FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

『第69回NHK紅白歌合戦』を観ました。その7(最終回)。
2020-06-21 23:50






第70回NHK紅白歌合戦が終わった後に
第69回NHK紅白歌合戦のブログを更新して申し訳ありません。




もう1回申し上げますが、この記事は
2018年12月31日のNHK紅白歌合戦について書いたものです。









2018紅白60


氷川きよしさんで、『勝負の花道 〜世界に響く和太鼓SP〜』。

まゆ毛が自毛です。あと歯がキレイです\(^o^)/









2018紅白61


早変わりで上の衣装がうまく脱げず、
ステージ中央の立ち位置から、
上手側の引っ張る係の人にだいぶ持っていかれる氷川さん/(^o^)\

でも、このあと何とか脱げました\(^o^)/

私も同じ経験があります。









2018紅白62


椎名林檎さんと宮本浩次さんの『獣ゆく細道』。

これは紅組でも白組でもない特別企画。
2017年の紅白会場で出会い、
椎名さんが宮本さんにオファーして、
2018年の紅白を見据えて作った作品とのこと。

初めて視聴する作品でしたが、引き込まれました。

椎名林檎さんの大物プロデューサー感すごい。









2018紅白63


松任谷由実さんは別スタジオからの出演。

と思ったら、1曲目の『ひこうき雲』を歌い終わって、
どこかへ向かって歩いて行くユーミン。









2018紅白64


画面が切り替わって移動中のユーミン。

ユーミンの動きに合わせてカメラがパンすると
NHKホールのステージなのでした\(^o^)/









2018紅白70


「よかったらいっしょに歌ってね!」と
イントロが終わってから言うユーミン。

ユーミンより先に(正確なタイミングで)歌い出す客席\(^o^)/スゲー

ステージの背景にでっかく歌詞。

歌い出しが心配だったのかユーミンを見てるプロデューサーの松任谷正隆さん。

「…い頃は」から歌い始める、もちろんわかってるユーミン\(^o^)/









2018紅白69


ちなみにステージからの目線の先にも歌詞が。

このカンペは、カメラが客席を映すとオフになるみたい。









2018紅白67


ユーミンが別スタジオだけじゃなくステージに出てきたことに感激するaikoさん。









2018紅白66


安藤サクラさんの目にも涙。









2018紅白68


ウラトークの女子アナさんも泣いていた。









2018紅白71


歌唱力の衰えを見せてファンといっしょに年を取っていく(ほめ言葉です)タイプの歌手ユーミン\(^o^)/

ユーミンのパフォーマンスを冷徹に観察していそうなプロデューサーの松任谷さん/(^o^)\




ちなみに『ひこうき雲』の時は画面の右上に「LIVE」と表示されていなかったし
スタジオからステージへの移動がどこでもドア並の速さだったので
『ひこうき雲』は録画だと思います。









2018紅白72


2018年上半期の連続テレビ小説『半分、青い。』の主題歌『アイデア』の曲紹介。

主題歌作詞作曲歌唱の星野源さんと、ドラマ出演者の永野芽郁さん、佐藤健さんの3ショット。
星野さんの衣装カワイイ♪

今回は、歌う前に、「星野源でーーーーす」
って言ってませんでした。

途中でギター弾き語りになって、またにぎやかな演奏での歌唱に変わりました。ステキ。

と思ったら、最後に
「星野源でしたーーー!」
って言ってました。









2018紅白73


米津玄師さんの『Lemon』。

徳島県の美術館から生中継。

それまでミステリアスな存在だった米津さんが
初めてテレビで歌を披露、しかも生放送で。

米津さんはレコーディングアーティストであるだけでなく
ライブでも安定した歌唱力を発揮できることを証明されました。

すばらしかった。
作品も歌唱も。

この歌は2018年1月期の連ドラ『アンナチュラル』の主題歌でした。
ドラマを夢中になって観ていましたが
主題歌のすばらしさにはなかなか気づいていませんでした。
ヒトカラ修行したいと思ってかなりの時間が経ちますが、
2020年4月現在、まだ実現していません。

