FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

YouTubeで「w-inds. FAN CLUB LIVE TOUR 2020 EDW -electro dance w-inds.-」を観ました。
2020-03-15 23:50






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Get Down (初回限定盤 CD+DVD) [ w-inds. ]
価格:1327円(税込、送料無料) (2020/3/18時点)



画像はイメージです。









2020年3月14日は
w-inds.がデビューして19周年の日でした。




2020年2月28日に私が行くはずだった札幌のファンクラブライブと
3月14日と15日に東京でおこなわれるはずだったファンクラブライブは
中止になりました。

2月26日に中止のお知らせが来ました。




その前に何都市かでやりましたが
あと3公演ということころで中止になりました。

札幌と、ファンクラブ向けDVD撮影予定だった東京が、中止になりました。




そこで運営側が
ファンクラブライブのセットリストから11曲を
過去のライブ映像から選抜して編集した動画を
2020年3月14日昼12時から3月15日午後11時59分までの限定で
YouTubeで視聴できるようにしました。




(この文章を書いているのは3月18日です日サギすみません)




3月14日から15日にかけて、
なんとか視聴しました。

時間制限があると、観ますね。

実は、
毎年の夏のツアーのBlu-rayを買っているし
春のファンクラブライブのDVDも買っていますが
新しいほうから4作品を未視聴です。



東京にいてライブに参加してた頃はそんなことはなかったので
自分が行かなかったライブにあまり興味が持てないのかもしれないし、
もったいなさすぎて観られないのかもしれないし、
観る余裕がないのかもしれません。

何かのついでに観ることはできません。








で、
19年やっているw-inds.の
割と新しい、ゴリゴリに踊る楽曲や
橘さんがプロデューサーになってからの楽曲が
次から次へと圧倒的に提供される中、
『endless moment』が始まったら少年の声で、
美少年3人がパフォーマンスしていました。

そこで再度、くぎ付けになった私ですが
その映像はたぶん2002年のもので、
2007年からファンになった私は参戦してないライブです。
あとから映像作品を買って、観ました。











画像はイメージです。









今回の動画を観たことで
手元にある未視聴の4作品を観る優先順位が上がったような気がします。











スポンサーサイト



第61回レコード大賞:大賞と最優秀新人賞の答え合わせ。
2019-12-30 23:59






全世界247名(昨日のアクセス数)の読者の皆様こんばんは\(^o^)/

主にTBSテレビを観て育った修羅笛の鍵です。




『第61回輝く!日本レコード大賞』の放送が終わりました。

感動的でした。

『第61回輝く!日本レコード大賞』を観て感動するなんて
近年まれなことです。


4時間の放送を
最後のほうちょっとだけ観ただけなのですが。




ネット情報によると
最優秀新人賞はBEYOOOOONDSでした。

実はそんな気もしていました。←脳が記憶の書き換えをおこなったかも。






画像はイメージです。









大賞はFoorinの『パプリカ』でした。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パプリカ [ Foorin ]
価格:712円(税込、送料無料) (2019/12/30時点)








最初にその情報に接した時、まじか、と思いました。

昨年のDA PUMPの『U.S.A.』と同様、
なぜか優秀作品賞にノミネートされるも
大賞は獲れないような気がしていました。

『U.S.A.』は外国の作品のカバー曲なので、大賞を獲れないというルールがあったような気がしたのと同様に
『パプリカ』は、
前年の10月以降に発売された曲でなければならない
というルールから外れていたので。
(『パプリカ』は2018年8月発売)




