FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

ワタナベマホトさんの謹慎について。
2019-06-20 23:59






全世界233名(昨日のアクセス数)の読者の皆様こんばんは(・ω・)

YouTube中毒の修羅笛の鍵です。




昨日、ツイッター上で、知りました。

ワタナベマホトさんの無期限謹慎を。

暴行で現行犯逮捕




そして本人による謝罪動画




マホトさんはもともと
いつも堂々としています。

そしてオラオラ系です。

飼い猫については猫かわいがりしています。




現行犯逮捕されたあと
ほどなく釈放されたようです。

被害者とは和解しており、
法律上、罪になるのかは不明です。

違法薬物や不倫と違って明らかに被害者が存在するので
倫理上の罪は重いと思いますが。。。

よほど腹に据えかねることがあったのかもしれません。

それと
自制心を欠く何らかの要因
昨今の軽薄な犯罪の増加ともリンクしているかもしれません。

何を言いたいかというと内部被ばくによる脳への影響ですが。




もともと暴力的な要素は彼にはあった、
しかしそれが彼のすべてではありません。

YouTuberとして興味深い動画を多く公開していたし
ヒカキンさんとデカキンさんをつなげた立役者であるし
そして
すばらしいミュージシャンであります。

カイワレハンマーとして多くの楽曲を発表しています。




このたび私は
電気グルーヴのように
カイワレハンマーの楽曲が購入できなくなる事態を恐れ
moraで探したら
まだ買える状態だったので、買いました。アルバム1枚だけですが。

その1枚には、カラオケ化されている2曲も含まれます。




この夏の予定だったメジャーデビューはなくなったようですが
未来のことはまだわからないと思っています。









人は1回罪を犯したら
もう一生、終わりでしょうか。

更生する機会はないのでしょうか。

罪を償ったあと
更生できる社会であってほしいです。




あの音楽(ラップ)の才能が失われるのは惜しいと思っている私です。












スポンサーサイト



7月から、ヒトカラのために有給休暇を取ろうと思います。
2019-05-27 23:47






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウォールステッカー おしゃれな音楽スタジオ 音符
価格:2758円(税込、送料別) (2019/5/27時点)



画像はイメージです。









全世界203名(昨日のアクセス数)の読者の皆様こんばんは\(^o^)/

ブログタイトルは『ヒトカラマニア』なのに最近ヒトカラにいけてない修羅笛の鍵です。




ヒトカラ修行した回数。

2001年:53回
2002年:52回
2003年:52回
2004年:52回
2005年:53回
2006年:52回
2007年:52回
2008年:52回
2009年:52回
2010年:52回
2011年:12回
2012年:16回
2013年:14回
2014年:12回
2015年:2回
2016年:23回
2017年:10回
2018年:1回
2019年:今のところ0回




2011年以降ひどいです。

2011年は大きな地震があったのでカラオケどころじゃなかったのかな。

あとパソコンスクール通いとか
転職活動とか
移住とか
2013年までは自分の状況が安定していなかった。

その後は体調に問題が起きて
休みの日は医療機関に行くことが多くなった。。。




2016年にちょっと盛り返したのは何故だったのだろう。




2018年、12月にかけこみで1回できましたが、
そのとき、
2019年は2018年よりは回数いけるだろうと思ったのですが
このままでは2019年は0回で終わってしまうかも、
という危機感があります。




そこで、
7月から
ヒトカラ修行のための有給休暇を、
月1回とることにします。




優先順位の高いことが他にあっても
その日はヒトカラ修行が終わるまでは
他のことは何もしない日\(^o^)/




さてこの実験どうなるか。



あ、
6月のシフト申請は5月上旬に終わっているので
7月からしか始められないのですwwww












内田裕也さん、熱狂の時間をありがとうございました。
2019-03-18 21:53






全世界168名(昨日のアクセス数)の読者の皆様こんばんは\(^o^)/

1980年代後半はロックバンドの追っかけ(ただし関東のみ)だった修羅笛の鍵です。




内田裕也さん主催の年越しライブ
NEW YEAR ROCK FESTIVAL
(のちのNEW YEAR WORLD ROCK FESTIVAL)
にも、一度ならず行きました。