それと、
菅原小春さんのダンスもすばらしかったです。









2018紅白74


MISIAさんの『アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)』。

アフリカからの中継ではなく、NHKホールに来ています。

木南晴夏さんと似てると思いました。

『アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)』は
私の大好きなドラマ『義母と娘のブルース』の主題歌です。









2018紅白75


審査員席の佐藤健さん(『義母と娘のブルース』にも出演)を映すNHK。

あ、『義母と娘のブルース』を放送したのはTBS系列です。









『アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)』からの『つつみ込むように…』で
7小節のロングトーンを見せつけられる我々。

NHKホールのどよめきが聴こえた気がしました。


あと、MISIAさんのマイクはコードありタイプで
右手でマイクを持ち
左手でコードをさばきながら振り付けダンスをこなす様子に
ノスタルジーにひたってしまいました。









ゆずの『うたエール』の曲紹介で
2018年には「平成30年7月豪雨」があったことを思い出しました。









2018紅白76


紅組トリ『天城越え』の曲紹介中に地震速報。









2018紅白77


平成最後の紅白歌合戦の大トリは嵐。

この翌月、2019年1月27日に
「2020年12月31日を以て活動休止予定」と発表しました。

上の写真のバックは福島県の景色だと思います。
福島県に行って「7年前の原発事故」からの復興の様子をレポートする嵐のみなさんのVが流れたので。

歌ったのは「君のうた」。








2018紅白78


からの、『Happiness』で早くも銀テ\(^o^)/









2018紅白79


大トリ後の、特別出演のサザンオールスターズのスタンバイ中。

aikoさんと乃木坂の皆さんたちが嵐の銀テひろってて(* ̄▽ ̄)フフフッ♪











2018紅白80


懐かしくも古くはない湘南サウンド(「希望の轍」・「勝手にシンドバッド」)でもりあがる会場と私。

そして、ステージのすぐ下にも歌詞カンペが用意されていることを発見して安堵したりして。

全方位に気を使うアミューズ所属タレント桑田さんの気遣いのステージを見て
うん、ライブ(もしくは生放送)ってこういう側面があるよな、と思う私。

サザンのパフォーマンス終わりには金テが出ました\(^o^)/









紅白対決の採点方法は

視聴者審査員1ポイント
会場審査員1ポイント
ゲスト審査員1ポイント

なんですが、

投票中に流される、
今日の全出演者振り返りVTRを作ってる人ってホントにすごい、って毎回思います。









2018紅白81


こうなりました。

ゲスト審査員:紅9対白2で紅の勝ち。
会場審査員:紅1176対白1453で白の勝ち。
視聴者審査員:紅240537対白411931で白の勝ち。

ゲスト審査員では赤圧勝でした。
会場審査員では僅差で白。
視聴者審査員では白圧勝。

で白組優勝(・ω・)

まあゲスト審査員の権力が過小評価されなかった点はよいと思います(・∀・)









都倉俊一さん指揮で『蛍の光』。

演奏の皆さんが別室になって以来
指揮者って必要なの?とも思いますが
会場では指揮者がいたほうが雰囲気がでて良いのかも(・ω・)









2018紅白82


そして例によって紅白テープで終了。

「ハッピーニューイヤー!」と言っているのは内村光良さんです。









総括としては

関ジャニ∞の安田章大さんの立ちくらみのリスクを冒しての出演、
嵐の櫻井翔さんの前年のケガとむくみからのリベンジ、
そしてゲスト審査員の池江璃花子さんのこのあとの闘病と寛解、
と、
若い有名人の体調が気になった私です。









さて、
2018年の紅白の記事をやっと書き終わったので
2019年の紅白の録画と録音を
今後、楽しみたいと思います♪

そして、
2020年の紅白歌合戦が始まる前に
2019年の紅白歌合戦の記事を書き終わりたいと思っています<(_ _)>












スポンサーサイト



YouTubeで「w-inds. FAN CLUB LIVE TOUR 2020 EDW -electro dance w-inds.-」を観ました。
2020-03-15 23:50