とはいえ、
日本作曲家協会のホームページを確認したら
発売日に関する規定は見当たらなくなっていました。

これは、
無理を通すための安倍内閣の閣議決定というよりは
ヨーロッパ諸国が現状に合わせて憲法をアップデートしていくような感覚に
結果的には見えました。

なぜならば、
『パプリカ』はリアルに今年いちばんのヒット曲だと思うから。





いつ発売のしばりをなくして
今年いちばんヒットした作品を選べるのはすばらしい。




できれば、
カバー曲もOKにしてほしい。

ようするに日本国内で今年いちばん売れた曲、
だったらいいじゃん、
と思います。










Foorinは全員が小中学生なので
大賞発表の時間帯には会場にいませんでした。

早い時間帯に生放送された、
優秀作品賞の披露パフォーマンスの映像が
大賞受賞後に録画で流されました。

すばらしかったのは
会場にいた残り9組の優秀作品賞受賞者をはじめとしたアーティストたちが
ワイプの中で『パプリカ』を歌い、踊っていたことです。

こんなにみんなが歌って踊れるなんて。
大ヒットの証明だと思いました。

大賞を受賞しなかった9組も
『パプリカ』の受賞に納得して祝福しているという一体感。

すばらしい。

上から目線すみません<(_ _)>












第61回レコード大賞:大賞と最優秀新人賞の予測。
2019-12-29 23:59






全世界303名(昨日のアクセス数)の読者の皆様こんばんは\(^o^)/

どうも年末のワクワク感に欠けている修羅笛の鍵です。




明日12月30日は『第61回輝く!日本レコード大賞』の生放送の日ですね^^




過去数年、
12月30日に予測ブログを書く時間にはもう大賞の発表が終わっていました。

なぜそんなことになっていたのかというと
かつて私が2003年から2012年まで務めていた職場は
12月30日は短縮勤務だったので
午後3時が定時で、
それからレコード大賞予測ブログを書けていた、
ってことな気がします。

だから、12月30日に予測していたのですが、
今の職場は定時が19時で
私がブログを書くのが23時台。

間に合わないに決まってる。

長年かかったけど気づけてよかった。









新人賞受賞者

海蔵亮太さん
新浜レオンさん
BEYOOOOONDS
彩青さん

誰ひとり存じ上げない。

というわけで、
それぞれをYouTubeでザっと観てみました。

ポップス、歌謡曲、ラップ、演歌でした。

誰ひとり存じ上げていなかったので
好みだけで言うと
彩青さんに最優秀新人賞を獲ってほしいです。









[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

銀次郎 旅がらす [ 彩青 ]
価格:1324円(税込、送料無料) (2019/12/30時点)














優秀作品賞

『ECHO』 Little Glee Monster 作曲・作詩・編曲:今井了介(TinyVoice,Production)

『片隅』 三浦大知 作曲:Kōki, 作詩:Daichi Miura 編曲:UTA

『黒い羊』 欅坂46 作曲:ナスカ 作詩:秋元康 編曲:ナスカ

『サステナブル』 AKB48 作曲:井上ヨシマサ 作詩:秋元康 編曲:井上ヨシマサ

『純烈のハッピーバースデー』 純烈 作曲・作詩:幸耕平 編曲:相川等・幸耕平 ストリングス・アレンジ:加藤JOE

『Sing Out!』 乃木坂46 作曲:Ryota Saito、TETTA 作詩:秋元康 編曲:野中“まさ”雄一

『大丈夫』 氷川きよし 作曲:水森英夫 作詩:森坂とも 編曲:石倉重信

『ドレミソラシド』 日向坂46 作曲:野村陽一郎 作詩:秋元康 編曲:野村陽一郎

『P.A.R.T.Y.〜ユニバース・フェスティバル〜』 DA PUMP 作曲:MASAT、Drew Ryan Scott 作詩:shungo. 編曲:MASAT

『パプリカ』 Foorin 作曲・作詩・プロデュース 米津玄師




これはー!
私の知っている歌は『パプリカ』しかなかったΣ(゚Д゚)


私の考えるレコード大賞の条件が2つあるのです。
①コアなファン以外にも知られている作品である
②すでに複数のヒット曲を出しているアーティストの作品である


かつてのレコード大賞は実際に①②を満たしていたと思うのですが
今はだいぶ大人の事情だらけな感じです。。。


①を満たしているのは『パプリカ』だけだと思うのです。

②を満たしているのは、三浦大知さんと、AKBと乃木坂と欅坂と、氷川きよしさんと、DA PUMP。




両方満たしているものがないので、
思い切って『パプリカ』で!
と予測しておきます\(^o^)/









[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パプリカ (初回限定盤 CD+DVD) [ Foorin ]
価格:1415円(税込、送料無料) (2019/12/30時点)















