『.Feel The Fate』
w-inds."PRIME OF LIFE"Tour 2004より『INFINITY』
w-inds. 10th Anniversary 314 [Three Fourteen] - Limited Edition-より『.New World』
w-inds. LIVE TOUR 2012 MOVE LIKE THISより『T2P』
w-inds. LIVE TOUR "AWAKE" at 日本武道館より『Rock your Body』
w-inds. 15th Anniversary Liveより『Feel The Fate』
w-inds. 15th Anniversary LIVE TOUR 2016 “Forever Memories”より『try your emotion』
w-inds. LIVE TOUR 2018 "100"より『Bring back the summer』
w-inds. LIVE TOUR 2019 "Future/Past"より『Get Down』

<赤いワンピースの女性が歩くパート>
外から建物に入り、2019年、2018年、2017年、2016年のツアーポスターの油絵を見る。

<本編>天井の高い暗い室内・カラフルなシャツに黒いズボン
『Beautiful Now』
『DoU』
『We Don’t Need To Talk Anymore』
『Time Has Gone』

<(赤いワンピースの女性の)靴音>
建物内で2015年、2014年、2013年、2012年、20111年、2010年、2009年のツアーポスターの油絵を見る。

<本編>駐車場のような暗い屋内・暗色の革ジャンに青いシャツに黒いズボン
『New World』
『Let's get it on』
『Listen to the Rain』
『Be As One』

<(赤いワンピースの女性の)靴音>
2008年、2007年、2006年、2005年のツアーポスターの油絵を見る。

<本編>大理石のような質感の暗めの室内・黒のスーツに黒のネクタイに白いシャツ
『IT'S IN THE STARS』
『ブギウギ66』
『TRIAL』

<(赤いワンピースの女性の)靴音>
階段を昇り、光が差す。2004年、2003年、そして1st Live Tourのツアーポスターの油絵を見る。

<本編>光がさんさんと差し込む、広くて明るい室内・コートにブルージーンズにカジュアルなインナー
『Another Days』
『Long Road』
『Feel The Fate』
『Paradox』
『Forever Memories』

<(赤いワンピースの女性の)靴音>
1st Live Tourのツアーポスターに近づく。赤いワンピースの女性は少女に変わっている。
手にはチケットを持っている。1st Live Tourの、3列14番のチケット。
「To Be Continued」の字幕が入る。

<エンドロール>
黒地に白文字でキャスト・スタッフの名前が流れ、画面の一部では今回のライブのメイキングが流れる。

<アフタートーク>
ライブ配信中、チャットを見ていたお二方によるトーク。
ピンバッヂ発売のお知らせなど。









感想ですが、
何度か泣きそうになりました。

千葉涼平さんの歌うパートが増えました。
橘慶太さんのラップのパートも増えました。

とくに千葉さんの歌う量は
曲によっては橘さんより多いのではないか?とさえ感じました。

全曲オリジナルキーだと思います。
橘さんが、
デビュー当時の曲を
一時期、キーを下げて歌っていましたが、
過去数年はキーを戻してファルセットで歌っていましたが、
今回はほぼ地声でオリジナルキーで歌っていてすごいと思いました。

にしても、
橘さんが若干苦しそうに出すデビュー当時の高音(地声)を
千葉さんが簡単そうに出していてすごいです。

表現力等含めた総合的な歌唱力では橘さんがさすがなのですが(上から目線すみません)。

いずれの歌唱もソーシャルディスタンスをとっていました。
お二方が近づいて歌う時は背中合わせ。




ダンスのフォーメーション
二人体制でどうなるのだろうと思っていましたが
思いのほか、よいです。




あと、
橘さんが
左手の薬指の指輪をライブの時も外さなくなってました。

いつからなのだろう?

結婚したばかりのときは
仕事のときは指輪をしてなかったというか
思いがけずプライベートを撮影されるとき、
一生懸命左手を隠して、
見えない所で指輪を外していたと記憶しています。


緒方さんが辞めて
既婚率100%のグループになって開き直ったのか
第三子が生まれた時に「日本一バキバキに歌って踊れる父親を目指します!」と宣言したからなのか
わかりませんが、指輪を隠さなくなった。

『ゆるんずTV』の時は指輪してるなーと思っていましたが
ライブの時にも指輪を外さないんだ、
カッコイーと、今回、思いました。

ちなみに千葉さんは指輪してません。









w-inds. Online Show『20XX”THE MUSEUM”』のアーカイブ視聴可能期間は
2021年3月21日(日)23:59までです。

一都三県の緊急事態宣言とともに終了します。

今からチケットを買っても間に合います皆様!