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Get Down (初回限定盤 CD+DVD) [ w-inds. ]
価格:1327円(税込、送料無料) (2020/3/18時点)



画像はイメージです。









2020年3月14日は
w-inds.がデビューして19周年の日でした。




2020年2月28日に私が行くはずだった札幌のファンクラブライブと
3月14日と15日に東京でおこなわれるはずだったファンクラブライブは
中止になりました。

2月26日に中止のお知らせが来ました。




その前に何都市かでやりましたが
あと3公演ということころで中止になりました。

札幌と、ファンクラブ向けDVD撮影予定だった東京が、中止になりました。




そこで運営側が
ファンクラブライブのセットリストから11曲を
過去のライブ映像から選抜して編集した動画を
2020年3月14日昼12時から3月15日午後11時59分までの限定で
YouTubeで視聴できるようにしました。




(この文章を書いているのは3月18日です日サギすみません)




3月14日から15日にかけて、
なんとか視聴しました。

時間制限があると、観ますね。

実は、
毎年の夏のツアーのBlu-rayを買っているし
春のファンクラブライブのDVDも買っていますが
新しいほうから4作品を未視聴です。



東京にいてライブに参加してた頃はそんなことはなかったので
自分が行かなかったライブにあまり興味が持てないのかもしれないし、
もったいなさすぎて観られないのかもしれないし、
観る余裕がないのかもしれません。

何かのついでに観ることはできません。








で、
19年やっているw-inds.の
割と新しい、ゴリゴリに踊る楽曲や
橘さんがプロデューサーになってからの楽曲が
次から次へと圧倒的に提供される中、
『endless moment』が始まったら少年の声で、
美少年3人がパフォーマンスしていました。

そこで再度、くぎ付けになった私ですが
その映像はたぶん2002年のもので、
2007年からファンになった私は参戦してないライブです。
あとから映像作品を買って、観ました。











画像はイメージです。









今回の動画を観たことで
手元にある未視聴の4作品を観る優先順位が上がったような気がします。











第61回レコード大賞:大賞と最優秀新人賞の答え合わせ。
2019-12-30 23:59






全世界247名(昨日のアクセス数)の読者の皆様こんばんは\(^o^)/

主にTBSテレビを観て育った修羅笛の鍵です。




『第61回輝く!日本レコード大賞』の放送が終わりました。

感動的でした。

『第61回輝く!日本レコード大賞』を観て感動するなんて
近年まれなことです。


4時間の放送を
最後のほうちょっとだけ観ただけなのですが。




ネット情報によると
最優秀新人賞はBEYOOOOONDSでした。

実はそんな気もしていました。←脳が記憶の書き換えをおこなったかも。






画像はイメージです。









大賞はFoorinの『パプリカ』でした。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パプリカ [ Foorin ]
価格:712円(税込、送料無料) (2019/12/30時点)








最初にその情報に接した時、まじか、と思いました。

昨年のDA PUMPの『U.S.A.』と同様、
なぜか優秀作品賞にノミネートされるも
大賞は獲れないような気がしていました。

『U.S.A.』は外国の作品のカバー曲なので、大賞を獲れないというルールがあったような気がしたのと同様に
『パプリカ』は、
前年の10月以降に発売された曲でなければならない
というルールから外れていたので。
(『パプリカ』は2018年8月発売)