『第69回NHK紅白歌合戦』を観ました。その6。
2019-12-27 23:59






全世界265名(昨日のアクセス数)の読者の皆様こんばんは\(^o^)/

即時性のないブログでおなじみの修羅笛の鍵です。




かつてないほど遅れてしまった
去年の紅白歌合戦のレビューを現在展開中ですお楽しみください。









2018紅白50


欅坂46のパフォーマンス前には
総合司会の内村さんが
「去年(2017年の紅白)は無理させてごめんね」
と言っていました。

内村さんとのパフォーマンス中にメンバー3人が体調不良になったことを指しており
今は元気なんだということを表現したかったのだと思います。

しかしセンターの平手友梨奈さんは
2018年12月時点では
「腰部打撲・左仙腸関節捻挫による仙腸関節不安定症、両手関節捻挫による遠位橈尺関節痛」
により治療に専念中で、紅白には出場しませんでした。
(2019年9月に完全復帰されたようです)

ちなみに広瀬すずさんによる曲紹介の途中でパフォーマンスが始まりました。
たぶん生演奏でなく、事前に収録した音源に合わせての口パクパフォーマンスのため
もう音源をスタートさせていたところに曲紹介のカンペを出してしまったのだろうと推察します。

パフォーマンスはすばらしかったです^^









2018紅白51


三山ひろしさんは、
前年=2017年の紅白でも『男の流儀 〜けん玉世界記録への道〜』として大勢でけん玉の世界記録を目指す企画でしたが失敗、
2018年も同じ企画をやりました(≧∀≦)

2018年は『いごっそ魂 〜けん玉世界記録への道、再び〜』

2018年は成功しましたー\(^o^)/
前年に失敗したかたが汚名をそそぐことができて、本当によかった٩(ˊᗜˋ*)و

けん玉と歌を両立できる三山さんを尊敬します。








2018紅白52


西野カナさんの『トリセツ』。

若干、声がかすれていた印象がありましたが、
笑顔で最後まで歌い切ったのはさすがです。

2019年1月に無期限活動休止を発表しました。
やっぱり声帯の病気かと思いましたが
3月には結婚を発表されました。
幸せでいてほしいです。









2018紅白53


2018年はウラトーク担当ではなくなったのに、
乃木坂46の応援に駆け付けたバナナマン。

バナナマンは乃木坂46の「公式お兄ちゃん」だそうです。

2018年の紅白で乃木坂46を卒業する西野七瀬さんをセンターに
『帰り道は遠回りしたくなる』が披露されました。

ステキな歌詞だなあと思いました。









2018紅白54


TWICEの『I WANT YOU BACK』。

イントロを聴いて『5時に夢中!』だー!と思ったし
全員歌うまいΣ(・ω・ノ)ノ!

とくに、上の写真の真ん中の人が歌うまいと思いました。









2018紅白55


Superflyさんの『Gifts』。

声も声量もすばらしい( ;∀;)

健康状態は前回と同等に見えました。

このブッカブカのドレスの中に、どれだけ細い体があるのだろうか、
と思いました。









2018紅白56


三浦大知さんの『Be Myself 〜紅白スペシャル〜』。

回転しながら片脚をこんなに高く上げられる、どうかしている三浦さん(ほめ言葉)。

しかも歌が、踊らないで歌っているみたいに聴こえます。

ですが、口パクでないことを私は知っています。
毎回不思議です。









2018紅白57


aikoさんの『カブトムシ』を口ずさむ、
審査員席の永野芽郁さん。カワイイ٩(ˊᗜˋ*)و









2018紅白58


バケモノ・オブ・ザ・イヤー(ほめ言葉)=松田聖子さん(当時56歳)の
『SEIKO DREAM MEDLEY 2018』(『風立ちぬ』『ハートのイアリング』『天国のキッス』『渚のバルコニー』)。