渋谷パルコ劇場の時代ね。

ホントに一晩中大騒ぎしてた。




私はM-BAND目的だったのですが
シーナ&ロケッツとか
THE NEWSとか
ジョー山中さんとか
たくさんのバンドおよびソロアーティストを見ました。

あのフェスで
白竜さんが
レオン・ラッセルのソング・フォー・ユーを歌うのを聴いて
すばらしい歌声にビックリしたのです。

(あとレオン・ラッセルを好きになった)




内田裕也さんは
年またぎの時間にステージに出て
『コミック雑誌なんかいらない』と
『ジョニー・ビー・グッド』を歌っていました。

とても盛り上がりました。




NEW YEAR WORLD ROCK FESTIVALの常連だった
安岡力也さん
桑名正博さん
ジョー山中さんがお亡くなりになり
シーナさんもお亡くなりになり
昨日、内田裕也さんがお亡くなりになったので
霊界で再会しているでしょうか。

あ、韻を踏んでしまった。




2018-2019のNEW YEAR WORLD ROCK FESTIVALは
北海道での放送がなく
フジテレビオンデマンドでの配信もなかったので観られずじまい。

追悼番組として放送してほしいと思っています。












w-inds.デビューから18年。私がファンになってから12年ちょっと。
2019-03-14 21:32






全世界234名(昨日のアクセス数)の読者の皆様こんばんは\(^o^)/

w-inds.公式ファンクラブw-inds.day会員の修羅笛の鍵です。




2001年3月14日にw-inds.がデビューしました\(^o^)/










ファーストアルバム\(^o^)/2001年発売。









2007年2月に私はファンになりました。









[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便送料無料】w-inds. / THANKS[CD]
価格:3240円(税込、送料別) (2019/3/14時点)



その時の最新アルバム\(^o^)/2006年発売。
美しい\(^o^)/
そして名盤(・ω・)











その名盤と並ぶくらいの名盤\(^o^)/2014年発売。









[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

100 [ w-inds. ]
価格:3000円(税込、送料無料) (2019/3/14時点)



セルフプロデュースのアルバム\(^o^)/2018年発売。









w-inds.のお三方も、私も、変わりました。




千葉さんは歌唱力が飛躍的に上がったと思います。




橘さんは作詞作曲編曲をするようになりました。




緒方さんは別ユニットも事務所に認められました。




私は、東京都民から北海道民になりました。




悩ましい変化としては
最近の楽曲が、あまりカラオケ化されないことです。

だったら自分で(カラオケ音源を)作ればいいじゃなーい?作戦
も芳しくない状況です。




いつも言いますが
近年のw-inds.の楽曲はカラオケで歌うには難しいです。

でもその難しい曲を歌って玉砕したいという
ニッチなニーズ、
これに対するソリューションを求めて
日々、悶々としたりしなかったりしている私です(・ω・)




w-inds.18周年おめでとう!
そしてありがとう!
ございます!












衰えを見せるタイプの歌手。
2019-03-02 21:25






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SCENE2 - Remix ver. - [ ASKA ]
価格:4000円(税込、送料無料) (2019/3/2時点)













全世界241名(昨日のアクセス数)の読者の皆様こんばんは\(^o^)/

ドラマ以外の視聴が現在1か月半遅れになっている修羅笛の鍵です。




1/17の『直撃!シンソウ坂上』を録画で最近観たのですが、
ASKAさんが、コンサートをしていました。
執行猶予が明けたので。




それで、
高音部がかなりキツそうで
『SAY YES』はかなりフラットしていました。

かつてのASKAさんならありえなかったことです。

売れていた頃は腹筋運動を欠かさず
いつも正確な音程で歌っていたASKAさん。




しかしASKAさんは
衰える自分を受け入れたようです。

松田聖子さんもそうですが、
衰える自分を受け入れ、さらけ出していく歌手、
の存在は私を勇気づけます。

これも私なんだ、
これも堂々とさらけ出すのだ、
という態度に痺れます。




衰えを見せなくないから全盛期に引退する歌手もすごいし、
衰えを見せてファンといっしょに年を取る歌手もすごい。


どちらも尊敬します。









ちなみに
X JAPANのToshlさんは
いちど衰えて、その後再度上達した、
稀有な存在だと感じます。

上から目線すみません<(_ _)>










追記:
もういっかい観てみたら
最初の印象より全然すばらしかったです。
高音を出すときは苦しそうなんだけど
語尾のロングトーンはさすがです。