とはいえ、
日本作曲家協会のホームページを確認したら
発売日に関する規定は見当たらなくなっていました。

これは、
無理を通すための安倍内閣の閣議決定というよりは
ヨーロッパ諸国が現状に合わせて憲法をアップデートしていくような感覚に
結果的には見えました。

なぜならば、
『パプリカ』はリアルに今年いちばんのヒット曲だと思うから。





いつ発売のしばりをなくして
今年いちばんヒットした作品を選べるのはすばらしい。




できれば、
カバー曲もOKにしてほしい。

ようするに日本国内で今年いちばん売れた曲、
だったらいいじゃん、
と思います。










Foorinは全員が小中学生なので
大賞発表の時間帯には会場にいませんでした。

早い時間帯に生放送された、
優秀作品賞の披露パフォーマンスの映像が
大賞受賞後に録画で流されました。

すばらしかったのは
会場にいた残り9組の優秀作品賞受賞者をはじめとしたアーティストたちが
ワイプの中で『パプリカ』を歌い、踊っていたことです。

こんなにみんなが歌って踊れるなんて。
大ヒットの証明だと思いました。

大賞を受賞しなかった9組も
『パプリカ』の受賞に納得して祝福しているという一体感。

すばらしい。

上から目線すみません<(_ _)>












第61回レコード大賞:大賞と最優秀新人賞の予測。
2019-12-29 23:59






全世界303名(昨日のアクセス数)の読者の皆様こんばんは\(^o^)/

どうも年末のワクワク感に欠けている修羅笛の鍵です。




明日12月30日は『第61回輝く!日本レコード大賞』の生放送の日ですね^^




過去数年、
12月30日に予測ブログを書く時間にはもう大賞の発表が終わっていました。

なぜそんなことになっていたのかというと
かつて私が2003年から2012年まで務めていた職場は
12月30日は短縮勤務だったので
午後3時が定時で、
それからレコード大賞予測ブログを書けていた、
ってことな気がします。

だから、12月30日に予測していたのですが、
今の職場は定時が19時で
私がブログを書くのが23時台。

間に合わないに決まってる。

長年かかったけど気づけてよかった。









新人賞受賞者

海蔵亮太さん
新浜レオンさん
BEYOOOOONDS
彩青さん

誰ひとり存じ上げない。

というわけで、
それぞれをYouTubeでザっと観てみました。

ポップス、歌謡曲、ラップ、演歌でした。

誰ひとり存じ上げていなかったので
好みだけで言うと
彩青さんに最優秀新人賞を獲ってほしいです。









[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

銀次郎 旅がらす [ 彩青 ]
価格:1324円(税込、送料無料) (2019/12/30時点)














優秀作品賞

『ECHO』 Little Glee Monster 作曲・作詩・編曲:今井了介(TinyVoice,Production)

『片隅』 三浦大知 作曲:Kōki, 作詩:Daichi Miura 編曲:UTA

『黒い羊』 欅坂46 作曲:ナスカ 作詩:秋元康 編曲:ナスカ

『サステナブル』 AKB48 作曲:井上ヨシマサ 作詩:秋元康 編曲:井上ヨシマサ

『純烈のハッピーバースデー』 純烈 作曲・作詩:幸耕平 編曲:相川等・幸耕平 ストリングス・アレンジ:加藤JOE

『Sing Out!』 乃木坂46 作曲:Ryota Saito、TETTA 作詩:秋元康 編曲:野中“まさ”雄一

『大丈夫』 氷川きよし 作曲:水森英夫 作詩:森坂とも 編曲:石倉重信

『ドレミソラシド』 日向坂46 作曲:野村陽一郎 作詩:秋元康 編曲:野村陽一郎

『P.A.R.T.Y.〜ユニバース・フェスティバル〜』 DA PUMP 作曲:MASAT、Drew Ryan Scott 作詩:shungo. 編曲:MASAT

『パプリカ』 Foorin 作曲・作詩・プロデュース 米津玄師




これはー!
私の知っている歌は『パプリカ』しかなかったΣ(゚Д゚)


私の考えるレコード大賞の条件が2つあるのです。
①コアなファン以外にも知られている作品である
②すでに複数のヒット曲を出しているアーティストの作品である


かつてのレコード大賞は実際に①②を満たしていたと思うのですが
今はだいぶ大人の事情だらけな感じです。。。


①を満たしているのは『パプリカ』だけだと思うのです。

②を満たしているのは、三浦大知さんと、AKBと乃木坂と欅坂と、氷川きよしさんと、DA PUMP。




両方満たしているものがないので、
思い切って『パプリカ』で!
と予測しておきます\(^o^)/









[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パプリカ (初回限定盤 CD+DVD) [ Foorin ]
価格:1415円(税込、送料無料) (2019/12/30時点)