原曲よりもキーを下げているので
曲のキラキラ感は減少していますが
松田さんは無理せず自然に歌っている感じがして安心感があります。









2018紅白59


審査員席では
松田聖子さんの大ファンであるらしい阿部サダヲさんがいっしょに歌っていますが、
よく見ると、
奥のほうで野村萬斎さんも歌っています( ´艸`)












『第69回NHK紅白歌合戦』を観ました。その5。
2019-12-26 23:50







2018紅白40


三津谷プロデューサーの部屋で生ダメ出し。

武田真治さん、DA PUMPの次に、
ツッコミどころのないはずのムロツヨシさんが
「さいきんドラマが好評だからって天狗になってませんか」
とダメ出されるムロさん。

『大恋愛〜僕を忘れる君と』よかったもんねー( ;∀;)









2018紅白41


自分たちの本番の前に五木ひろしさんのバックダンサーをするキレッキレのDA PUMPもすごいのですが
片足でバランスを取り続けるダンスに
完璧に歌いながらついていっている五木さんもすごいと思いました。









2018紅白42


前半が終わってニュース。

大晦日の渋谷のカウントダウンイベント、およびその後の時間も
大量の警察官が投入されるというのが1本目。

2018年のハロウィンでは軽トラックが横転させられるなど
暴徒化してしまったので。









2018紅白43


関東地方の火事のニュース2つの後、
翌日(2019年1月1日)の天気。

札幌は雪。









2018紅白44


ニュースを読み終えた、井上あさひアナウンサー^^









2018紅白45


後半1曲目の『U.S.A.』では
出場者のほとんどがステージ上でいっしょにいいねダンス\(^o^)/

聖子ちゃんの後ろに郷さん( ̄▽ ̄)

その聖子ちゃんも片脚キープのいいねダンスΣ(・ω・ノ)ノ!

2017年7月ごろ、転倒して背中と腰を強打し
一時は車いす生活だった松田聖子さんなので
もし転倒したら大腿骨骨折してしまうと思ってドキドキしました。

ちなみにISSAさんは大腿骨骨折の経験があります。2008年7月に。当時29歳。
若いのに高齢者みたいな部位を骨折Σ(・ω・ノ)ノ!
と思ってビックリした記憶がありますが
その原因は宙返りの着地に失敗(ライブリハーサル中)。
まあ危険な仕事をしていれば若くても骨折することがあるということですね。

ISSAさんの歌は、いつもどおりすばらしかったです。

「三津谷プロデューサー」は「どっちかの夜は昼間」という歌詞にダメ出ししていましたが
総合司会の内村さんはこの曲にダンスで参加wwww









2018紅白46


AKB48は『恋するフォーチュンクッキー』をBNK48といっしょに。

歌の前のトークで
「センパイト、イッショニ…」から先のセリフが緊張して出なくなってしまったBNKのセンターの女の子を助ける指原さん。









2018紅白47


その指原さんはAKBグループとしては最後の紅白。

2019年4月に卒業しました。

この2018年の紅白のステージでも
指原さんの落ち着きが際立っていてステキでした。
(すべての段取りをわかっていて、リラックスして集中している感じが)









2018紅白48


King & Princeの『シンデレラガール』。
デビュー曲で紅白に出るってすごいです。

向かっていちばん左の人と、その隣の人の間に、隙間があります。

King & Princeは本当は6人のグループで、
この隙間は病気(パニック障害)休業中の岩橋玄樹さんの立ち位置だそうです。

岩橋さんは、2019年2月に芸能活動を再開しましたが、
活動は短期間で再度、療養に入っています。









2018紅白49


関ジャニ∞の『ここに』。

ステージ上の階段を降りるシーンで
安田章大さんにそっと腕を添える大倉忠義さん。

安田さんは2017年2月に脳腫瘍の摘出手術を受けたものの
病気の影響から立ちくらみを起こしやすくなり、
2018年4月に立ちくらみで転倒し、背中と腰に全治3か月の骨折を負っていたので
転倒した場合に怪我の心配なシーンでは配慮されているのだと思われます。

ちなみに2018年12月31日現在では6人態勢だった関ジャニ∞ですが
錦戸亮さんが2019年9月にグループを脱退、ジャニーズ事務所も退所しました。