『第69回NHK紅白歌合戦』を観ました。その6。
2019-12-27 23:59






全世界265名(昨日のアクセス数)の読者の皆様こんばんは\(^o^)/

即時性のないブログでおなじみの修羅笛の鍵です。




かつてないほど遅れてしまった
去年の紅白歌合戦のレビューを現在展開中ですお楽しみください。









2018紅白50


欅坂46のパフォーマンス前には
総合司会の内村さんが
「去年(2017年の紅白)は無理させてごめんね」
と言っていました。

内村さんとのパフォーマンス中にメンバー3人が体調不良になったことを指しており
今は元気なんだということを表現したかったのだと思います。

しかしセンターの平手友梨奈さんは
2018年12月時点では
「腰部打撲・左仙腸関節捻挫による仙腸関節不安定症、両手関節捻挫による遠位橈尺関節痛」
により治療に専念中で、紅白には出場しませんでした。
(2019年9月に完全復帰されたようです)

ちなみに広瀬すずさんによる曲紹介の途中でパフォーマンスが始まりました。
たぶん生演奏でなく、事前に収録した音源に合わせての口パクパフォーマンスのため
もう音源をスタートさせていたところに曲紹介のカンペを出してしまったのだろうと推察します。

パフォーマンスはすばらしかったです^^









2018紅白51


三山ひろしさんは、
前年=2017年の紅白でも『男の流儀 〜けん玉世界記録への道〜』として大勢でけん玉の世界記録を目指す企画でしたが失敗、
2018年も同じ企画をやりました(≧∀≦)

2018年は『いごっそ魂 〜けん玉世界記録への道、再び〜』

2018年は成功しましたー\(^o^)/
前年に失敗したかたが汚名をそそぐことができて、本当によかった٩(ˊᗜˋ*)و

けん玉と歌を両立できる三山さんを尊敬します。








2018紅白52


西野カナさんの『トリセツ』。

若干、声がかすれていた印象がありましたが、
笑顔で最後まで歌い切ったのはさすがです。

2019年1月に無期限活動休止を発表しました。
やっぱり声帯の病気かと思いましたが
3月には結婚を発表されました。
幸せでいてほしいです。









2018紅白53


2018年はウラトーク担当ではなくなったのに、
乃木坂46の応援に駆け付けたバナナマン。

バナナマンは乃木坂46の「公式お兄ちゃん」だそうです。

2018年の紅白で乃木坂46を卒業する西野七瀬さんをセンターに
『帰り道は遠回りしたくなる』が披露されました。

ステキな歌詞だなあと思いました。









2018紅白54


TWICEの『I WANT YOU BACK』。

イントロを聴いて『5時に夢中!』だー!と思ったし
全員歌うまいΣ(・ω・ノ)ノ!

とくに、上の写真の真ん中の人が歌うまいと思いました。









2018紅白55


Superflyさんの『Gifts』。

声も声量もすばらしい( ;∀;)

健康状態は前回と同等に見えました。

このブッカブカのドレスの中に、どれだけ細い体があるのだろうか、
と思いました。









2018紅白56


三浦大知さんの『Be Myself 〜紅白スペシャル〜』。

回転しながら片脚をこんなに高く上げられる、どうかしている三浦さん(ほめ言葉)。

しかも歌が、踊らないで歌っているみたいに聴こえます。

ですが、口パクでないことを私は知っています。
毎回不思議です。









2018紅白57


aikoさんの『カブトムシ』を口ずさむ、
審査員席の永野芽郁さん。カワイイ٩(ˊᗜˋ*)و









2018紅白58


バケモノ・オブ・ザ・イヤー(ほめ言葉)=松田聖子さん(当時56歳)の
『SEIKO DREAM MEDLEY 2018』(『風立ちぬ』『ハートのイアリング』『天国のキッス』『渚のバルコニー』)。

原曲よりもキーを下げているので
曲のキラキラ感は減少していますが
松田さんは無理せず自然に歌っている感じがして安心感があります。









2018紅白59


審査員席では
松田聖子さんの大ファンであるらしい阿部サダヲさんがいっしょに歌っていますが、
よく見ると、
奥のほうで野村萬斎さんも歌っています( ´艸`)